EDIT EVENT
SATURDAY / 2019.08.31

WORLD CLASS × TREKKIE TRAX 7TH ANNIVERSARY feat. SAN HOLO

メロディックなフューチャー・トラップで世界を魅了する”SAN HOLO”が待望の初来日!! TREKKIE TRAXの7周年とのコラボでビッグに開催!

WORLD CLASS × TREKKIE TRAX 7TH ANNIVERSARY feat. SAN HOLO

PARTY REPORT
2019.08.31.SAT
OPEN 23:00
PRICE|料金
DOOR / 当日 : ¥4,500
INTERNATIONAL DISCOUNT : ¥4,000
20TH PASS / 20歳限定 : ¥2,000
ageHa MEMBER POINT|メンバーポイント利用 :30P


INTERNATIONAL DISCOUNT
ALL INTERNATIONAL I.D HOLDERS : ¥4,000

We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.


VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com​

TIME TABLE
[CLICK]

INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

メロディックなフューチャー・トラップで世界を魅了する”SAN HOLO”が待望の初来日!! TREKKIE TRAXの7周年とのコラボでビッグに開催!

Welcome to The world's finest party!!

今やageHaを代表するパーティーとなり、日本におけるBASS/TRAPシーンに火をつけたWORLD CLASS。2015年にスタートし初回にはJAUZを招聘。2016年にはYELLOW CLAWの初来日、2017年にはALISON WONDERLAND、2018年にはTchami、RL GRIME、そして今年2019年はILLENIUMというビッグネームを次々に招聘してきた。

そして今回、メロディックなフューチャー・トラップで世界を魅了する”SAN HOLO”が待望の初来日を果たす!!

エモさ全開のトラップサウンドで、世界中の音楽ファンを魅了している彼は、YELLOW CLAWのBARONG FAMILYからのリリースをはじめ、自身のレーベルBitbird(ビットバード)からのリリースも重ねるビッグプロデューサー。
先日発表した1st アルバムも高評価を得て、そのツアーも大成功を収めている。

日本のBASSヘッズ達、超超超待望の真のWORLD CLASS “SAN HOLO”
今回のSHOWでは本人たっての希望で、GuitarとCDJを操り映像ともリンクした”Hybrid Set”でのパフォーマンスが決定!
CoachellaやEDCなどビッグステージで披露されることが多く、とにかく評価が高いこのパフォーマンスが日本で見られる!

そして、日本を代表するレーベル”TREKKIE TRAX”が7周年を迎え、WORLD CLASSと大コラボ。
EDC JAPAN 2019でのセットも話題となったTREKKIE TRAX CREW、そしてゆかりのあるアーティストたちが大集結、
真夏の祝典が開幕する!

”WORLD CLASSシリーズ SUMMER 2019”
翌週9月7日にはこちらも大人気のJOYRYDEが来日し、”WORLD CLASSシリーズ SUMMER 2019”として初の二週連続開催!!
https://iflyer.tv/worldclass/

【ageHa ENGLISH WEBSITE】
https://ageha-en.com/events-demo/worldclass-sanholo


OFFICIAL MEDIA by
MNN
https://music-newsnetwork.com/

===========================
about WORLD CLASS
日本にTRAP/BASSミュージックシーンが根付く以前から世界の「今」を体現し、その音楽を伝えるために生まれたこのパーティー。

ブレイク前のJAUZ、OOKAYをいち早く招聘。YELLOW CLAWの日本デビューギグも開催。
ALISON WONDERLAND、KEYS N KRATES、Mightyfools、ADVENTURE CLUB、MOKSIらも初来日はこのパーティーでもあった。

その他にもRL GRIME、GTA、MIJA、ZEDS DEADなどTRAP/DUB STEPシーンの最重要アーティストを次々に招聘してきた世界基準ワンアンドオンリーのパーティー。

2018年にはTchami、DOMBRESKYといったFUTURE HOUSE/BASS HOUSEシーンのアーティストも招聘しバージョンアップ!

2019年にはILLENIUMを招聘し話題となった。
===========================

  • ARENA

    WORLD CLASS

    ■ SPECIAL GUEST
    SAN HOLO -Hybrid set-
    ■GUEST
    banvox
    ■ LINE UP
    Allen Mock b2b Herbalistek
    Masayoshi Iimori
    Fellsius
    TREKKIE TRAX CREW
    ■ VJ
    VJ REZ / NAOHIRO YAKO
    FUTURE TRAP/BASS
  • ISLAND

    KWYS

    ■ LINE UP
    Yunomi with きあと feat. 砂月凜々香
    YUC’e
    TORIENA
    KOTONOHOUSE
    MARSHALL
    ダイキハヤシ
    taros
    sunoko B2B kei-9
    FUTURE BASS
  • WATER

    TREKKIE TRAX LABEL SHOWCASE

    ■ LINE UP
    Amps
    Batsu
    Carpainter (Live Set)
    gu^2
    isagen
    Maru
    Native Rapper
    Ryuki Miyamoto
    Shigge (Live Set)
    ■ LIVE
    ONJUICY
    なかむらみなみ
    HOUSE/TECHNO/BASS
  • BOX

    Who Is Ready To Jump!

    ■ RESIDENT
    INAGEE
    ■ LINE UP
    YOSHIMASA
    TAKAHASHI YU
    23TO
    NATSUMI
    G-NAILS×8MATE
    MASA-Y
    HID3
    KAZUMA
    ■ VJ
    ASTERIX!/MIW
    ======================
    【MUMM LOUNGE@PARK】
    VILLA 103A
    ■ LINE UP
    HOKUTO
    SHINTARO
    DaBook
    Kureha
    NACKii
    HOST : JIROtokyo
    BOX:EDM/BASS MUSIC , PARK:HIP HOP
RELATED MEDIA
2019.8.31 Sat. WORLD CLASS × TREKKIE TRAX 7TH ANNIVERSARY feat. SAN HOLO
San Holo - Light
San Holo - We Rise
San Holo - Can't Forget You (ft. The Nicholas)
Illenium X San Holo - Needed Your Light
Yellow Claw - Summertime ft. San Holo
Dr. Dre - The Next Episode (San Holo Remix)
San Holo @ Tomorrowland Mainstage 2018
San Holo @ HARD 2018
ARTIST ANNOUNCE
  • SAN HOLO

    SAN HOLO

    The first thing Dutch artist/producer San Holo conveys about his rise in the electronic music scene is that he wasn’t your typical DJ with the dream of conquering the genre right from the start. “I have great respect for those guys but I got into music originally because of my love for rock and the guitar,” he says. “I started taking guitar lessons when I was about 13, forming bands and all that.

    But I had so many ideas for making music and was getting tired of always looking for players to help fill the spots. I realized you are able to build entire songs around a laptop and that started my interest in production. I never walked into a club until my music started being noticed by people wanting me to DJ.”

    That was around 2010/2011, talk about ‘learn by doing.’ His current hit “Light” is emblazoned with a distinctive creative style that San has meticulously honed through the years, placing him high on the list of emerging new trailblazers in the genre.

    The captivating song nears 65 million streams on Spotify, garnering traction and airplay throughout the global dance music ecosystem. The atmospheric track is layered around the refrain ‘I just want to see the light,’ with San basking in its irresistible glow. “I actually wrote the song on a plane,” he says. “It was in the middle of touring and I was quite exhausted, frustrated a bit because I wasn’t able to write as much as I would like on the road.

    I started the song on my laptop in the airport and finished it on the plane. Maybe I was asking myself for some guidance. I truly did want to see the light at the end of the tunnel.”

    He recalls his first flicker of interest in music came from listening to what his dad played in the car driving around their native Holland. San grew up in one of the smallest towns in the region. “It was known as the least cool town in Holland but that’s why I loved it,” he said.

    His affinity for guitar and punk rock had him kicking around in bands at an early age, with San eventually attending Codarts University of the Arts in Rotterdam, pursuing a music degree. “I went in to study the guitar but soon I was finding myself sneaking into the back of the production classes to absorb everything I could.”

    He also developed a respect for the more adventurous artists, no matter the genre. In 2014 he took a friend’s advice and started adding his production skills to some classic hip hop songs, shapeshifting them into his own remixes and putting them up on YouTube.

    He released his debut EP “COSMOS” on Heroic, which featured anthemic singles “Fly” and “Hiding.” These tracks lead to fans discovering his re-working of Dre’s classic “The Next Episode,” which blew up on the blogosphere and SoundCloud community, launching San’s future in the process. “First it got a thousand plays and that blew my mind,” he says. “Then it became one million and then two million and I just couldn’t believe it.”

    Eventually the remix garnered over 100 million YouTube views, putting San on the map with his “Don’t Touch The Classics” series, ready to snare even more exposure with completely original productions.

    His release of the hypnotic single “We Rise” in early 2015 was another turning point, coming out on Nest HQ (OWSLA) and garnering Skrillex’s praise and attention. “When a friend called me up and said he gave the song a shout-out I couldn’t believe it,” says San.

    In 2015, he established himself on the forefront of the future bass sound through the release of his “Victory EP” with Monstercat and singles “IMISSU” and “Can’t Forget You” with Spinnin. His sound began to translate to real demand, kickstarting his touring career and bringing him to perform at Tomorrowland for the first time.

    San also made the pivotal decision to start his own label, bitbird (which released “Light” a year later), co-founding the imprint with a friend he knew from his old rock band days and bringing on his manager as partner. “We wanted to start the label not just for me but to support other artists we could believe in,” he says. “They could be an electronic artist or some amazing classical pianist. As long as it is groundbreaking and needs our support we are behind it.”

    As A&R of the creative record label, he’s established an acute ear for signing under the radar talent which has resulted in an evolving signature sound for the imprint. Having discovered talents such as Taska Black and DROELOE through SoundCloud, he’s since taken them under his wing, helping them build momentum within the blogosphere and bringing them out to perform with San on tour and at bitbird label nights.

    San is constantly improving on his live show, learning from the masters that he gets to watch on his many tours and festival shows, exercising the same care and precision he does when creating the music.

    “Producing is very different than playing live, but you have to work at it just as hard,” he says. “How to build your set and figuring out what people respond to. It’s very tempting to just feed the crowd whatever they want but you have to resist that.

    You have to find that balance between playing what they want to hear, and exposing them to some of the more experimental music that can open minds.”

    Grateful and humbled by the groundswell of acclaim he is receiving for “Light” around the globe, San says the best is yet to come. “I was blown away by the response because before “Light” my fan base had always been kind of underground SoundCloud fans,” he says. “But I feel it’s never about just structure when you are making music.

    It’s you crafting that signature sound, the magic and the harmonies you put behind it that stays with people. I believe if you put on one of my tracks you will recognize within a minute that I produced it because of that. I know I can take my ‘sound’ anywhere I want to go musically. My only rule is if you play it, you better believe you are going to know that I did it.”

    http://ifyr.tv/ad37
  • banvox

    banvox

    東京を拠点に活動するプロデューサー/DJ。
    2011 年より活動を開始し、同年にインターネットレーベルMaltine Records よりリリースしたデビュー作『Intense Electro Disco』が僅か2 日間で4,000DL を記録。
    2012 年にリリースしたデジタルEP『INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP』で米ダンス/ クラブミュージック配信サイト最大手のBeatport 総合チャートで2 位獲得という快挙を成し遂げ、更にAmazon Mp3 ダンスチャート1 位、iTunes ダンスチャート4 位、とデジタルチャートを席巻。クラブ/DJ シーンにおいて一躍その名を轟かせる存在となる。
    その作品群はDavid Guetta やDirtyloud、BBC Asian Network 等に激賞され、2013 年にはTHE HACIENDA OISO FESTIVAL 2013 やBIG BEACH FESTIVAL 13、Road to Ultra 等 名だたるパーティーにも出演。
    以降deadmau5 主宰のレーベルmau5trap からForeign Beggars ”Flying To Mars Banvox Remix”、deadmau5 やSteve Aoki の作品をリリースする米大手レーベルULTRA RECORDS からMNDR"UBCL(Banvox Remix)" 等海外アーティストのリミックスを立て続けに担当。
    2014 年にはiTunes がその年に最も活躍が期待されるアーティストに送る“iTunes NEW ARTISTS 2014”に選出され、リリースしたシングル『Connection/Spin It Back Now』『Love Strong/Watch Me Dance』はそれぞれiTunes ダンス/ エレクトロニックチャートで1 位を獲得。
    4 月には自身初となるCD 作品『Watch Me Dance』をタワーレコード限定でリリースし同作はタワーレコードのレコメンドタイトル”タワレコメン”にも選出。同月開催されたSkrillex の日本でのClub Gig では共演を果たす。さらに9 月にはDJ としてULTRA JAPAN 2014 のメインステージに出演し、12 月にリリースしたファーストフルアルバム『Don’t Wanna Be』はiTunes ダンスチャートで1 位、総合アルバムチャートで4 位を記録した。
    その勢いは留まる事を知らず、2015 年2 月には話題のGoogle AndroidGoogle Android CM「じぶんを おもいきり」篇の楽曲プロデュースを担当。同曲は音楽検索アプリ最大手Shazam ジャパンチャート1 位を記録し話題に。そして5/20 にリリースした『Summer / New Style』はiTunes ダンスチャートの1 位2 位を独占。立て続けにリリースしたEP『At The Moment』では自身初となるMV も公開。
    11 月には2度目となるGoogle Android CM 楽曲を担当。同CM に起用された”Watch Me”は米大手配信サイトBeatport Dubstep Chart、iTunes Dance Chart、そしてShazam Japan Chart で1 位と三冠を達成。その注目度の高さを証明した。
    ライブ出演としてはULTRA KOREA、ULTRA EUROPE 等海外フェスへの出演。ULTRA KOREA ではSkrillex とも再会しパフォーマンスと楽曲を賞賛される。そして7 月には国内最大級のフェスティバル、フジロックフェスティバル2015 出演。さらに2年連続となるULTRA JAPAN 2015 への出演を果たす。同年大晦日にはCOUNT DOWN JAPAN 15/16 へも出演し同年を締めくくった。
    さらに2016 年4 月にはモード学園の新CM 楽曲プロデュースを担当。5 月からは自身のソロ作の連続リリース、そして”Red Bull Summer Edition Music Playlist”へのエクスクルーシブ楽曲提供、さらには米ジャージークラブシーンの第一人者、R3LL とのコラボレーション、『DOWN』がDim Mak よりリリース。
    時代の先を行くそのクリエイティビティーはPorter Robinson、Madeon、Getter、Flux Pavilion、Bear Grillz 等ワールドクラスのアーティストがビッグフェスやオウンドメディアで楽曲をプレイしているという事実からもその評価の高さが伺える。
    banvox が繰り出す最先端の音楽は海を超え、どこまでも広がり続ける。

    ■URL
    【オフィシャルサイト】 http://banvox.net/
    【YouTube】 https://www.youtube.com/user/banvoxofficial
    【SoundCloud】 https://soundcloud.com/banvox
    【Twitter】 https://twitter.com/banvox
    【Facebook】 https://www.facebook.com/banvoxMUSIC



    http://ifyr.tv/a58w
  • TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAXは2012年に日本の若手DJが中心となり発足したインディーレーベルである。
    これまでのテンプレートに囚われない様々な音楽を世界に向けて発信することを指針とし、全国各地で活動しているトラックメーカーとともに楽曲リリースを行っている。

    レーベル発足よりこれまで50作品を超えるリリースをリリースし、その楽曲のクォリティの高さは日本だけでなく、世界中から賞賛を受けている。
    これまでSkrillex, Diplo, Major Lazer, RL Grime, Djemba Djemba, MUST DIE!, Ookay, Carnage, Mija, Wave Racerなど名だたるDJ達からサポートを受けており、2015年に開催されたULTRA JAPAN 2015ではメインフロアにて多くの楽曲がプレイされるだけでなく、レーベルから2名のアーティストが出演した。

    またレーベルの総決算してリリースされた「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (CD)」が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」へレビュー掲載されスコア【7.2】を獲得するほか、Skrillexが主宰する「NEST HQ」での特集記事やMini Mixのリリース、LuckyMe Recordsがホストを務めるRinse.fmのプログラムでのレーベルが特集ほか、 「BBC Radio 1Xtra」「BBC Radio 1Xtra - Diplo and Friends」
    や「Nina Las Vegas - Triple J Mix Up」でも楽曲がプレイされるなど各国のメディアに大きく取り上げている。

    その他にもアメリカ・テキサス州で開催された「South by Southwest 2016」への出演やPC Music、Lido、DJ Paypal、Muchinedrum、Addison Groove、DJ Sliinkなどその他多くのアクトの海外公演のサポートを務めるほか、アメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い多くの世界中のファンを熱狂させている。

    日本国内ではm-floのTaku Takahashiが局長を務める日本最大のクラブミュージックインターネットラジオ「Block.fm」にてクルーのandrew, Carpianter, Seimeiによる「Rewind!!!」のホストを務める。
    またHyperdub Label Showcaseへの出演を筆頭とする来日アクトのサポートや、Djemba Djemba、Nina Las Vegas、Lucky Me Records所属のJoseph MarinettiやDeon Customのアジアツアーの主催、自身のレーベルの全国ツアーなど積極的に自主企画を行うほか、アパレルブランド「THE TEST」のコラボなどその精力的な活躍は今後の日本のユースシーンを牽引する今最も注目すべきレーベル、DJ集団と言える。

    http://ifyr.tv/aafi
  • Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX)

    Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX)

    1996年生まれのトラックメイカー。
    TRAPを中心としたトラックメイクが目に止まり、日本の気鋭ネットレーベルTREKKIE TRAXより2015年にデビューEP「Break It EP」をリリース。
    その後Bootlegを中心に様々な楽曲を制作し、Skrillex, Mija, Carnage, Anna Lunoe, Nina Las Vegas, UZ, Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを受けているほか、「KAN TAKAHIKO - NRG (Masayoshi Iimori Remix)」きっかけにSkrillexが主宰する「OWSLA」のサブレーベル「NEST HQ」に日本人として初めてインタビューとMini Mixが掲載される事となった。
    またデビュー1年目にしてULTRA JAPAN 2015に出演や2015年12月には所属するTREKKIE TRAXがセルフプロデュースで行った全米ツアー4箇所6公演を大成功させるなど、その勢いはとどまることを知らない。
    他にもRedBull Thre3Style World ChampionであるShintaroとのコラボ曲「Shintaro & Masayoshi Iimori - Chopper」や「ナマコプリ - あったらいいなJAPAN(Masayoshi Iimori Remix)」、「Remo-Con - Don't Believe Da Hype(Masayoshi Iimori Remix)」などを手掛ける他、2016年2月にはNEST HQより「Masayoshi Iimori - WhirlWind」をリリースするなど、更に活躍が期待出来る。

    http://ifyr.tv/aclT
  • DJ HOKUTO

    DJ HOKUTO

    1998年、当時から絶大な人気を誇っていた雑誌Fineのクラブイベント“Fine Night”のツアーDJに抜擢され、一気に注目を浴びる。以降、国内のみならず活動の場をアメリカやアジアまで広げ、幾度となく海外でのクラブツアーを行い、世界を股に掛け活躍するDJとして多大な評価を得ている。
    また、ラジオやクラブで、AMERIE, OMARION, T.O.K, USHER, UNK, WU-TANG CLAN, KAT DELUNA, LUDACRIS、その他多数の海外アーティストらと共演し、特にAMERIEからの信頼は厚く、来日時には直接指名されるほどである。
    さらには、日本HIP HOPシーンを沸かせるユニットGICODE (SPHERE & SORATO from RIZE)のDJ/トラックメーカーでもあり、自身が結成した音楽制作集団“YAMATO BEATS”においてREMIXや楽曲プロデュースなども行っている。まさに「世界に通用するDJ・音楽プロデューサー」として最もHOTなアーティストである。


    http://ifyr.tv/a4p0
  • SHINTARO

    SHINTARO

    世界チャンピオンとなりグローバルに活躍する彼のルーツは幼少期にあった。4歳の頃からピアノや和太鼓の演奏に触れ、現在の類希なる音楽センスの糧を形成。その後15歳でHIPHOPカルチャーに触れる中、DJを開始。数々のバトルで活躍した彼は、Vestax主催の『NoTricks DJ Battle』では3度の優勝、2010年の韓国『SeoulWorld DJ Festival』のNoTricks in KOREAでは日韓グランドチャンピオンにも輝く。その後スクラッチがメインのバトルDJ卒業を宣言。クラブPLAYに注力し、活躍の幅を広げる中、2013年にはRedBull Thre3Styleに日本代表として世界大会に出場。初出場ながら史上最年少かつ開催国外DJ初となる世界制覇を成し遂げた。これは日本人としてもアジア人としても初となる快挙でRedBull Thre3Style World Champion SHINTAROの名はDJ史に深く刻まれた。
世界チャンピオンの称号を手にしたあとも彼の勢いはとどまる事を知らない。
現在、GMOインターネットグループのGMO Culture Incubationのアーティスト・プロデューサーとして活動中。
    ジャンルの枠を超えるボーダーレスな選曲とテクニカルなスクラッチで構成される彼の革新的なプレイスタイルは世界各国からも称賛され、海外からのオファーも後を絶たない。ベルギー、ドイツ、オランダの主要7クラブを巡るヨーロッパツアーの大成功やアジア圏においては台湾の主要クラブをコンプリート。絶大な評価を得ておりその後も各地で定期的にスペシャルゲストとして招致され続けている。
    クラブプレイのみならず近年世界的ムーブメントとなっている屋外フェスティバルにおいても多数の実績を積んでおり、オランダのアムステルダムで開催されたHIP HOPメインのENCORE FESTIVAL、世界最大級の音楽カンファレンスAmsterdam Dance Event(ADE)への出演。また世界最大級フェスであるULTRA MUSIC FESTIVALにて2年連続メインステージに登場。2016年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演、2017年にはEDC JAPANのメインステージも登場し、ジャンルレスなPLAYが数万人のオーディエンスやダンスミュージック関係者から評価されている。
    2015年からは本格的に楽曲制作を開始。Chopper EPとして初のオリジナル楽曲EPをTREKKIE TRAXよりリリース。「Rihanna - BBHMM(Shintaro & YGSP Remix)」が現在Youtube600万回再生を超えているほか、毎年その後の音の流行を左右させるほどTrap/Bass Musicシーンに影響を与えているRL Grimeの「Halloween Mix V」に「Snappy Jit - Rockin It(Shintaro Remix)」が収録。また、同曲は世界最大級のフェス「Coachella 2016」にてBaauerによってプレイされるなど着実にプロデューサーとして頭角を現してきている。2016年にはDIPLO主宰「MAD DECENT」よりSak Noel & SalVi Ft.Sean Paul-Trumpets Shintaro REMIXをリリースして話題となった。今後のパフォーマンス、プロデュース作品共に世界から注目が集まっているDJ/プロデューサーである。

    http://ifyr.tv/a6mg
  • Yunomi

    Yunomi

    ゆのみ。札幌出身、東京在住のトラックメイカー。Yunomi名義で2015年6月からKawaiiをテーマにした楽曲制作を開始。自身のSoundCloudでnicamoqをはじめとしたボーカリストをフィーチャリングした多くの楽曲を公開する一方、ゆざめレーベルやMaltine Recordsといったインターネットレーベルからのリリース、リミックス制作も行なう。他にはBPM15Qやリナチックステイトをはじめとしたアーティストへの楽曲提供も。


    http://ifyr.tv/ad3i
  • YUC'e

    YUC'e

    YUC'e(ゆーしえ)
    ​福岡生まれ。幼少期より劇団に所属し、舞台やミュージカルでの活動。アメリカの高校に入学。音楽の授業を専攻にとり音楽に興味を持つ。知り合いだったクリエイターさんに誘われ、別名義でボーカルとしての活動を開始。歌っていく中で自身も作曲に興味を持ち、DTMを始める。2015年にYUC'eとしての活動を開始。
    作詞・作曲・編曲・歌・ミックスまで1人で行う。
    「DTMと歌を軸にたくさんの人たちと色々な音楽ができたら最高だなーって思っています。」


    http://ifyr.tv/adkj
  • TORIENA

    TORIENA

    http://toriena.net/

    2012年京都にて活動を開始、2013年に日本初のチップチューンレーベル「MADMILKEY RECORDS」を立ち上げ。作詞・作曲・編曲、アートワーク、ボーカルを全てセルフプロデュースで手掛けている。GAMEBOY実機とDTMを使った、チップチューンを中心としたポップでハードなサウンドを得意とし、縦横無尽にステージを暴れまわるスタイルが特徴。コナミ社、カプコン社の音楽ゲームに楽曲提供を行う。また、「Square Sounds Melborne 2015(オーストラリア)」「HYPER JAPAN 2017(イギリス)」「MAGFest 2018(アメリカ)」へ出演するなど、海外からの人気も高い。2017年8月に、トイズファクトリーから配信限定EP「MELANCOZMO」にてメジャーデビュー。

    http://ifyr.tv/a9J4
  • KOTONOHOUSE

    KOTONOHOUSE

    え アタシ!?

    http://ifyr.tv/adJ3
  • Allen Mock

    Allen Mock

    Producer/DJ - Allen Mock

    Allen Mock is a bass music producer from Tokyo, Japan.

    1. Festivals/Parties : EDC JAPAN 2017, TOKYO WONDERLAND, WORLD CLASS, LUMBERJACK, Heavenly Anniversary, XEX COUNTDOWN 2016, CINCO DE MAYO Tokyo, Summer Sensation, UMF OFFICIAL AFTER PARTY, Ultra Japan Official After Party

    2. Support DJ for : Yellow Claw, Ookay, Ghastly, Mija, RL Grime, NGHTMRE, TWRK, Jillionair (Major Lazer), Earl Sweatshirt, Keith Ape, Zeds Dead, Snails, Zomboy, Yultron, Boombox Cartel, Ekali, Chocolate Puma, New World Sound, Dirty Audio, Juicy M, Ape Drums

    3. Regular DJ at : Club Camelot, A-Life, Vision Sound Museum, WOMB Tokyo, ageHa

    4. In Associations with : Make Some Noise (Vision Sound Museum), TRAP SOUL (Vision Sound Museum), NUO (WOMB Tokyo), WORLD CLASS (Ageha), TOKYO INSOMNIAC (Club Camelot), Flip Production, AUDIO, EGGWORM, G-Crew Entertainment, Tokyo Wonderland, Ele Tokyo (ELE FRIDAY), Stonethrow Anniversary, BLOCK PARTY x Public Labo, Summer Sensation, UMF AFTER PARTY


    http://ifyr.tv/ad6J
  • Herbalistek

    Herbalistek

    (english below)

    Herbalistek (ハーバリステック)は東京を拠点に活動するProducer/ DJデュオ。
    メインとなるサウンドはエクスピリメンタルトラップ、ベースミュージックのジャンルに属する。DJセットでは、彼ら独自のエディットを加えた楽曲と、彼ら自身のオリジナルトラック、そして新旧のベース
    ミュージックを織り交ぜながら、リズミカルかつ爆発力のあるトランジションでフロア
    を沸かせる。
    2019年EDC JAPANのDiscovery Projectを勝ち抜き、Excision, Tiesto, Armin Van Buuren, Alison Wonderland, Ookay, Tchami x Malaa & KSHMRと同じステージのkineticFieldでプレイをした。


    UZのレーベル Quality Goods RecordsからOskiとのコラボリリースもあり、アメリカの新ジャンルFreeform Bassの拠点となるレーベルWakaanのフェスに出演を予定しているレーベル Spicy Bois でのリリースもしている。
    彼らのリリースしたオリジナルのトラック、リミックス、そしてエディットは
    Dillon Francis, Zeds Dead, Adventure Club, MUST DIE!, MYRNE, Ekali, TYNAN, Hekler, などの世界的ベースDJからサポートを受
    けている。

    デュオは、都内でも有数のナイトクラブ、Sound Museum Vision,
    Womb, ageHa@Studio Coastなどで現場経験を積み、RL Grime, Tchami,
    NGHTMRE, Joyryde, San Holo, Space Jesus, Ekali, Boombox Cartel, Mija, Valentino Khan, Yellow Claw, Zomboy,
    GTA, Yultron, Tokimonsta, Snailsなどの世界的DJのサポートDJとしてもプレイしてい
    る。



    Herbalistek Social:
    SC: https://soundcloud.com/herbalistek_dj
    Twitter: https://twitter.com/herbalistek
    Instagram: https://twitter.com/herbalistek
    FB: https://www.facebook.com/herbalistekmusic/
    ブッキング関係はこちらから: basssick.jp@gmail.com/



    Herbalistek is a Producer/ DJ duo based in Tokyo, Japan. (BassSick)  

    Their main sound in their productions is best categorized as experimental trap & bass music. Herbalistek is well known for their dark yet exciting dj sets, filled with original tracks, edits and transitions.

    They have also released a variety of originals and remixes & edits, and have received support from big names such as Adventure Club, Must Die!, MYRNE, ATLiens, Oski, Tynan, Whipped Cream, Hekler, Perses, and more.

    Combining elements of techno, house, dubstep and hip hop in their original tracks, their tracks are a hybrid of multiple genres and sound design experimentations.

    In May 2019, Herbalistek was selected as the winners of the discovery project for EDC Japan, and played kineticFIELD; sharing the same stage as artists such as Excision, Tiesto, Armin Van Buuren, Alison Wonderland, Ookay, Tchami x Malaa & KSHMR to name a few.

    With releases on prominent Japanese dance music label/ collective "TREKKIE TRAX," the duo have further plans to release on major labels this coming year, featuring collaborations with some of the biggest names in Trap music such as Australian producer Oski on UZ’s label Quality Goods Records.



    The duo regularly dj in various venues including Womb, Vision, Ageha & more; supporting the likes of big name DJs such as RL Grime, NGHTMRE, Ekali, Boombox Cartel, Mija, Valentino Khan, Yellow Claw, Zomboy, Gammer, ATLiens, Oski, GTA, & Yultron.



    Herbalistek’s goal is to push the boundaries of bass music and create a unique world with their music.



    Bookings: basssick.jp@gmail.com

    Inquiries: herbalistekdj@gmail.com






    http://ifyr.tv/adiU
  • Fellsius
  • Carpainter (TREKKIE TRAX)

    Carpainter (TREKKIE TRAX)

    横浜在住のTaimei Kawaiによるソロプロジェクト。Bass music/Techno musicといったクラブサウンドを軸に制作した個性的な楽曲は国内外問わず高い評価を得ており、これまで自身の主宰するレーベル「TREKKIE TRAX」や「Maltine Records」よりEPをデジタルリリース、2015年にはレコード形態でのEPやCDアルバムをリリースするなど、積極的な制作活動を行っている。
    またポーター・ロビンソン、tofubeats、初音ミク、東京女子流、カプコンといったメジャーアーティストにRemix提供など行っているほか、人気マンガ家「浅野いにお」がキャラクターデザインを務めた映像作品「WHITE FANTASY」では全編において楽曲を提供。2016年には仮面ライダーエグゼイドの主題歌である、三浦大知の「EXCITE」の作曲・編曲を共同で手掛け、同楽曲はオリコンシングルチャート1位を記録した。
    その勢いは国内だけにとどまらず、フィンランドの「Top Billin」やイギリスの「L2S Recordings」「Heka Trax」「Activia Benz」などからもリリースを行ない、イギリスの国営ラジオ局「BBC Radio1」や「Rinse.fm」「Sub FM」でも楽曲が日夜プレイされている。また中国や韓国、アメリカでのDJツアーも敢行した。
    2016年からは自身の楽曲により構成されたLive Setもスタートし、ライブ配信サイト「BOILER ROOM 」での出演などを果たしている。
    ほかにも、m-floの☆Taku Takahashiが主宰する日本最大のダンスミュージック専門インターネットラジオ局「block.fm」では、レーベルメイトとBass Musicを中心としたプログラム「TREKKIE TRAX RADIO」のパーソナリティも担当しているなど幅広く活動している。

    http://ifyr.tv/a6O5
  • Amps

    Amps

    Amps
    DJ/Trackmaker

    群馬在住のDJ/トラックメーカー。 2009年頃からマッシュアップ作成を中心に楽曲作成を開始。Electroを軸にDJを行っていたが、徐々に自身の音楽ルーツであるベースやビートに重きをおいたサウンドにシフトしていく。同時に精力的にオリジナルトラックを作成し始め、2014年7月に「Bleak Vibe」をTREKKIE TRAXより発表。その後、JukeやJungleなどの高速ビートをも取り入れ独自のゲットーサウンドを構築。80Kidzの公式リミックスをはじめ、フィンランドのレーベルSpin the DiscやTop Billinからも楽曲をリリース。またアメリカの大手音楽メディアであるThumpならびにRolling Stoneに楽曲が取り上げられるなど活動の幅を広げ続けている。

    http://www.trekkie-trax.com/artist/amps/

    https://soundcloud.com/dj_amps

    https://www.mixcloud.com/keisuke-nagata/

    http://ifyr.tv/adc3
  • Batsu

    Batsu

    15歳の年に親戚からの勧めでDJ活動を開始。2013年大阪で行われたサブカルチャーイベント「GIRAMATE(ジラメイト)」で同世代のDJに触発され
    自らもアニソンやインターネットミュージックでもDJを行うようになる。
    現在は関西にとどまらず、その活動の幅を広げている。また同時にトラックメイクも行っており、2015年に「ゆざめレーベル」から、2016年には「TREKKIE TRAX」からオリジナルの楽曲をリリース。近年では「終物語」放送完結記念〈物語〉MIX(monogataRemix)やAIKATSU! ANION “NOT ODAYAKA” Remixへの楽曲提供等、リミキサーとして高い評価を受けている。

    https://twitter.com/batsuxxxx
    https://soundcloud.com/batsu_x_hayato
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100012267166677

    http://ifyr.tv/adYN
  • isagen

    isagen

    1994年生まれ。
    TREKKIE TRAX所属 静岡在住のプロデューサー・DJ。

    中学時代Squarepusherに衝撃を受けIDM・エレクトロニカなどに傾倒。高校時代にはJames blakeのシューゲイザーカバーを演奏するなどのバンド活動を行っていた。

    2012年よりプロデューサーとしての活動を開始。フィンランドのレーベル「Topbillin」や「Spin the Disc」をはじめ、イギリス・ロンドンを拠点とするUK Funkyの雄でもあるRoska主宰「Roska Kicks & Snares」からシングルリリースを行うなど、グローバルな活動を行っている。

    2018年8月には日本のダンスミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」より初のソロEP「c.b.a.g. EP」をリリース。
    iTunes / Apple Musicが注目のアーティストを紹介する「今週のNEW ARTIST」に選出され、iTunes エレクトロニックチャートでは、最高位2位を獲得した。

    過去には京都を活動拠点としており、自身がギター・ボーカル・プログラミングを務めるポストロックバンド「POLPTOM」では、正規リリースなしにも関わらず岡村詩野、AOKI takamasa、芹澤"REMI"優真(SPECIAL OTHERS)らからサポートを受け、一躍話題となった。

    また、個人名義でもin the blue shirt「Fork in the Road」やBatsu「Real feat.isagen」などの楽曲にベース演奏で参加している。

    https://soundcloud.com/isthisisagen
    https://twitter.com/isagen7


    http://ifyr.tv/abcF
  • Maru
  • Native Rapper

    Native Rapper

    https://soundcloud.com/native-rapper

    京都在住のトラックメーカー/ラッパー/シンガー。
    ジャンルを横断するトラックにキャッチーなボーカルやラップの乗せるスタイル。
    Ano(t)raks へのコンピ参加やTREKKIE TRAXからもEPを2枚デジタルリリースした後、2019年3月13日に1st full album 「TRIP」を全国流通CDにてリリースし、精力的に活動している。


    http://ifyr.tv/aeax
  • Ryuki Miyamoto

    Ryuki Miyamoto

    1994年生まれ、宮崎県出身のDJ / Producer

    幅広い音楽を好み、様々なジャンルから取り入れた鋭いセンスを持ち味にした楽曲制作を行い、TREKKIE TRAXより発表した「blackglassG - Leave Your Name (Ryuki Miyamoto Remix)」や「Ryuki Miyamoto & Blacklolita - Secret Weapon」が海外のDJから大きくサポートされ、Skrillex主宰のウェブマガジン"NEST HQ"にてピックアップされ話題なった。
    またロサンゼルスを拠点に活動する「Club Aerobics」よりリリースした「Ryuki Miyamoto - Bounce Like This」やDiploが主催するMad Decentのファミリーレーベル「Good Enuff」より「Ryuki Miyamoto - Clap! Clap!」など、海外のレーベルからもリリースを積極的に行っている。

    また、プロデュースワークではMr.Q(ラッパ我リヤ),あっくん,Prism☆Boxなど様々なアーティストを担当したほか、5iVE STAR FUKUOKAのショー音楽、MONSTER Slide the CityのCM楽曲を担当するなど多岐にわたる。

    2018年6月に自身初の1st EP「Ryuki Miyamoto - Go Hard」をTREKKIE TRAXよりリリース。



    http://ifyr.tv/abzQ
  • shigge

    shigge

    shigge

    88年生まれ
    Beat Maker / DJ /
    YestradayOnceMore 主宰
    これまでに3枚のデジタルEPと2017年には全国リリースアルバム”burn out” を自
    身が主宰するインターネットレーベル “YesterdayOnceMore”よりリリースしてい
    る。
    Carpainter、starRoなどへリミックスを提供。
    主宰レーベルで拠点とする福岡で主催した、Carpainter/Out Of Resistance
    Tour、starRo/Emotion Japan Tour、その他多数のイベントはどれも盛況とな
    り、福岡に新たな音楽の風を吹かせている。
    2017年初の全国流通CDアルバム’burn out’をリリース。この作品はApple Music『今週のNEW ARTIST』に選出される。また台北で行われたリリースツアーでのライブは台湾の観客を魅了し大きな反響得る。
    2018年は2作のEPをリリース予定。

    soundcloud : https://soundcloud.com/afro0224
    Instagram : https://www.instagram.com/shigge/


    http://ifyr.tv/aahq
  • ONJUICY

    ONJUICY

    ONJUICY
    Grime・Bass・Hip Hopを中心としつつも、ジャンルレスに活動するMC。
    たまたま遊びに行っていたGrimeのパーティをきっかけに、2015年からMCとしてのキャリアをスタート。

    最近では、TREKKIE TRAXからCarpainterに続き、Maruとの楽曲に加え、UKを拠点とする気鋭ベースミュージックレーベルButterzからRoyal - Tとのコラボレーション楽曲を発表。上海/香港/ロンドンを拠点とするパーティコレクティブYETIOUTからリリースされた”Silk Road Sounds”に参加し、Hypebeastやmixmagに取り上げられる等、世界からも注目を集める。また、新木場ageHaにて開催されている”AGEHARD”でのアリーナMCや、ULTRAを始めとするフェスへの出演、イベント/ラジオ番組でのMC、イベントのレジデント等、その活動は多方面に渡る。

    Grime MCとしては、BOILER ROOMによる"Sekepta Album Launch"や"JP Grime All-Stars"、"Full Circle: Grime In Japan”への出演から名が知られる様になり、英国雑誌mixmagへ、インタビューの掲載もされた。2018年にはロンドン、バンコク、中国へのツアーを実施。国内外多数のアーティストとのコラボレーション楽曲やアルバムリリースも控えている。

    持ち前のフットワークを活かした、らしさ溢れるMCはジャンルを問わず様々なビートを乗りこなし、フロアを最高の空間へと導いてくれる。


    ONJUICY
    Tokyo-based MC, ONJUICY, is now named as inventive Japanese Grime MC. Soon as he started his rap career, he encounters UK Grime in 2015 and he started rapping and side MCing while their friends were playing old 8-bars & 16-bars grime riddim.

    His name became widely known after his performance with Skepta at Boiler Room Tokyo.

    His freaky and colorful flow streamed worldwide and caught rap fans’ attention in Japan.

    While he spent a busy time performing in numerous shows as well as local radio sets, he had already released couple releases. He collaborated with famous Japanese producer “Carpainter” from TREKKIE TRAX and made “PAM!!!” hits hard to the floor. The rave-trap-grime mixture banger had a comparably huge success in underground. Also his “Pied Piper” , awaited its release for 3 years, are finally getting released in a compilation “Silk Road Sounds” by Yeti Out. His figure and music was featured on hypebeast & Mixmag this year.

    His highly-anticipated EP will be released later this year, more collaboration of big UK & and Asian talents will be followed.

    http://ifyr.tv/aczD
  • DJ INAGEE

    DJ INAGEE

    Eeath Wind & FireのSeptemberが新曲だった頃から札幌でDISCO通い。18歳で上京、キサナドゥ、ナバーナに始まりマハラジャ、ゴールド、M-CARLO、ジュリアナTOKYO、RING、YELLOW、ベルファーレ・・・ほとんどすべてのメジャーダンスシーンを体験。DJキャリアは32年目を迎えた。

    クラウドと作り出されるフロアの雰囲気は"DJ INAGEE UNIT”とも
    表現される一体感。ジャンルを超える飛び道具満載のMASH UPを
    駆使してのプレイを特色としている。

    マッシュアップメーカーとしては
    MUSTACHE MASH MASTERのクリエーター名も持ち、
    各国のDJやPODCASTなどで多数使用されている。

    数多くの海外のフェスにも参加し、2013年にはベルギーTomorrowlandへの日本発ツアーの
    起案者として、JTBのサポートを受けてツアー化させ、70名余りの日本人をフェスに参加させ、
    YOUTUBEでの生放送で日本国旗を振る姿が世界に中継されるなど、自他ともに認める
    日本を代表するPARTY PEOPLE。2014~2018年もTomorrowlandに参加、
    公式カメラマンとも親交が深く、オフィシャルのFACEBOOKページには、
    2年連続して大写しで写真が掲載された。

    現在のレジデンシーはWho Is Ready To Jump!@ageHaなど。
    他にもageHaやWOMBなどで海外アーティストを招いたパーティーを中心に数多くプレイし、
    これまでにFERRY CORSTEN,LUCAS&STEVE,SANDER VAN DOORN,FLORIAN PICASSO,YVES V,HARD ROCK SOFA,TJR,DUBVISION,BASSJACKERS,THOMAS GOLD,DENIZ KOYU,MATISSE&SADKO,KRYDER,TOM STAAR,ALPHA9,STADIUMX,MESTO,THOMAS NEWSON,CURBI,SDJMなどの来日アーティストと共演。



    http://ifyr.tv/a12p
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。多くのDJ、アーティストと共に18年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,など東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催すると共に、
    渋谷のニュースポット渋谷STREAM内、エクセルホテル東急のメインBar&Diningである「TORRENT」の毎週土曜日の音楽を担当する他、
    東京湾を航行する船JICOO The Floating Barでの定期パーティー開催、新宿WARPや大阪PICCADILLYでも未成年向けのパーティーを主催するなど活動の幅を広げている。

    ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」ではCARNAGE,STADIUMX,ZOMBOY,GAMMERとビッグアーティストを立て続けに招聘するなど、ageHaを代表するPartyの一つに成長させた。
    また、ULTRA KOREA 2019 OFFICIAL PRE PARTYを主催し、DUBVISION,MIKE CERVELLOを招聘させ、2019年8月にはBROOKS,2019年11月にはDON DIABLOを招聘する事も決定している。

    WOMBでの「BLACK OUT」ではKAYZO,GAMMER,DARREN STYLES,CESQEAUX,PEGBOARD NERDSなどを、「TRANCEPORT」ではFERRY CORSTEN,Aly & Filaなどと共にBIG PARTYを作ってきた。

    WARP,PICCADILLYではSlushii,Sam feldt,Retrovision,Dropgun,Madison Mars,KEVU,KAAZE,Thomas Gold,Maddix,Manse,Syzzなどを招聘し、盟友TAKU-HEROと共にシーン拡大を目的に開催してきた。
    最近ではMESTOを招聘し、WARP,PICCADILLY共にデイパーティーの動員記録を作った事も記憶に新しい。

    アーティスト活動としては、「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い、多くのスターアーティストからサポートされ、
    2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売。


    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • DaBook

    DaBook

    HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/TWERK/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBなどなど、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULUTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。

    info http://dabookinfo.tumblr.com
    soundcloud http://soundcloud.com/djdabook


    http://ifyr.tv/a6ih
  • JIROtokyo
  • MASA-Y

    MASA-Y

    2008年、19歳でDJ活動をスタートさせる。
    BASS HOUSE,FUTURE BASS,TRAP,DUBSTEPを中心にジャンルレスに新譜から旧譜を上手く織り混ぜ、彼独自の世界観を造り上げるクリエイティブなPLAY STYLEは数多くのオーディエンスを魅了する。

    大人気PARTYで"MAIN ACT DJ"を務める他、地方へのGUEST出演も多く果たすなど全国で活躍中。
    毎週1500人以上動員する日本屈指のCLUB「SOUND MUSEUM VISION」にて開催されていた「MAKE SOME NOISE」,「GIRLS FESTIVAL」,「PARTY MONSTER」を成功に収め、日本屈指のNo.1 CLUB「ageHa」で開催されている「WORLD CLASS」,「ELECTRIC THUNDER」にも出演するなどBIG PARTYの"REGULAR DJ"としてMAIN FLOORにも多数抜擢された。

    また、「Carnage」,「Yves V」,「THOMAS GOLD」,「JAY HARDWAY」,「LUCAS&STEVE」,「RL GRIME」,「Salvatore Ganacci」,「What So Not」,「Mija」,「OOKAY」,「Boombox Cartel」,「4B」,「MUST DIE!」,「ETC!ETC!」,「DJ Sliink」,「Ekali」,「VALENTINO KHAN」など海外有名アーティストの来日PARTYにも"SUPPORT DJ"として出演し、日本のみならず海外でも注目されているDJの一人である。

    2016年には「JAMESON SESSIONS DJ COMPETITION」の日本大会に参加。ファイナリスト進出・決勝と進み準優勝という結果を納めた。

    また、Star Music Entertainment Incより「PLAYBACK EDM -BEST HITS COLLECTION- Mixed by DJ MASA-Y」をiTunes Store,Apple Music,AWA,LINE MUSIC,Google Play Music,Prime Musicなどの配信サイトでRELEASEし、絶大な人気を誇っている。

    DJ活動の他にも"FASHION BRAND SHOP MANAGER"を務めていた経歴も持ち、FASHION業界でも不動の地位を築いた。
    「Fame」で開催されたBAROQUE JAPAN LIMITED主催の「rienda girls Night」や「ダイバーシティ」で開催されたSupported by MARK STYLERの野外Festival「Tokyo Girls Bang Halloween Supported by RESEXXY」をはじめ"FASHION EVENT"にも多数出演する彼はDJとしてのファンはもちろん若者からも絶大な人気を誇り、憧れるファンは数知れない。

    DJ活動10年目を迎えた2018年には「RULER」を結成。
    次世代のDJ育成からプロモーション活動をはじめトラックメイキング等も仲間達とスタートさせている。

    "FASHION×MUSIC"をテーマに"Entertainment"を追求し続け、多方面でマルチに活躍し、実績、知名度共に持ち合わせた「MASA-Y」は、今後最も目の離せないDJである。

    MAIN CLUB:ageHa Tokyo / WOMB TOKYO / SOUND MUSEUM VISON / Plus Tokyo / TORRENT and more...( JAPAN )

    http://ifyr.tv/ac9N