EDIT EVENT
SATURDAY / 2021.09.11

近田春夫 & ageHa present B.P.M. Syndicate

近田春夫 & ageHa present B.P.M. Syndicate

2021.09.11.SAT
OPEN 23:00

GET TICKET

PRICE|料金 

□ ADVANCE TICKETS|前売り券 
 早割第一弾  : ¥3,000  (7/10 23:59 既定数量に達し次第販売終了)

□ BUY TICKETS
 iFLYER 】
【 イープラス 】

□ DOOR |(Pay at the door)
DOOR / 当日券 : ¥4,000

※全てのお客様に、事前に必要なお客様情報の入力をお願いします。
前売り券の購入がスムーズです。
予定枚数に到達した場合、当日券の販売はございません。

□ VIP TABLE
reserve@ageha.com

□ TIME TABLE
COMING SOON

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

音楽シーンに多大な影響を与えてきた"最強の70歳" 近田春夫が、活動50周年を記念するパ ーティー「B.P.M. Syndicate」を 9月11日土曜日に ageHa で開催することが決定!!!

音楽を愛し、音楽に愛されてきた"最強の70歳"。近田春夫からシーンへの贈り物。
最高峰のクラブイベント ageHa で開催するオールナイトパ ーティー。「ローマは一日にして成らず。」という諺があるが、こんなにもビッグな面々が集結する一夜が、なぜ実現するのか!?

「B.P.M.」というダンスシーンの最重要キーワードをテーマに、音と人、シーン同士を繋ぐ一大セレブレーションとして、クラブシー
ンに活力を与える今年の最注目パーティーとなることは間違いない。

9月9日に制定された「ダンスミュージックの日」の1 週間を通して、都内各所で展開されるTOKYO DANCE MUSIC WEEKの公式イベントとしてサポートされる。

出演者は、第1弾で発表された小泉今日子、石野卓球、藤原ヒロシ、高木完、TSUYOSHI SUZUKI、ブライアン・バートン・ルイス、YOU THE ROCK★、LUNASUN(OMB&近田春夫) という、近田春夫に由縁の豪華ラインナップに加えて、

知る人ぞ知るパーティー「99 Flags」がオーガナイズするWATER フロアに、音楽評論家、DJ で伝説的ロックDJ イベント「LONDON NITE」の仕掛け人、大貫憲章。そして、UNDERCOVER の創設者にしてデザイナーの高橋盾がDJ で出演!!

千葉のクラブ「LOOM」のHIPHOP フロアや、オーガナイザー「DANCE ON THE PLANT」がプロデュースするサイケデリックトランスフロアなど、ageHa ならではの多彩なダンスミュージックが楽しめるスペシャルパーティーの全貌がいよいよ明らかに!!!

The party goes on!!

驚きとワクワクに満ちたパーティーの情報は特設サイトおよび公式SNS で随時更新!!
お見逃しなく!!

【特設サイト】www.bpmsyndicate.com
【Twitter】 https://twitter.com/bpmsyndicate

=====================
【 IMPORTANT 】
・密閉空間を避けるため、屋内に関しては換気を最大限に行い、屋外エリアも利用したイベントを期間限定で行います。
・密集を緩和するために人数制限を行います。
・密接とならない様、全ての方にフィジカルディスタンス(1-1.5m)の確保をお願いします。
全てのお客様(スタッフ、アーティスト共通)に、
・検温(37.5度以上の方は入場禁止)
・マスクの着用
・小まめな消毒
・連絡先情報(氏名、連絡先)の登録
をお願いしております。
※ 連絡先情報の登録は前売り購入の際が一番効率的で、当日の入場もスムーズです。是非前売りチケット(枚数限定)をご購入ください。
店内でのルールに関しては、アゲハガイドラインをご確認の上ご参加ください。

ageHa Guideline (English)
http://www.ageha.com/news/article/?id=4535

政府または都からの要請によりイベント内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • B.P.M. Syndicate

    ■LIVE
    小泉今日子
    高木完
    LUNASUN (近田春夫&OMB)
    ■TALK SESSION
    藤原ヒロシ
    ※ライブからトークセッションへ出演内容が変更となりました。
    ■DJ
    石野卓球
    TSUYOSHI SUZUKI
    ■MC
    ブライアン・バートン・ルイス
    ■VJ
    HEART BOMB
    LIVE / TECHNO / TRANCE
  • Presented by LOOM

    ■SPECIAL GUEST LIVE
    YOU THE ROCK★
    輪入道
    ■SPECIAL GUEST DJ
    SN-Z from OZROSAURUS
    ■GUEST LIVE
    Felipe
    ■GUEST DJ
    BEBE
    DJ KAGAMI
    ■LIVE
    BASH da RIPPA
    Mallyn
    98jams
    and more
    ■DJ
    KEN
    SHO
    UTA
    BATT
    NAOYA
    HIP HOP
  • Presented by 99FLAGS

    ■ DJ
    大貫憲章
    KENSHO ONUKI (KENROCKS)
    JUN TAKAHASHI (UNDERCOVER)
    YUSUKE SHIOYA (expread.xyz)
    ENUOH & MATSUNAMI (EMOTIVE)
    akg++ (99flags)
    ALL GENRE
  • Presented by DANCE ON THE PLANT

    ■ LIVE
    CYLON
    ■ DJ
    YAMATO
    AJ
    LAZZZY
    KO-HEI
    KAZU-P
    ■ VJ
    SPIKE-BLOOM
    ■ DECORATION
    METACOSMO
    PSYCHEDELIC TRANCE
GET TICKET
RELATED MEDIA
ARTIST ANNOUNCE
  • 近田春夫

    近田春夫

    近田春夫は1970 年代からキーボーディストとして活動を開始。
    "近田春夫&ハルヲフォン"をはじめとする幾多のバンド活動で知られ、タレントとしてもTV に登場しお茶の間を賑わせてきた。

    1980 年代にはヒップホップ専門レーベルBPM を設立。VIBRASTONE で日本のヒップホップシーンを切り開いただけでなく、その幅広い音楽知識と作曲の才能を生かし、テク
    ノ、ハウスシーンでもプロデューサーとして活躍。TVCM をはじめとした音楽プロデュースでも数えきれないほどの実績を残している。

    2000年代には伝説的オーガナイズチーム"anoyo"のメンバーとして、バンド・The Lunatic Thunderで日本のトランスシーンの頂点に上り詰めた。その後は、ステージ4のがんを克服するという長い闘病生活を経て、近年はOMBとのユニット・LUNASUN を中心に精力的に音楽活動を続けており、2021年2月には自伝「調子悪くてあたりまえ」を出版。ニュース、ラジオなどメディアにも積極的に登場し注目を集めている。現在、ジューシィ・フルーツのイリア、そしてパール兄弟の窪田晴男を迎え、久々となるハルヲフォン名義での新曲レコーディングも進行中!!!

    http://ifyr.tv/aeTM
  • 小泉今日子

    小泉今日子

    生年月日:1966年2月4日
    血液型:O型
    出身地:神奈川県厚木市

    1982年「私の16才」で歌手デビュー。
    以後、「なんてったってアイドル」「学園天国」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」など数々のヒットを放つ。
    女優として映画、舞台などの出演も多数。エッセイなど執筆家としても活躍中。
    2015年より自らが代表を務める株式会社明後日ではプロデューサーとして舞台制作を手掛ける。
    映像制作プロダクション新世界合同会社のメンバーでもあり、2020年8月28日公開の外山文治監督「ソワレ」にアソシエイトプロデューサーを務めた。

    近年の音楽活動
    連れってってファンタァジェン 
    小泉今日子 + ikire  映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」主題歌

    日本列島やり直し音頭2020
    切腹ピストルズと向井秀徳と小泉今日子とマヒトゥ・ザ・ピーポーと
    I L L -B O S S T I N Oと伊藤雄和

    https://www.jvcmusic.co.jp/-/Profile/A000330.html

    http://ifyr.tv/a2qx
  • 藤原ヒロシ

    藤原ヒロシ

    音楽プロデューサーにしてアーティスト。'80年代からDJとして活動。
    '90年代からは音楽プロデュース、作曲家、アレンジャーとして活動の幅を広げる。
    '11年よりAOEQやソロでの演奏活動を活発に行っている。
    またストリートカルチャーの牽引者としての顔を持ち、 ファッションの分野でも若者に絶大な影響力を持つ。

    Blog; http://fatale.honeyee.com/blog/hf/
    『manners』特設ページ;www.hf-manners.com



    http://ifyr.tv/a64M
  • 高木完

    高木完

    高木完 (英語表記:KAN TAKAGI)

    70年代、バンド『東京ブラボー』結成。80年代、藤原ヒロシと『タイニー・パンクス』結成。日本初クラブミュージックレーベル『MAJOR FORCE』を、藤原ヒロシ、屋敷豪太、工藤昌之、中西俊夫と設立。90年代、ソロアーティストとして活躍。21世紀、NIGOとレーベル『APESOUNDS』、高橋盾と『UNDERCOVER』のサウンド、香港『SILLYTHING』クリエイティブディレクション等を手がける。

    http://ifyr.tv/a1X4
  • YOU THE ROCK★

    YOU THE ROCK★

    小学生の頃からヒップホップにハマり、15歳の時に長野から上京。渋谷DJ BARで知り合ったDJベン(ザ・エース)と出会い、コンビを結成。当時まだまだ小さかったシーンで、ラップする場所を求め西麻布CLUB ZOAで『ブラック・マンデー』を開催し、そこで現在の雷を形成するアーティスト達に出会う。 その後、日本初のヒップホップ番組、東京FM『ユウ・ザ・ロックのヒップホップ・ナイト・フライト』パーソナリティを担当(97年12月で3周年を迎えた)。またイヴェント『亜熱帯雨林』『鬼だまり』『雷おこし』などでヘッズを盛り上げ、ライヴでのパワーには定評がある。 http://ameblo.jp/amebabancho/

    http://ifyr.tv/a2ov
  • 大貫憲章/Kensho Onuki

    大貫憲章/Kensho Onuki

    1980年、日本初のロックDJイベント「LONDON NITE」
    を新宿のディスコ「ツバキハウス」でスタート。
    「ビートルズ」「ベンチャーズ」を原点とする音楽は、その後の多くの交流人脈を導き、ユーミン、内田裕也、忌野清志郎、鮎川誠(シーナ&ロケッツ)らのベテランからモッズ、ラフィン・ノーズ、ブルーハーツらの日本のパンクのオリジネーターら、さらにはハイ・スタンダード、ブラフマン、ミッシェルガン・エレファント、ブランキー・ジェット・シティー、川村カオリら近年のシーンを盛り上げたミュージシャン(敬称略)らまで多岐にわたり、加えて藤原ヒロシ、小西康陽ら多くのDJとも強い繋がりを持つ。
    同時に、96年からは親交のあるDJや高橋盾(UNDERCOVERのオーナー・デザイナー)、村上淳(俳優)などの親しい者たちとノン・ジャンルのDJイベント「GROOVY ROCK CARAVAN」をスタートさせている。

    Webサイト
    http://www.kenrocks.net/


    http://ifyr.tv/a1X2
  • 石野卓球

    石野卓球

    1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。
    2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

    www.takkyuishino.com

    http://ifyr.tv/a5x
  • TSUYOSHI SUZUKI

    TSUYOSHI SUZUKI

    日本大学芸術学部映画学科映像コース在学中の80年代後半、東京で本格的に音楽活動開始。当初は映像作家を目指していたが、DJ K.U.D.Oの主宰していた西麻布イエローでのイベント「アート」での経験が影響し、DJ表現に於けるそのインタラクティブ性に魅せられ、ダンスミュージックのDJとしてそのキャリアをスタートさせる。

    1993年単身渡英し、トランスレーベルMatsuri Productionsを立ち上げ数々のスマッシュヒット作を手がけ、同時にロンドンでのレギュラーイベントであるReturn To The Sourceの成功等で一躍世界のトップDJに。98年ISSEY MIYAKEの東京/パリコレクションの音楽担当、自身のエレクトロバンドJOUJOUKAもデビュー。

    2000年、拠点を東京に移し伝説のイベント「Tokio Drome」を主宰する。その後、エレクトロレーベルMadskippersを立ち上げ、東京発世界発信として10数枚のCDを世界リリースしていく。

    2007年、渋谷のCLUB ASIAにてレギュラーイベント「MADSKIPPERS」を隔月にてスタートさせ、クラブミュージックとロックミュージックの融合をコンセプトとした、日本を代表するオルタナティブエンターテインメントとして大成功を収める。2009年、GOA TRANCEリバイバルブームの先駆けとなるMatsuri Digitalを発足、往年の名作をWakyo Recordsよりデジタルリリース。

    2012年にはイスラエルのKrembo Recordsと共同制作したコンパイルアルバム「Classic Goa Trance From Tel Aviv」のリリースと同時に、新宿FACEにて開催したカウントダウンパーティ「REGENERATE」を大成功に収めた。カウントダウンパーティーや、野外フェスなど独自の路線で創り上げてきた新しいMatsuriとして、2015年3月ageHaで行ったTIMELESSには2000人以上の動員がありトランスシーンの大きな話題となった。新しいGOA TRANCE、未来系のGOA TRANCEを作るというヴィジョンを持ち活動を続けている。

    そして10年ぶりにサイケデリック・トランスの世界最高峰のイベントである、Boom Festivalのメインステージ出演を2016年に果たし、2018年には、Matsuri Productionsからの往年の名作を次々にリメイクした曲やコンピレーションをリリース。新 しいプロジェクトとして、UbarTmarとのGoKenも始動し、90年代のサイケデリックのクオリティを基準にした新しい音の探求をし続け活動中。

    http://ifyr.tv/a1UV
  • BRYAN BURTON-LEWIS

    BRYAN BURTON-LEWIS

    あるときはDJ、またあるときは ラジオやテレビ のメインパーソナリティー、またまたあるときは俳優 浅野忠信氏とのパンクバンド ""SAFARI"" や AYASHIGE & DJ TASAKA とのスーパーグループ ""AGERO "" のメンバーでもある。さらに日本最大級の野外フェスティバル FUJI ROCK FES ""オールナイトフジ"" と ""Day Dreaming"" という2つのダンスステージのプロデューサーでもあり、東京のクラブシーンで彼を知らぬものはいない「歩くメディア」こと我らが Bryan Burton-Lewis。この数年はよりDEEPな音楽性に傾倒し、修行僧のごとく人知れず音楽制作に没頭ゥゥ!! 書き溜めたスケッチブックはすでに膨大な量になっている!! 2014年に Bryan Burton-Lewis 名義でリリースした ""Loosing Friends Along The Way”を始めに2015~2016は新たなアーティスト名義『BBL』で次々とトラックをドロォォォップ!! 今後のBBLから耳が離せない!!"


    http://ifyr.tv/akZ
  • LUNASUN (近田春夫 & OMB)

    LUNASUN (近田春夫 & OMB)

    数々のヒット作を世に送り出してきた、日本屈指の作曲家であり文化人の一面も持ち合わせているマルチなロックンローラー近田春夫。そして国内外の大手ダンスレーベルから数多くのリリースを重ねてきた実力派DJ/プロデューサーのOMB。この二人はかつて伝説のトランスユニットThe Lunatic Thunderのメンバーとして活躍していたのはご承知のとおり。そんな二人が「ディスコから宇宙に行きたい」という意味がありそうで理解不能なテーマを元に結成されたユニット。それが【LUNASUN】である。毎週セッションを重ね、過去消化してきたロック、ジャズ、ソウル、ヒップホップ、ハウス、トランスなど様々なジャンルを研究し、カラフルな色味を帯びたサウンドとなっている。お互いの得意技は熟知した関係の中、スピード感あるトラックメイキングを敢行。ついに2018年12月19日Victor Entertainmentからリリースアルバムリリースが決定した。ギターでAxSxE(NATSUMEN、ex.BOaT)、サックスで佐藤公彦(元ビブラストーン)がゲスト参加。今後の活動で宇宙に行けるかは分からないが、ビールが美味い時は製作が進むという事は皆に伝えておく。
    https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026359.html

    http://ifyr.tv/aeTN
  • DJ SN-Z

    DJ SN-Z

    DJ SN-Z(スニーズ)aka Dragonclaw(OZROSAURUS)

    “龍の爪”の異名を取るシュアでアグレッシヴなターンテーブル捌きと、US仕込みのマイク・パフォーマンスを武器に、クラブ、ラジオ、ライヴ、スタジオと多角的にその抜群のスキルとセンスを発揮する凄腕DJ。
    ?
    92年にDJを始め、94年には本場のシーンを体験するために渡米。NYを拠点に数々のDJバトル に参加。DMC Chicago ’02、 ’03 Final/ EastCoast OverDose DJ Battle 2位などの成果を残し、’00年にはKRSワンの弟子的レゲエDeeJay=マッド・ライオンのツアーDJ(’01年の『Predatah of Prey』リリース・ ツアー。全米10ヶ所)にも抜擢され、元ボーン・ジャメリカンズのエドリー・シャインや、スリップン・スライドにも在籍していたドン・ユーツらと共に参 加。ブラック・シープやジャングル・ブラザースのツアー・ブート・キャンプ・クリックのライヴ・フロントDJとレジェンド・クラス・アーティスト たちとのステージ・ワークや、NYの数々のクラブやラジオ(LIME LITE,MARS2112,JIMMY'S CAFEや、WWRL)でレギュラーでプレイし、現地で活動していた邦人グループ=RIZINGSONのDJも務めた後、05年に凱旋帰国。直後、Maccho(OZROSAURUS)、FUTO(風林火山)、RUDEBOWY FACE、秋田犬どぶ六の4人がフロントを務めるスーパー・グループ=ROMERO SPに専属DJとして参加した後、OZROSAURUSに正式加入。UFCにも進出した初代PRIDEライト級王者=五味隆典選手の入場曲にも使用された"ON AND ON(DJ SN-Z REMIX)"の他、そのOZROを始め、 RUDEBOWY FACE、 CORN HEAD、 SI RUDE、Atooshiらの音源にビートやスクラッチを提供。最近では、インターネット・ラジオ=
    『BADFELLAS  ONLINE』で共にナビゲートするサウンド=SEVEN STARとRUDEBWOY FACEのコンビ曲を2枚使い、スクラッチを駆使してミックスした『Best Combination Magnum Mix』を制作。同作が驚異的なロングセラーとなり話題を呼んでいる。
    Check out!! myspace.com/djsnz
    http://badfellasonline.jp
    http://iflyer.tv/artist/8873/DJ-SN-Z/
    Twitter @djsnz
    Text:Takashi Futatsugi(D-ST.ENT)
    check out http://ozrosaurus.jp http://badfellasonline.jp (SUN-THU 9pm-1am) http://myspace.com/djsnz
    Follow me on Twitter @djsnz

    毎週火曜 http://badfellasonline.jp 9pm-1am Internet Radio

    毎週水曜 Badfellas presents ROUND ROBIN WEDNESDAY 横浜 @Bar Move

    毎週木曜日 GET SILLY @ 横浜NINEDRAGON

    毎月第三月曜 MIDTOWN MONDAY @ 乃木坂CACTAS

    毎月第三水曜 FOXYSTAR @横浜 BAYSIDE

    各月奇数第三土曜 DOUBLE UP @ 横浜 TYCOON CONTINENTAL



    http://ifyr.tv/a2j7
  • ENUOH

    ENUOH

    変幻自在のHOUSEセットを武器に、都内各所のクラブやバーを中心に20年以上のDJキャリアを積んできたENUOH。東京生まれでホームタウンは渋谷。90年代初頭、芝浦GOLD、西麻布YELLOWをはじめとするナイトクラブシーンに魅せられ93年よりDJを始める。変幻自在のセットを武器に、都内各所のクラブやバーを中心にHOUSEスタイルのDJとして活動中。小学生時代はエレクトーンとファミコン三昧。ゲーム音楽の録音編集の傍らパソコンで打ち込みを始める。以後、電子音楽漬けの生活へ。

    10代の多感な時期多くの時間を、世界一のレコ屋密集地区であった宇田川町で過ごす事により培われた音楽センスは渋谷育ちならではのものがあり、その経験によって裏打ちされた音叉のように共振するHOUSE MUSICを軸としたDJスタイルは、パーティーのオープンからラスト、高級ラウンジバーからアンダーグラウンド野外フェスまで「場」の空気と共鳴し、増幅させるオールラウンドタイプ。選曲スタイルは広義でのHOUSE MUSIC。DEEP・TECH、2つのエッセンスとユルめのPROG・NuDISCOフレイヴァをハウスマナーに基づき組み上げてゆく安定感のあるセットが特徴。

    自身のレジデントパーティーとして『10CountBlock』『ΦΤΦ』『FUTURE PRIMITIVE』を代官山AIR、青山OATHにて開催してきた。また、アジア各国で開催している『Asian Exchange Project』にて韓国からオファーを受け世界進出という新たなステージへと突入した。2015年の香港・マカオツアーでも彼のプレイは現地オーディエンスを熱狂の渦に巻き込み、質の高さを海外でも実証した。2016年から青山OATHの箱企画レギュラーパーティ『THE OATH』のレジデントDJとして第三土曜を隔月で担当している。

    自他ともに認める無類のパーティーフリークとして知られるENUOHから発信される音は、違いの解るコアなオーディエンスの注目を集め、変わり続ける東京アンダーグラウンドのメインストリームに存在している。アンダーグラウンドという括りを飛び越え、まさに東京ハウスサウンドと言って過言はないだろう。


    http://soundcloud.com/enuoh
    http://www.mixcloud.com/ENUOH
    http://www.facebook.com/ENUOH
    http://twitter.com/ENUOH

    http://ifyr.tv/a2gN
  • MATSUNAMI

    MATSUNAMI

    千葉にてDJ活動を開始し、04年に"TRI-BUTE"を開始してからは都内での活動が本格化。"TRI-BUTE"、"光響"を中心として、その選曲センス、ダンスミュージックへの幅広い見識によって評価を確立してきた。音楽に対する探究心は熱く、幅広いバックグラウンドからくる彼のDJセットは常に新鮮。マニア心をくすぐるスタイリッシュな選曲で一気に頭角を現し、テックハウス、エレクトロを中心にファンキーでありながらもディープさを失わずに展開される世界観は他に類を見ない。ageHaやAIRをはじめとする都内各所から野外まで、20回以上の開催を数える"TRI-BUTE"では多くの国内外トップアーティストを招聘するとともに、独自のスタンスと完成度によってプログレッシブ系パーティとしてシーンにおける地位を確立。ますます活動の幅を広げる彼の動向からは目が離せない。
    http://www.myspace.com/djmatsunami


    http://ifyr.tv/acP
  • CYLON

    CYLON

    Takeo NamikiのサイトランスプロジェクトCYLON。
    これまでにK-WAVEやNAMINJI名義にてアーティスト活動をするなか、国内メージャーレーベルVictor Entertainmentが企画する3作品に楽曲を提供。
    Beatportのサイトランス・チャートにて最高20位を記録するなどの功績を経て2011年にGRASSHOPPER RECORDSにサイン。2011年8月にはDigital ep "TIME TELLS NO LIES" をリリースし、今年1月にはJuno Reactor / From the Land of the Rising Sun - INSIDE THE REACTOR IIに名曲 "GOD IS GOD"のリミキサーとして参加しBeatportのサイトランス・チャートにて18位を記録するなど、国内アーティストとして初の快挙を成し遂げた。
    彼の持つバックボーンにはHeavy Metal/Hard Core/Funk/Loud Rock/Rock等、バンドのギタリストとして豊富な音楽経験を生かしたミュージシャン的視点のサウンドプロダクションを展開し、Analog vs Digital / 生楽器 vs Computer等の議論を過去のモノとして一蹴するProgressiveなDance Tracksを生み出す。


    http://ifyr.tv/a5Vi
  • YAMATO

    YAMATO

    ■DJ YAMATO
    Dj YAMATO drops the vibes of the music parties he ever experienced around the world into the center of Tokyo. holding the party called ‘LIBERO’ and also holding【Stained glass】produces the stylish space with perfect music. and also organized his own
    open air summer seaside event called【Goonies】.
    He is based in Tokyo and plays at the major clubs such as WOMB,ageHa and Christn Cafe etc, coupled with his experience for playing at Mother, Ozora one day in Tokyo, IBOGA20, PSY-FI warming up Tokyo,Dance on the planet, Solstice, Green Magic etc.
    He has also received great feedback for his DJ appearances outside Japan such as Goa in India and Brazil 's Universo Paralello Festival as well as France's largest Trance Festival called Hadra where he moved a lot of the audience with his music.
    His DJ style is mainly Psy Progressive-Trance mixed with the elements of tribal, techno, electro, deep, house, and minimal. The range of his music goes from dark to light, from deep to high power – his music turns into various expressions.
    He will rock the dance floor with the vibes of the overseas parties, lounges, music festivals and big clubs that he ever played for!

    ◉Check out the information for the latest parties on his official Facebook page here↓↓
    ◉Facebook Officialページから最新パーティー情報はこちらから↓↓
    https://www.facebook.com/Libero-yamato-official-1076180752415314/

    ◉Check out his Sound Cloud↓↓
    ◉最新のMixはこちら↓↓
    https://soundcloud.com/shimpei-yamato-ozawa

    ◉DJ YAMATOのオーガナイズする【 LIBERO 】は、世界各国で体験した野外PartyのVIBESを東京の中心に落とし込み、強力な音源をスタイリッシュな空間で演出するパーティー【 Stained glass 】、夏のシーサイドパーティー【 GOONIES 】を開催してきた。
    又、東京近郊ではWOMB、ageHa、Christn Cafe等の主要CLUBで活動をし、Mother、OZORA one day in Tokyo、IBOGA20 in Tokyo、PSY-FI warming Tokyo、Dance on the planet、Solstice、Green Magic等でフロアを沸かせて来た実績を、現在進行形で行っている。
    海外では、インドのGOAやブラジルのUniverso Paralello Festival、フランスのHADRA Trance Festivalで多くのオーディエンスから絶賛された。
    そのPlayスタイルはPsy Progressive-Tranceを軸にTribal,Techno,Electro,Deep,House,Minimal,等の要素を持つ曲をグルービーにクロスオーバーさせ、ダークから光輝く音、Deepな音からFullPowerな音をクラウドに合わせて変幻自在に紡ぐ。
    今迄プレイして来た、海外リゾート、野外フェス、ラウンジ、大型クラブのバイブスでダンスフロアーを沸かせるだろう!!

    http://ifyr.tv/a4Na
  • AJ

    AJ

    アメリカのテキサス州にて生まれ育ち、18歳で日本へ渡る。
    トランス音楽と衝撃的な出会いをし、以降は人生の道とする。「AJ」とは「Ariel-Joseph」の略で、「神に仕えるライオン」を意味するヘブライ語。その名の如く、大胆かつワイルドな原動力で、あらゆるものに神聖さを追求する。

    音楽は特に、聴き手を高次元の精神状態へ導くための聖なる媒体だと考え、自身が送るセットは一種の儀式という認識でステージへ上がる。2013年より都内のトランスパーティーLigayaに入り、Sean Tyas、Alex M.O.R.P.H.など、ヨーロピアン・トランスのヘビー級DJと共演を果たす。2014年には自身のパーティーThe Church of Tranceを立ち上げ、Freedom Fightersをフィーチャーした5周年パーティー@ WOMB(2019年)の成功でトランス・シーンのキー・パーソンであることを証明。

    Freedom以外に、WAIO、John 00 Fleming、Eddie Bitarなど、アンダーグラウンドのルーツを保ちながらオーバーグラウンドとシームレスに融合する、というクロスオーバー精神のブッキングにより僅か数年でパーティーの規模を飛躍的に拡大している。DJプレイではageHa主催の「AGEHARD」DJコンテストで優勝し、2017年にARENAデビューを果たす。

    激しさと繊細さを行き来するユーフォリックかつパワフルな流れで魂に秘められているメッセージを世に伝える。
    それは彼の定めであり、最大の任務である。

    http://ifyr.tv/act7
  • DJ LAZZZY

    DJ LAZZZY

    大阪出身の中二病DJ
    HARDCORE PUNK と SLASH METAL に多大な影響を受けた攻撃的かつ、ドライブ感のある NIGHT FULL ON をプレイ。
    Midnight 〜 Twilight の時間帯を最も得意とし、腰の座った重めのtrackを用いた独自のグルーヴを探求する。
    2016年1月 無二の親友であるDJ SHIVA、VJ Space jackと共に” onosim ”を始動。
    大阪市内を中心に毎回テーマを掲げ、コアなパーティーを展開。

    2016年11月 DJ LuLuと共にオルタナティブな感性を持つ次世代のパーティーオーガナイズクルー” 0=zero ”を立ち上げる。
    東京都内を中心に、PSYCHEDELIC とPROGRESSIVE の二軸構成で開催される” 0=zero ”は、常に革新的な取り組みと次世代のアーティストの発掘を行う。

    2017年10月 南米メキシコのレーベル Alien records の japan tour を開催。
    PROGRESSIVE TRANCE から派生した新たなジャンル FUTUREPROG のアーティスト” Mandoragora ” と DJ MACK & DJ MOON の New project ” Special M ”の来日をサポート。

    2018年3月 イタリアの名門レーベル Looney moon records の新鋭アーティスト Radikal moodz と共にアジアツアーを開催し、ベトナムの地でもPLAYし活動の幅を広げている。

    http://ifyr.tv/a2Zd
  • KO-HEI

    KO-HEI

    Trance Soundを常日頃念頭に置き続けたLife Styleは、決して他と比べることができないオリジナルで無比なexperienceをせざるを得なない。彼が内に秘めていたSenceはTrance Soundそれに伴うexperienceの融合、それらを昇華しアウトプットしてくまでに時間はかからなかった事が、2016年からStartした無類のDJキャリアを裏付ける。

    Psychedelic Trance、Groovey PsyTrance様々な楽曲がある中で現在のメインDJ StyleはGrooveを大事にしたフルオンだが、他にはないProgressiveなフルオンはKO-HEIにしか奏でることができない。

    2016年にDJキャリアスタート同時に、老舗箱として知られる渋谷 > にてPsychedelic Tranceを軸とした時代を象徴するParty > を立ち上げた。開催毎にオリジナリティをより濃く表現し、無数の人々に数え切れないほどの忘れられない瞬間を与えてきた。DJはもとより一晩のStoryを紡いでくオーガナイザーとして手腕も着実にアップデートし続け、クラウドから信頼を得ている。

    鬼Killerの本来を意を DJというフィルターを通して表現、発信していくことは決して簡単なことではない。




    http://ifyr.tv/aeVq
  • Spike-Bloom

    Spike-Bloom

    Spike(神経発火)がBloom(咲く)という意味のVJ名。
    Industrial RockのVJとしてhide museumなどのイベントでVJキャリアをスタートし、
    オリジナル作品となるVJ用映像素材"Rainbow Candy"を発表後、数多くのレイヴに出演。
    M.M.Delight森田勝(故)、DOMMUNE宇川直宏に師事し、
    Psychedelic TranceシーンのVJとしてキャリアを積む。

    海外アーティストの日本公演、ageHa企画でのVJなどを手がけ、
    その映像素材を使用したYoutubeでの関連動画は、合計800万回再生を超える。
    (株)GAINAXのとの共同企画として
    Panty and Stockeing with Garterbeltオフィシャルクラブイベント
    "No Pan Night 1st&2nd"を企画。

    http://ifyr.tv/a2wp