EDIT EVENT
FRIDAY / 2017.11.24

TOKYO FLYING BONENKAI

創刊から21周年を迎えた東京ファッションシーンの金字塔である「warp MAGAZINE JAPAN」と、アートシーンで革新を 起こし続けている「en one tokyo」、そしてバスケットボール界に新たな風を吹き込む「FLY Magazine」が、東京の旬な ストリートカルチャー満載でお送りするビッグパーティー!それが「TOKYO FLYING BONENKAI」

TOKYO FLYING BONENKAI

2017.11.24.FRI
OPEN 23:00
DOOR : ¥3,000
ageHa Member : ¥2,000
ADV : ¥1500 (別途1Drink)

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

ADV (優先入場/FAST LINE)
GA TICKET : ¥1,500 (1Drink 別途)
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING CLOSED
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

創刊から21周年を迎えた東京ファッションシーンの金字塔である「warp MAGAZINE JAPAN」と、アートシーンで革新を 起こし続けている「en one tokyo」、そしてバスケットボール界に新たな風を吹き込む「FLY Magazine」が、東京の旬な ストリートカルチャー満載でお送りするビッグパーティー!それが「TOKYO FLYING BONENKAI」

原宿が誇るカルチャーパブリッシャー、トランスワールドジャパンがお届けする”東京で一番早い大忘年会パーティー”。その名も “TOKYO FLYING BONENKAI” の開催が決定!
トランスワールドジャパンの看板でもあるファッション&カルチャーマガジン “warp” 、そして圧倒的なビジュアルと斬新な切り口が新しいバスケットボールカルチャーマガジン “FLY” 、さらに原宿を拠点にアートシーンに絶大な影響と刺激を与え続ける”en one tokyo”がトリプルタッグ!
どこよりも気の早い東京ストリートカルチャーの大忘年会パーティー、“TOKYO FLYING BONENKAI”で一足先に新年にワープ!

【ARENA】
■白熱のストリートバスケをクラブで体感!
2020年に向けて世界中で注目度が増している3人制バスケットボールの異端児リーグ「FLY HIGH」
メインフロア「ARENA」では圧倒的なビジュアルと斬新な切り口でシーンから高い評価を得ている全く新しいバスケットボールメディアFLY Magazineがプロデュースする、世界で最もクレイジーなバスケットボール・ファイトクラブ「FLY HIGH」を開催!


・FLY Magazine
https://flymag.jp/
・イベントページ
https://flymag.jp/feature/2017111380683/
・過去ギャラリー
https://flymag.jp/gallery/2017062367786/


【ISLAND】
創刊21年を迎えたwarpが担当するISLANDでは、今の東京におけるヒップホップクラブシーンを代表するフレッシュなDJ陣が揃い踏み。
warp MAGAZINE JAPAN: https://www.warpweb.jp/


【WATER】
FLY magazine編集長セレクト。
バスケットボールシーンに欠かせない音楽という要素を、CHILLなラウンジスタイルで体現。


【BOX】
東京・原宿を拠点に、世界中の芸術・音楽などあらゆるカルチャーに精通した「en one tokyo」がプロデュースする、ジャンルレスな音楽空間。
en one tokyo Inc.: http://enone-tokyo.com/


■あの味がageHaで味わえる!!東京で話題の2店舗が出店決定
<deli fu cious(デリファシャス)>
ミシュラン2つ星を獲得している銀座 青空(ハルタカ)で経験を積んだ鮨職人がプロデュースした今注目のフィッシュバーガー専門店!フォトジェニックな話題の出汁巻き卵ドッグは絶品。

<CASA DE SARASA(カサデサラサ)>
BOXエリアに出演するDJ SARASAがオーナーを務めるメキシコ料理レストラン。これまで何度もメキシコでDJパフォーマンスを実施し、現地の食文化の理解を深めているSARASAならではの本場の味。


  • ARENA

    Midnight Streetball Fight Club FLY HIGH 

    TEAM
    AsphaltRoots
    TEAM AND1
    TEAM AKTR
    TEAM Yokosuka
    MC
    MC MAMUSHI
    LINE UP
    DJ TOSHIYA
    DJ MIKO
    DANCER
    YUI / BOW / MISUZU / YUKA
    Street Basketball
  • ISLAND

    presents by warp magazine japan

    LINE UP
    DJ KYOKO
    Ryohu (KANDYTOWN)
    LISACHRIS (Pisces)
    SOUSHI
    SE18
    HIP HOP / BASS MUSIC
  • WATER

    presents by FLY magazine

    LINE UP
    DJ MAGARA from MASTERPIECE SOUND
    DJ MASTERKEY
    MACKA-CHIN
    ZEN-LA-ROCK
    MATIMIX fromTOKYO POSE POSSE
    歌謡曲 / 日本語ラップ
  • BOX

    presents by en one tokyo

    LIVE
    Campanella
    iri
    SAIRU
    LINE UP
    DJ SARASA
    YO.AN (HOLE AND HOLLAND)
    VJ
    NAGATA MASATO
    DANCE MUSIC
ARTIST ANNOUNCE
  • MC MAMUSHI

    MC MAMUSHI

    東京出身。2000年中期よりストリートボールのMCとしてキャリアをスタート。コート上からゲームを激しく煽る独自の実況スタイルを確立し、現在ではプロリーグやメーカー主催のビッグゲーム、ストリートのローカルゲームとどんな現場でもその存在感を発揮するバスケットボール・アナウンサーとして知られる。自身も現役のプレイヤーであり、バスケットボールへの造詣が深いことからオリジナルのゲーム主催やイベントのコーディネート、コンテンツ企画や商品企画、コラムニストとしても活動。また、そのユニークなキャラクターが評判を呼び、ジャンルを超えてさまざまなイベント、コンペティション、パーティーから広くオファーを受けるMCとしても活躍中。

    http://ifyr.tv/adnH
  • DJ TOSHIYA

    DJ TOSHIYA

    DJ TOSHIYA プロフィール
    Nicki Minaj - Pink Friday Tour 2012 at Zepp 東京公演に国内DJ唯一の出演。CALVIN HARRIS - JAPAN TOUR 2012 - at SOUNDMUSEUM VISION、DJ SHADOW JAPAN TOUR at AIR 等、海外DJやアーティスト来日時に数々の競演を果たし、経験と実績に裏打ちされたそのPLAY STYLEでフロアを湧かせている。
    他、海外DJ、アーティスト共演者(DJ Neil Armstrong?, KELI HILSON , Che'Nelle , MYA , STEVIE HOANG , DJ Clark Kent …他)

    東京新木場ageHaにて開催中のFEVER , SABISHINBO NIGHT , HALLOWEEN NIGHTをはじめ、BON-VOYAGE , 04BLACK , ENJOY , CANDY 等、 東京都内レギュラーPARTYを中心に、全国各地多数のCLUBイベントにて精力的に活躍中。多方面にて多くのPROPSを集めている。また、今は無き渋谷FMの人気番組「Minami Active Style」にて約2年間DJ MIXを担当すると共に、BIGフェス「渚音楽祭」や「FUKUOKALOVE&COLLECTION」、「岡山響音楽祭」や、「CLUB LAVA」(台湾台北)等にもGUEST DJとして出演。自身初となる台湾でのDJ PLAYでは週末詰め掛けた約600人ものCloudを魅了した。

    CLUB DJの傍ら、May J. (avex rhythm zone)の専属 LIVE & TOUR DJ としても活動中。LIVE DJとしての安定感と、センスの良さを高く評価され、現在数多くのARTISTからLIVE DJとしての依頼を受けている。
    ※主なLIVE DJ 履歴 ? May J. / 千晴(TAION) / 般若 / STEVIE HOANG / Che'Nelle / Spinna B-ILL / miray / 闇アガリ 他。

    老舗DJメーカーVESTAXの正式サポートDJ一人。
    また、ストリート誌411を中心としたファッションモデルや、レコメンドも担当し紙面登場する等、活躍の場を広げている。


    http://ifyr.tv/a4YP
  • DJ MIKO

    DJ MIKO

    “バスケットボールを音楽の力でいかに盛り上げるか? ”を追求。単なる会場BGMや賑やかしとしてのDJ ではなく、ゲームの展開、選手・観客・MC の状況を把握しながらの選曲。映画で言う“サウンドトラック”を、リアルタイムで現場で紡いでいくプレイに挑戦中。

    http://ifyr.tv/adp2
  • DJ MAGARA

    DJ MAGARA

    from A-1 CLOTHING, MASTERPIECE SOUND。
    JAMAICANA、 JAPANESEの良質なDUB PLATEを多数所有し、最新のDANCEHALLから古き良きREGGAE CLASSIC、HIP HOPにR&Bと幅広い選曲でDANCEを盛り上げて、踊らせるジョグリンサウンド、MASTERPIECE SOUNDの看板セレクター、MAGACHINことMAGARA。
    ブラックミュージックへの豊富な知識からなるそのセレクションで、ダンスフロアを永きにわたりロックし続けている。また、若者に絶大な人気を誇るアパレルブランド、MASTERPIECEを手掛けたことでも知られる東京ストリートシーンの大物である

    http://ifyr.tv/aduK
  • DJ MASTERKEY

    DJ MASTERKEY

    元ブッダ・ブランドのメンバー、DJ MASTERKEY。単身N.Y.に渡った彼は、そこで培われた本場仕込みのヒップホップDJスタイルを日本に持ち帰り、定着させる。特に顕著なのは、プレイの合間に入れるMCだ。「東京NYC/a.k.a.ロック・スミス/ヌメロ・ウノ/今夜も揺らすパーティ」などの決めゼリフはフロアを効果的に盛り上げ、全国へと浸透。そんな現場の興奮は『ファー・イースト・コースティング』(98年)、『HARLEM MIXED BY DJ MASTERKEY』(99年)といったミックスCDでも再現されている。中でも『Def Jam 2000 -The X Day-』(99年)は、針飛びのミスが許されないライヴ録音に挑んだ作品だ。また、トラックメイカーとしての一面も見逃せない。これまでにMisia/露崎春女/井手麻理子らの楽曲をプロデュース/リミックス。現場感覚をフルに活かした、心地よく踊らせる仕上がりは流石といえる。


    クラブのみならずラジオ/TV/雑誌等様々なメディアで活躍中の日本最高峰DJの一人である。
    80年代後半に単身でNYに渡りHIP HOPを中心にR&B/REGGAE /DISCO/HOUSE等、
    全てのDANCE MUSICを武器にあらゆる人種をROCKし続けてきた。
    そして“パーティースタイル”を日本にも定着させたパイオニアである。
    DJ MASTERKEY TOTAL INFO : www.thelife.jp



    http://ifyr.tv/a11h
  • MACKA-CHIN

    MACKA-CHIN

    東京都足立区出身。NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーとして活動し、ラッパーとしてはもちろん、アーティストへの楽曲プロデュースやトラック制作などもこなすアウトプット・ディレクター。トラックからラップまで全て一人で創るスタイルはジャンルの壁を越えHIP-HOPにとどまらず他のジャンル界からも話題になる作品を発表し続けている。メジャーレーベルからのセルフ・プロデュースのソロアルバム(Victor Music, EMI records)の他、MACKA-CHIN名義でのDVD作品やスケボー・ビデオのサウンド・トラック集、HP (NIKE, DAIWA, UNITED ARROWS etc) 音楽、CM (寿月堂 etc)音楽など多岐にわたって制作している。
    2013年には楽曲プロデューサーにGRUNTERZを迎え、自身初となるラップだけに徹したアルバム "incompleteness theorem" を発表し日本のHIP-HOP / RAPシーンから話題を集めた。
    2014年11月には5枚目となる心が落ち着く音楽をテーマに掲げた架空の映画のサウンドトラック・アルバム "静かな月と夜" を術ノ穴レーベルから発表。時代の流行と関係なくオリジナリティ溢れる作品はアート作品としても話題になり各業界からも話題になった。またソロ以外の活動も活発でMABO (MACKA-CHIN+DABO)やMONTIEN (SUIKEN+TINA+MACKA-CHIN)としてもコンビを組み多くの作品、アルバムを発表。
    2015年7月には東京弐拾伍時 (DABO+MACKA-CHIN+SUIKEN+S-WORD)としてMINI EPを発表。
    2016年10月には9組14名のアーティストとセッション・アルバム "MARIRIN CAFE BLUE" を発売予定。DJの活動も忙しく、幅広い選曲はジャンル問わず色々なイベントに多く呼ばれ、制作にライブやDJと全国を飛び回っている。
    DJ名義ではBLACK SMOKER RECORDSからのリリースやアパレルブランド (BACK CHANNEL etc) 等とのコラボレーションCDでも数々の作品を発表している。音楽以外の活動ではイベント・オーガナイズやフリーペーパー等の執筆連載、MUSIC VIDEOの監督などマルチに才能を発揮。色んな意味で目が離せないMCであり、プロデューサーであり、DJであり、ビジュアル・クリエイターである。


    http://ifyr.tv/a4xh
  • ZEN-LA-ROCK

    ZEN-LA-ROCK

    ZEN-LA-ROCK

    a.k.a.の『COMBINATE FUTURE』はまさかのRAMMELLZEE(ラメルジー)の命名。
    CAPブランドNEMESの運営、アニメ「スペース☆ダンディ」、ももクロの妹分・チームしゃちほこへの楽曲提供やRedbullのTV CMナポレオン編、NHK Eテレ「ごちそんぐDJ」出演、Booking.com WEB CM等と多岐に渡りROCKしている。
    自身のレーベル『ALL NUDE INC.』からは現在26タイトルをリリース。先日まさかのMAGiC BOYZに電撃加入&卒業。
    昨年は5年ぶり4枚目のアルバム『HEAVEN』をリリース。夏に向け現在新作製作期間宙。

    www.zenlarock.com

    http://ifyr.tv/a1g0
  • MATIMIX from TOKYO POSE POSSE

    MATIMIX from TOKYO POSE POSSE

    サウンドソリューションサービスのリーディングベンダーであるロウクオリティ(RAWQUALITY)のメインセレクター(DJ)として、 世界のクラブカルチャーのトレンドをいち早く捉え、お客様がクラブ空間に求める興奮・出会いといったニーズに的確に応えることを使命とし、 イベントマネジメントの課題解決とオーディエンスサティスファクションの最大化をダンスホールミュージックを軸としたボーダレスな音楽性のもと現場視点で追求しています。 全てのステークホルダーの皆様の喜びを最優先に考え、「笑顔」と「感動」を与えるクラブカルチャーの発展を目的としたサウンドソリューションサービスを最高のクオリティでご提供することにより、皆様の「トウキョウライフ」をより豊かにするサポートをいたします。

    http://ifyr.tv/a67h
  • DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

    DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

    Questlove (The Roots) 「DJ SARASAはヤバいDJだ。気を抜いて外見で判断したら、俺みたいに17曲連続でShazamして、このドラムブレイクはこの曲からだったのか!!!みたいな事になるぞ 。東京での最高な夜だ。」
    Notrax 「異色なほどハードコアな選曲」、「東京屈指のパーティーガール」
    Warp Magazine 「今知らなくてはならな次世代ミュージシャン」
    Floor Magazine「今本誌が注目するDJ」
    Samurai Magazine「ニュージェネレーション」
    
Myspace Japan「今ストリートで最も注目されるDJ SARASA」
    Macka-Chin(Nitro Microphone Underground)「2008年最も衝撃を受けた人物」
    
Luire 「シーンの最前線にいるアーティスト達」

    Ollie「Tokyo V.I.P.」

    日本はもとより、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドバイ、ドイツ、インド、そして中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどアジア各国を含めプレイし、自身でプロデュースしたHIP HOP LINEスタンプは全米1位を獲得。Ghostface KillahのPV “Rise of the Ghostface Killah” や Talib Kweliの“Turnt Up”にも出演をするなど世界を股にかけるDJとして現在活動中。

    18歳でカナダにてラジオDJとしてキャリアをスタートし、日本に帰国後は映画『RIZE』や『Block Party』の国内配給に携わると共に本格的にクラブDJとしての活動を開始。これまでPete Rock、Questlove (The Roots)、Talib Kweli, Mayer Hawthorne など様々なキーアーティストとイベントにて共演経験を果たし、J Dillaの実弟であるIlla Jの日本公演では彼のバックDJも務めた。

    Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで、5,000人以上が集まるシンガポール最大級のストリートパーティからBlue Note New Yorkでのハリケーン・サンディの被災者支援イベントまで、さまざまなタイプのイベントに対応できる柔軟なプレイで好評を得ている。

    自らイベントのオーガナイズも行なっており、ヒップホップの原点であるBboy/Bgirlカルチャーやヒップホップの歴史まで楽しめるパーティ『Midnight Block Party』(at MICROCOSMOS)を主催。さらに2012年末に開催した『Legends』(at SOUND MUSEUM VISION)ではあのGrandmaster Flashをゲストに迎え、大盛況に終わった。

    幅広いテーマ別にリリースされる彼女のコンピレーションやミックスCDは全16作 (2013年2月現在) 。
’96年〜’00年のアンダーグラウンドヒップホップのみで構成されたミックスCD『Searchlight Vol.1』『Searchlight Vol.2』は初回セットが即完売。P-Vine Recordsからは全3作からなるファンクコンピレーション『Paradise Funk』シリーズをデジタルリリースし、Jazzy Sportとのコラボレーションで歌ものも交えたアンビエントなヒップホップミックスCD『Love Lost』をリリースするなど、コアなリスナーを中心に高い評価を受けている。

    さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FOSSIL、CASIO、adidasなどをクライアントに、ブランド主催のパーティでDJなども務めてきた。2010年には自身のクロージングブランドを立ち上げ、NYの生きる伝説とも言えるアーティストP.H.A.S.E.2をはじめ、MSGR、KIKS TYOといったブランドやManhattan Recordsなどともコラボレーションを果たし、ストリートからも高い支持を得ている。また、が2012年にリリースしたトランプ『Hip Hop Playing Cards』はThe Source、Hypebeast、Freshness Magazineなどにもピックアップされ、その名前はワールドワイドに広がっている


    http://ifyr.tv/a2gx
  • Campanella

    Campanella

    987年愛知県出身。今、日本で最もその一挙手一投足に注目の集まるRAPPERと言っても過言では無いだろう。
    ビートジャックの概念を更に押し進めた「DETOX」で多くの好事家を騒がせ、「DETOX」を鷹の目と共にリメイクした「RETOX」で更に全てをかっさらう。
    ネット上でのFREE音源だけではなく、RCSLUM RECORDINGSのオムニバス「the method」でその名を耳に残し、盟友C.O.S.A.と共に結成されたユニット「コサパネルラ」のEP「The Cosapanella from MdM 」を自主リリース。
    全国流通はほぼ行っていないものの、少しずつ浸透させて行き、MANHATTAN RECORDSより限定でアナログを2012年にリリース。
    他にも「DEXPISTOLS」のアルバムに収録された「ヌンチャクJAZZ 」(ILLICIT TUBOI氏によるREMIX) での客演の衝撃も記憶に新しい。2011年「The Cosapanella from MdM / コサパネルラ」や「DETOX」のリリースで日本語ラップシーンにおける出る杭となった彼は、その後OTAI RECORDが主催するインターネットラップバトル「インターフッド」においても二連覇を達成する。
    また、インターフッドの第二回に向け公開した楽曲「My California」も大きな話題を呼びLEXINGTONからアナログをリリース。そして音源がDJ ISSO(SDJUNKSTA/SCARS)の耳にとまり、YUKICHIRECORDSからMixcdを発売するに至る。現在、名古屋のCLUB JB’sで開催されているイベント「MADE DAY MAIDER」や、その他毎週末各地でライブ活動を展開中。
    そして2014年、最新アルバム「VIVID」を引っさげ各地のツアーを予定している。


    http://ifyr.tv/a6rT
  • iri

    iri

    神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2014年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。昨年10月アルバム「Groove it」でビクター・カラフルレコーズよりデビューし、iTunes Storeにてトップ10入り、ヒップホップ/ラップチャートでは1位を獲得。今年3月には、Nike Women「わたしに驚け」キャンペーンソングとなったシングル「Watashi」をリリース。続く11月、EP「life ep」をリリースし、再びiTunes Storeのヒップホップ/ラップチャートで1位を獲得。ドノヴァン・フランケンレイターやコリーヌ・ベイリーレイのオープニングアクトを務め、ChloeやVALENTINOのパーティーにてパフォーマンスを披露するなど、多方面から注目されている新進女性アーティストである。

    http://ifyr.tv/ad3t
  • SAIRU

    SAIRU

    「旅する音楽」を掲げ、REGGAE・ROCK・JAZZ・HIP HOP・民族音楽などバックボーンの異なる5人のメンバーがで土臭く感情的な人生のSOUNDTRACKを奏でる雑食音楽集団。  
    LIVEにおいてはインストゥルメンタルにも関わらずアジテーターが喋り・煽り続ける独自のスタイルで、屋内外問わず各地のライブハウス・クラブ・野外フェスをお騒がせ中!
    最新7インチレコード「SAIRU × RITTO 君にキメるhibiki」2018年8月リリース。
    http://sairu-a.com/

    http://ifyr.tv/acpP
  • YO.AN

    YO.AN

    2009年に1stアルバムをHOLE AND HOLLANDよりリリース。2011年に発売されたV.A『RIDE MUSIC』では自身の楽曲の他にYOKOYOKO、MamazuのEDITを手掛け、BOREDOMSのEYEなど多数のDJによってプレイされる。2016年に待望のソロ名義では初となる12inch『GNAH EP』をリリース。スケートボードやCM音楽をはじめとする様々な映像作品のサウンドトラックも制作し、DJとしては都内を拠点にBarからレセプション会場、来日アーティストのサポートまで各地の現場でプレイしている。

    http://hole-and-holland.com/artist/yo.an
    http://twitter.com/yoholean

    http://ifyr.tv/adBt
  • DJ KYOKO

    DJ KYOKO

    東京だけにとどまらず日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラブ・コールが止まぬ存在となった新世代のアイコンDJ。 2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルさで年間120本に及ぶパーティの DJを務めあげ、国内外の有名DJ、気鋭アーティストとも多数共演を果たす。 2007年にはトーキョー・ガールズ・エレクトロ・パーティー[XXX]をスタート。2008年9月にはYATTと共にコンピレーション・アルバム『ELECTRO ME』の監修を務めた。2009年7月〜2010年12月にリリースされた OFFICIAL MIX CD『XXX』シリーズ4作は、MIX CDとしては異例の高セールスを記録。2012年1月にはPONY CANYONより『PAPER TRAIL OF NIGHTS』をリリース。2013年1月にはベルリンのレーベルFarbenより新作MIX CD『Time's Fool』をリリース。

    https://www.facebook.com/djkyokoofficial
    http://djkyoko-droptokyo.tumblr.com/


    http://ifyr.tv/a2pl
  • Ryohu (KANDYTOWN)

    Ryohu (KANDYTOWN)

    KANDYTOWN、Aun beatz、ズットズレテルズ。
    いつでも、どこでも、だれとでものスタイルは崩さず“今”重要な場所に現れては音と人、出来事をつなぐラッパー。DJやトラック制作も手掛け、その楽曲にも定評がある。

    http://ifyr.tv/adHK
  • LISACHRIS

    LISACHRIS

    LISACHRIS is Producer / DJ born March 1.
    Born in Queens, NY, raised in London and Tokyo.
    She is a music producer who produces a number of impressive songs, and you hear it once you understand it as her song.
    In DJ, domestic and foreign clubs, high brand to street culture,
    She is booked at various parties and shows.
    1st EP『ARIAKE』(Mar. 2018) ▶️ http://smarturl.it/ARIAKE
    2nd EP 『ARIAGAIN』(Oct.2018) ▶️ http://smarturl.it/ARIAGAIN
    1st AL 『Akasaka』at OILWORKS Rec. (Feb.2019) ▶️ http://smarturl.it/akasaka

    3月1日生まれのプロデューサー/DJ。
    NYのクイーンズで生まれ、ロンドン、東京で育つ。
    一聴して誰のものか分かる印象的な楽曲を多数手掛ける音楽プロデューサーとして、DJでは国内外のクラブ、ハイブランドからストリートカルチャー、様々なパーティーやショーにブッキングされている。2018年4月には初となる作品『ARIAKE』EPを発表、10月には続編的作品『ARIAGAIN』、2019年2月にはOILWORKS Rec.より1st ALBUM『Akasaka』を発表した。


    http://ifyr.tv/a6WK
  • SOUSHI

    SOUSHI

    インディペンデントなスタンスを貫くブランド「kirime」のデザイナーを務めるなど、東京ス
    トリートシーンの新しいアイコンとして注目を集める存在。自身の3作目となるMIX「Blazin'
    Timea」をリリースしたばかり。warpをはじめ、多くのメディアに登場している。

    http://ifyr.tv/adHL
  • MASATO NAGATA

    MASATO NAGATA



    http://ifyr.tv/acDf