EDIT EVENT
SUNDAY / 2021.10.10

velfarre × ageHa ~Evolution of the Legend agefarre vol.10~ 10th Anniversary 10hours Special

velfarre × ageHa ~Evolution of the Legend agefarre vol.10~ 10th Anniversary 10hours Special

2021.10.10.SUN
OPEN 12:00

GET TICKET

PRICE|料金 

□ ADVANCE TICKETS|前売
早割 ¥3,000(SOLD OUT)

9月17日18:00〜販売
第2弾早割 ¥3,500

□ BUY TICKETS
Zaiko【 BUY 】
Live Pocket【 BUY 】
配信 BUY 】

□ DOOR |(Pay at the door)
DOOR / 当日 : ¥4,500

※全てのお客様に、事前に必要なお客様情報の入力をお願いします。
前売り券の購入がスムーズです。

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING CLOSED
MORE INFO iFLYER

2006年に幕を閉じた伝説的スーパークラブvelfarreと、日本を代表するエンターテイメントスペース新木場ageHaがコラボレーションする年に一度のモンスターパーティー"agefarre"(アゲファーレ)が10周年にして、ついにフィナーレを迎える。

10月10日、日曜12:00スタート。10時間におよぶ10周年記念スペシャルパーティー。
海外からのバーチャルゲストに、破壊的ヒットメイカーJOHAN GIELEN(ヨハン・ギーレン)、そしてvelfarreのレジェンダリーDJ、JOHN ROBINSON (ジョン・ロビンソン)が登場。スペシャルゲストに日本が世界に誇るダンスミュージック界のマエストロ、YOJI BIOMEHANIKAを迎える。

尚、ARENAのステージはオンラインでの配信が決定。
またアゲファーレファンにはお馴染みのデラックスチケットも販売決定。
オンライン、オフライン共にチケットは9月15日水曜18:00より販売開始!!

壮大なスケールと唯一無二の一体感で、記憶と記録を更新し続けてきた伝説的パーティーのフィナーレ。
歴史の証人となるのはあなた達だ!!

■新型コロナウイルス感染予防対策及び店内での禁止事項とルール
全てのお客様に、入場前に必要なお客様情報の入力をお願いしております。
アゲハガイドラインをご確認の上ご参加ください。
ageHa Guideline (English)
http://www.ageha.com/news/article/?id=4535
スマホ等を含む館内での撮影を禁止いたします。
感染予防対策等に関してのスタッフからの指示にご協力いただけない場合は退店いただきます。その際、入場料の返金はいたしかねます。

政府または都からの要請によりイベント内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■会場までのアクセス方法について
渋谷からのシャトルバスの運行はありません。公共交通機関でのご来場を推奨いたします。
また、会場側での駐車場のご用意はありません。お車でご来場の場合は出来る限りお乗り合わせいただき近隣の有料駐車場をご利用ください。当店は飲酒運転を固く禁じております。また、路上駐車、私有地及び他店駐車場への駐車をされたお客様の入場はお断りさせて頂きます。運転・駐車の如何に関わらず会場周辺においてゴミ、タバコのポイ捨てをはじめとする迷惑行為が確認されたお客様も入場をお断りいたします。

■荒天時のイベント中止について
台風接近など荒天が予想される場合は、2日前を目処に中止のアナウンスをさせていただきます。イベントが中止となった場合、手数料をageHaが負担し全てのチケットを払戻し対応いたしますので安心して前売チケットをご購入ください。

  • agefarre 2021

    ■VIRTUAL GUEST
    Johan Gielen
    John Robinson
    ■SPECIAL GUEST
    YOJI BIOMEHANIKA
    ■RESIDENT
    TETSUYA
    DRAGON
    MITSUKI
    REMO-CON
    ■PERFORMANCE
    STEVEN & velfarre DANCERS
    BURLESQUE TOKYO
    ■LIGHTING&LASER
    ENDY & KATTY
    ■VJ
    REZ
    Photone
    ■HAIRMAKE
    VIRGO
    TRANCE / HARD DANCE
  • SEF LEGEND

    ■RESIDENT
    BOSS
    SHU
    PIROYUKI
    ■PERFORMANCE
    PARAPARA LEGEND DANCERS
    ■VJ&LIGHTING
    PORI×
    EUROBEAT / DISCO MIX
  • PARADE

    ■GUEST
    KAYA
    TORA
    ■RESIDENT
    U☆HEY?
    REW
    Ken×2
    Jr.
    MSK
    NORIO SP
    SATOSHI HOSHINO
    ■PERFORMANCE
    BURLESQUE TOKYO
    ALL TRANCE MIX
  • HYBRID

    ■LINEUP
    SHINKAWA
    YO*C
    TETSUYA
    TOMOHIRO
    KATO
    YAKSA
    KENTARO
    ■VJ
    AIR
    HARD HOUSE / TRANCE
  • 【STAR BAR】BAR 昭和 -新木場最後の昭和魂-

    ■GUEST DJ
    Passion & GUN
    DJ 7110 (ex.JULIANAs TOKYO)
    Shu1 (ex.M-CARLO)
    JOE (ex.EDENROCK)
    ■LINE UP
    MDA with DJ AKIKO & DJ ERIKO (JULIANA'S TOKYO / GENIUS TOKYO)
    MCひろくん with Friends (ex.JULIANAs TOKYO / velfarre)
    DJ哀愁 (ラジオシティ日比谷 / ageHa)
    DISCO PARTY
GET TICKET
ARTIST ANNOUNCE
  • Johan Gielen

    Johan Gielen

    Johan Gielen begins his walk of life at seventeen at a Dutch club.. Not long after that period he leaves for Japan for two years to work as resident DJ at club Velfarre in Tokyo. Johan’s reputation runs ahead of him and after his return to The Netherlands his career skyrockets, both nationally and internationally.
    Johan harvests worldwide hit records and strikes gold with titles like “The Beauty of Silence” en “Twisted”. By that time the amount of remix assignments for artists like, amongst others, Tiësto, Boy George, The Thrillseekers, Chicane and Delirium, has gone through the roof. Countless Top10 positions follow, all with global success and especially in Germany, Austria, France, Switzerland, U.K. and his land of birth Belgium. Johan’s Productions receive support from all the major DJs and are played everywhere.
    In 2006 Johan launched his debut album “Revelations”, which is released by Black Hole Recordings. With this release he brings his fans not just trance, but also progressive and techno. From that moment on it is clear for everybody that Johan Gielen can no longer be seen as merely a Trance DJ, but also as an artist who knows how to make the perfect combination of house, electro and trance in a style that he obviously adapts to his audience..
    By the end of 2006 he jumps from the fiftieth position to the 24th in the annual DJ Top 100 from DJ Magazine.
    Enter 2009 and Johan tirelessly continues the up going line in his career. He mixed the very first edition of the “Private Party” mix compilation for Black Hole; under the alias of Airscape he released the single “My Love” with the vocals of Jes Brieden and he began a brand new project with Virtual Vault, named The Dubguru. Their first single “U Got To Know” immediately shot to the highest regions of the charts The productions show that over the years Johan has widened his view and that he doesn’t limit himself to trance, embracing other styles as well.
    Online Johan is also a busy man and hosts his own monthly radio show and podcast, called “Global Sessions”. The show is broadcast by various stations all over the world. And it’s exactly this global character that defines Johan Gielen’s career. Indeed The Netherlands is his home base, but the world is definitely his working place. Or, as Johan likes to put it: “The world in which I move around every single day, can be read by the stamps that I have all over my passport. With such an enormous amount of airmiles I can fly around the world for free six time over!” (Laughs).
    2012 Johan Gielen has started a collaboration together with Jan Vervloet, one of the best producers Belgium has to offer, with an enormous list of hits already under his belt. This collaboration has spawned an very special track,built around an old, well known, sample the double J’s created a dirty sounding big room banger ‘Music for Free’ and as Follow up ‘Break ya Down’
    ‘Music For Free’ was found in the Beatport top 100, Trackitdown top 3 & the Dancetunes Charts.
    And as if it isn’t enough yet, Johan currently works hard for the release of his upcoming artist album and Airscape album, featuring several collaborations with befriended class-A artists.
    Up till today from all over the world the booking requests pour in and in no time he plays the biggest venues of the world, features on the known raves and appears in every line-up of the ruling festivals and clubs like Dance Valley, Tomorrowland, Nature One, Sensation White, Sunrise Festival, The Government, Space, Godskitchen, Sunrise festival and remains the only artist who performed 15 times in succession at the prestigious Trance Energy.
    ”Johan Gielen ” the name behind his famous trance project AIRSCAPE
    Airscape holds a special place in electronic dance music history, with past releases, projects and remixes such as: Alice Deejay – “The Lonely One”, Safri Duo – “Played-A-Live”, Tiesto – “Lethal Industry”, ATB – “Hold You” and many more. “One of their most well-known remixes is that of the Delerium song “Silence”, which was used as the lead single release and reached the top 3 of the UK Singles Charts! With the return of Airscape and their single ‘Endless Forever’ which is the Mixmag Tune of the month in April 2013 Johan’s new Airscape production ‘ Welcome Home’will be released may 6th 2013.
    Previous releases by Airscape: ”Cruising”, ”Pacific Melody”, with Peter Ramson – UK #27, “Amazon Chant”- UK #46, ”L’Esperanza” – UK #33, ”Sosei”, ”My Love”, with JES, ”L’Esperanza 2009″, Now & Then the Album


    http://ifyr.tv/a8B5
  • John Robinson

    John Robinson

    1990年代初頭から東京を拠点とした活動を始め、ハウス やテクノ、トランス等ダンスミュージックを扱うクラブDJとして活動。

    1991年(平成3年)に開業した大規模ディスコ 『ジュリアナ東京』(東京・芝浦)ではメインDJを務め、同店名を冠したコンピレーション・アルバム(エイベックストラックス)にも出演した。1994年(平成6年)に同店が閉店すると、同年末に開店した同じく大規模ディスコ『ヴェルファーレ』(東京・六本木)のレジデントDJとなり、同店の運営にも参加するようになった。

    2000年頃になると自身の活動内容がポップ・ミュージックや音楽ビジネス、ショービズまでに分散してしまったことを反省、原点であるクラブDJとしての活動へ回帰・集中することを試みるようになった。その後は、中華人民共和国やインドネシア・バリ島、オーストラリアなどを含むアジア - オセアニアの各所における様々な音楽イベントに参加、2007年(平成19年)には、バラエティ番組 『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)への出演によって、日本のテレビにも復帰した。

    2010年6月、ロンドンおよびサウス・イースト・イングランドに生活の拠点を移す。

    2018年現在は、アメリカ、ネバダ州に生活の拠点を移し、本拠地でレギュラーパーティーを持つほか、来日の際は全国各地はもとより、自身のレジデントパーティー【PLANET LOVE】や、今年2017年夏からスタートした【SANCTUARY】、毎秋開催の【agefarre】にも出演している。

    http://ifyr.tv/a5Q1
  • YOJI BIOMEHANIKA

    YOJI BIOMEHANIKA

    90年代初期にDJ / ダンスミュージック・プロデューサーとして活動を開始し国内外で数々のヒット作品をリリース。その後、ミレニアムの到来と共にその活動をグローバルに拡張。数々のオリジナル・ビッグ・アンセムと唯一無二のステージ・プレゼンスを武器に、オランダやイギリスを中心に西欧州~ロシアなどの東欧州、北アメリカ、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏など世界に渡ってサーキットを繰り広げ大ブレイク。Mysteryland、Defqon-1、Dance Valley、 Tomorrowland、In Control、EDC、Creamfields他数多の巨大フェスに降臨。Sensation Blackでは空前の二年連続ヘッドライナーに大抜擢。DJ Mag Top 100にも度々ランクインし、日本人DJとしては前人未踏の32位まで駆け上がった。’03に英国で始まった『Hard Dance Award』では、初年度にグランプリを獲得。 '13 年にはシーンへの貢献を讃えるOutstanding ContributionsとBest International DJ in Asiaの二つのアワードを受賞。アンダーグラウンドだったハードなダンスミュージックをメジャーなマーケットに押し上げた実績は音楽史に刻まれるべきもので、後の多くのアーティスト達から、そして世界のシーンからレジェンドと讃えられている。その後’07より「YOJI」名義で Tech Dance と呼ぶハイブリッド な音楽スタイルを提唱。約7年間に渡って音楽的探究を続けた後、氏のアイデンティティは 再びビッグルームサウンドへと回帰。’15 満を持して YOJI BIOMEHANIKA として再起動。 実に 11 年振りとなる 3rd アルバム『Chapter X』(AVEX)を発表。シングル・カットの全てが iTunes の上位にランクイン。’14 より大阪のフェスティバル Music Circus の Black Stageを監修。世界から Hardstyle を中心にアッパーなダンスミュージックの精鋭達を世界から招集、ファン垂涎の未曾有の豪華フェスを実現。 ’16 海外向けプラットフォームとしてレーベル Banginglobe 始動。国内 AVEXより発表の作品はそこから海外にデベロップされ、リリース毎に世界のダンスチャートを賑わ せている。’17 暮れに発表した氏の音楽史を集大成したデジタルアルバム『A Quarter Century Of Yoji Biomehanika』の三部作全てが Beatport のアルバムトップ5にランクイン(最高位 2 位)。また先ごろ発表した『Hardstyle Disco』のリワーク である2018 Reverse Bass EditはDJ MagレビューでGOLDを獲得。同曲は世界の多くのクリエイター達にとってもビッグアンセムで、 NWYR(W&W)は本年度の Tomorrowland でカバーを披露。またDa TweekazとSub Zero Project によるRemixが国内avexEDM / 海外DIrtyWorkzよりリリース、大ヒットを記録。2018年8月、国内メジャー初のHardstyle コンピレーション『BANGINGLOBE presents SUPER HARDSTYLE』の制作を監修、発売初日にしてiTunes ダンスチャートで一位を獲得。

    http://www.yojibiomehanika.net
    http://avex.jp/yoji/
    https://twitter.com/yojidotdj

    http://ifyr.tv/a2Dy
  • TETSUYA
  • DRAGON

    DRAGON

    クラブDJの枠に留まらず様々な分野で活躍中。 1988年よりプロDJとして都内のあらゆる主要ClubでPLAY。また、国外でもLondon,Hong Kong、IndonesiaBALI、Thailand、Shanghai、BeijingにてDJ Play。DJ以外にも竹芝NO NAMEプロデューサーとして活躍。TOKYO NO1 SOULSET の初代メンバーとしてシングル3枚発表。その後もTHE BIG BAND!!のヴォーカルでシングル4枚アルバム1枚発表,小室哲哉、映像作家 原田大三郎 とGABALL名義でアルバム1枚DVD1枚発表など小室哲哉のbrainとなり数多くの作品に関わる。2002年日韓共催World Cup、サッカーサポーターULTRASとアルバムを制作し島唄、AIDAなどのREMIXを手掛け日本中を巻き込み国立競技場にて三万人のサポーターの前でDJ!スタジアムを大いに湧かす!現在、武田真治とBLACK JAXXを結成しアルバム1枚をリリースしている。

    http://ifyr.tv/aVq
  • REMO-CON

    REMO-CON

    アーティスト活動11年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル"G-Sigh"から始まる。 その後"Cold Front"(Anjunabeats/UK) 、"Atavism"(DJ MAG Review ☆9")といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。その後もシングル"FUZE"がbeatport Hard Dance チャート1位を、2ndアルバム『rhetoric』がオリコン初登場13位をそれぞれ獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品"DECADE 05-15"を発表。さらにクリエイターとしてもSINDEN 、Alex Kenjiなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。
    また、DJとしては93年より活動し、2001年には velfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型のフェス"Dance Valley"に、12年には"SUMMER SONIC"に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価されており、 国内DJランキング 「DJ 50/50」 においては3位→2位→3位と上位をキープ。新たなる試みとして自身がホストを務めるラジオDJライブ『Remote Control』(block FM)や『Friday Night Hot Mix』(FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。

    http://www.facebook.com/remocon.dj


    http://ifyr.tv/a1WE
  • SHINKAWA

    SHINKAWA

    {1993年、イギリス滞在中に'TRADE'などを中心とするロンドンクラブシーンに多大な影響を受け、DJになる決心をし帰国後活動を開始。伝説の巨大クラブ芝浦GOLDでのTHE PRIVATE PARTY でのデビュー。そして、今は無きDELIGHTでのパーティー'JUMPINN' 'が狂信的な人気を博し、その評判は日本のクラブシーン全体に知れ渡った。以降、着実に経験を積み重ね、オリジナリティー溢れる独自のサウンドを創りあげたDJ SHINKAWAの最近の活動には目をみはるものがある。現在は、六本木VELFARREでの'CLUB SHINKAWA? を始め、麻布十番LUNErSでの'CROSS OVER'、青山MANIAC LOVEでの'CYCLE AFTER HOURS'、大阪 UNDER LOUNGE での'WARP DA DISCO'などでレジデントレギュラープレイ。今や、日本において現在最も人気を博した実力あるDJに成長している。 また、海外でも1998年11月にオーストラリアのパースにてメインDJとしてプレイを皮切りに2000年および2001年でのUKツアー。2002年6月の中国ツアー、9月のロンドン・アムステルダムツアーと精力的に活動を行っている。 制作活動も精力的にこなし、哀愁ゲイサウンドの頂点ともいうべき'COME AND RESCUE ME'のSHINKAWAによるカバーを含む1種類のミニ・アルバム「CROSS」と「OVER」が1997年7月1日に発売。他にもイタリアのレコードプロダクションNukleuzとコラボレートした「Pump Up The Media」など数々の作品を残している。ハウス、テクノ、ワープといったジャンルを独特の表現方法で自由に操る彼のサウンドは、リスナー、クラウドの1人ひとりにHAPPINESSを与えつづけるだろう。}

    http://ifyr.tv/a5N
  • BURLESQUE TOKYO
  • REZ

    REZ

    2012年12月より各々VJとして活動していたKAZOE NOBUAKIとblok mが
    ビジュアルライブユニットとして結成し始動。東京のクラブシーンを中心に活動を展開している。

    REZの"視覚表現"は音楽と映像と照明を一体化させ瞬間瞬間を刻み、
    より空間としてのフロアをオーディエンスに感じさせる。
    その手法は、VJというプレイを基盤としながらも時にその枠に捕われない演出を取り入れ、
    視覚表現としてフロアへ返される。

    VJ REZ is a TOKYO based VJ team.REZ has two members,Nobuaki Kazoe&TakuyaMiyagawa.
    has working extensively with various events and large scale festival,collaborating with top DJs.
    Their VJ play based on the knowledges of technology and the creativity senses garner immense praise.
    In 2013 2014,
    REZ play VJ in New year eve event at ageHa( http://www.ageha.com/ )
    and in SummerSonic( http://www.summersonic.com/2014/ ),
    SonicMania( http://www.creativeman.co.jp/sonicmania/2014/ ) Electrox( http://www.electrox.jp/14/ ).

    In recent years,along with their VJ work,REZ has been active in CG/motiongraphics creation and direction.
    For example directed visuals of NIKE’s event and various artist concert.

    [co-star]
    Aly&Fila,BASS JACKERS,BINGO PLAYERS,BLASTER JAXX,Borgeous,Botnek,CROOKERS,DANNY AVILA,DARKO ESSER,DIRTY SOUTH,Doctor P,DENIZ KOYU,Derrick May,DIEGO MIRANDA,DIMITRI FROM PARIS,DON DIABLO,DUB VISION,ESTIVA,FEED ME,FEENIXPAWL,Ferry Corsten,Hard Rock Sofa,HEADHUNTERZ,INFECTED MUSHROOM,JAUZ,Jewelz & Sparks,Julian Jordan,Kill The Noise,KREWELLA,KRYDER,Laidback Luke,LAZY RICH,Lush & Simon,Marcus Schossow,Mark Knight,Mat Zo,Michael Calfan,Milo & Otis,MUST DIE !,NERVO,OOKAY,Paris & Simo,PEGBOARD NERDS,Quentin Mosimann,QUINTINO,RASMUS FABER,SANDER VAN DOORN,Seven Lions,Shogun,Sidney Samson,STEVE AOKI,SWANKY TUNES,Thomas Newson,TJR,TORRO TORRO,YELLOW CLAW,W&W,ZEDS DEAD[A to Z]
    ☆TAKU TAKAHASHI(m-flo),DAISHI DANCE,DEXPISTOLS,DJ KAORI,DJ KYOKO,DJ YUMMY,ISHINO TAKKYU,KAZUMA TAKAHASHI,KEN ISHII,KICK OFF,MITOMI TOKOTO,REMO-CON,SHINTARO,SHINICHI OSAWA,YOJI,80kidz[A to Z]



    [VJ略歴]
    ◆2012年
    ・ageHa COUNTDOWN-ANTHEMS-にARENAのVJとして出演。それに伴いVJ REZとして始動。

    ◆2013年
    ・東京タワーで行われた"Nike Presents: NIKEFUEL × TOKYO TOWER 55TH ANNIVERSARY"にVJとして出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2014 11th Anniversary Speial VJ出演

    ◆2014年
    ・electroX@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにてVJ
     HEADHUNTERZ,ZEDS DEAD,SHOGUN,BLASTERJAXX YAMATO,DJ WILDPARTYのVJを担当
    ・NIKE WINNER STAYS FINALにて映像ディレクション及びVJ
    ・SONIC MANIA 2014にてSONIC WAVE STAGEでVJ、KREWELLA,NERVOのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2014にて、LITTLE DRAGON,Koji NakamuraのVJを担当
    ・ageHa COUNTDOWN 2015 VJ出演

    ◆2015年
    ・electroX 2015@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにて
     ☆Taku Takahashi,DON DIABLO,QUINTINO,SANDER VAN DOORNのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2015、SONIC MANIA 2014にてVJ
    ・ULTRA JAPAN 2015にてSHINTAROのVJを担当
    ・ageHa 13th Anniversary -DAY 2- VJ出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2016 VJ出演

    ◆2016年
    ・electroX 2016@幕張メッセ、SUNRISE STAGEにて
     BASS JACKERS,QUINTINO,80KIDZ,TJO,UENO ARISAのVJを担当

    http://ifyr.tv/a6Ko
  • DJ BOSS

    DJ BOSS

    キャリア20年以上を誇る国内屈指のALL MIX DJ。 MAHARAJAやvelfarreをはじめとする名立たるディスコ・クラブでPLAYしてきた 実績、経験に裏打ちされた実力を持ち、現在のDJシーンを引率している第一人者。
    その選曲の幅広さ、オールジャンルDJとしてのスタイルの組み立て方は秀逸。
    DJのみならず有線放送の番組制作や番組DJ、更には楽曲制作にリミックスワークもジャンルレスで行う DJ界のマルチプレーヤー。
    現在のDJ スタイルは映像を取り入れたVDJスタイルで行い、 常にシーンをリードしたスタイルでPLAYしている。


    http://ifyr.tv/a97v
  • DJ PIROYUKI

    DJ PIROYUKI

    Coming soon...

    http://ifyr.tv/adpv
  • YO-C

    YO-C

    93年ロンドン<DATE FELLOW CLUB>でDJデビュー。
    帰国後、ロンドン仕込みのテクニックとアッパーかつファンキーなDJスタイルでクラブミュージック界にセンセーションを巻き起こした。そのDJテクニックは進化し続け、テクノ・ハウスはもとよりクラブ ミュージックのボーダーレスな新たな世界を造り出す。そして、DJプレイとスマイルでフロア中を笑顔で満たしていく。現在、「UNiON」@club Arch、「DriveEasy」@渋谷 RockWest、大阪Lunar Club等のレギュラーパーティーの他、日本各地でもゲストDJとして多数プレイ。また、元気ロケッツ「Star Surfer」のリミックスを手掛け、人気、実力共に誰もが認めるDJとして評価されている。

    HP URL ⇒ http://yo-c.net/


    http://ifyr.tv/awo
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH