EDIT EVENT
SATURDAY / 2017.12.09

DANCE ON THE PLANET "PARADISE"

Ace Venturaがキラートラックばかりのコンピ「BEST for JAPAN 」をiTunesで日本限定リリース。ドイツの最強コンビX-DREAMと共に最高峰のトランスでブチ上げる!!

DANCE ON THE PLANET "PARADISE"

2017.12.09.SAT
OPEN 23:00

GET TICKET
DOOR:¥4,000
International Coupon:¥3,500

ADV (優先入場/FAST LINE)
GENERAL ADVANCE TICKET : ¥2,800
iFlyer [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
e+ [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
クラベリア [ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

International Coupon
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

Ace Venturaがキラートラックばかりのコンピ「BEST for JAPAN 」をiTunesで日本限定リリース。ドイツの最強コンビX-DREAMと共に最高峰のトランスでブチ上げる!!

2010年代のサイケデリック・トランスシーンを牽引し、王者というべき人気・実力を誇るアーティスト/プロデューサーがAce Venturaである。そんな彼の珠玉のキラートラックばかりを集めたコンピレーション「BEST for JAPAN compiled by Ace Ventura」をiTunesで日本限定リリース。
共作者、リミキサーにはVini Vici、Juno reactor、Zen mechanics、Captain Hook、Astrixなど名だたるプロデューサーが名を連ねており、一聴すれば踊り出さずにはいられない本物のダンスミュージックが展開されている。
【iTunes 購入リンク】
https://Stillup.lnk.to/SURC37FA

このコンピレーションのリリース合わせ、12月9日土曜日にageHa で開催される「PARADISE」での来日が決定した。このパーティーには、日本でも絶大な人気を誇るドイツの最強コンビX-DREAM、そしてX-DREAMの所属レーベルBoshke Beatsのドン・Alex Tolsteyのトランス名義ACID BLACKの参戦も決定。Ace Ventura と共にageHaのビッグなフロアを、世界最高峰のサイケデリックトランスでブチ上げてくれるに違いない。

「BEST for JAPAN compiled by Ace Ventura」は間も無く先行予約がスタートし、10月27日(金)に正式リリースが決定。尚、本コンピレーションを購入された方には、12月9日のageHaのパーティー「PARADISE」の入場料より500円OFFとなる特典が付く。

そして、この日は充実のサブフロアが注目のコンテンツを企画進行中!!
ISLANDフロアでは長年Boshke BeatsのレーベルDJを務めてきたTEZがLDGと共にBoshke Beatsのレーベルバーティーを開催。主宰Alex Tolsteyと共に、So、TOMO HACHIGAなどシーンのキーマンがサイケデリックを経由したテクノの進化形を展開。

WATERフロアではGrasshopperとGreenMagicが合同で年末特別企画を展開。"WINTER OUTDOOR RAVE"と題して、屋外に特別にクロークを設置。オーティエンスはコートを会場内に持ち込んでクロークを利用することで、野外と屋内どちらも楽しめる新たなageHaの遊び方を提案する。

BOXフロアではおなじみのTCPTクルーがEDM、BASS MUSICを中心としたパーティー”Lightningbolt”を開催。

更に、屋外のSTAR BARにもDJブースを設置。手練れのDJたちがGood Musicをお届けする。

サイケデリックトランスから、テクノ、ハウス、EDMまで・・・
全エリア、最高のパーティーを展開!! お楽しみに!!


>>Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/137686760202092/

  • ARENA

    PARADISE

    LINE UP
    ACE VENTURA [Iboga rocords / Swiss]
    X-DREAM [Boshke Beats / Germany]
    ACID BLACK a.k.a ALEX TOLSTEY
    YUTA [Matsuri Digital]
    Yamato [Libero]
    VJ
    HEART BOMB
    VJ Spike-Bloom
    DECORATION
    KANOYA PROJECT
    LIGHTING
    MIURA
    PSYCHEDELIC DANCE MUSIC
  • ISLAND

    LDG presents "BOSHKE BEATS JAPAN TOUR IN TOKYO"

    LINE UP
    Alex Tolstey (Boshke Beats)
    Tez (Boshke Beats)
    SO (Labyrinth)
    TOMO HACHIGA (HYDRANT)
    Ayana JJ (Smitten)
    VJ
    VJ KOTA (redscreen)
    TECHNO
  • WATER

    Grasshopper & GreenMagic presents "WINTER OUTDOOR RAVE"

    LINE UP
    DISC JUNKEY (Grasshopper Records)
    HUGO NATION (24/7 Records/U.K)
    IRY (Grasshopper Records)
    MISTER (Green Magic)
    TAKU (Green Magic)
    426H (Green Magic)
    VJ
    CHRISHOLIC
    DECORATION
    CK13
    FULL ON / PROG TRANCE
  • BOX

    Lightningbolt

    LINE UP
    YOSHIMASA
    ROLF U DIV
    HIKARU
    G-NAILS
    KENICHI
    Aria
    Su-piy
    and more..
     
     
     
    ____________________________________
        EDM / BASS MUSIC
     
     
     
     
    【STAR BAR】
     
    LINE UP
    Hidefumi Watanabe (SPACE FLOWER)
    KASAHRA (SYMPATHY / HIGHTIME)
    Hiroaki Wada (SPACE SEEDS)
    G.T. (LIBERO)
    HOUSE / TECHNO
GET TICKET
RELATED MEDIA
Ace Ventura @ Boom Festival 2016
Ace Ventura Interview at Boom Festival by Trancentral =日本語字幕付き=
Ace Ventura at Psy-Fi Festival 2017
ARTIST ANNOUNCE
  • ACE VENTURA

    ACE VENTURA

    Ace VenturaことYoni Oshrat。
    彼はエレクトロニックミュージックの世界で最も才能のあるイスラエル人の一人で、10年以上に渡り、音楽シーンのトップを走り続けてきた。
    音楽一家の生まれで、彼の父はイスラエルの有名な作曲でソングライターだった (例えばユーロビジョンコンテストの優勝曲 “Halelujah” を裏で作曲していたのが彼の父親だ)。

    90年代初頭、世界的に大きなピークを迎えていたトランスシーンに出会い、彼はDJとしての活動を始め、友人のDJ Goblinと組んでサイケデリック・トランス・プロジェクトのChildren Of The Docを結成。そして彼らは後にPSYSEXに名前を変える。二人は一緒にHOMmega Productonsで3枚のフルアルバムをリリースし、イスラエルがトランス界で世界の最も重要な国の一つになる上で大きな役割を果たした。

    世界中の最大規模なパーティーやフェスで演奏し、何年もの忙しいツアー活動を行った後、Yoniの音楽はよりスローでありながらより、グルーヴィーな方向性へと向かって行き、2006年にはPSYSEXを脱退し。SCHATSIとACE VENTURAの2つのソロプロジェクトを立ち上げることを決意した。
    SCHATSIでは、HadshotやMyloのBreastfed Recordingsなどのレーベルですぐにフィーチャーされ、John DigweedなどのトップDJは数多くの機会に彼の音楽を使ったのである。

    だが、Ace Venturaには更なる注目が注がれた。PSYSEXのハードでパンピングなダンスフロア志向なスタイルと、プログレッシブトランスのより深くよりグルーヴィーな影響を融合することで、Ace Venturaのプロジェクトは大成功し、今やクラシックになったデビュー作 “Cardiac Arrest” などをほんの少しリリースしただけで、彼は既にプログレッシブ・トランス・シーンのトッププロデューサーと見なされたのである。

    Flow、Domo、Echoes、Blue Tunes、Spintwist、HOMmega、Iboga Recordsなどのレーベルで作品をリリースした後、彼はついにデビューソロアルバム “Rebirth” を2007年にリリースし、この年最大のビッグリリースとなった。この作品は、2008年のBeatportのサイケデリックトランス部門でミュージックアワードを受賞するに至った。
    その約1年後には、リミックスアルバム “Re:Boot” がリリースされ、この2枚組のCDには、プログレッシブトランス、ハウス、エレクトロハウス、テクノなどの様々なアーティストによるリミックスが収録された。
    “Re:Boot” のリリースは、様々なアーティストとのコラボレーションだけでなく “The Spark” や、FREqの “Short Life Again” のサマー・アンセム・リミックスなどと一緒に、Ace Venturaに、2009年のBeatportのサイケデリックトランス部門でミュージックアワード受賞という2年連続の快挙をもたらしたのである。

    ポルトガルのBoomから、ブラジルのXXXPerienceやTribe、Universo Paralello、日本のSolstice、イギリスのGlade、ハンガリーのOzora、ドイツのIndian Spirit、Tshitraka、Antaris、Full Moonに至るまで、世界のあらゆる場所の大規模イベントでプレーしながらも、Yoniは現状に満足して挑戦を止めたりはしていない。相方でパートナーのRoy Tilbor (別名Rocky) と一緒にEASY RIDERSなどのプロジェクトを進めたり、Zen Mechanicsとの新プロジェクトZENTURAなどに取り組んだり、またなんと言っても、Liquid soulとのコラボレーションであるLIQUID ACEでも長きに渡る活動をしているのである。

    様々なレーベルでトラックを作ることに加えて、YoniはHOMmega recordsで、数少ないコンピレーションアルバム “New order” シリーズを成功させた。この作品は、Echoes records の “Digital beings” と同様、このレーベルでは初のプログレッシブ作品となった。また、Iboga recordsで2枚組の “Dance Computer” を制作し、これは2011年10月にリリースされた。

    ここ最近は、Iboga recordsからリリース予定の2nd アルバム'Paradise engineering'の作業が進行中である。


    [Soundcloud] https://soundcloud.com/schatsi
    [Youtube] https://www.youtube.com/user/AceVenturaMusic
    [Facebook] https://www.facebook.com/AceVenturaMusic
    [WEB SITE] http://www.iboga.dk/artists/ace-ventura/

    Ace Ventura - Live in OZORA 2012
    https://www.youtube.com/watch?v=ZiOu5qnb7ds

    Ace Ventura @ BOOM 2014 (2)
    https://www.youtube.com/watch?v=IztleJw98kU

    http://ifyr.tv/a3n3
  • X-Dream

    X-Dream

    結成以来、十数年に渡ってリスナーに新鮮な驚きを与え続けてきた不世出のカリスマ、X-Dream。絶対的なオリジナリティーに溢れた彼らのサウンドは、常に時代の一歩先を進んで来た。近年はヴォーカリストArielの加入によってその魅力がさらにパワーアップ。トランス/テクノ/ブレイクビーツを融合した衝撃の最新アルバム『WE INTERFACE』とX-Dreamの軌跡を輝かしく彩る伝説的名曲を厳選して二枚組で発表した初のベストアルバム『THE BEST 1991- 2001』も、共に世界各地で大反響を呼んでいる。彼らの不屈の前衛精神とアーティスティックなヴィジョンを凝縮した独創的なライヴパフォーマンスは、芸術性の高い至福のサウンドトリップを醸し出してくれる。

    http://ifyr.tv/adS
  • YUTA (Matsuri Digital/VORTEX/MoV)

    YUTA (Matsuri Digital/VORTEX/MoV)

    2004年よりキャリアをスタート。
    DJ、オーガナイザー、ブッキングマネージャー、レーベルA&R等、様々な角度からGOA SOUNDSを浸透させるアプローチを仕掛け、今や日本トランスシーンの中核を担う。オーガナイザーとしての手腕も発揮し、次世代が創るモンスターパーティ「Mind of Vision」の核であり、DJTSUYOSHIと共に日本発のNU GOA SOUNDSを世界へ発信しているGOA TRANCEレーベル「Matsuri Digital」を動かし,MASAとジャンルを超越したオリジナルGOAを追求するパーティ”Vortex”を主宰する。「Re:birth」「SPIRIT ZONE NIGHT」「Flying Rhino Festival」など数多くのパーティに独自のスタイルで携わっている。

    メインアクティビティとするDJでは、過去に「渚音楽祭」「春風」「いのちの祭り」「RAINBOW」「Mother」「Space Gathering」「Dommune」等でプレイ。全国各地のシークレットパーティからフェスティバル等年間60以上のフロアでDJ YUTAを表現し続け、海外での経験も着実に重ねており、メキシコ、インド(ゴア)「Matsuri Digital 」、タイ(パンガン)「Shiva Moon」「BlackMoon After」、イスラエル「Psilosiva」、オーストラリア「Eclipse Festival」、ドイツ「VUUV FESTIVAL」、ルーマニア「Transylvania Calling」、ベルギー「Nova’s Incident」に出演を果たしている。

    2015年3月、自身がコンパイルする「Nu Goa from Japan Vol’2」をリリースし、シーンに新しい提案となるであろうコラボレーション楽曲やアルバム、リミックス等をAsteroidnos aka Makioと制作、今現在も次のコンピレーションアルバムのリリースのために楽曲を製作中。

    アジアでの一人旅をきっかけに自分の感性を信じ、人生=サイケデリックと悟り意識改革をコンセプトとした活動を続ける。


    MATSURI DIGITAL
    Official Website http://matsuri-digital.jp/
    Bandcamp https://matsuridigital.bandcamp.com/
    Soundcloud https://soundcloud.com/matsuri-digital
    mixcloud https://www.mixcloud.com/MatsuriDigital/



    http://ifyr.tv/a68r
  • YAMATO

    YAMATO

    ◉YAMATO [ LIBERO / GOONIES ]
    DJ YAMATOのオーガナイズする【 LIBERO 】は、世界各国で体験した野外PartyのVIBESを東京青山に落とし込み、強力な音源をスタイリッシュな空間で演出するパーティー【 Stained glass 】を開催してきた。
    2016年4月16日には神秘的な空間のChristnCafe新宿に場所を移し、プログレッシブトランスの名門レーベル iboga record から LISH を招き開催予定!!
    そして、夏のプールサイドパーティーで話題が沸騰した【 GOONIES 】は2016年8月6日に海沿いの最高のロケーション、ガンダーラ真鶴で開催予定。
    又、東京都内ではWOMB、ageHa等の主要CLUBで活動をし、Mother、OZORA official party等でフロアを沸かせて来た実績を、現在進行形で行っている。そのPlayスタイルはProgressive-Tranceを軸にTribal,Techno,Electro,Deep,House,Minimal,等の要素を持つ曲をグルービーにクロスオーバーさせ、ダークから光輝く音、Deepな音からFullPowerな音をクラウドに合わせて変幻自在に紡ぐ。今迄プレイして来た、海外リゾート、野外フェス、ラウンジ、大型クラブのバイブスでダンスフロアーを沸かせるだろう!!

    ◎最新のMixはこちら↓↓
    https://soundcloud.com/shimpei-yamato-ozawa

    ◎Facebook Officialページから最新パーティー情報はこちらから↓↓
    https://www.facebook.com/Libero-yamato-official-1076180752415314/

    http://ifyr.tv/a4Na
  • HEART BOMB

    HEART BOMB

    HEART BOMB (iseneehihinee)
    他社比社所属の映像ディレクター集団。ミュージックビデオ、TVCM、ビデオインスタレーションを手がける他、QUICK TIMERS名義で定点観測映像を研究し、VJでは、コミックアニメーショ ン、CG、VIDEOCAMフィードバック、決定的瞬間映像、オシロスコープ波形をMIXする独自のスタイルが話題となり、多数ビッグフェスティバルにも出演。 デコレーションチーム宇宙警備隊と共にLEDを用 いた大規模な照明&VJセットも考案し、さらには、音、風、重力などのあらゆる物理量を電気信号に変えてのインタラクティブなVJ、映像、LED演出も計画中。

    http://heartbomb.jp


    http://ifyr.tv/a228
  • Spike-Bloom

    Spike-Bloom

    Spike(神経発火)がBloom(咲く)という意味のVJ名。
    Industrial RockのVJとしてhide museumなどのイベントでVJキャリアをスタートし、
    オリジナル作品となるVJ用映像素材"Rainbow Candy"を発表後、数多くのレイヴに出演。
    M.M.Delight森田勝(故)、DOMMUNE宇川直宏に師事し、
    Psychedelic TranceシーンのVJとしてキャリアを積む。

    海外アーティストの日本公演、ageHa企画でのVJなどを手がけ、
    その映像素材を使用したYoutubeでの関連動画は、合計800万回再生を超える。
    (株)GAINAXのとの共同企画として
    Panty and Stockeing with Garterbeltオフィシャルクラブイベント
    "No Pan Night 1st&2nd"を企画。

    http://ifyr.tv/a2wp
  • KANOYA PROJECT

    KANOYA PROJECT

    関東を中心に活動する空間演出家Shinichiro.Iによるプロジェクト。本格始動からわずか2年足らずではあるが、ノーコンセプトをコンセプトに、ひとつの型にとらわれることなく常に
    実験的な試みや新しいスタイルを提案し続け、現在では数千人から1万人超規模のものから100人規模のパーティーまで、関東のみならず日本各地、また野外、屋内、年間数十ものデコレーション&空間演出を手がけるようになる。また一方では、東芝、三井住友、kobelco等のブースデザインからtokyo disney seaの装飾、その他ウインドウディスプレイ等も手がけ、その活動は多岐に渡る。新しい刺激と自己満足の先にある何かを求め今も猛進中。

    http://ifyr.tv/a2bp
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • TEZ

    TEZ

    97年より関西で活動を開始。
    00年にスペインのテックトランスレーベル『BOSHKE BEATS』のオフィシャルDJに抜擢される。
    現在は東京へ上京し新しいオーガナイズパーティー『77ELECTRO』を不定期に開催。
    05年には、東京発、ダブテクノレーベル『GEMINI RECORDINGS』のDJ・トラックメーカーとしても活動の幅を拡げ、最近では西麻布の『COLORS STUDIO』で行われているエレクトロテックパーティー『TRINITRON』のレジデントとして、グローバルな視点で音楽を提供し続けている。

    http://ifyr.tv/a2
  • TOMO HACHIGA

    TOMO HACHIGA

    TOMO HACHIGA ( Hydrant )

    東京都出身。1997年から音楽学校でSTUDIO WORKのイロハを学び、1998年CLUBシーン全盛期にTECHNO DJとしてデビュー。2003年7月に「融合-fusion-」を開始。平日に500人以上を集客するモンスターパーティーにまで成長させた。重厚で硬質な音を好み、緻密に計算された独特のEQ使いでロングミックスを完成させる。2008年1月からSOLSTICE MUSICのRESIDENTS DJとして数々のBIG PARTYのオープニングアクトを務め上げた。その後は「NO BORDERS」「NEOTOKYO.LAB」等を都内各所でオーガナイズ。現在は「HYDRANT」を不定期で開催。それに併せて同名のレーベルも進行中。トラックメーカーとしては様々なレーベルから50タイトル以上をリリース。2017年4月にはイタリアのアーティストMARI MATTHAMの新曲をA.MOCHIと共同REMIXし話題を呼んだ。UNDERGROUND TECHNO MUSICを独自の目線で探求する孤高のミニマリストである。

    http://soundcloud.com/tomo_hachiga
    https://www.facebook.com/tomohachiga.official
    http://twitter.com/#!/TOMO_HACHIGA
    http://classic.beatport.com/artist/tomo-hachiga/222491

    http://ifyr.tv/a25n
  • DISC JUNKEY

    DISC JUNKEY

    東京ストリートカルチャー出身の2人から成るHybrid DJ Unit 。
    HIPHOPを中心に互いの様々なバックボーンから影響を受けた感性を軸に、クールでファンキーかつクレイジーなパーティサウンドをMIXし、オリジナリティ溢れるスタイルを発信。
    国内においては、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまでと、大小関わらず多数のブッキングを重ね、国外ではブラジル最大のカウントダウンビーチフェスティバル、303 Art Festival、Universo Paralello、メキシコのClover Festival、Mechanoids Festivalと、数万人規模のフェスティバルでの海外ツアーでの成功に続き、コンピレーションV.A./NEW DIMENSIONSをリリース。
    そして、2016年、2人にとっても待望のヨーロッパデビューとなる、ハンガリーで行われるO.Z.O.R.A FESTIVALのメインステージでのGIGを獲得。
    また、インパクトあるネーミングでも好評ではあるが、自分達のスタイルを込めつつもDisc Jockey(DJ)をもじっただけに過ぎない。



    http://ifyr.tv/a4cb
  • IRY

    IRY

    2004年よりトランス DJ として活動を開始。これまでに数多くのアーティスト達と共演し着実に進化を遂げ、"渚音楽祭大阪2012春" "いのちの祭り2012" にも出演。シリアスなトランスサウンドを軸にアップリフティングなサウンドまで幅広い音楽性でプレイする。現在ではトラック制作、デザインにも力を注いでいる。

    [Soundcloud] https://soundcloud.com/dj-iry

    http://ifyr.tv/acsg
  • MISTER

    MISTER

    「自然・宇宙の壮大さを表現する為、2006年Ambient・Goa Trance DJとして
    スタート。色彩感のあるGoa Tranceと、宇宙空間を表現するAmbient Musicで幾多のクラウドを壮大な宇宙に導いてきた。最近は、PsyProgressive Tranceの魅力に取り付かれ、太いキックと高揚感溢れるトラックを駆使し新たな表現形態を模索中。」

    [Facebook] https://www.facebook.com/gogreenmagic

    http://ifyr.tv/abQO
  • CHRISHOLIC

    CHRISHOLIC

    In March 2011, she started VJ.
    She has an unique view of the world and image.
    She wanted to occupy your sight and brain.

    Her images are little bit creepy and dark, inorganic but organic.

    Sometimes she collaborate with live paint.


    http://ifyr.tv/a5if
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    1976年9月18日生まれ 静岡県浜松市出身。 4つ打ち音楽全般をこよなく愛し、そのプレイ スタイルはEDM、エレクトロ、プログレッシブハウス、 ディスコハウス、アッパーハウス、テックハウスなど多岐に渡る。 数多くのDJ活動、イベントプロデュース活動を経て 現在、DJとしては新木場ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」、渋谷WOMBでの「THUNDERBOLT」と「Revamp」を中心にDJ活動中。 2011年からはYOSHIMASA+RYOJI TAKAHASHI名義で楽曲制作を開始。2曲リリースしたあと 翌年2012年から二人で「TINY DUCKS」を開始。 同年9月にオーストラリアの"Shabang! Records"からデビューEP"Lock On You"をリリースした。 初のEPでありながら Lock On YouはBeatportのElectro House Release Chartにて最高14位を記録。 (総合チャートでも57位を記録した) そこから彼らは活動を本格化させ、 11月にはトルコのスーパースター "Utku S"のレーベル"Ventuno Recordings"からセカンドトラック「Breakthrough」をリリース。 そしてFILTH & SPLENDOUR / SMASH & GRABのTiny Ducks Remixも立て続けてリリースした。 2013年5月にはKID MASSIVEとTINY DUCKSの共作「SMASH IT」がマドンナやレディーガガなどの リミックスを担当して世界中で活躍する"Sultan & NedShepard"のEDITでリリースされ Beatport Progressive Houseのトラックチャートで最高42位にランクインし大きな話題となった。 「SMASH IT」は"PAUL OAKENFOLD"や"Fedde Le Grand"、"Daddy's Groove"、"Thomas Gold"、"Nari&Milani"、 "Tom Swoon"、"Starkillers"などにRadio mixで使用されるなどサポートを受けている。 TINY DUCKSは"WOMB"を始め、日本の様々なクラブでライブセットを 行い"BINGO PLAYERS"、"MOTi"、"Wolfgang Gartner"、"Feed Me"、"KILL THE NOISE"、"Daddy's Groove "、"CROOKERS"、"TJR"、"KRYDER"、"Jewelz & Sparks"、"Lucky Date"、 "Paris & Simo"、"Hook N Sling"、"Lazy Rich"、"Kid Massive"、"Starkillers"、"ZROQ"、"DON RIMINI"など世界のスターDJ 達の入れ替わりでアクトしている。 2014年11月には待望のファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。 ジャパニーズEDMシーンの大本命と評され、多くのメディアに露出し itunesやbeatportのELECTROHOUSE,PROGRESSIVE,DUBSTEP,POP/ROCKなど多くのジャンルのリリースチャートにランクインした。 最近ではLAZY RICHの最新トラック「Opus」をLAZY RICHのレーベル「BIG FISH RECORDINGS」からフリートラックとしてリリースし 今も再生回数を伸ばしている。

    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • ROLF U DIV

    ROLF U DIV

    EDM,ELECTRO,PROGRESSIVE,TECHNOを中心にグルーヴでフロアを引っ張るプレイが信条。
    特にEDMとELECTROを多彩に操り、対称的な音にも関わらずロングミックスするplayは圧巻。
    Mashupなどは一切使わず、CDJ3台を駆使し、その場で多様なMIXやスクラッチを繰り広げる圧倒的なテクニックで、常にオーディエンスの期待を超えたplayを見せる。
    新木場ageHa,VISION,WOMBなどのBig Clubのメインフロアにも出演し、数多くのBig Partyにも出演を果たしている。
    過去には
    「Daddy's Groove」「TJR」「Kill the noise」「LAZY RICH」「Kryder」
    など人気ARTISTともメインフロアにて出演を果たす。

    http://ifyr.tv/a8qy
  • HIKARU

    HIKARU

    若手注目株のEDM / DIRTY DUTCH HOUSE DJ。 DJ Hey!!と共に自らがプロデュースするクラブイベント「YNC Presents TRACE」の成功をきっかけに活躍の幅を広げていき、現在ではPARADISE@新木場ageHa Water、EDM NIGHT @ clubasia、EDM SUNDAY @ WOMB SUNDAY AFTERNOONなどEDM系パーティーを中心に月に十数本の現場をこなす。またEDMMMM!!! @ WOMBLOUNGEのオーガナイズも担当。 クラウドをハンズアップさせる為、今日も彼はDJをする。



    http://ifyr.tv/a7jA
  • G-NAILS

    G-NAILS

    オーストラリアはMelbourne(メルボルン)のクラブシーンを代表するMelbourne Bounceをこよなく愛するProducer/DJ。
    メルボルンバウンスを主軸としたプレイスタイルのDJとしては日本一を自負している。

    オーストラリアのクラブシーンを追いかけ、常に自らのセンスをアップデートしている。
    最近はMelbourne Bounceのみならず、Minimal、Psytranceも好む。
    また、Bass Musicシーン、Hardstyleシーンで徐々に人気が出ているPsystyle/Hardpsyジャンルの楽曲を次々に制作。
    (視聴はこちらから: https://soundcloud.com/gnails/ )
    ジャンル問わずに食指を伸ばし、良いモノは自分の中に取り入れていくスタイルで地道な活動を続けている。

    オーストラリアの有名Producerらを筆頭に有名プロデューサーからサポートを受けており、
    Producerとしてもキャリアの成熟期に入った。

    Supported by:
    Uberjak'd
    Mashd N Kutcher
    Vikstrom
    KORE-G
    Tha Boogie Bandit
    CaZ

    [G-NAILS]
    SoundCloud: https://soundcloud.com/gnails/
    Facebook: https://www.facebook.com/gnailsmusic/
    Twitter: https://twitter.com/gnailsmusic
    Instagram: www.instagram.com/gnailsmusic/



    http://ifyr.tv/a9cy
  • KENICHI

    KENICHI

    1980年生まれ 千葉県出身
    4つ打ち音楽を中心に多彩なジャンルを駆使し、中でもDrum'n'Bassを組み込んだ前衛的なプレイを得意とする。
    現在は週末にageHa、VISION、WOMBなどで活動しており2017年にはageHaのARENAにてSWANKY TUNESとの共演を果たす。
    また、地元千葉を中心に、自身が主催するイベント【Re:PLAY】を大盛況のもとで開催を重ねており、DJとしてもオーガナイザーとしても日々急成長を続けている。


    http://ifyr.tv/ad2N
  • Dj Aria

    Dj Aria

    DJ Aria
    2013年夏、DJを始めその約1ヶ月半後にはDIANAにてクラブデビューを果たす。彼女が幼少の頃から得意とするダンス、歌、ピアノで培ったリズム感やパフォーマンス能力で、Hip-hop、R&B、Dub-stepからEDM、HOUSE、tech-house、Trance、psy-tranceを巧みに使い分けフロアを操る。彼女のDJは、時間によっては気持ち良く美味しいお酒が飲めるし、激しく音を共有し爆発することだって出来る。これからは、クラブだけではなく色んなシーンで活躍が期待される注目の若手DJの1人である。

    都内を中心にageHa、WOMB、VISION、icon、axxcis、ESPRIT、DIANA、Clystal loungeなど、他にも様々なクラブへ出演を果たす。

    最近は地方でゲストDJとして呼ばれる事も多々あり、長野のneverlandではレギュラーパーティをもつ。


    また、クラブ以外の活動も活発に行っている。
    DeNAが監修するSHOWROOMのTOKYO EDM TVには2014年11月の放送初回からレギュラー出演。
    「Ariaのばくおどりナイト」のホストを務める。
    千葉のハーバーサーキットにてカーレースのバックDJを務めた経歴もある。
    2015年夏にはフジテレビ主催、お台場冒険王メインステージに出演。


    彼女の合言葉は「どんな時も全力プレー」

    歌も歌えるという彼女、これからが楽しみである。

    http://ifyr.tv/acRO
  • HIDEFUMI WATANABE

    HIDEFUMI WATANABE

    ■HIDEFUMI WATANABE(SPACE FLOWER)

    Japanese

    2012年6月自身のイマジネーションを具現化するプロジェクト"SPACE FLOWER"を設立。
    同年11月より始動した自身のオーガナイズパーティでは海外アーティストに拘り、これまでにビッグネームのJames Zabielaを始め、世界のTOPアーティストを召集、共演。
    常に世界を意識した活動を続け、13年8月には自身初の海外GIG(France)に招待される。
    一昨年にはWOMBのメインアクトを務め、昨年はダンスミュージック配信番組DOMMUNEに出演。今年7月には晴海客船ターミナルで開催される、過去3回の総動員数30,000人以上の大型フェスAUDIO2015へのDJ出演を果たした。
    その才能はイベントプロデュースにもおよび、BIGパーティ、BIGフェスのフロアプロデュースのオファが後を絶たない
    。 今年2月のSPACE IBIZA25周年ワールドツアー、フロアプロデュースは記憶に新しい。

    Technoを軸にクオリティの高いMIXテクニックで1つの物語を奏でるDJスタイルは、踊らずにはいられない高揚感と世界に誘引されてしまう深さとを併せ持つ。彼の空間に足を踏み入れた者からの評価は圧倒的に高く、体感する者へ常に感動と歓喜を与え続けている。



    English

    “SPACE FLOWER” is a realized project based on Hidefumi Wanatabe’s personal image since June 2012 .
    Following November of the same year, he started to invite the Top artists someone big name like James Zabiela etc.. come to performance together at his own organized party.
    Hidefumi always DJing with a very international point of view, finally he was invited to play his first oversea gig in France August 2013.
    Last year he played at club WOMB(Tokyo) as a main artist and also had a wonderful experience of DJ at a web broadcasting program “DOMMUNE” . How excited he will also DJ at a more than 30000 people big festival “ AUDIO2015” at Harumi Passenger Ship Terminal July this year.
    After his event produce talent comes to know, the very endlessly party produce offers comes from many BIG party and festival organizer. As you may still remembering the SPACE IBIZA 25 Anniversary produced by him this year.
    DJing a story based on Hi-end quality techno music with a perfect mixing skill. His DJ style holds the high groovy sense to make a non-stop dance floor and also able to make us falling deeper to his deep world. He always receiving the best of reputation from the dance floor, endless sensation and happiness from the people who in the party around the world.

    ■Bookings
    info@spaceflower.jp

    ■hidefumi on soundcloud
    http://m.soundcloud.com/dj-hidefumi-watanabe/

    ■SpaceFlower web site
    http://www.spaceflower.jp/

    ■SpaceFlower on facebook
    http://www.facebook.com/spaceflower.page

    ■SpaceFlower on twitter
    https://www.twitter.com/SpaceFlowerJp

    ■hidefumi on facebook
    http://www.facebook.com/DJhidefumi

    http://ifyr.tv/a6vf