EDIT EVENT
SATURDAY / 2019.09.28

ageHa×W&W Presents RAVE CULTURE ASIA IN TOKYO 2019

ageHa×W&W 第四章開幕。 W&Wが日本を舞台に世界を驚愕させる! ageHaでのパフォーマンスに加え、様々なコンテンツを企画。東京・日本中を巻き込んだまさに”RAVE CULTURE”なショーを敢行! 新しい歴史が始まる!

ageHa×W&W Presents RAVE CULTURE ASIA IN TOKYO 2019

2019.09.28.SAT
OPEN 23:00

GET TICKET

PRICE|料金 (Pay at the Door)
DOOR / 当日 : TBA
INTERNATIONAL DISCOUNT(ALL INTERNATIONAL I.D HOLDERS) : TBA
20TH PASS / 20歳限定 : ¥3,000

ADVANCE TICKET|前売券
GA(一般前売り) : ¥4,500 [ BUY
U-25(25際以下限定) : ¥4,250 BUY 
GOLDEN TICKET(VIP) : ¥9,500 [ BUY ]

※GOLDEN TICKET
<INCLUDE>
VIP ENTRANCE / VIP VIEING AREA&BAR / ageHa GOODS / WELCOME DRINK / ENTRANCE FEE


BUY TICKET
iFlyer [ BUY ] (English OK)
PassMarket [ BUY ] (基本手数料無料)
Rakuten [ BUY (ポイント利用可能)

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

ageHa×W&W 第四章開幕。 W&Wが日本を舞台に世界を驚愕させる! ageHaでのパフォーマンスに加え、様々なコンテンツを企画。東京・日本中を巻き込んだまさに”RAVE CULTURE”なショーを敢行! 新しい歴史が始まる!

ageHaとW&W共同プロデュース!
W&Wのカルチャーブランドナイト”RAVE CULTURE ASIA”世界初開催!

W&Wの元誕生したカルチャーブランド”RAVE CULTURE”.
エレクトリックダンスミュージックレーベルとしてはBig Roomだけではなく、Hardstyle,Tranceなどの音楽も融合した”RAVE MUSIC”をベースに、楽曲やパーティーを通し新たな”Culture”を作る。そしてオリジナルのストリートウェアも生み出し、音楽を通してのカルチャーを発信する。という彼らのロードマップの元、新たなマーケットとしてアジア進出を掲げる!

RAVE CULTURE ASIAブランドとしての第1弾作品である、大人気 バーチャルYouTuber ”Kizuna AI” をフューチャーした楽曲 “The Light”は世界中で大ヒットを記録!
その彼女のホームでもある日本にてRAVE CULTURE ASIA名義で初のパーティーを開催!
10月のADEでのRAVE CULTURE名義でのパーティーに先駆け、世界中に衝撃を与える!

2015年の初登場から、2017年の初単独ギグ、2018年のageHa16周年”AGEHA PRIDE”でのSOLD OUTのショーを経て、日本での人気を不動のものとしたW&Wの2人。

今回の来日ではさらにスケールアップし、ageHaでのEXCLUSIVEパフォーマンスを披露、さらに様々なコンテンツを企画中!
東京・日本中を巻き込んだまさに”RAVEなCULTURE” をageHaとW&Wが手を組みプロデュース!

日本が世界の最先端となる!


====================
ADVANCE TICKET INFORMATION

GA TICKET : ¥4,500
U-25 TICKET : ¥4,250
GOLDEN TICKET (VIP) ¥9,500
https://ageha.zaiko.io/_buy/1krd:4f8:12bce

※GOLDEN VIP TICKET
VIP ENTRANCE / VIP VIEING AREA&BAR / ageHa GOODS / WELCOME DRINK / ENTRANCE FEE
====================


◆ ◆ Supported by DAYS ◆ ◆
株式会社 DAYS
 イベント事業、飲食事業、デザイン事業等のサービス事業を中心に展開。
音楽事業における人材育成や、クラブイベント・フェスティバルの企画・制作を中心に手掛けるプロデュース会社。
また、音楽だけでなく様々なエンターテイメントや、自主企画のイベントも運営。
 
2019年開催実績
「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019 OFFICIAL 1st PRE PARTY」@ageHa
「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019 OFFICIAL PARTY」@ageHa
「ウォーターランフェスティバル2019」

  • ARENA

    RAVE CULTURE ASIA IN TOKYO 2019

    ■ SPECIAL GUEST
    W&W
    ■ LINE UP
    AKI-HIRO
    HOSAKA
    Pharien
    Yunomi
    ■ SUPPORT
    KO-HEY
    ■ VJ
    REZ
    Big Room / Hardstyle / Trance
  • ISLAND

    未来茶レコード

    ■ LINE UP
    TBA
    FUTURE BASS
  • WATER

    BIKINI NIGHT SUMMER 2019 FINAL

    ■ RESIDENT
    MITOMI TOKOTO
    CYBERJAPAN DANCERS
    ■ LINE UP
    SONE
    RYOYA
    ■ SUPPORT
    Addict
    Color
    Osushi-Tabezo
    HOUSE/EDM
  • BOX

    TCPT

    ■ LINE UP
    YOSHIMASA
    ===============================
    【MUMM LOUNGE@PARK】
    Ebisu Midnight Hours presents "新木場NURIKABE"
    ■ LINE UP
    U-YA
    EDM/BASS MUSIC : BOX ・HIP HOP : PARK
GET TICKET
RELATED MEDIA
ARTIST ANNOUNCE
  • W&W

    W&W

    ヴィレム(Willem van Hanegem)とヴァート(Ward van der Harst)2人のWによるオランダ人プロデューサー/DJデュオ。英DJ MAG Top 100 DJs 2017にて14位獲得。トランスとEDMの絶妙のバランスで聴かせる良質のビッグ・ルーム・サウンドが特徴。世界中の巨大フェスのヘッドライナーとして飛び回り、日本ではULTRA JAPAN 2014で初来日。その後もElectric Zoo Beach Tokyo(2015)、ageHaカウントダウン(2015)、ULTRA JAPAN 2016、日本列島縦断のJAPAN TOUR(2017)、EDC JAPAN 2018等で来日を果たす。EDM黎明期の一大アンセムとしても名高い「Rave After Rave」、ハードウェルとのコラボ「Live The Night 」、「Don't Stop The Madness」、EDMとサイトランスの融合「Chakra」、トゥモローランドのアンセムとしても知られる「Arcade」など、多数の代表作をもつ唯一無二の存在

    http://www.wandwmusic.com/

    http://ifyr.tv/a8rW
  • Yunomi

    Yunomi

    ゆのみ。札幌出身、東京在住のトラックメイカー。Yunomi名義で2015年6月からKawaiiをテーマにした楽曲制作を開始。自身のSoundCloudでnicamoqをはじめとしたボーカリストをフィーチャリングした多くの楽曲を公開する一方、ゆざめレーベルやMaltine Recordsといったインターネットレーベルからのリリース、リミックス制作も行なう。他にはBPM15Qやリナチックステイトをはじめとしたアーティストへの楽曲提供も。


    http://ifyr.tv/ad3i
  • DJ HOSAKA

    DJ HOSAKA

    2001年より音楽活動を開始し、渋谷club atomを中心にDJとしての実績を積む。
    4つ打ちを軸としたセレクトで多くのクラウドを魅了している。
    2008年にはDJ KENZIとのユニットLOS HERMANOSとして初のプロデュース作「TRANCE WARS」をリリースし、全国ツアーを成功させた。
    また、2014年にはDJ TORAとの共作「WMC -WORLD MUSIC CRUISE-」をリリースし、EDMのMIX CDとしては異例のiTunesダンスチャート1位、総合チャート6位を記録。

    Twitter: http://twitter.com/DJ_HOSAKA
    Facebook: https://www.facebook.com/djhosaka
    Mixcloud: http://www.mixcloud.com/djhosaka/

    http://ifyr.tv/a2De
  • MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO (CYBERJAPAN, Cr2 JAPAN, Limited Express)
    http://www.cyberjapan.tv/
    http://www.facebook.com/MitomiTokoto
    http://twitter.com/mitomitokoto

    DJ、音楽プロデューサー、リミクサー。クラブ系ウェブサイト「CYBERJAPAN」と、人気の「CYBERJAPAN DANCERS」のプロデューサーもつとめる。日本人ハウス・プロデューサーとして唯一、4曲を Beatport ランキング TOP 100 にランクインさせ、さらに 「That IbizaTrack」、「Sax @ Arena -MITOMI TOKOTO Remix-」の2曲が、総合チャート・トップ5 にチャートイン。David Guetta、 LFMAO、Fergie(The Black Eyed Peas)から Swedish House Mafia を率いる Axwell までと幅広く世界のトップクラスのアーティストのリミックスも数多く手がける。
    日本国内においても、DAISHI DANCE "Sax @ Arena"、倖田來未 "But"、金原千恵子 "String of Life"、Ms.OOJA "Life" などを手がけた。
    2011年には、DAISHI DANCE と MITOMI TOKOTO のコラボレーション名義 Limited Express からのアルバム"Party Line" をリリース。
    このアルバムは、2011年に全国でもっとも売れたハウスミュージックのアルバムとなった。
    2012年には、DJ Set 用にリミックスした 2NE1、BIGBANG らの楽曲リミックスが K-POP ワールドでも話題に。又、フランス人スター DJ Norman Doray とコラボレーションしたニューシングル "Music" をリリース。 その他の楽曲も今後、続々とリリース予定となっている。


    http://ifyr.tv/a34
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU
  • AKI-HIRO

    AKI-HIRO

    AKI-HIROは東京、日本で活動しているDJ/Producer。
    YOSHIMASAが主宰するクルー「TCPT」のメンバー。
    彼は当時18歳だった2008年からDJ活動を本格的にスタート。当時はTrance musicのDJ/Producerとして活動していた。
    若干20歳でレジデントパーティを持つなど若くして豊富な経験を積む。
    現在はageHaTokyo、WarpShinjukuを中心にBigroomのDJ/Producerとして活躍し、アグレッシブなPlayとパフォーマンスでたくさんのオーディエンスを魅了しており、共演したビッグネームアーティストは数知れず。
    また2018年のTomorrowLandでは彼の曲がPlayされた事が日本で大きなニュースとなる。
    そしてULTRAKOREA2019でPlayし、彼にとってとても大きなキャリアアップとなった。
    今後さらなる飛躍が期待できるAKI-HIROに注目だ。

    http://ifyr.tv/adAK
  • SONE

    SONE

    「DJ SONE」

    2007年よりDJ活動開始。弱冠26歳にして、年間20万人以上を動員する「ageHa」のResidentを務める。海外アーティストのイベントにLine upされることが多く、過去には〝Afrojack″〝Bingo Players″〝R3hab″〝TJR″〝Ookay″〝W&W″〝Yellow Claw″など50組以上の人気アーティストのサポートActを行った。2017年にはCreativeman主催の国内最大EDMフェスティバル「electrox」へ初出演。また世界三大フェスの一つて通年の動員数が100万人を超えるEDCの東アジア初開催となった「EDC JAPAPN」にも出演。同年Nicky Romeroの公演のオープニングアクトも担当した。2016年にはFC東京ホームグラウンドの味の素スタジアムにて開催されたランフェスの代名詞とも言える「エレクトリックラン」にも出演。2013年にはLos Angelsのダウンタウン最大級のCLUB「Exchange LA」にGUEST出演し現地で喝采を得る。2014年にはMitomi Tokoto率いるCyberJapanの国内屈指の人気Party「BIKINI NIGHT」にも出演。2015年には世界14ヶ国中で開催され、No.1 EDM DJを決めるコンテスト『Miller SoundClash』のファイナリストにも選出された。2013年からはDJ MASAYAと楽曲制作プロジェクト【Guilty Pirates】を開始。オリジナルのデビュー曲『Restart』を含む4曲をBeatport・itunesにて配信。2016年にはThaBoogieBanditとPepe Orroと共作で『Bring It Back』をPeakhour Recordsよりリリース。この曲がBeatport ELECTRO HOUSE Chartにおいて、日本人アーティストとして最高位の23位を獲得した。また、2014年8月にDJ HOSAKA,DJ BABY-Tと共作で『WMC-white-』をiTunesでリリース。この作品がダンスチャートのアルバムランキングにおいて1位を獲得。26歳とまだ若手ながらageHa,ELE,ATOM,WOMBと言った日本を代表するCLUBのメインフロアでもSpinし、東京の有名CLUBはもちろん地方へのGUEST出演も多い。

    http://ifyr.tv/a5Tr
  • RYOYA

    RYOYA

    北海道札幌市出身。1995年1月1日生まれ。現在都内の大学に通いながらDJとしても活躍する彼は、2013年8月に都内でDJ活動を始める。 様々な都内有名クラブで数々のイベントに出演し、その実力を買われて瞬く間に週末のレギュラーを獲得。 2015年2月には、日本最高峰と言われるクラブ WOMBのメインフロア、2015年5月にはageHaのアリーナで史上最年少としてプレイした。同年秋には2万人規模のRUN&DANCEイベント『ELECTRO DASH』 東京公演、大阪公演にも出演。 さらに、2016年8月には『出れんの!?サマソニ!?』オーディションにて総勢3400組の中からファイナリスト16組に選ばれBEACH賞を受賞し、SUMMER SONIC2016のBEACHステージへの出演を果たす。2016年10月に自身初となるオフィシャルMIX作品『PROGRESSIVE TRAXX』をリリース。iTunesダンスチャートで初日1位を獲得する功績を残した。現在は渋谷Camelotの土曜日のレギュラーDJを務めるほか、 六本木ColoR.の平日No,1パーティ「SWEET ColoR.」 WOMB「GEKIYABA SET」など毎週多くの人気パーティに出演している。プレイスタイルはALLMIXの現場で流行のEDM、POPSをプレイする傍ら、PROGRESSIVE HOUSE、TECH HOUSEなどのEVEN KICKもプレイする。 グルーウ゛感のあるプレイと甘いマスクから男性のみならず、女性からも絶大な支持を集める。聴くものを魅了し、現在も成長をし続けている。若さ・ビジュアル・音楽センス どれをとってもズバ抜けた、次世代を担う期待のDJである。

    Born and raised in Hokkaido, he created his own musical creativity through piano lessons during his childhood.

    As he goes to college while building his DJ career, RYOYA began his career on August 2013 in Tokyo. RYOYA's sets were highly rated and earned countless appearances in major clubs real quick; he also played in one of Japan's best club 'WOMB' as most youngest DJ appearance.

    On Fall 2013, RYOYA also performed at a run and dance event 'ELECTRO DASH' both in Tokyo and Osaka and easily rocked a crowd of 20,000 people. RYOYA also was chosen as finalist out of 3400 artists in a huge music audition held by Japan's biggest rock festival 'Summer Sonic' called 'Derenno!? Sama-soni!?' and achieved to perform in Summer Sonic on 2016. On the same year, he also released his very first original mix CD "PREGRESSIVE TRAXXX" and won 1st place on the iTunes dance chart the day he released his album.

    He currently plays as resident DJ every Friday at Camelot, Shibuya and every Saturday at R Tokyo, Nishi-Azabu. RYOYA also is in charge of one of Tokyo's number one weekday parties; he has no plan to stop his shine.

    As an open format DJ, he plays any genre that the dance floor needs and is most specialized in EDM, TOP 40, Progressive House and Tech House. No one can replace RYOYA's very own groove he makes during his set and rocks any type of crowd given. RYOYA is ready to take over the club scene anytime, he is Tokyo's most wanted DJ from the upcoming generation.



    Twitter:@DJRyoya
    Instagram:@djryoya

    http://ifyr.tv/adoM
  • Addict

    Addict

    2016年6月にデビューする。デビュー時からHouseを主軸にプレイ。深夜のクラブ営業のみならず、デイタイムのパーティーや学生イベントなど様々な現場をこなし、Houseだけではなくオールマイティーでコアな選曲と常識に囚われないスタイルで注目されている。現在はTribal houseやGroove houseというジャンルを軸にプレイ、2017年には都内大箱のメインフロアにも出演し、海外アーティストとも共演。また最近は地方での出演も増え、活躍の幅を広げている。若手の中でも注目度が高いDJである。

    http://ifyr.tv/adKw
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。多くのDJ、アーティストと共に18年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,など東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催すると共に、
    渋谷のニュースポット渋谷STREAM内、エクセルホテル東急のメインBar&Diningである「TORRENT」の毎週土曜日の音楽を担当する他、
    東京湾を航行する船JICOO The Floating Barでの定期パーティー開催、新宿WARPや大阪PICCADILLYでも未成年向けのパーティーを主催するなど活動の幅を広げている。

    ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」ではCARNAGE,STADIUMX,ZOMBOY,GAMMERとビッグアーティストを立て続けに招聘するなど、ageHaを代表するPartyの一つに成長させた。
    また、ULTRA KOREA 2019 OFFICIAL PRE PARTYを主催し、DUBVISION,MIKE CERVELLOを招聘させ、2019年8月にはBROOKS,2019年11月にはDON DIABLOを招聘する事も決定している。

    WOMBでの「BLACK OUT」ではKAYZO,GAMMER,DARREN STYLES,CESQEAUX,PEGBOARD NERDSなどを、「TRANCEPORT」ではFERRY CORSTEN,Aly & Filaなどと共にBIG PARTYを作ってきた。

    WARP,PICCADILLYではSlushii,Sam feldt,Retrovision,Dropgun,Madison Mars,KEVU,KAAZE,Thomas Gold,Maddix,Manse,Syzzなどを招聘し、盟友TAKU-HEROと共にシーン拡大を目的に開催してきた。
    最近ではMESTOを招聘し、WARP,PICCADILLY共にデイパーティーの動員記録を作った事も記憶に新しい。

    アーティスト活動としては、「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い、多くのスターアーティストからサポートされ、
    2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売。


    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt