EDIT EVENT
SATURDAY / 2017.10.07

TIP FESTIVAL2017

サイケデリック界のゴッドファーザー Raja Ram率いるTIP Recordsのオフィシャルパーティ、 TIP Festival 2017が今年もageHaで開催! 

TIP FESTIVAL2017

2017.10.07.SAT
OPEN 23:00
DOOR : TBA

ADV (優先入場/FAST LINE)
General Advance Ticket (通常チケット) : ¥4,500
Official [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

サイケデリック界のゴッドファーザー Raja Ram率いるTIP Recordsのオフィシャルパーティ、 TIP Festival 2017が今年もageHaで開催! 

サイケデリック界のゴッドファーザー Raja Ram率いるTIP Recordsのオフィシャルパーティ、 TIP Festival 2017が今年もageHaで開催! 

今年のラインナップにはレーベルオーナである Raja Ram をはじめ、10月にニューアルバム”Codex VI”をリリースするShpongle Dj Set、こちらもニューアルバム”Spira Mirabilis”をTIP RECORDSよりリリースしたばかりの Ajja、毎回爽快なフルオンサウンドでフロアを盛り上げてくれる DJ Lucas、そして久々の来日、イスラエルサイケトランスの第一人者 Astral Projection (Official).が決定。


【オフィシャルサイト】
http://www.solstice23.com
https://www.facebook.com/solstice23

  • ARENA

    TIP FESTIVAL 2017

    LINE UP
    Shpongle DJ set
    Astral Projection
    Ajja
    Raja Ram
    DJ Lucas
    and more...
    TRANCE
  • ISLAND

    Mind Off

    LINE UP
    TBA
     
  • WATER

    BrainBusters

    LINE UP
    TBA
     
  • BOX

    Zen x TKD

    LINE UP
    TBA
     
ARTIST ANNOUNCE
  • Shpongle

    Shpongle

    ビートジェネレーションから多大な影響を受けて以来、ジャズ、サイケデリック・ロック、プログレッシブ・ロックをクロスオーバーし、70年代にカルト的な人気を誇ったバンド、The Quintessenceのメンバーとして、また、数々の才能豊かなアーティスト達を送り出してきた自身主宰のレーベルT.I.P.のプロデューサーとして、サイケデリック・ミュージックへの探求に人生を捧げ、その存在はトランスの体現者としてシーンに絶対的なカリスマ性を持つRaja Ramと、元Killing JokeのYouthが主宰したButterfly Studioのサウンド・エンジニアとして90年代トランス・シーンの隆盛に大きく寄与し、メインであるHallucinogenをはじめ、The Infinity ProjectおよびThe Mystery Of The Yeti、Certic Crossなど数々の伝説的なプロジェクトに関わってきた天才、Simon Posfordのユニット、Shpongle。

    98年発表のデビューアルバム「Are You Shpongled?」で提示されたジャンルを超えた実験的なサウンドは早くから大きな話題を呼び、彼らの代表曲となった「Dorset Perception」や「Around the world in a tea daze」を収め、Sashaをはじめとしたプログレッシヴ・シーンのDJ達からも賞賛を集め世界的なヒットを記録した2001年のセカンドアルバム「Tales Of The Inexpressible」、3部作の最終章として位置づけられ、彼らに多大な影響を与えたTerence McKenna、William Blakeへのオマージュとも言える2005年のサードアルバム「Nothing Lasts… But Nothing is Lost」、そして、一旦は解散も語られていた中で、制作に2年を費やしShpongleの新たなスタートを高らかに告げた2009年のフォースアルバム「Ineffable Mysteries from Shpongleland」と、一連の作品で示されてきたロック、ダブ、トランス、アンビエント、世界各地のトライバルミュージックのエレメントがまるで万華鏡のように幾何学的な音世界を構築する、独創的かつ流麗なShpongleサウンドは、ジャンルはもとより年齢、人種などあらゆる壁を越えた多くの人々から熱狂的な支持を得ている。

    2001年に富士山麓で開催されたSolstice Music Festivalでの世界初ライヴ以降、イギリス最大規模を誇るGlastonbury Festivalや世界屈指の知名度を誇るアメリカのCoachella Valley Music and Arts Festivalをはじめ、Ozora Festival、Rainbow Serpent Festival等の大規模フェスティバルや、東京、ロンドン、モスクワ、シドニー等の世界各都市でパフォーマンスを披露。2011年からは本格的なアメリカ進出をスタートさせ、ニューヨークHammerstein BallroomやオークランドFox Oakland Theaterではチケットがソールドアウトするなど、素晴らしい結果を残した。 2011年9月にはFacebookにて、待ち望まれていた5thアルバムの制作を発表。続く11月には先行シングル「Museums of Consciousness」をリリースし、大きな期待を集めている。また、2012年は前年の成功を踏まえさらに規模を拡大したアメリカツアー、Shpongle presents The Masqueradeを開催。DJにキーボード、 シンセサイザー、フルートのライヴを組み込んだ新しいスタイルと共に、最新アルバムからの未発表トラックもふんだんに組み込んだ、これまでのShpongleのライブからさらに進化を遂げたパフォーマンスによって各地で喝采を浴びている。2013年3月の来日では、まさにその新しいパフォーマンスを披露するだろう。
    http://www.shpongle.com/

    http://ifyr.tv/a9J
  • ASTRAL PROJECTION

    ASTRAL PROJECTION

    http://www.myspace.com/astralprojectionavilior
    Avi NissimとLior Perlmutterによるスーパーユニット。世界中で最も定評があるアーティストランキング2009年DJ MAGで世界ランキング67位を獲得。イスラエルから飛び出して世界各地のパーティーで伝説の数々を巻き起こし今なお輝き続けている。1989年にすでに SFX名義でアシッドテクノのバンドとして活動しており1993年からASTRAL PROJECTIONとして本格的に始動する。美しいメロディラインと重厚なキック&疾走感溢れるファットなベースでダンスフロアーに熱狂的で凄まじいピークタイムを呼び起こす。現在までにものすごい数のオーディエンスを踊らせており、現在活躍してるほとんどのアーティストは彼らの影響を受けてると言っても過言ではない。まさに王道中の王道と言われるゆえんである。2010年の春には、待望の11枚目にあたるニューアルバム"OPEN SOCIETY"のリリースを控えている。今回のライブは、彼らの長年の積み重ねた楽曲の集大成であり文字通り「新旧入り交じり」のセットを披露することになるだろう。新年の祝祭にふさわしい”キング・オブ・サイトランス”がついに初の大阪上陸で新たな伝説を巻き起こす!!!

    http://ifyr.tv/a3mR
  • AJJA

    AJJA

    現在、世界のトランス界をリードする最重要アーティストをひとり挙げるとするならば、AJJA において他ならない。夏のヨーロッパの大型フェスティバルで彼の名を見ない日はないと言っていいほど多忙を極める AJJA。彼の創り出す音は、アッパーかつ温かみのあるカラフルなフルオンサウンド。ハードながらチャラさのない AJJA のサウンドは、他ジャンルのアーティスト達からも評価が高い。彼のアーティストとしての感性は、70年代のインドのゴアで育まれる。ヒッピー文化最盛期のゴアにおいて TATTOO アーティストとして名声を博した父 FELIX LEU のもと、当時のカウンターカルチャーの真っ只中で幼少期を過ごした AJJA。アーティストとしての感性は、その生い立ちからして DNA に刻まれているのかもしれない。9歳からギターを習得し作曲活動を開始。10代の時に既に100曲以上を作曲し、10年以上ロックバンドのメンバーとして活躍する。90年代後半にエレクトロニックミュージックの世界に転身し、2005年に自身のレーベル PEAK RECORDS を設立。以後、矢継ぎ早に作品を発表し、ソロ名義と同時に YAB YUM プロジェクトのメンバーとしても活動。現在はスイスのローザンヌを拠点に、DJ、作曲、レーベル運営、グラフィックデザインと多忙な日々を送る。TATTOO アーティストとして世界中で不動の地位を築いた兄 FILIP LEU と共に、TATTOO アーティストとしても精力的に活動している。

    http://ifyr.tv/acmk
  • RAJA RAM

    RAJA RAM

    DJ: RAJA RAM (T.I.P RECORDS / UK)
     1989年に自身のユニットTHE INFINITY PROJECTを結成、後にレーベルTIPを創設して伝道師のように世界各国にシーンの芽を広げ、その後も音楽とパーティーを媒体として成り立つコミュニケーション・ネットワークの持つ限り無い可能性を絶えず私たちに再認識させてきた偉大なる存在、RAJA RAM。70歳を迎えてなお、最も人気のあるDJのひとりとして、またSHPONGLE、1200 MICROGRAMSのメンバーとして文字通り世界中を舞台に活躍を続ける彼は、フルートの名手でもあり、さらに独自の世界観を持つイラストレーターとしても稀有な才能を持つ、まさに不世出のスーパーマルチアーティストである。
    http://myspace.com/rajaramtipworld

    http://ifyr.tv/aob
  • DJ Lucas

    DJ Lucas

    “Twisted Records”と双璧をなすUKの名門”Tip Records”のA&RとしてRaja Ramから絶大な信頼を受け、世界中のツアーに同行しているDJ Lucas。これまでに数々の才能を発掘育成してきただけでなく、自身もHallucinogenやPrometheus、Eat Static等とのコラボレーションを収めたアルバム『Lucas Presents God Save The Machines』『Tales Of Heads』の2作でアーティストとしても評価を得ている。硬派でマッシブなテクノ・トラックからフロアキラーのアグレッシブなトランスまで、シーンでも1、2を争うミックス・テクニックでフロアのテンションを自在に操る、UK系フルオンの第一人者である。

    http://www.tiprecords.com/?page_id=94

    http://ifyr.tv/a6UI