EDIT EVENT
SATURDAY / 2019.06.01

Anahera

オーストラリアNo.1 DJの称号を持つMaRLoが2年ぶりにageHaに帰ってくる!! ISLANDではUEFA CL FINALのパブリックビューイングも開催!

Anahera

PARTY REPORT
2019.06.01.SAT
OPEN 23:00

PRICE|料金
DOOR|当日 : ¥4,000
INTERNATIONAL DISCOUNT (ALL INTERNATIONAL I.D HOLDERS) : ¥3,000
20TH PASS (ONLY 20TH)|20歳限定 : ¥2,000

ユニフォーム割 (wearing Europe's club team uniform)|¥3,000
DAZN割 (3:00以降の入場の方限定)|¥2,000

ADVANCE TICKETS|前売券
GROUP TICKET|5名グループ券 : ¥2,500/1名 [iFlyer]
U-25|25歳以下限定 : ¥2,750
GA TICKET|通常前売券 : ¥3,250

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

オーストラリアNo.1 DJの称号を持つMaRLoが2年ぶりにageHaに帰ってくる!! ISLANDではUEFA CL FINALのパブリックビューイングも開催!

オーストラリアNo.1 DJの称号を持ち、Anaheraへの出演で初来日を果たしたMaRLoが、2年ぶりのageHaに帰ってくる!!さらに、A State Of Trance radio showでもお馴染みArmada musicのA&Rを務めるRuben de RondeがageHa初出演!!彼らの迫力サウンドをageHaで体感せよ!

ISLANDエリアでは、大会オフィシャルスポンサーの”HEINEKEN"と日本独占放送権を持つ”DAZN"の全面サポートのもと、6月1日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝のオフィシャルパブリックビューイングをISLANDエリアで開催決定!

リヴァプールとトッテナムのイングランド対決が大きな話題となっている今年のCL決勝戦

当日はゲスト解説に、本田圭佑のものまねでお馴染みのじゅんいちダビッドソンが登場し会場を盛り上げるほか、ユニフォーム着用(欧州クラブチーム)の方や3:00以降に来場の方は割引になるDAZN割を実施!

さらには試合中ゴールが決まると1分間無料でHeinekenmのサービスタイムをご用意!!

チャンピオンズリーグ決勝の公式パブリックビューイングはDAZNとageHaだけ!!

=================
チャンピオンズリーグ 2018-19 FINALの日本独占放映権を持つ「DAZN」をageHa店内で登録するとスペシャルな特典も。このお得な機会に是非登録を!

「DAZN」登録はこちらから。
https://watch.dazn.com/ja-JP/sports/
=================


さらにISLANDエリアでは、UEFAチャンピオンズリーグFINALを記念としたウイニングイレブントーナメント大会2019の開催も決定!!
パブリックビューイング用の大型スクリーンで実施するageHa流のeSports!!
(参加者は入場無料)

賞金は3万円。他にも3位の方まで賞品をご用意!!
応募方法は、応募フォームに必要事項を記入するだけ。誰でも参加可能!

抽選で16名の選手を選抜致します。ドシドシご応募ください!!

[応募フォーム]
http://bit.ly/2WuBid7

ageHaにしかできないスポーツと音楽のエンターテイメントが繰り広げられる!!

  • ARENA

    ANAHERA

    SPECIAL GUEST
    MaRLo (Armada music/Reaching altitude)
    Ruben de Ronde (Armada music/Statment!)
    GUEST
    Mark Landragin (Trance Sanctuary/UK)
    LINE UP
    Nhato
    NorioSP
    VJ
    REI TOMINAGA
    SoU
    DANCER
    東京夜蝶倶楽部
    TRANCE
  • ISLAND

    Heineken presents UEFAチャンピオンズリーグFINAL SCREENING 2018-19 powered by DAZN

    SPECIAL GUEST
    じゅんいちダビッドソン
    MC
    BULL
    LINE UP
    KICK OFF
    DJ TOMMY
    TAKASHI MIZUKAMI
    SHARON
    HAIR BOOTH
    KATSUYA
    eSports
    ウイニングイレブントーナメント大会2019
    ALLMIX / LIVE VIEWING
  • WATER

    Hands Up!

    LINE UP
    YOSHIMASA
    TAKAHASHI YU
    AKI-HIRO
    G-NAILS×8MATE
    TAKANORI
    HIKARU
    ITZ
    O-FUNE
    and more..
    VJ
    T.B.A
    EDM / BASS MUSIC
  • BOX

    リガル祭

    GUEST
    DJ KATO
    Overhead Champion
    LINE UP
    芦沢教授
    Kenchara5
    Nyan-chu
    HaNa
    Suu
    TRANCE
RELATED MEDIA
ARTIST ANNOUNCE
  • MaRLo

    MaRLo

    世界各地のトランスフェスティバルで彼の曲がプレイされない事が無いというほど今や世界中のダンスフロアから引っ張りだこのMaRLo。トップチャートの常連入りを果たすなど活躍の目覚しい彼だが、そのキャリアはスタジオワークでの経験、それによって生まれた楽曲によるライブアクトとしての活動から始まった。
    MaRLoの所属するArmada Music、特にパーティー、ラジオショー、レーベルの3つのセクションによって運営されるTrance部門の要 "A State Of Trance"でその抜群の才能を開花された彼は主催であるArmin van Buurenによって「MaRLoのリードの音の作り方は最高だ!!」と絶賛され、同レーベルから多数の作品をリリース。ここ数年のA State of Trance Recordingsで最もトップセールスを獲得しているアーティストとして、今やレーベルを代表する存在といえるだろう。
    特に2014年から2015年にかけてはAtlantis, Ignite, The Dreamers, Hold It Together 、Hauntedなどのヒット曲を次々とリリース。その勢いは止まらず、今春発売された待望の新曲"Darkside"はBeatportのトランスシングルチャートで初登場1
    位を見事獲得している。
    さらにTransmission 2015に出演した際にMaRLoが披露したTech Energy Setは世界中で大きな話題を呼んでおり、2016年A State Of Trance 750 Utrecht、A State Of Trance 750 Special Ultra Music Festivalに出演した際にはその人気が過去最大に膨れ上がっている。
    近年稀に見る人気絶頂アーティストのベストタイミングでの来日に、日本中のトランスファミリーがMaRLoのエナジーを体感する機会となることだろう。

    https://soundcloud.com/marlomusic
    https://www.facebook.com/marlomusic

    http://ifyr.tv/acZf
  • Ruben de Ronde

    Ruben de Ronde

    プログレ、トランスそしてチルアウトを通してシーンにインパクトを与え続け、世界のリスナーに向け卓越したリリースを続けている、Armada Nightや各種フェスに出演し、ASOTツアーではArmin van Buurenと世界中を飛び回る活躍をしている。DJとして、プロデューサーとして、またSatement!Music! のオーナーとして、コンスタントに彼自身の音楽性を次の次元へ高めている。

    スタジオワークではジャンルにとらわれることなく、プログレハウス、トランスの型を打ち破り、チルアウトの創造の旅に出る。彼の世界的知名度はASOTで確固たるもとなり、TenishiaやウクライナのスターAelynなど著名アーティストとのコラボレーションでも更なる評価を獲得している。2013年、Danny Chenとのコラボレーション“Bright”はArmada Musicよりリリースされ、印象的な曲”Remain Different”や”For Granted”でさらに彼の人気に火がついた。彼は休むことなくAlex M.O.R.P.HやAbove &Beyondのリミックスを手掛け、彼自身の記念碑的アルバム”From Sao Paulo to Sofia“をリリース、オランダの同志Hardwellによってもフィーチャーされ、その中でも”stoer”はJoris Voorn’sのRejected Recordsにもフィーチャーされている。

    ステージでは各種フェスに出演−Dance Valley、NatureOne’s、Kazantip、Sunrise Festival、そしてASOTのモスクワ、エカテリングブルグ、ブエノスアイレス、ソフィア、サンパウロにも出演。 またハノイの大晦日には50万人のオーディエンスの前でプレイした。オランダのDJMAGトランスレビュアーでは’sound of holland’を獲得しRubenはエレクトロミュージック業界を震撼させた。2013年にはTomorrowland radioのステージでのプレイも実現させた。

    ”From Sao Paulo to Sofia“の最新リミックスエディションとともに彼はフロアにダンスを叩き続ける。オランダで休養する間もなく、Ruben De Rondeはいままさにエレクトロミュージックの成層圏を突破するために発射されたのである。

    http://www.armadamusic.com/artist/ruben-de-ronde/




    http://ifyr.tv/aaRi
  • Mark Landragin

    Mark Landragin

    イビザのCream、ドイツのNature One FestivalをはじめとしMark Landraginは世界的に有名な大きなイベントでプレイしている。
    ロンドンっ子のマークは2007年に伝説的なクラブTurnmillsで行われたMinistry of SoundのThe Galleryが開催したDJ大会で決勝に進出したことでブレイクした。その後、イビザのAmnesiaで開催される伝説的なCream、マンチェスターのThe Warehouse Project、リーズのDigital Society、バーミンガムのGod's Kitchen、ロンドンのMinistry of Soundのメインルーム、カナダのWasaga Beach Festivalといったメジャーなイベントに登場するばかりでなく、Paul Van DykのUKツアーではクローザーとしてロンドン公演をしめくくった。

    マークは2011年にロンドンでTrance Sanctuaryという新しいクラブイベントの立ち上げに関わった。共にプロモーターとしてだけではなく、レジデントDJとして参加しているTrance Sanctuaryはイギリスの中で最も評判の良いトランスイベントとしてすぐ成長し、4周年を迎えたばかりだ。2014年にはTrance Sanctuaryをイビザで開催し、2015年も9月にイビザで予定している。Trance Sanctuaryには日本にも来日したことのあるSolarstone、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Sean Tyas、The Thrillseekers、 Daniel Kandi、David Gravell、Mark Sixma、Estivaといった人気のDJや、トランスシーンを騒がせるBryan Kearney、STANDERWICK、Jorn van Deynhoven、Sneijder、RAM、Menno De Jong、Will Atkinson、Mark Sherry、Arctic Moon、Craig Connelly、Jordan Suckley、Ferry Tayleと・・・これは例の一部にすぎないが数多くのDJをTrance Sanctuaryに招聘している。

    プロダクションの面では、マークのトラックはArmin van Buuren、Above & Beyond、Paul Oakenfold、Aly & Fila、Solarstoneといったトランス界の名だたる著名DJを始めとし数多くのサポートを受けている。トラック"Boom or Bust"はAbove & Beyondのレーベルのラジオ番組であるAnjunabeats World Wideで"Record of The Week"に輝き、"James Rae of Red Carpet - Alright"の彼のリミックスはトランス界で最も権威のあるArmin van Buurenのラジオプログラム"A State of Trance"、Aly & Filaのラジオプログラム"Future Sound of Egypt"、Paul Oakenfoldの"the Perfecto Podcast"で放送された。

    https://www.facebook.com/marklandragin
    http://jp.residentadvisor.net/dj/marklandragin
    https://soundcloud.com/mark-landragin
    https://www.youtube.com/user/theboymark


    http://ifyr.tv/a6YT
  • Nhato

    Nhato

    1987年に東京に生まれ、高校生の頃に音楽製作活動を開始。オランダの巨匠であり90年代からダンスミュージックシーンを支える重鎮、Marcel Woodsに才能を見出され、2008年にデビュー。それを契機に活躍のフィールドを世界へと広げ、2011年にはArmin van Buuren(英DJ Mag誌の読者投票による人気ランキング世界第1位)が擁する世界最大級のダンスミュージックカンパニー「Armada Music」と契約。その後、これまでにProtocultureやAly & Filaなどの著名な海外アーティストのRemixを手掛けている。

    日本では、2009年に設立されたOtographic Musicの中心的存在として活躍。楽曲の製作、レーベル運営の補佐、インターネットラジオ番組の放送など、その活動は多岐に渡る。dieTunesのYOJIからは「間違いなく、新たな天才の出現」と称される程の信頼を得ており、YOJIの楽曲のリミキサーとしても度々抜擢されている。これらの躍進を経て2012年6月に発売した1stアルバム「Etude」は、オリコンインディーズアルバム週間ランキング16位、Beatportジャンル総合リリースチャート7位にランクイン。Armin van Buuren、Gareth Emery、Porter Robinson、Bart ClaessenといったワールドトップDJもアルバム収録曲を自身のDJセットに取り入れ、Nhatoのサウンドは世界中のオーディエンスへと届けられた。

    また、音楽ゲーム「Beatmania IIDX 19th Lincle」への楽曲提供や、音声合成ソフトウェアVOCALOID™3ライブラリ「IA -ARIA ON THE PLANETES- 」の公式デモソングの担当など、クラブシーンだけに留まらない活動を展開中。Nhatoの創り出す鮮烈なサウンドは、国境やシーンの壁を超えたあらゆる層の人々を魅了している。

    http://ifyr.tv/a2GF
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH
  • VJ REi TOMiNAGA

    VJ REi TOMiNAGA

    VJとして年間300を超えるクラブイベントに出演。
    club camelot、ATOM TOKYO、ageHa DiA tokyoにおいてレギュラー出演。

    映像作家として、TVCM、ミュージックビデオ・トレーラーなどを制作。
    アパレル店・飲食店や街頭広告、ファッションブランドに映像を提供、
    ファッションショーやアーティストライヴの舞台映像演出も手がけている。

    VJとして歌詞やMVを駆使したPLAYが話題を呼び、
    その一方で幾何形体を使った表現や、
    ライティングを意識した色彩感覚が高く支持され、
    昼夜を問わず多種多様の現場を飛び回り
    大型野外フェスや海外クラブへもVJとして出演している。

    東京では、数多くのクラブへ映像を提供し
    近年では日本国内のみならず、海外のクラブへの出演や
    映像提供も行っている。

    [Twitter]
    https://twitter.com/VJ_REi
    [Facebook]
    http://www.facebook.com/reitominaga
    [Instagram]
    https://instagram.com/vjreitominaga/

    http://ifyr.tv/a8iL
  • SoU
  • 東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-

    東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-



    http://ifyr.tv/adol
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。多くのDJ、アーティストと共に18年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,など東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催すると共に、
    渋谷のニュースポット渋谷STREAM内、エクセルホテル東急のメインBar&Diningである「TORRENT」の毎週土曜日の音楽を担当する他、
    東京湾を航行する船JICOO The Floating Barでの定期パーティー開催、新宿WARPや大阪PICCADILLYでも未成年向けのパーティーを主催するなど活動の幅を広げている。

    ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」ではCARNAGE,STADIUMX,ZOMBOY,GAMMERとビッグアーティストを立て続けに招聘するなど、ageHaを代表するPartyの一つに成長させた。
    また、ULTRA KOREA 2019 OFFICIAL PRE PARTYを主催し、DUBVISION,MIKE CERVELLOを招聘させ、2019年8月にはBROOKS,2019年11月にはDON DIABLOを招聘する事も決定している。

    WOMBでの「BLACK OUT」ではKAYZO,GAMMER,DARREN STYLES,CESQEAUX,PEGBOARD NERDSなどを、「TRANCEPORT」ではFERRY CORSTEN,Aly & Filaなどと共にBIG PARTYを作ってきた。

    WARP,PICCADILLYではSlushii,Sam feldt,Retrovision,Dropgun,Madison Mars,KEVU,KAAZE,Thomas Gold,Maddix,Manse,Syzzなどを招聘し、盟友TAKU-HEROと共にシーン拡大を目的に開催してきた。
    最近ではMESTOを招聘し、WARP,PICCADILLY共にデイパーティーの動員記録を作った事も記憶に新しい。

    アーティスト活動としては、「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い、多くのスターアーティストからサポートされ、
    2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売。


    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • TAKAHASHI YU

    TAKAHASHI YU

    1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。
    http://tcpt.net/dj/dj_azjumperz

    http://ifyr.tv/adrj
  • AKI-HIRO

    AKI-HIRO

    AKI-HIROは東京、日本で活動しているDJ/Producer。
    YOSHIMASAが主宰するクルー「TCPT」のメンバー。
    彼は当時18歳だった2008年からDJ活動を本格的にスタート。当時はTrance musicのDJ/Producerとして活動していた。
    若干20歳でレジデントパーティを持つなど若くして豊富な経験を積む。
    現在はageHaTokyo、WarpShinjukuを中心にBigroomのDJ/Producerとして活躍し、アグレッシブなPlayとパフォーマンスでたくさんのオーディエンスを魅了しており、共演したビッグネームアーティストは数知れず。
    また2018年のTomorrowLandでは彼の曲がPlayされた事が日本で大きなニュースとなる。
    そしてULTRAKOREA2019でPlayし、彼にとってとても大きなキャリアアップとなった。
    今後さらなる飛躍が期待できるAKI-HIROに注目だ。

    http://ifyr.tv/adAK
  • G-NAILS

    G-NAILS

    オーストラリア、メルボルンのアンダーグラウンドクラブシーンを代表するMelbourne Minimal/Melbourne Bounceをこよなく愛するProducer/DJ。

    普段のセットでは8MATEとタッグを組み、B2BスタイルでMinimal、Bounceを中心に、PsytranceやHardpsy、Reverse Bassをプレイする。

    2017年に作成したParty Favor - WAWAのHard Psy BootlegはTJRを初めとする有名Producerにサポートされた。

    その後もBounce、Minimalの楽曲を制作し、2019年にはメルボルンアンダーグラウンドシーンで1,2を争うトップクラブのCloud Nineへの出演を実現。日本人ならではの選曲で本場のクラウドをロックした。

    日本では知名度が低いMinimalを普及させるため、地道に活動している。

    Supported by:
    TJR
    Uberjak'd
    Olly James
    Crankdat
    Mashd N Kutcher
    STARX
    Lookas
    Vikstrom
    Kore-G
    Holly-J
    Fransis Derelle
    Alex Kidd
    Mitomoro
    RayRay
    EXODUS
    LUXE

    [G-NAILS]
    SoundCloud: https://soundcloud.com/gnails/
    Facebook: https://www.facebook.com/gnailsmusic/
    Twitter: https://twitter.com/gnailsmusic
    Instagram: www.instagram.com/gnailsmusic/


    http://ifyr.tv/a9cy
  • TAKANORI

    TAKANORI

    1986年7月8日生まれ。東京都出身。
    友人が経営するCafe・Barで経験を積み、2015年より本格的にDJ活動を始動。
    プレイスタイルは、EDM、Progressive House、Electro Houseを中心とし、4つ打ち音楽をこよなく愛する。
    フロアのことを常に意識しながら選曲を行い、フロアとの一体感を生み出せるよう最善を尽くしている。
    現在、福岡在住であるが、東京と福岡を行き来し、精力的にDJ活動を行なっている。
    東京では、新木場ageHa、WOMB、Vision 、Jicooをメインに出演をしており、福岡では、中洲にあるbijouにレギュラー出演をしている。
    2017年秋 、デビューシングル「Unconditional Love」がリリース予定である。

    http://ifyr.tv/adCn
  • DJ ITZ

    DJ ITZ

    東京都目黒区生まれ。
    2015年8月より本格的なDJ活動を開始する。
    デビュー2年で100本以上のイベントに出演し、その精力的な活動で経験と実力をつけ、
    現在では日本最大のクラブSTUDIO COAST ageHa、WOMB、ELE TOKYO、V2 TOKYO、SOUND MUSEUM VISION、CLUB camelot、Sankeys TYO、Club Asiaなど国内トップクラブでの出演を果たしている。
    EDMを中心に、Trance、Progressive House、House、Future House、Bass Music、Hardstyleなど幅広いジャンルに対応しており、時間を忘れて楽しく踊れるような空間を生み出すプレイでフロアをロックしている。
    BounceやBigroom、Electro HouseなどのEDMでフロアを盛り上げたり、超攻撃的なPsy-TranceやHardstyle、TrapやDub-StepなどのBass Musicでオーディエンスを熱狂させたり、叙情的なTranceやProgressive Houseでドラマティックな選曲をしたり、またゆったりとしたHouseやTech Houseで身体を揺らして踊れるようなお洒落な空間を演出したりとそのプレイスタイルは多岐に渡る。
    現在は毎月第2水曜日にV2 TOKYOの”NEON PARTY”にレギュラー出演しており、その活動の幅をさらに広げている。
    また、Trance DJのDJ MaGARiとのDJユニット、 “team J.I.N”としても”Anahera@ageHa”や”Tears Of Trance@WOMB”や”BLACK OUT@WOMB”などのTranceやBass Musicのビッグイベントに数多く出演している。

    http://ifyr.tv/adl8
  • O-FUNE

    O-FUNE

    1988年、7月27日生まれ、東京都江東区出身。

    2009年、六本木Morph-Tokyoにて開催のALL MIX Party「PAREDE」に所属しPsychidelic Trance レギュラーDJとして活動開始。
    専属DJとして活動しながらも、その他に
    六本木「Studio FORUM」、新宿「M's」、渋谷「amate-raxi」、芝浦「Studio Cube 326」など都内各所にて開催された数々のPsychidelic Tranceパーティーに参加。
    現在はEDMにシフトし、活動を続けており、
    Bounce系やBig Room系のサウンドを中心に
    アップリフティングなサウンドでフロアを湧かす。

    http://ifyr.tv/adFX
  • OVERHEAD CHAMPION

    OVERHEAD CHAMPION

    2004年より本格的に作曲活動を開始。
    今なお伝説のピークアンセムとしてPLAYされ続けているデビュー曲『BEAT!』のメガヒットにより一躍日本のダンスミュージックシーンの第一線に躍り出る。
    2005年8月には待望のファーストアルバム『BEAT!』を発表。 次世代ヒットメイカーとしてさらに大きな注目を集めることになる。
    その後、アルバム収録の珠玉のメロディアスボーカル曲『Eternity』『Be The One』が大きな話題を呼び、今なお全国のフロアを熱くさせている。 さらには、a-nationのテーマ曲のプロデュースを2年連続で手掛け、 2006年にはダンスシーンにおいては異例の、リミックスアルバム『The Trance Champion -Overhead Champion Best Remix & Live-』、オリジナル2ndアルバム『Eternity』を2ヶ月連続でリリース。 2008年1月には待望のベストアルバム『The Best of Overhead Champion』をリリースしいずれも大ヒット。 さらに現在はトランス、ハウス等のクラブミュージックにとどまらず、 あらゆるジヤンルを手掛ける事の出来る音楽プロデューサーとして、様々な名義で、 EXILE、May.J、倖田來未、青山テルマ、BoA、BENI、Soulja、NERDHEAD、タッキー&翼、国生さゆり、林田健司、UVER WORLDらにも楽曲やリミックスを提供しており、 2010年には、人気モデルでタレントの梅しゃんとのユニット 『U☆Scream』を結成し、代々木体育館での2万人を動員した『Popteen祭り』のトップバッターを務め、AKB48や西野カナらと共演を果たす。
    2011年には、地下アイドルユニット『アイドルカレッジ』の サウンドプロデューサーに就任。
    今最も期待されている彼の動向から、ますます目が離せない。


    http://ifyr.tv/a63h
  • 芦澤教授

    芦澤教授

    お笑い芸人兼、放送作家兼、DJという極めて異例な経歴を持つDJである。
    大輪教授のように白衣を着用し、渋谷系ストリートカルチャーやギャル、ギャル男に関するフリップを用いたネタを行う。決め台詞は「や~ばいことに!なるんじゃない!?」。だいたいこの台詞でネタを締めることが多い。 2005年が最盛期でR-1の準決勝に進出している。
    鉄道ファンでもあり、バラエティ番組『タモリ倶楽部』の鉄道企画においては「タモリ電車クラブ」会員No.8(シルバー会員)を獲得している。そのため鉄道ネタも得意だが、ネタがマニアックなためテレビで披露されることは少ない。
    放送作家としての活動を始めてからはJ:COM初の月曜から金曜の帯で全国生放送の番組「つながるセブン」で 企画・構成・総合演出として、約2年間番組に携わり番組終了後も作家活動とDJをして精力的に活動。
    DJとしては、第二次EURO BEAT時代に代々木第一体育館で開催されたキャンパスサミットにて数万人の前でDJをした実績を持ち、夏にはTRANCEフェスティバル、アガル祭を自らがプロデュースし全て成功に収めている。
    現在はTrance party『Ligaya』を中心に幅広くDJ活動をしている。


    http://ifyr.tv/a8iK
  • Kenchara5
  • DJ NYAN-CHU

    DJ NYAN-CHU

    2004年DJとして始動。
    TRANCE DJとして都内の数々のPartyに出演。
    その後幅広いジャンルをこなすDJへと進化。
    今ではイベントプロデューサーとしても活躍している!

    安定したMIX力とPerformanceでFloorをJackする事間違いなし。

    今最も注目を浴びている若手DJの一人である!

    http://ifyr.tv/aaTG
  • KICK OFF

    KICK OFF

    m-flo☆Taku Takahashiが主催したCDJ BATTLE大会でグランドチャンピオンに輝いたDJユニット。
    DJ出演で47都道府県を制覇する「#KICKOFF47」プロジェクトをクラウドファンディングにて立ち上げ、全国制覇を成し遂げる。

    コピーライターでもあるFUJIKEN(赤)の選曲とアイディアに、OTAIRECORD主催日本で唯一のDJコントローラーバトル「C plus One」チャンピオンに輝き、世界最大のDJ大会DMC JAPAN DJ CHANPIONSHIP 2019 FINALのOPENING DJも務めたDJ GO(青)の技術が融合。
    CDJ×ターンテーブル×DJコントローラー×サンプラー×マッシュアップを武器に、どのフロアでも盛り上げることに特化したパフォーマンスは「お祭りDJ」として定評がある。
    また、EDMからJPOPまで、あらゆるジャンルの音楽をマッシュアップし独自に編集したDJ Re-Edit音源のみのミックスは話題となり、各メディアで“和製2many djs”と評された。

    国内外のDJ TOP50を選出するiLOUD 50/50 DJランキングでは2014年初登場にして29位を獲得。
    国内外トップDJ陣が参加するダンスミュージック専門ラジオ局『block.fm』において、実力派のNew DJ'sをフィーチャーする番組に初回ゲストとして出演後、自身の特番『Hoooooooligan』もオンエアされる。
    都内だけではなく全国に遠征し、大型フェスでも『MUSIC CIRCUS'14』、六本木ヒルズアリーナ『Ray-ban InterMIX』、幕張海浜公園『OTODAMA BEACH PARTY』、『泡フェス』、『Slide the City』、野外アニソンイベント『Re:animation 12(リアニ12)』などにも出演し、活躍の幅を広げている。

    ■Facebook http://www.facebook.com/kickoffdj
    ■Twitter FUJIKEN(@fujiken_KICKOFF)/ DJ GO(@go_kickoff)
    ■iFLYER  http://iflyer.tv/3o3

    http://ifyr.tv/a4RP
  • DJ TOMMY

    DJ TOMMY

    2005年12月栃木にてDJ活動を開始。
CLUB SECTIONを中心に地方DJとしての実績を積む。
2006年9月CLUB ATOM LOVE TRANCEに抜擢され
DJとして都内進出を果たす。
彼のPLAY STYLEは一言でいうと「ALL MIX」。
EPIC TRANCE・HOUSE・J-POPを軸とした幅広いジャンルセレクトで多くのクラウドを魅了している。
2008年にはCLUB ATOM毎週金曜日開催イベントTOKYO SHAE.
2009年にはCLUB ATOM毎週日曜日開催のSUNDAY TRANCEに抜擢された。
2009年10月には自身がRESIDENT DJを務めるROOKIESを始動させ平日に800人を動員させた。

    2010年12月CLUB ATOMを離れCLUB ELFに拠点を移す。
    現在では毎週金曜日開催のGOGO FRYDAY
毎週土曜日開催看板イベントINTER MIXにRESIDENT DJとして参加している。
ALL MIX若手DJの中でも一際目立つ存在であり今後も彼のPLAYから目が離せない。

    Facebook
 https://www.facebook.com/junichi.tomiyama.7
    twitter
 https://twitter.com/Dj_ToMMY_
    Blog
 http://ameblo.jp/atomdjtommy/



    http://ifyr.tv/a5ec
  • DJ TAKASHI MIZUKAMI

    DJ TAKASHI MIZUKAMI

    幼少期よりピアノを始め、バンド活動など常に音楽と共に成長し現在へと至る。繊細かつ大胆なMIXを武器に数々のBIG PARTYへの出演を果たしてきた。渋谷@axxcisでの伝説のPARTY【CRYSTAL HOUSE】でもメインタイムを担当し、多くのオーディエンスを沸かせた事は記憶に新しい。また、PCDJの世界が発達する以前より積極的に自信のDJに取り入れ、PCDJでしか出来ないMIXやパフォーマンスを披露し、現在更なる進化を遂げている。現在はEDM/TRANCEを軸に渋谷@WOMBを中心に活動し、更なる可能性を模索中である。

    http://ifyr.tv/abb2
  • BULL

    BULL

    KOUSHI.DJ WGからなる「あ・うん」のMCとしてEP『SE7EN RELIC』を2013年リリース。
    渋谷を中心にSIDE MCとしても活躍しておりLIVE、MC含め年間200本以上のイベントに出演している。
    さらにsloth&BULL presentsでFreeで公開した
    「The Iron Plate」Mixed by DJ NUCKEY(The Heavy Hitters)は公開から5日間で10.000ダウンロードを超える。

    http://ifyr.tv/a9oA