EDIT EVENT
FRIDAY / 2022.01.28

ageHa THE FINAL "FEVER" Supported by CIROC

THE FINAL WEEKEND!! ageHa最後のHIP HOP PARTY

ageHa THE FINAL "FEVER" Supported by CIROC

2022.01.28.FRI
OPEN 22:00

GET TICKET
PRICE|料金 
□ ADVANCE TICKETS|前売り券 

GA TICKET : ¥4,000  【 BUY 】
3 DAYS TICKET(優先入場+記念品) :  ¥7,500【 BUY 】

□ DOOR |(Pay at the door)
DOOR / 当日券 : ¥4,500

※全てのお客様に連絡先情報の登録をお願いしております。

□ VIP TABLE
reserve@ageha.com
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

THE FINAL WEEKEND!! ageHa最後のHIP HOP PARTY

感情と記憶が交錯する歴史的週末。
ageHa “The Final Weekend”

借地契約満了に伴い、2022年1月30日をもって20年におよぶ新木場スタジオコーストでの活動を終了するクラブイベント”ageHa”。
その最終週末は、ageHaらしくバラエティーに富んだ、まさにワンダーランドというべき至極のパーティーをお届けします。

1月28日(金)は、ageHaのHIP HOP/REGGAEの歴史を支えてきたパーティー”FEVER”を開催。

AK-69、BAD HOP、JP THE WAVY、Red Eyeといった最強のライブアクトと共に、今なおトップランカーとして活躍するオールスターズと気鋭の若手DJがラインナップ。
WATERでのレゲエダンスも見納め!!

間違いなく日本のクラブシーンの歴史に刻まれる至極の3日間が開幕。
伝説の瞬間をあなたのその目で、その耳で体感してください。

前売りチケットはこちらから!!
THE FINAL WEEKEND 3日間ご利用可能なチケットも販売中!!
https://ageha.zaiko.io/_item/345493

※THE FINAL WEEKEND スケジュール
1月29日(土) ageHa THE FINAL NIGHT
http://www.ageha.com/schedule/event/?id=341233

1月30日(日) ageHa THE GRAND FINAL
http://www.ageha.com/schedule/event/?id=341234



■ 新型コロナウイルス感染予防対策及び店内でのルールに関しては、アゲハガイドラインをご確認の上ご参加ください。
ageHa Guideline (English)
http://www.ageha.com/news/article/?id=4535

政府または都からの要請によりイベント内容は変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

【DOOR POLICY】
・20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
入場の際全ての方にIDチェックをさせて頂きますので、顔写真付きの身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい(コピー不可)。
ご本人様と確認出来ない場合にはご入場をお断りする場合がございます。
・パーティーの雰囲気、ageHaの雰囲気にそぐわないお客様は ご入場をお断りする場合がございます。

※出演者の変更による前売チケットの返金はございません。

  • FEVER

    ■ LIVE
    AK-69
    BAD HOP
    JP THE WAVY
    Red Eye
    ■ LINE UP
    DJ CHARI
    FUJI TRILL
    DJ KANJI
    DJ KEKKE
    DJ SELECT
    (A to Z)
    ■ VJ
    Shun Nagasawa
    ■ LIGHTING
    KIKUCHI
    ■ DANCER
    YELLOW BARBIE
    CHIHO / YUMI / ANNA / LIE
    ■ POLE DANCER
    EMIJAY / PINOKO / ELLES / RiE
    HIP HOP/R&B
  • FEVER

    ■LINE UP
    DJ HASEBE
    DJ MASTERKEY
    DJ KANGO
    DJ WATARAI
    DJ YANATAKE
    DJ YUKIJIRUSHI
    HIP HOP/R&B
  • FEVER

    ■ SOUND
    MASTERPIECE SOUND
    ASIAN STAR
    SPICY CHOCOLATE
    BLACK GOLD SOUND
    UNITY SOUND
    POWER PLAYERZ
    ■ DANCER
    なすっ子キューカンバ / KIYO / JAKEN aka cornbread
    REGGAE/DANCEHALL
  • FEVER

    ■ LINE UP
    SHIN
    Yu-to
    DaBook
    FRIP a.k.a BeatLab
    RAID
    SHINSAKU
    KOUKI
    HIRAKI
    YUMI
    oorrii
    KENZOW
    and more
    J-HIP HOP/INTERNATIONAL HIP HOP
GET TICKET
RELATED MEDIA
ARTIST ANNOUNCE
  • AK-69

    AK-69

    唯一無二のラップと歌の二刀流の先駆者としてアーティスト活動をスタート。

    愛知県小牧市出身でマスメディアに一切見向きもされない名古屋時代に全国のクラブで年間180本のライブをこなし、ライブを見たファンの評価のみでインディーズで1タイトル15万枚のCDセールスを記録した。

    その後渡米しニューヨークのNo.1 HIP HOPラジオ局と名高い”HOT97”に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライブにも出演。
    そして、アメリカの伝説的なHIP HOPレーベル「Def Jam Recordings」との契約を果たすまでに至った。

    これまでに海外のビッグアーティストDJ Khaled、Fabolous、Fat Joeらとコラボ楽曲を制作。国内ではUVERworld、清木場俊介、ToshI(X JAPAN)、清水翔太、倖田來未、登坂広臣、AI、シェネル、そしてグループ史上初の外部からのコラボアーティストとして、KAT-TUN feat. AK-69が実現。同時に楽曲プロデュースも担当している。
    HIP HOPの枠を超えたコラボレーションも話題となり、YouTubeでのミュージックビデオ総再生数は1億8000万を超え今も伸び続けている。

    マイクを握って25年。Anniversary Yearとなった2021年は、自身を"疾走する車"とし、人生のレースを描いた最新アルバム『The Race』を発表し、iTunes, Apple Music HIP HOPチャート1位を含む4冠を獲得。そのエンジンの格の違いを見せつけ、常にポールポジションで走り続けている。

    AK-69最大の魅力であるライブでは音響、照明、演出を全てセルフプロデュースで行い、2019年3月には自身4度目の日本武道館ライブ2daysを成功させた。
    2020年8月には国の重要文化財であり、地元のシンボルである名古屋城から史上初の配信ライブを開催。
    リアルライブの代替ではなく、配信ライブでしか出来ない事を詰め込んだこのライブは新しいエンターテイメントの形を示す革新的なライブとなった。

    また、己の生き様から生まれる“言霊”が男女問わず競争社会で戦っているアスリートや経営者にも共感を生み、メジャーリーガー筒香嘉智選手をはじめNPBプロ野球選手の入場曲使用率はNo.1。
    またボクシング世界4階級王者 井岡一翔選手の入場曲を生歌唱し共に入場するなど、様々なジャンルのアスリートが楽曲を使用しているほか、自動車メーカー、高級時計ブランド、スポーツチームなど様々な企業のアンバサダーも務めている。

    ----------------------------------------------------------------------
    AK-69 オフィシャルホームページ : www.ak-69.jp
    Instagram : @ak69_official
    Twitter : @ak69_official


    http://ifyr.tv/aDQ
  • BAD HOP

    BAD HOP

    双子のT-PablowとYZERRを中心に8MCで構成されるHIP HOP CREW。
    T-PablowとYZERRは"BAZOOKA"「高校生RAP選手権」で優勝。
    2016/9/6にYoutubeにUPした「Life Style」のMVは現在までに900万再生を超える。
    また、2nd Album「Mobb Life」がiTunes総合チャート1位を獲得。
    その後、全国20数箇所の「MOBB LIFE TOUR」を敢行し、2018/4/6にZeppTokyoにて行われたワンマンLIVEも大成功に終わる。ここ数年のRAPシーンを牽引してきた存在であり、更なる進化を続ける彼らの勢いはとどまることを知らない。


    http://ifyr.tv/ad5S
  • JP THE WAVY

    JP THE WAVY

    JP THE WAVYはラッパーとダンサーで構成されているクルー、D.T.R.I(Do The Right Inc)のメンバー。マルセロ・ブロンが南青山にオープンしていた期間限定ショップ・MARCELO BURLON COUNTRY OF MILAN TOKYO STOREのスタッフでもあった。

    このたび公開されたMVは、渋谷の街でJP THE WAVYが仲間たちと踊り狂うというもの。一度聴いたら絶対に忘れない「 超WAVYでごめんね 」というフックがクセになるとネットでバズが巻き起こっており、公開から10日が経過した5月27日現在、すでに15000回以上再生されている。

    http://ifyr.tv/adzk
  • Red Eye

    Red Eye

    大阪府出身のラッパー。
    2017年 第12回高校生ラップ選手権初出場。
    若干15歳という若さでベスト4に入りその名を全国に広げた。

    その後、2019年に行われた第16回高校生ラップ選手権で見事優勝を飾る。

    2019年 自身の楽曲【少年A】【Dear Family】はHIPHOP、ラップジャンルでiTunes一位を獲得。

    さらにOVERKILLとコラボした【POCKET】
    はYouTubeで140万回再生を突破し、
    DJ FUJITRILL 、JinDogg、D.Oを迎えた【POCKET Remix】では最悪最凶と一躍HIPHOP界の話題に。

    ワンマンライブのチケットは追加公演含め即完。


    reggaeとHIPHOPのハイブリッドというオリジナルなスタイルで日々精力的に音楽活動を行っている。

    https://www.redeyeofficial.com/

    http://ifyr.tv/aeXC
  • DJ CHARI

    DJ CHARI

    国内最高峰のプロデューサーチーム・BCDMG所属。2016年にはBCDMG内に新たなレーベル・AIR WAVES MUSICを設立。同レーベルのDJ TATSUKIと共に今年5月にファーストアルバム”THE FIRST”を発売。AbemaTVで放送中のAbemaMIXに毎週木曜日レギュラーとして出演中。
    Y’SのバックDJとしても活躍。

    Twitter : https://twitter.com/djchari
    Instagram : https://www.instagram.com/djchari/?hl=ja


    http://ifyr.tv/acRU
  • FUJI TRILL

    FUJI TRILL



    http://ifyr.tv/aemd
  • DJ KANJI
  • DJ KEKKE

    DJ KEKKE

    2002年、地元札幌を拠点にDJ活動をスタート。
    国内外問わず、年間400本を超える日々圧倒的な場数をこなし国内トップクラスのDJとして君臨中。
    東京を拠点に全国各地、アメリカ、ヨーロッパ、アジア等を勢力的に飛び回る傍、LADY GAGAやNE-YOなどのメジャーアーティストから、A$AP ROCKY、A$AP FERG、FUTURE、WIZ KHALIFA、ICE CUBE、YG、SKEPTAをはじめとする世界的なHIPHOPアーティストのオープニングアクトや、世界最大級のダンスミュージックフェスの一つである「ULTRA JAPAN」や「EDC JAPAN」のメインステージにHIPHOP DJとしては異例の出演も果たすなど、クラブDJの可能性を常に第一線で牽引し続けている。
    2017年からはインターネットテレビ局「AbemaTV」のHIPHOPチャンネル”AbemaMix”で1日平均20万人が視聴する中、毎週火曜日のMixerを担当。またDef Jamレコーディングス期待のアーティスト「SWAY」のオフィシャルDJも務めており、常にオーバーグラウンドとアンダーグラウンドを行き来する重要な存在となっている。
    2019年末には自身初となるワンマンDJが開催され、オープンからラストまで420分を一人でDJし、雨の日曜日の渋谷に駆けつけた500人以上のオーディエンスを終始沸かせ、クラブシーンに残る伝説の一夜を作り上げた。また同年、block.fmの人気HIPHOP番組”Inside Out”にて「DJ of the year」を獲得するなど日本のTOP DJとして君臨し続けている。

    http://ifyr.tv/aaQt
  • DJ HASEBE

    DJ HASEBE

    DJ/ サウンド・プロデューサー、OLD NICKことDJ HASEBE。1990年よりDJとしてのキャリアをスタート。1998年にSugar Soul & Zeebraを迎えた「今すぐ欲しい」収録のミニ・アルバム「adore」をリリースし、その名を世に広める。同時期に渋谷クラブHARLEMで行われていた伝説のパーティー「HONEY DIP」にてDJプレイを行い、毎回大盛況のイベントとなった。2000年にフルアルバム「Hey World」をリリースし、翌年にはヨーロッパ数カ国でも発売され話題に。2002年にリリースした作品「Tail of Old Nick」より、「OLD NICK」という新名義でブラック・ミュージックという垣根を越えた活動も開始し、様々な音楽ジャンル から注目を浴びる。それ以降は国内外の多くのアーティストのリミックやプロデュースを手がけている。2010年にDJ活動20周年を記念してリリースされた自身のワークス集「SOMETHING WONDERFUL」に収録されている「Last Vacation feat. RYO-Z.PES(from RIP SLYME) & JUJU」はiTunes HIPHOPチャート1位、総合でも4位を獲得。2011年には日本のR&Bを完全網羅した「"THE EXCLUSIVES" JAPANESE R&B HITS」をリリースし、リード曲の『Love Shines feat. Sugar Soul & Zeebra』もiTunes R&Bチャート1位を獲得し話題の一枚に。そして近年ではマイケル・ジャクソンとジャクソン5音源のみで選曲されたミックステープ&リミキシーズ作品『MICHAEL JACKSON / JACKSON 5 "The Ultimate Mixtape"』、ビーチライフ・スタイル・マガジン『HONEY』とのコラボミックスCDシリーズや、90年代をテーマにしたミックスCDシリーズ『Butter Smooth』、元ピチカートファイヴの野宮真貴をボーカルに迎えた新曲をリリースするなど勢力的に活動中。


    http://ifyr.tv/a4zI
  • DJ MASTERKEY

    DJ MASTERKEY

    元ブッダ・ブランドのメンバー、DJ MASTERKEY。単身N.Y.に渡った彼は、そこで培われた本場仕込みのヒップホップDJスタイルを日本に持ち帰り、定着させる。特に顕著なのは、プレイの合間に入れるMCだ。「東京NYC/a.k.a.ロック・スミス/ヌメロ・ウノ/今夜も揺らすパーティ」などの決めゼリフはフロアを効果的に盛り上げ、全国へと浸透。そんな現場の興奮は『ファー・イースト・コースティング』(98年)、『HARLEM MIXED BY DJ MASTERKEY』(99年)といったミックスCDでも再現されている。中でも『Def Jam 2000 -The X Day-』(99年)は、針飛びのミスが許されないライヴ録音に挑んだ作品だ。また、トラックメイカーとしての一面も見逃せない。これまでにMisia/露崎春女/井手麻理子らの楽曲をプロデュース/リミックス。現場感覚をフルに活かした、心地よく踊らせる仕上がりは流石といえる。


    クラブのみならずラジオ/TV/雑誌等様々なメディアで活躍中の日本最高峰DJの一人である。
    80年代後半に単身でNYに渡りHIP HOPを中心にR&B/REGGAE /DISCO/HOUSE等、
    全てのDANCE MUSICを武器にあらゆる人種をROCKし続けてきた。
    そして“パーティースタイル”を日本にも定着させたパイオニアである。
    DJ MASTERKEY TOTAL INFO : www.thelife.jp



    http://ifyr.tv/a11h
  • KANGO

    KANGO

    1980年代後半からHip Hopを聞き始め1992年にNYに行き本場の音楽&Clubシーンに衝撃を受け、1993年よりDJ活動をスタート。
    毎週火曜日のモンスターParty"RED ZONE"@Harlem等では幅広い選曲とミックスセンスでHip Hop DJとしての地位を確立している。
    海外の有名アーティストとの共演や数々の日本を代表するCLUBでGUEST DJとして活躍中。
    現在ROC TRAXのメンバーで、彼独自のジャンルレスなスタイルが人気でありHip Hopのみならず、他ジャンルを嗜好する音楽ファンをも魅了し日本のCLUBシーンに多大な影響を与え続けている。
    ほかにも制作活動や雑誌、Radioの出演など勢力的に活動。
    またダンスチームROOTSのメンバーでもあり日本のハウスダンスのオリジネータの一人である。
    http://www.myspace.com/kango01




    http://ifyr.tv/ac5
  • WATARAI

    WATARAI

    「中学生時代にスクラッチに興味を持ち、数年の後六本木を中心としたクラブでDJ活動を始める。1995年にMTVで放送されたPETE ROCK のインタビューに衝撃を受け、トラック制作を始める。
    その後は、MUROやNitro Microphone Undergroundなどの作品を中心に精力的な活動を続け、MISIAやDOUBLE、AIといったR&B方面のアーティストにも楽曲を提供。現在は渋谷HARLEM 「Punch Out!!!」のレギュラーDJとしても活動している。」


    http://ifyr.tv/aaS
  • YANATAKE

    YANATAKE

    レコードショップCiscoのヒップホップ・チーフバイヤーとして渋谷宇田川町の一時代を築き、Def Jam Japanの立ち上げやMTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担って来た存在。ビデオゲーム"Grand Theft Auto"シリーズや宇多田ヒカルのPR/発売イベントも手掛け多方面に活躍中。そのセンスは多くのDJやラッパーからも信頼され、アドバイザー的な役割も果たしている。DJとしてはClub Harlemでのイベント"Honey Dip"やYellowでの"FOWL"などDJ Hasebe,DJ Wataraiらと長期に渡り活動中。ヒップホップ、R&Bを軸にジャンルは幅広く、新旧譜/洋邦楽ともにエッジの効いた選曲とアイデア豊富なプレイは毎回DJ陣からも絶賛されるほど。またコラムの執筆や自身のブログ、Twitterは連日高いヒット数を誇るなど業界内外問わず支持が高い。TBSラジオの人気番組"ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル""高橋芳朗 HAPPY SAD"にも準レギュラー出演し、手掛けたミックスは番組人気投票の年間1位を獲得している。近年は旧友であるm-floの☆Taku Takahashiが立ち上げたBLOCK.FMにてヒップホップの人気インターネット番組"INSIDE OUT"のディレクションやAmebreakプレゼンツ"RAP STREAM"のオペレーションなども手掛けるマルチな活動が注目を集めている。

    http://twitter.com/yanatake
    http://extraclassic.net/yanatake
    http://block.fm/program/insideout.html


    http://ifyr.tv/a4F0
  • DJ YUKIJIRUSHI

    DJ YUKIJIRUSHI

    91年に渡米、N.Y.を拠点にDJを開始したDJ YUKIJIRUSHI。同時期に渡米してたBUDDHA BRANDと活動を共にし、N.Y.大箱クラブをDJとして渡り歩き、着実にHIP HOP DJとしてのスキルを磨き上げて行く。95年、BUDDHA BRANDの帰国と共に活動拠点を日本に置き、97〜03年7月にはN.Y.時代から活動を共にしているDJ MASTERKEYと渋谷CLUB HARLEMにて伝説のスーパーイベントDADDY'S HOUSEを立ち上げHIP HOP DJのみならず様々なジャンルのDJから常に注目された。それまでは定着していなかったHIP HOPの現場でのREGGAE(今ではあたりまえだが)を定着させ、現在のシーンを作り上げた第一人者といっても過言では無い。

    http://ifyr.tv/a5Jt
  • MASTERPIECE SOUND

    MASTERPIECE SOUND

    DJ MAGARA(selector), STAMINA-X(mc),DJ KIXXX(selector)

    国内外のREGGAE,HIPHOPのSPECIAL DUBPLATE(オリジナル音源)を多数所有し、REGGAEからHIPHOPにR&B、POPS、BASS MUSICにEDMと幅広い選曲でパーティーを盛り上げるJUGGLING SOUND。東京を中心に全国でプレイしている。これまでに多数の自主制作&オフィシャルのMIX CDをリリースしておりどれもグッドセールスを記録している。毎週木曜六本木IBEX-TOKYOで"ONE LOVE THURSDAYZ"をBIGゲスト招いて開催中。

    http://ifyr.tv/abQ
  • ASIAN STAR

    ASIAN STAR

    東京、横浜を拠点とし、全国を駆け巡るREGGAE SOUND!! SOUND SYSTEM ''Noise1&2''を所有し数々のレギュラーイベントをこなす。2002年、TRAVELERS、JETLEEと共演。Ghetto Danceに出演し、活動規模を拡大していった。2004年DEF JAM JAPAN/ISLANDからCRYSTAL MOVEMENT ''THA DOPE PROJECT''をリリース、そのトータルプロデューサーをこなし、日本全国を話題にした。2005年MABO(MACKA-CHIN&DABO)のライブDJとしても活動。2007年Space ShowerTV - Black File''Driver''のナビゲータとしても始動。彼との交流があるアーティストが出演しコーナーとして成長させ絶賛。現在、東京/横浜のレギュラーイベントを持ち勢力的に日本全国駆け巡るもっとも多忙なSound System Crewである。


    http://ifyr.tv/a1oS
  • SPICY CHOCOLATE

    SPICY CHOCOLATE

    ジャパニーズレゲエ界に名を馳せるKATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER 率いるREGGAESOUND CREW=SPICY CHOCOLATE(スパイシー・チョコレート)。東京のルードボーイたちによって結成された品川世田谷バッドボーイ・クルー(SBC)が前身となり、 94年に活動をスタート。 2003年にはSPICY CHOCOLATE所属のBIGGA RAIJI らをフィーチャーした初のオリジナル・ミニ・アルバム『RUN DE WORLD』をリリース。そして、2007年には看板コンピ・シリーズとなる『東京RAGGA BLAZE』の第一弾が登場。それまでの活動で培われてきたリンクを活かし、彼らオリジナルの〈東京ダンスホール・スタイル〉を打ち出した。 制作活動の一方で〈BOMBOCLAT NIGHT, Kachi Kachi Friday 〉などのレギュラー・ダンスやダンサー・コンテスト〈DANCEHALL QUEEN JAPAN〉も主催。また、渋谷初のレゲエ祭「渋谷レゲエ祭2009」、続く2010 年の「渋谷レゲエ祭2010」を即日ソールドアウトにさせるなど、ジャンルの枠を超えてレゲエの魅力を発信し続けるその姿勢は、シーンに於ける絶対的な存 在として、常にリスペクトの対象となっている。 2011年9月14日、現在の本拠地「渋谷」の恋愛百景や、人生観をコンセプトにした「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION」をリリース。青山テルマ、RYO the SKYWALKER を迎えた先行配信曲「君に会いたい…feat. 青山テルマ & RYO the SKYWALKER」、「信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風」が配信でスマッシュヒットを記録する。2012年9月5日シリーズ第二弾、「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION 2」もSPICY CHOCOLATEにしかできない奇跡のコラボを実現させた。収録曲の「ずっと feat.HAN-KUN & TEE」「愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON」も前作同様、先行配信されスマッシュヒットを記録し、このシリーズの確固たる存在感をシーンに定着させた。 2013年、SPICY CHOCOLATEとして初のSingle「Turn It Up feat. AK-69 & HavanaBrown」では国境、ジャンルを超越した最強コラボレーションを実現させ、「FREEFREE!! feat. HAN-KUN & Ami (Dream / E-girls)」をはじめとする奇跡のコラボの数々を収録した「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION 3」は音楽シーンに衝撃を与えた。 2013年11月末よりOAとなった、NTTドコモテレビ CMソング SPICY CHOCOLATE至極のバラード「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」は各配信チャートで連日の1位を記録し、配信チャート19冠を達成、iTunes 週間ソング・ランキング、レコチョク週間シングルランキング、music.jp週間シングルチャ−ト8週連続1位など、記録的なHITを現在続けている。 結成20周年を迎える2014年。2月12日には、BEST盤「ずっとスパイシーチョコレート!BEST OF 渋谷RAGGA SWEET COLLECTION」を発売!勢いそのままに、10月22日に「渋谷」と「純愛」をテーマにした新シリーズ「渋谷純愛物語」を発売!アルバムの先行楽曲として配信した「うれし涙 feat. シェネル & MACO」、「しあわせ feat.Ms.OOJA & SALU」、「I miss you feat. 清水翔太」も配信でスマッシュヒットを記録。また、世界最強のリズム隊・SLY & ROBBIEとの共作で制作し、北米限定で配信していた「THE REGGAE POWER」が、日本人レゲエアーティストとしては初となる、第57回グラミー賞 ベスト・レゲエ・アルバム部門にノミネート! 日本だけに留まらず、ワールドワイドな活躍を見せるSPICY CHOCOLATEから目が離せない!

    http://ifyr.tv/a400
  • BLACK GOLD SOUND

    BLACK GOLD SOUND

    L.Aのレゲエの最もコアな部分を9年間支え続けPoisonDart,や EarthRuler,などのビッグサウンドとのクラッシュもLA代表として参戦して来たBLACK GOLD SOUND。2001年ロサンゼルスで結成し昨年6月に帰国、 多彩なダブプレートを持ち海外特有のプレーを湘南をベースに横浜や東京などを中心に全国に向けて活動中。

    http://ifyr.tv/a5jy
  • UNITY SOUND

    UNITY SOUND

    ■UNITY SOUND
    CROSS FIRE, DREADY, SUPA COOP, BIGGA-C からなる US (Atlanta), JA, JPN (横浜) を代表するサウンドシステムである。1994-1996年にDJ Red CrossとしてCrossfireがキャリア-をフロリダ州タンパでスタートさせる。この当時、主にタンパのビッグサウンドPoison Dartsの前座として活躍する。そして'96年にアトランタにCross Fire,Dready(二人は兄弟)が移り住むのをきっかけにUNITY SOUNDを旗揚げ、さらにアトランタで唯一のReggae レコードショップ "UNITY SOUNDS" をオープンさせる。'98年から'03年に架けてはアトランタ唯一のReggaeラジオ番組"MORE FIRE SHOW"を任され、アトランタReggae
    シーンに貢献する。翌年'04年にはCross Fireが日本に移住し拠点を横浜に置く。'07年にはもともと友達でもあるJamaicaトップProducer, FRESH EAR PRODUCTIONのAriff Cooper (SupaCoop)が加入する。'08年には前年ともにEuropeツアーを成功さした横浜のJAMTEKよりBigga-Cが加入しWorld WideなSoundとして目が離せない!


    http://ifyr.tv/a4Yc
  • POWER PLAYERZ

    POWER PLAYERZ



    http://ifyr.tv/a4Jg
  • DJ SELECT

    DJ SELECT

    若干15歳でDJとして活動スタート。 今や伝説となった横浜のCLUB 【LOGOS】にて毎週金曜日に開催していた「Y-Rep」のレギュラーDJとして活躍。その後、DJなら誰もが憧れるであろう日本トップクラスのCLUB 【HARLEM】、そのHARLEMにて毎週金曜日に開催していた「PUNCH OUT」のレギュラーDJとして抜擢。 現在は自身がProduceするBig Party 「Notice @ 横浜 BAYSIDE」、毎週金曜日に開催している「HAZE @ 渋谷 HARLEM」、Resident DJを任されている毎週火曜日「FEEL GOOD @ 六本木 ESPRIT」を中心に、横浜•渋谷•六本木の人気CLUBで活躍中。 また、これまでにPete Rock / Lord Finesse / The Large Professor / The Pharcyde / M.O.P / Slum Village / Illa J / BEE(Aloe Blacc & Cradle) / DJ Rich Medina / DJ Bobby Trends / DJ Waxfiend / DJ Erick La Peau ...等、海外アーティストと競演も多い。2013年には台湾の人気CLUB 「Primo」の5th Anniversary Party、CLUB 「LAVA」 の2カ所にGUEST出演し、台湾 NIGHT CLUB TOUR 2013を成功させる。 制作方面では、2010 / 2011年にROYAL COLLECTIONをリリース。そして、2013年にはDJ NUCKEY氏が全国からPick UpしたDJ達によるMIX -BEAT JUNCTION- のDJとして抜擢。 その他、CLUB HARLEM 新聞のFRESH ALL STAR DJ COMPLETE -2013- に掲載、DANCE業界認知度NO.1情報誌 MOVEMENTのDJ INTERVIEWに掲載(2014年 2月号)。

    http://ifyr.tv/acpv
  • SHIN
  • DaBook

    DaBook

    HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/TWERK/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBなどなど、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULUTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。

    info http://dabookinfo.tumblr.com
    soundcloud http://soundcloud.com/djdabook


    http://ifyr.tv/a6ih
  • なすっ子キューカンバ

    なすっ子キューカンバ

    なすっ子キューカンバ プロフィール
    2000年結成。REGGAEの女らしい動きや、new dance、HIPHOPのキレのある立ち踊りを融合させたジャンル、REGGAE-HIPHOP DANCER。自らのshow caseの他にも、雑誌、TV、P.V、LIVE、DVDなどにも出演。

    主な出演
    雑誌;
    DANCE STYLE // LUIRE // 411 // movement(free paper) etc...

    TV;
    スーパーチャンプル // MTV // 流派R etc...
    P.V;
    MINMI、Ryo the skywalker
    H-MAN<1,2,3>、BOY-KEN ft.HOME-G、ライムスターft.FIRE B
    三木道三<太陽>、山嵐<ヤマアラシイズム>、キングギドラ<F.F.B>
    MEGUMI MUNEHIRO<宴,japannese!>MICKEY RITCH etc...

    http://ifyr.tv/an7