EDIT EVENT
FRIDAY / 2018.10.26

#ageHalloween18 - DAY 1 "SPACE HALLOWEEN" presented by DANCE ON THE PLANET

『全身仮装で2000円』前代未聞!? ageHaでサイケトランスのハロウィンパーティー開催!!

#ageHalloween18 - DAY 1 "SPACE HALLOWEEN" presented by DANCE ON THE PLANET

2018.10.26.FRI
OPEN 23:00

PRICE|料金
DOOR|当日 : ¥4,000
FULL COSTUME|​全身仮装 : ¥2,000
UNDER-23|23歳以下 : 全身仮装と1時までの来店で¥1,000
ADVANCE|前売 (FAST LINE|優先入場) : ¥3,000

BUY TICKETS
iFLYER  [ご購入はこちらから/Tickets Available]
ePlus  [ご購入はこちらから/Tickets Available]

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING CLOSED
MORE INFO iFLYER

『全身仮装で2000円』前代未聞!? ageHaでサイケトランスのハロウィンパーティー開催!!

PSY歴2018年。AIとロボティクスの進化によって、遊びとダンスが世界市民の義務となった近未来の地球。

しかし、増え続けるダンス人口と野外レイヴによって地球の限られた資源とエネルギーは消費し尽くされ、新天地として4つの惑星が選ばれ地球外移住計画が進んでいた。

ARENA、ISLAND、WATER、BOXと呼ばれる星ごとにジャンルとコミュニティーで選別された人々はグルーヴの導きによって順調な移住を進めていたが、その計画を狂わす未知なるビート攻撃が突如として発生!! そのビートの発生源こそがRaja Ram総帥率いるTIP星団のA級エイリアン、Space Tribeと、Mad Maxxによる新ユニットMAD TRIBEであった!! 彼らの目的はただ一つ。地球人をそのサウンドで虜にし、ジャンルの概念を崩壊。全ての地球人たちをTIP星団の中心核「サイケデリック・ディメンション」に送り込み無限エネルギーの源泉にすることであった。

しかし、そこに現れたのがサイケデリックスピリットをTIP星団の独占から解き放つべく抵抗する、日本を代表するサウンドインベーダー達であった。混沌とした宇宙空間で繰り広げられるサイケデリック・トランス戦争はどこへ向かうのか!?全てのダンスミュージックファンに贈る一大スペクタクルが今始まる!!

>>Event page
https://www.facebook.com/events/271018866842361/

RELATED MEDIA
ageHa HALLOWEEN - DAY1 SPACE HALLOWEEN
MAD TRIBE @TIP FESTIVAL 2016 TOKYO
Mad Tribe - Planet Gone Mad Promo video
MAD TRIBE - Amazing Tales From Outer Space 2017 [Full Album]
Mad Tribe Live in Brazil @ Liquid Sky 2017
ARTIST ANNOUNCE
  • MAD TRIBE

    MAD TRIBE

    MAD TRIBE is a collaboration between SPACE TRIBE & MAD MAXX (Olli Wisdom & Max Petersen). They are both well established artists on the Psytrance scene & play festivals & parties all over the world. They met in San Francisco at one of the infamous CCC parties & became good friends. They started making music together in 2005 clicking immediately with a shared vision for a full power psychedelic sound with twisted sense of humour. Jon Klein (Specimen, Siouxsie & the Banshees, Sinead O’Connor) has also been bringing his sublime guitar skills to the Mad Tribe studio sessions. Tracks such as “Peak Experience”, “Time Warp” & “Electro Convulsive Therapy” have been electrifying dance floors everywhere.

    Max Peterson has been performing and releasing his unique brand of trance music under various project names since 1998 including seminal San Francisco trance project BIODEGRADABLE & SIRIUS ISNESS. In 2007 he started his solo project MAD MAXX perfecting a unique sound, embodying all the travels, experiences and parties.

    Olli Wisdom is the man behind the psychedelic phenomenon that is Space Tribe. Olli has been a pioneer of Psychedelic Trance for many years & Space Tribe is one of the most well known names in the psychedelic scene. In 1993, Olli, his brother Miki, and fellow space cadet, Richmond, started Space Tribe clothing in Bali. The fractal fluoro party gear was an instant success, and now you can see it at parties all over the planet. Space Tribe released the first album, 'Sonic Mandala' in 1996, and since then Space Tribe has released at least an album a year.

    http://ifyr.tv/adc4
  • CYLON

    CYLON

    Takeo NamikiのサイトランスプロジェクトCYLON。
    これまでにK-WAVEやNAMINJI名義にてアーティスト活動をするなか、国内メージャーレーベルVictor Entertainmentが企画する3作品に楽曲を提供。
    Beatportのサイトランス・チャートにて最高20位を記録するなどの功績を経て2011年にGRASSHOPPER RECORDSにサイン。2011年8月にはDigital ep "TIME TELLS NO LIES" をリリースし、今年1月にはJuno Reactor / From the Land of the Rising Sun - INSIDE THE REACTOR IIに名曲 "GOD IS GOD"のリミキサーとして参加しBeatportのサイトランス・チャートにて18位を記録するなど、国内アーティストとして初の快挙を成し遂げた。
    彼の持つバックボーンにはHeavy Metal/Hard Core/Funk/Loud Rock/Rock等、バンドのギタリストとして豊富な音楽経験を生かしたミュージシャン的視点のサウンドプロダクションを展開し、Analog vs Digital / 生楽器 vs Computer等の議論を過去のモノとして一蹴するProgressiveなDance Tracksを生み出す。


    http://ifyr.tv/a5Vi
  • FUNKY GONG

    FUNKY GONG

    FUNKY GONG
    MINORU TSUNODA。1980年代より、オルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。 1998年、DJ TSUYOSHIのユニット"JOUJOUKA"にギタリストとして加入(現在はコンピュータマニピュレーターでもある)。同時期にDJとしてのキャリアもスタート、FUJI ROCK FESをはじめとする国内FESやPARTYに数多く出演。アジアを中心に海外での活動も精力的に行う。音楽性としてはTrance/Techno/House/RockをジャンルレスにMIXすることによる新しいFunk/Psychedelic Dance Musicの表現を目指す。また、GuitarとDJを同時に演奏するなど、その革新的表現は幅広い層の支持を集めている。2010年4月、待望の1st Album "BLOW"をリリース。全国20箇所以上に及ぶツアーを展開し、各地に旋風を巻き起こした。Remix workも積極的に行っており、近年ではIboga RecordsよりリリースされたAce Ventra,Symbolicの楽曲”Prime Time Joujouka Remix"や、Perfect Stranger,Captain Hookの楽曲”Perfect Hook Joujouka Remix"などを発表した。また、イギリスのギタリストでGong/System7で名高いSteve Hillegeとのコラボレーションも多岐にわたり、Joujouka/Funky Gongの楽曲のSystem7 Remixも発表しており、また、"Funky Gong"というタイトルの楽曲が2011年リリースの彼等のアルバム”UP"に関連楽曲ということで収録された。2015年3月のTokyo/agehaではSystem 7のLiveにギタリストとして参加する等、交流を深めている。そして2015年11月、待望の2nd Album "Beyond The Light" がリリースされる。様々な音楽的要素を融合したこの作品は、FUNKY GONGの世界観そのものだと言えるだろう。 http://www.funkygong.jp





    http://ifyr.tv/aha
  • HATTA

    HATTA

    96年よりトランスDJとしてのキャリアをスタート。ダンスミュージックに関する音楽ソフトの国内ディストリビューターとして10年以上シーンに携わり、渚音楽祭トランス・ステージのオーガナイズ、Grasshopper Recordsの主宰及びA&R/マネージメントを務めるなど、その活動は多岐に渡る。これまでにアジア・中米・南米・ヨーロッパのフェスティバルへ出演し、自身で手掛けたコンピレーションCD 「V.A./ROUND OF NIGHT」シリーズ3作品をリリース。2016年もワールドツアーやコンピレーション作品のリリースを予定している。

    [Soundcloud] https://soundcloud.com/dj-hatta
    [Facebook] https://www.facebook.com/grasshopperrecs/
    [WEB SITE] http://grasshopper-records.com/

    http://ifyr.tv/a5bs
  • DISC JUNKEY

    DISC JUNKEY

    東京ストリートカルチャー出身の2人から成るHybrid DJ Unit 。
    HIPHOPを中心に互いの様々なバックボーンから影響を受けた感性を軸に、クールでファンキーかつクレイジーなパーティサウンドをMIXし、オリジナリティ溢れるスタイルを発信。
    国内においては、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまでと、大小関わらず多数のブッキングを重ね、国外ではブラジル最大のカウントダウンビーチフェスティバル、303 Art Festival、Universo Paralello、メキシコのClover Festival、Mechanoids Festivalと、数万人規模のフェスティバルでの海外ツアーでの成功に続き、コンピレーションV.A./NEW DIMENSIONSをリリース。
    そして、2016年、2人にとっても待望のヨーロッパデビューとなる、ハンガリーで行われるO.Z.O.R.A FESTIVALのメインステージでのGIGを獲得。
    また、インパクトあるネーミングでも好評ではあるが、自分達のスタイルを込めつつもDisc Jockey(DJ)をもじっただけに過ぎない。



    http://ifyr.tv/a4cb
  • HEART BOMB

    HEART BOMB

    HEART BOMB (iseneehihinee)
    他社比社所属の映像ディレクター集団。ミュージックビデオ、TVCM、ビデオインスタレーションを手がける他、QUICK TIMERS名義で定点観測映像を研究し、VJでは、コミックアニメーショ ン、CG、VIDEOCAMフィードバック、決定的瞬間映像、オシロスコープ波形をMIXする独自のスタイルが話題となり、多数ビッグフェスティバルにも出演。 デコレーションチーム宇宙警備隊と共にLEDを用 いた大規模な照明&VJセットも考案し、さらには、音、風、重力などのあらゆる物理量を電気信号に変えてのインタラクティブなVJ、映像、LED演出も計画中。

    http://heartbomb.jp


    http://ifyr.tv/a228
  • Spike-Bloom

    Spike-Bloom

    Spike(神経発火)がBloom(咲く)という意味のVJ名。
    Industrial RockのVJとしてhide museumなどのイベントでVJキャリアをスタートし、
    オリジナル作品となるVJ用映像素材"Rainbow Candy"を発表後、数多くのレイヴに出演。
    M.M.Delight森田勝(故)、DOMMUNE宇川直宏に師事し、
    Psychedelic TranceシーンのVJとしてキャリアを積む。

    海外アーティストの日本公演、ageHa企画でのVJなどを手がけ、
    その映像素材を使用したYoutubeでの関連動画は、合計800万回再生を超える。
    (株)GAINAXのとの共同企画として
    Panty and Stockeing with Garterbeltオフィシャルクラブイベント
    "No Pan Night 1st&2nd"を企画。

    http://ifyr.tv/a2wp
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU
  • KANOYA PROJECT

    KANOYA PROJECT

    関東を中心に活動する空間演出家Shinichiro.Iによるプロジェクト。本格始動からわずか2年足らずではあるが、ノーコンセプトをコンセプトに、ひとつの型にとらわれることなく常に
    実験的な試みや新しいスタイルを提案し続け、現在では数千人から1万人超規模のものから100人規模のパーティーまで、関東のみならず日本各地、また野外、屋内、年間数十ものデコレーション&空間演出を手がけるようになる。また一方では、東芝、三井住友、kobelco等のブースデザインからtokyo disney seaの装飾、その他ウインドウディスプレイ等も手がけ、その活動は多岐に渡る。新しい刺激と自己満足の先にある何かを求め今も猛進中。

    http://ifyr.tv/a2bp
  • YAMATO

    YAMATO

    ◉YAMATO [ LIBERO / GOONIES ]
    DJ YAMATOのオーガナイズする【 LIBERO 】は、世界各国で体験した野外PartyのVIBESを東京青山に落とし込み、強力な音源をスタイリッシュな空間で演出するパーティー【 Stained glass 】を開催してきた。
    2016年4月16日には神秘的な空間のChristnCafe新宿に場所を移し、プログレッシブトランスの名門レーベル iboga record から LISH を招き開催予定!!
    そして、夏のプールサイドパーティーで話題が沸騰した【 GOONIES 】は2016年8月6日に海沿いの最高のロケーション、ガンダーラ真鶴で開催予定。
    又、東京都内ではWOMB、ageHa等の主要CLUBで活動をし、Mother、OZORA official party等でフロアを沸かせて来た実績を、現在進行形で行っている。そのPlayスタイルはProgressive-Tranceを軸にTribal,Techno,Electro,Deep,House,Minimal,等の要素を持つ曲をグルービーにクロスオーバーさせ、ダークから光輝く音、Deepな音からFullPowerな音をクラウドに合わせて変幻自在に紡ぐ。今迄プレイして来た、海外リゾート、野外フェス、ラウンジ、大型クラブのバイブスでダンスフロアーを沸かせるだろう!!

    ◎最新のMixはこちら↓↓
    https://soundcloud.com/shimpei-yamato-ozawa

    ◎Facebook Officialページから最新パーティー情報はこちらから↓↓
    https://www.facebook.com/Libero-yamato-official-1076180752415314/

    http://ifyr.tv/a4Na
  • G.T.

    G.T.

    十代からRock、Electronica、house、techno、club music全般に影響を受けながら育ちPsychedelicTranceと出会う。そして2004年から本格的にDJとしての活動をスタート。パーティーのオープンからラストまでの時間帯の中の様々な時間、様々なアンダーグラウンドパーティーでプレイしDJとしての幅を広げる。techno、progressivehouseやPsychedelicの中でも彼独特のアシッディーで切れのある選曲でフロアをゆるくロックする。

    http://ifyr.tv/a4Nb
  • HIROKI HOSOI

    HIROKI HOSOI

    Trance Music に感化され、2004年より DJ 活動を開始し、多数のアーティスト共演をバックボーンに、精力的な活動を繰り広げている HIROKI HOSOI。2009年より Techno/House と枠を広げ、これまでに盟友 Naoto と共に、Womb、Vision、ageha等、大きなフィールドで着実に実績を積んできた。DJでは大胆なエフェクト、イコライジング、そして彼の代名詞であるギミックテクニックを武器に、どの時間もコンスタントにこなし、数多くのオーディエンスを唸らせてきた。Funky な Track を駆使し、聴く人間全てを笑顔に変える彼のプレイスタイルを是非フロアで感じて頂きたい。現在は、Track制作にも力を入れているようである。
    2009年より野外を主とした『 ELEC-TION 』を始動し毎年、年に数回開催される航空記念公園野外音楽堂でのパーティーは大成功であり、2018年7月8日(日)はSPECIAL GUESTに何とSQLが日本初来日であり航空記念公園野外音楽堂での開催が決まっている。
    今後の彼の動きに注目したい。

    Soundcloud: https://soundcloud.com/hiroki-hosoi-mix/autumn-moon
    Mixcloud: https://www.mixcloud.com/hosoihiroki5/elec-tion-2017-namesawa/
    twitter: https://twitter.com/followers
    facebook: https://www.facebook.com/hosoi.hiroki.5
    Beatport: https://dj.beatport.com/profile/109658
    ELEC-TION: https://electro-creation.com/

    http://ifyr.tv/a6Ga
  • HIDEFUMI WATANABE

    HIDEFUMI WATANABE

    ■HIDEFUMI WATANABE(SPACE FLOWER)

    Japanese

    2012年6月、彼自身のイマジネーションを具現化するプロジェクト"SPACE FLOWER"を設立。DJ・イベントプロデューサー・オーガナイザー・アートディレクションなど軸に、柔軟でありつつもSPACE FLOWERブランドを色濃く残した活動展開を見せている。
    DJとしては、海外パーティへの出演(France)・WOMBメインアクト出演・ダンスミュージック配信番組DOMMUNE出演・総動員数30,000人以上の大型フェスAUDIOへの出演など、都内主要クラブでシーンをリードするDJの一人として活躍し、その勢いは止まらない。
    Technoを軸にあらゆるジャンルから選曲されたトラックを、高く評価されているMIX技術で1つの物語を紡いで行くDJスタイルは、踊らずにはいられない高揚感と、独特の世界に誘引されてしまう深さとを併せ持つ。彼の空間に足を踏み入れた者へ、常に感動と歓喜を与え続けている。
    SPACE FLOWER設立と同時に始動した自身の携わるオーガナイズパーティでは海外アーティストに拘り、これまでにビッグネームのJames Zabiela(Renaissance/Hooj Choons)やMarcus Henriksson(Home Records/Minilogue/Nobody Home/from Sweden)、Yotto(Anjunadeeep)を始め、世界のTOPアーティストを召喚、サポート。SPACE IBIZA25周年ワールドツアー・Mother@ageHaなど、BIGパーティ・BIGフェスのフロアプロデュースのオファーが後を絶たない。


    English

    “SPACE FLOWER” is a realized project based on Hidefumi Wanatabe’s personal image since June 2012 .
    Following November of the same year, he started to invite the Top artists someone big name like James Zabiela etc.. come to performance together at his own organized party.
    Hidefumi always DJing with a very international point of view, finally he was invited to play his first oversea gig in France August 2013.
    Last year he played at club WOMB(Tokyo) as a main artist and also had a wonderful experience of DJ at a web broadcasting program “DOMMUNE” . How excited he will also DJ at a more than 30000 people big festival “ AUDIO2015” at Harumi Passenger Ship Terminal July this year.
    After his event produce talent comes to know, the very endlessly party produce offers comes from many BIG party and festival organizer. As you may still remembering the SPACE IBIZA 25 Anniversary produced by him this year.
    DJing a story based on Hi-end quality techno music with a perfect mixing skill. His DJ style holds the high groovy sense to make a non-stop dance floor and also able to make us falling deeper to his deep world. He always receiving the best of reputation from the dance floor, endless sensation and happiness from the people who in the party around the world.

    ■Bookings
    info@spaceflower.jp

    ■hidefumi on soundcloud
    http://m.soundcloud.com/dj-hidefumi-watanabe/

    ■SpaceFlower web site
    http://www.spaceflower.jp/

    ■SpaceFlower on facebook
    http://www.facebook.com/spaceflower.page

    ■SpaceFlower on twitter
    https://www.twitter.com/SpaceFlowerJp

    ■hidefumi on facebook
    http://www.facebook.com/DJhidefumi

    http://ifyr.tv/a6vf
  • TAICHI KAWAHIRA

    TAICHI KAWAHIRA

    TAICHI KAWAHIRA
    (Brightness | MONAT | LUIDA)

    音楽を深く愛する両親の元に生まれ、幼少期より多様な音楽に慣れ親しむ。 ギタリストとして音楽活動を始め、1997年より全国各地でライブ活動をスタート。2004年よりHouse Musicを軸としたDJ , Organaize活動を開始。Deep Houseを軸とした広義の意味でのMood Musicをベースにしたドライブ力あるエモーショナルなスタイルは幅広い層からの支持を集め、また、Barearic Disco , Electronica , Chillout Music , Ambientなどを軸とするフリースタイルでのプレイも得意とし、レストラン , カフェスペースなどでのディナーミュージックや、アートギャラリー , ファッションショーでの音楽担当、レイブ , プール , ルーフトップ , ビーチ , クルージング , ホテルなどでのプレイから、都内主要クラブ含め活動の場所は多岐に渡る。2012年よりHausMusiqueDuo “MONAT”をTaichi Kawahira × Tomoya Watanabeにより結成。Stylishに展開されるDynamicなSound Scapeは各所で話題となり、HACIENDA OISO FESTIVAL , AUDIOといった音楽フェスティバルへの出演をはじめに、Danny Howells 来日公演やSecretsundazeへの出演、Jimpster , Moodymanc , Funk D' Void , Fred Everything , Roberto Rodriguezといった自身らも敬愛するアーティストとの共演など、東京シーンでの地位を着実に築く。個人としてもSPACE IBIZA 25周年 , キースへリング生誕55周年、Oath , Tunnel , Ruby Roomといったアンダーグラウンドでコアな現場まで幅広いイベントに出演。また、2013年に立ち上げた自身主催による“Brightness”は音楽とアートとロケーションをミックスした独自のアプローチで瞬く間に数々の共感を獲得し、回を重ねるごとに動員記録を更新。2015春にはlocal djsのみのラインナップながら1100人を動員し、ここ東京の音楽シーンでも抜群の存在感を魅せている。2016年より合同プロジェクト“LUIDA”を盟友partyであるTHE GUEST HOUSE , GREYHOUNDと共に始動。

    He was raised by parents who love music deeply, and he grew up listening to many kinds of music genre. Since 1997, he started to commit various kinds of music band activities as guitar and vocal. Released several songs of him and performed more than 60 live concerts for a year. After that, he started his career as DJ for Jazz / Bossa / Electronica music and by organizing Art party he devotes himself to Electronic music. 2004, he started Dance Music Party and he settled himself into house music. Since then he started to perform at Open air parties in various area of Japan, and DJing in Art gallery, Fashion show, Cafe space and also even at popular clubs around TOKYO area such as AIR, YELLOW, WOMB, AGEHA and more. His emotional sound based on Mood music, and House music as his core, is valued by wide range of listeners for his touchy and inspiring appearance with poetic and lyrical sound. Since 2012, he started HausMusiqueDuo"Monat” with Tomoya Watanabe. Their stylish sound scape performed with their well organized and compatible musicianship, attracted attentions from many scenes and offered for several kinds of party events such as Large-scale open air events, Urban events, support act for famous guest artists from abroad and underground parties. Recent years, their DJ MIX on aired in Hungary and Norway area had gained public favor. Taich Kawahira had been played together with Danny Howells / Jimpster / Moodymanc / Funk D' Void / Matt Torfrey / Mathias Tanzmann / Kink / Omid 16B / Halo / Juinior Gee / Roberto Rodriguez / Quarion / etc. His own party, Brightness, started in 2013 was raising attention for its unique approach and had already become an un-ignorable event for the recent music scenes in Tokyo. In addition, he is a resident DJ for Eggworm, which is a leading event production in Japan. He plays for all the way of events from large music festivals to hybrid pool party, roof top party and even for the ferry boat party. His music and performance surely keep attracting fans and gaining repute with his musical attraction and magnetism.

    https://soundcloud.com/dj-taichi-kawahira
    https://www.mixcloud.com/taichikawahira/
    http://www.clubberia.com/ja/artists/4020-Taichi-Kawahira/
    http://iflyer.tv/ja/taichikawahira/

    http://ifyr.tv/a4dn
  • yuge

    yuge

    yuge (rapture-sounds/ELEC-TION)

    2005年 Dj 活動開始。国内外を問わず数々の Club , Rave でプレイし、そのキャリアをスタートさせる。美しい旋律を奏でるメロディアスな曲調や、幻想的な空間を漂わせるエスニックな曲調を好み、独自の世界観でフロアーを包み込む。ジャンルは Techno , Tech House , Progressive House , EDM , Psychedelic Trance を得意とし、幅広い選曲で全ての時間帯をこなす。その演出及び展開は様々な Artist や Dj からも定評がある。
















    http://ifyr.tv/a5aU
  • Kaya

    Kaya

    渋谷から数々のムーブメントを仕掛け、クラブシーンを熱狂の渦に巻き込んできたトレンドセッターであり、手がけたコンピレーションの通算セールスは100万枚を誇る、名実共に日本を代表するオールラウンドDJ。

    ジャンルレスなプレイ・スタイル=K-STYLEで、どんなクラブをも熱狂の渦に巻き込み、「渋谷アトム」「渋谷キャメロット」で行われているJ-POPナイトでは、平日にもかかわらず、1,000人規模という脅威の動員を誇るオーディエンスを揺らす。2006年には、2006 FIFA ワールドカップ パブリック・ビューイングのDJをつとめ埼玉スタジアムに集まった3万人のサッカーファンを熱狂させる。そして、東方神起4thアルバム「The Secret Code」のノンス トップ・ミックスから「神戸コレクション」のDJ、さらには楽曲プロデュースまで手がける幅広い活動領域から、シーンの注目が常に彼に注いでいる。

    プロデュースワークでは、今やJ-POPイベントのマストソング、 May J.「Garden」のUNITED COLORS Remixが全国のクラブで大HITし、配信・パッケージのスマッシュヒットの原動力となった。そして、その活躍が認められ、 EXILE「Someday」のHOUSE Remixを手掛けると、クラブヒットとして爆発的な人気楽曲となり、2009年11月11日発売のシングル「ふたつの唇」に収録される。さらに、同楽曲は多くのクラブDJによりプレイされ、クラブで日本のDance Musicがフロアを揺らすという新しい文化が生まれた。

    常に時代の一歩先を行くDJ KAYAの活動は、更なる可能性を求め、すでに単なるDJの枠を超えて進みだしている。


    http://ifyr.tv/a2R
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH
  • Kenchara5
  • DJ NYAN-CHU

    DJ NYAN-CHU

    2004年DJとして始動。
    TRANCE DJとして都内の数々のPartyに出演。
    その後幅広いジャンルをこなすDJへと進化。
    今ではイベントプロデューサーとしても活躍している!

    安定したMIX力とPerformanceでFloorをJackする事間違いなし。

    今最も注目を浴びている若手DJの一人である!

    http://ifyr.tv/aaTG
  • Guusun

    Guusun

    アンダーグラウンド・パーティ、フェスティバルを手がける奴、サイケデリック・アート界最高峰の画伯、文藝新人賞受賞作家兼DJ、サイケデリック・トランス・シーン創世期から活動 するDJ・プロデューサー、沖縄在住トラベラーシンガー、日本の音楽史とともに生きて来た凄腕音響職人...。これらのメンバーが集い出来上がったのがGUUSUN!!!(グーサン) 『魂の解放』をテーマにバンド・フォーマットによるダンスミュージックを追求し続ける。 2013年春デビューEp&Remixes 『チェルノブイリ3/Chernobyl3 EP & Remixes』をWonkavatorよりリリース。同年の春風・名前のないパレード@渋谷駅前でのライブは一部で伝説となる。以降ダンスパーティーを中心に精力的に活動、ピークタイムに皆でひとつになることを夢にその熱いメッセージとヴァイブレーションを放出し続ける。そして2016年夏7月21日、念願のデビューアルバム『怒れる仔羊』のリリースが決定。もはやこのバンドは誰にも止められない!

    http://ifyr.tv/a6Mi
  • TERUBI

    TERUBI

    広島に生まれ2000年からは活動拠点を東京に移す。
    重い音のテクノを主としアッパーな曲からトランシーな曲まで多幸感にこだわったグルーヴをつねに意識しているDJ
    2012年のカウントダウンパーティーでは6時間ロングセットを披露するなど、都内を中心に様々な箱、パーティーでプレイしている。
    また、レゲエ、ダブ、ファンクなどを軸にフリースタイルのDJとしても活動中!!!

    http://ifyr.tv/abHj
  • YUTA (LIQUID DROP GROOVE / MATSURI DIGITAL CHILL)

    YUTA (LIQUID DROP GROOVE / MATSURI DIGITAL CHILL)


    2004年よりキャリアをスタート。DJを軸に、オーガナイザー・レーベルA&R・ブッキングマネージメント等、遊び心から生まれるアイデアと溢れるビジョンを形にし続け様々な角度から「トランシー且つアシッディーなTECHNO」と「サイケデリックでありながらもアダルトなDOWNBEAT」を浸透させるアプローチを仕掛ける国内パーティシーンのプロデューサーとして中核を担う。

    2010年以降に世界規模で発生したレトロゴアトランスのリバイバルブーム旋風を巻き起こした仕掛け人の一人としてトランスシーンに大きな功績を残し、世界的に注目される。

    「一滴が水面に創造する波紋のような音と空間」をコンセプトに掲げ2016年09月に発足したPsychedelic (Hypnotic) Acid Technoレーベル&パーティ “Liquid Drop Groove” を筆頭に、日本全国・世界各地で自身のレーベルパーティを展開する。

    さらには2017年、「カフェで聴ける音楽」を形にするべくBREAK BEATSやDUB TECHNOとAMBIENTに傾倒するDOWNBEATレーベル&パーティ “Matsuri Digital Chill” と、日本人アーティストを海外に送り出し国外アーティストを日本に紹介するブッキングエージェント “Matsuri Beats Bookings” を始動。

    メインアクティビティとするDJでは、時に螺旋を描き、時に波紋状に広がる深く壮大な世界観の構築を得意とするプレイで世界を渡り歩く。

    3度に渡るECLIPSE FESTIVAL、イスラエルNeverland、イギリス Return To The Source、ハンガリーOZORA、オランダPsy Fi、ポルトガルZNA等・国内においては渚音楽祭、春風、RAINBOW、いのちの祭り、rural、SOLSTICE、Mother、Re:birth、Dance On The Planet、Green Magic等に出演。

    OZORAが主宰するインターネットラジオ “radiOzora” では自身の番組を持ち、国内最高峰ミュージックマガジン “クラベリア” を筆頭に多くのWEBマガジンにその活動を取り上げられる。

    2018年もヨーロッパ全域を中心に、中近東、アジア、中米と世界中からオファーが絶えない日本人の一人。南米、オセアニア、アジア全域やアフリカまで視野に入れた2019年にも期待がかかるアーティスト。自身のレーベルから数多くのリリースも控えている。

    アジアでの一人旅をきっかけに自分の感性を信じ、人生=サイケデリック・アートと悟り「意識改革」となる活動を続けている。


    http://ifyr.tv/a68r
  • MOTHERSHIP

    MOTHERSHIP

    MOTHERSHIP (Phar Psyde Records)
    MOTHERSHIPの紡ぐSoundは一言で表すならば、硬派だ!
    そのセンスで選び抜かれた音源は時のテクノロジーにより更に磨き抜かれ、幹の太いビートに繊細で色鮮やかな高音群を絡みつかせ、立体感溢れるSoundへと昇華させる。
    ハイクオリティーな音に対して、圧倒的存在感を見せつけるmixは、毎回マニアまでも唸らせ、聴くものを音の桃源郷へと導く孤高のDJである。
    1999年よりオランダ BooM! Recordsに、2008年よりイギリスのPhar Psyde Recordsに所属。

    https://soundcloud.com/masuke-mothership

    http://ifyr.tv/a1hq
  • CHRISHOLIC

    CHRISHOLIC

    みんなを光で迷子にしたい。
    愛と祈りを込めて照らします。

    Life is a party!!
    Life is a trip!!


    2011年3月よりVJとしての活動をスタート。
    主に都内のクラブや野外パーティーなどで映像による空間演出を担当。
    サイケデリックな音ならジャンル問わず。
    現在はTrance系のイベントでの演出がメインだが、Technoやambient系の音での演出も行う。
    四角いスクリーンに打つよりもデコレーションと組み合わせた空間演出的な要素の演出を得意とする。

    http://ifyr.tv/a5if