EDIT EVENT
FRIDAY / 2017.06.09

FULLMOON RAVE 2017

満月の夜、、TRANCE RAVE復活! 最強のラインナップでお送りする極上の夜。

FULLMOON RAVE 2017

2017.06.09.FRI
OPEN 21:00
ADMISSION DOOR:¥4,000
ageHa Member:¥3,500
GET TICKET
ADV (優先入場/FAST LINE)
一般前売(GA Ticket):¥3,000
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
e+ [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
楽天 [ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

満月の夜、、TRANCE RAVE復活! 最強のラインナップでお送りする極上の夜。

満月の夜に開催された伝説の富士 Trance Raveから12年。
日本のトランス史上最高売上記録CDセールス累計100万枚以上を持つTRANCE RAVEが、6月9日(金)、満月の夜にFULLMOON RAVE 2017として開催決定!!

ARENAエリアで開催されるTRANCE RAVE×Burlesque TOKYOを中心に、WATERエリアではフルムーンパーティーの本場タイ・パンガン島で圧倒的な存在感を示しているChemical crewのSKAZIがPsychedelic Raveに初登場!!!

ISLANDエリアでは、毎開催1,000人以上を動員した伝説のモンスターイベントMen’s Egg Nightの開催も決定!!

エンターテイメントとは何か。DJ KAYA率いるTRANCE RAVE×Burlesque TOKYOが手がける究極のエンターテイメントFULLMOON RAVE 2017。
本場を凌ぐハチャメチャな夜になることは間違いない!?
仕掛けはまだまだこれだけでは終わらない。。。

早割前売りチケットは完売御礼!!!
通常前売りチケットの販売をスタート!!!

  • ARENA

    Burlesque Tokyo ×TRANCE RAVE

    LINE UP
    DJ KAYA
    DJ TORA
    DJ U☆HEY?
    DJ Neo
    DJ UTO
    NORIO SP
    DJ KENZI
    OVERHEAD CHAMPION
    YOSHINORI
    SATOSHI HOSHINO
    KITBOY
    MC
    MC MAN
    VJ
    REi TOMiNAGA
    DANCER
    Burlesque TOKYO Dancers
    LIGHTING
    Lightist Future
    TRANCE
  • ISLAND

    men's egg night

    LINE UP
    DJ HIROMU
    DJ PIROYUKI
    DJ KEN-U
    DJ 澤本幸秀
    DJ 荒木僚一
    DJ がっきー
    DJ 中島雄基
    and more.
    ALL GENRE
  • WATER

    PSYCHEDELIC RAVE

    SPECIAL GUEST
    SKAZI
    LINE UP
    DJ KATO
    DJ YAGI
    DJ ACE
    DJ TERU
    and more
    PSYCHEDELIC TRANCE
  • BOX

     

    LINE UP
    あっくん
    and more
    ALL GENRE
GET TICKET
RELATED MEDIA
TRANCE RAVE
ARTIST ANNOUNCE
  • Kaya

    Kaya

    渋谷から数々のムーブメントを仕掛け、クラブシーンを熱狂の渦に巻き込んできたトレンドセッターであり、手がけたコンピレーションの通算セールスは100万枚を誇る、名実共に日本を代表するオールラウンドDJ。

    ジャンルレスなプレイ・スタイル=K-STYLEで、どんなクラブをも熱狂の渦に巻き込み、「渋谷アトム」「渋谷キャメロット」で行われているJ-POPナイトでは、平日にもかかわらず、1,000人規模という脅威の動員を誇るオーディエンスを揺らす。2006年には、2006 FIFA ワールドカップ パブリック・ビューイングのDJをつとめ埼玉スタジアムに集まった3万人のサッカーファンを熱狂させる。そして、東方神起4thアルバム「The Secret Code」のノンス トップ・ミックスから「神戸コレクション」のDJ、さらには楽曲プロデュースまで手がける幅広い活動領域から、シーンの注目が常に彼に注いでいる。

    プロデュースワークでは、今やJ-POPイベントのマストソング、 May J.「Garden」のUNITED COLORS Remixが全国のクラブで大HITし、配信・パッケージのスマッシュヒットの原動力となった。そして、その活躍が認められ、 EXILE「Someday」のHOUSE Remixを手掛けると、クラブヒットとして爆発的な人気楽曲となり、2009年11月11日発売のシングル「ふたつの唇」に収録される。さらに、同楽曲は多くのクラブDJによりプレイされ、クラブで日本のDance Musicがフロアを揺らすという新しい文化が生まれた。

    常に時代の一歩先を行くDJ KAYAの活動は、更なる可能性を求め、すでに単なるDJの枠を超えて進みだしている。


    http://ifyr.tv/a2R
  • Burlesque Dancers

    Burlesque Dancers

    《Burlesque Tokyoホームページ》
    http://burlesque-roppongi.com/

    http://ifyr.tv/a1wq
  • DJ TORA

    DJ TORA

    2001年より本格的にDJとして活動を開始し、現在はclub atomを主体にDJ活動中。
    ジャンルレスにDANCE MUSICをセレクトし、アップリフティングなパフォーマンスでフロアをヒートアップさせるのがDJ TORAスタイル。
    年間240 SETものDJスケジュールをこなしながら、音楽プロデューサーとしても活動し、数々のオリジナルナンバーを発表している。その彼のオリジナルナンバーが2006年日本ゴールドディスク大賞公認アルバム(洋楽部門)に収録され大きな話題となった。
    更にMCとしても活動し、TV・ラジオ番組で主演するなどDJとしてのポジションを卓越した音楽家としてマルチに活動中。
    【過去の経歴】
    野外フェスティバル
    『2006 FIFA WORLD CUP PUBLIC VIEWING』国立代々木競技場第一体育館、埼玉スタジアム2002
    CDアルバム
    『TOKYO RAVE』シリーズ(FARM)
    『SUPER BEST TRANCE』シリーズ(avex)
    『TRANCE RAVE presents club atom』シリーズ(VICTOR)
    『TRANCE RAVE presents DJ TORA supported by club atom』(VICTOR)
    『DJ TORA RESIDENTS ?MIXTURE OF TRANCE-』(get over the records)
    『DJ TORA PRESENTS TRANCE COLLABORATIONS BEST』(get over the records)
    TV
    『音ぱつ』(TX)MAIN MC
    『トランス☆LOVER』(TX)MAIN MC
    『GIRLS LoVER』(TX)MAIN MC




    http://ifyr.tv/a2FJ
  • UTO

    UTO

    現在『歌スタ!!』(日本TV系毎週月曜24:20?24:50)で"うたいびとハンター"(審査員)として活躍中のDJ UTO。
    彼が以前日本テレビ系大人気番組、「マネーの虎」に出演し、マネー成立をきっかけにクエイクレコーズを スタートさせ、トランスシーンに激震を与えた張本人。

    現在、海外の最新HITをいち早く紹介する「QUAKE TRANCE BEST」 今最も旬なHIT曲のみをコンパイルした「EXIT TRANCE」の2大人気シリーズのミックスも担当。全世界を制覇する日もそう遠くはないだろう。

    2007年9月にはドイツ、ハンブルグのセントラルステーションの地下を走る全長 数百メートルのトンネル内で行われるレイブ、「TIME TUNNEL 12 @ WALLINGTUNNEL」に日本人初の参加が決定。

    http://ifyr.tv/a6U
  • U☆HEY?

    U☆HEY?

    スターミュージック・エンタテインメント CEO/Producer/DJ 渡邊祐平。 人気、知名度ともに唯一無二の存在である。東京を拠点に数多くのクラブ、イベントのサウンドプロデュースを務める一方、2014 年 6 月にはキンキング・オブ・DJ にふさわしい男 , アーミン・ヴァン・ビューレンが主宰するオランダの名門ダンスレーベル “Armada Records” の看板イベント「Armada Night」をここ日本で初開催し成功に収めたことは未だ記憶に新しい。同年、DJの更なる可能性を見出すために活動した 地方創生プロジェクト「DJ で街おこし」は、毎週日曜日に BS フジで放送されている「ワッチミー! TVxTV」で特集され大きな話題を生んだ。DJ U☆HEY? としては、2004 年より FARM RECORDS からリリースされている「MEGATRANCE」シリーズの総合プロデューサーを務め、史上空前のトランスムーブメントの立役者の一人として活躍している。

    http://ifyr.tv/adgr
  • OVERHEAD CHAMPION

    OVERHEAD CHAMPION

    2004年より本格的に作曲活動を開始。
    今なお伝説のピークアンセムとしてPLAYされ続けているデビュー曲『BEAT!』のメガヒットにより一躍日本のダンスミュージックシーンの第一線に躍り出る。
    2005年8月には待望のファーストアルバム『BEAT!』を発表。 次世代ヒットメイカーとしてさらに大きな注目を集めることになる。
    その後、アルバム収録の珠玉のメロディアスボーカル曲『Eternity』『Be The One』が大きな話題を呼び、今なお全国のフロアを熱くさせている。 さらには、a-nationのテーマ曲のプロデュースを2年連続で手掛け、 2006年にはダンスシーンにおいては異例の、リミックスアルバム『The Trance Champion -Overhead Champion Best Remix & Live-』、オリジナル2ndアルバム『Eternity』を2ヶ月連続でリリース。 2008年1月には待望のベストアルバム『The Best of Overhead Champion』をリリースしいずれも大ヒット。 さらに現在はトランス、ハウス等のクラブミュージックにとどまらず、 あらゆるジヤンルを手掛ける事の出来る音楽プロデューサーとして、様々な名義で、 EXILE、May.J、倖田來未、青山テルマ、BoA、BENI、Soulja、NERDHEAD、タッキー&翼、国生さゆり、林田健司、UVER WORLDらにも楽曲やリミックスを提供しており、 2010年には、人気モデルでタレントの梅しゃんとのユニット 『U☆Scream』を結成し、代々木体育館での2万人を動員した『Popteen祭り』のトップバッターを務め、AKB48や西野カナらと共演を果たす。
    2011年には、地下アイドルユニット『アイドルカレッジ』の サウンドプロデューサーに就任。
    今最も期待されている彼の動向から、ますます目が離せない。


    http://ifyr.tv/a63h
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH
  • SATOSHI HOSHINO

    SATOSHI HOSHINO

    現在日本国内で活動するオールラウド DJ/ プロデューサー。
    主に東京・渋谷を拠点に活動し、現在までに数々のヒットチューンやコンピレーションアルバムを武器に日本の音楽シーンにインパクトを与える今、若手の中でも最も注目される、東京渋谷のメインキーパーソンである。 2008 年“Glutton Boyz”名義にて衝撃のユニットでデビュー、国内インディー&メジャーレーベルよりリリースを重ね、日本を代表するシンガーからプロデューサーまで国内外の豪華アーティストが参加した、「MEGA TRANCE」「TRANCE RAVE BEST」シリーズは、今もなをロングセールスを記録中。2009 年自身初となる iTunes デジタルコンピレーション ALBUM「MEGA TRANCE Presents Glutton Boyz Selection vol.1」では iTunes ダンスチャート第 3 位にランクイン。翌年、「TOKYO CAMP Global 4 Beat DJ Non Stop Mix 01 Rough Mixed by DJ U☆HEY? & DJ SATOSHI」をリリースすると、自身初のiTunes ダンスチャート 第 1 位を獲得。 個人名義では念願である、「NO.1 PARTY MIX R&B HOUSE BEST -Mixed by DJ SATOSHI-」を自身のレーベルよりリリース、すると、iTunes R&B チャートでは 12 週連続 1 位を獲得ロングセールスを記録中。自身の楽曲プロデュースでは「PLANET EARTH / DJ SATOSHI」をリリースするなど、2013 年はまさに DJ SATOSHI の名を世に広く知らせるべく、立て続けにリリースを重ね、累計販売枚数2万枚以上のセールスを記録している。近年では彼の活動が、日本で最も人気のある POP アーティスト「ナオト・インティライミ」の目にとまり、専属バック DJ に抜擢されるなど、TV やライブを中心にメディアで大活躍中。更には、TV 番組企画「鳥羽さんぽ」、では、日本が誇る大物演歌歌手「鳥羽一郎」氏と異色ともいえる、演歌と CLUB MUSIC の融合を企画、共演を果たす。またファッション業界のオピニオンリーダーとしてもドメスティックストリートブランド「UNFINISH」のモデルとして起用され、彼独自のファッションセンスも注目を浴びるなど活動は多岐に渡る。




    http://ifyr.tv/a53e
  • DJ YOSHINORI

    DJ YOSHINORI

     若くして才能を開花させスターダムへ駆け上がる、という限られた人間にしか通ることが許されない狭き門をくぐり抜け、ここに実現させたDJがいる。確実にオーディエンスを奮い立たせるアグレッシヴなミックス・テクニックと現場での経験を基にした斬新なトラック・メイキング。これら、他を凌ぐ卓越したアビリティーを持ち合わせる次世代のキー・パーソン、それがDJ YOSHINORIだ。
     
     日本最大級のclub complex CODEで開催されていた伝説のイベント「SOUND STATION」から頭角を現し始め、同クラブ「SUNDAY MORNING PARTY」においては短期間でレジデントDJを任されるまでに急成長。また、渋谷club atomで行われていた「TRANCE RAVE」にも参加。活動の場を全国的に広げ年間300本以上のブッキングをこなすなど、他とは一線を画した状況下に常に身を置き確実にスキルを伸ばしてきた。
     そんな多忙なスケジュールをこなすことによって育まれた影響力は日進月歩の早さで大きくなり、彼が好んでヘビー・プレイする楽曲が全国的な人気楽曲となる等、プレイへの注目度の高さを示すものとなった。

     これまで10枚を超える自身名義のCDをリリース。
    代表曲"HOLYLANCE"はスマッシュ・ヒットを記録し、CISCO【TRANCE/HARD HOUSE】アナログランキング1位を獲得、多くのコンピレーションに収録され周囲を驚嘆せしめた。またCASCADA 『RUNAWAY』、LA PALMA feat. LOVE MARK『SUMMER OF LOVE』のリミックス・ワークは海外でも高い評価を得る。

     もちろん、それだけでは収まらず、有線CG-16チャンネルのミュージックプロデュースを担当し、現在は、2007年に立ち上げた「TRAGENIC」を中心に活動。

    活躍の場をより広げることで未知数の才能を更に開発、進化させている。

    「Text By TAKASHI NAKAGAWA(元CISCO HOUSE PART.2 / TRANCE,HARDHOUSE メインバイヤー)」

    http://ifyr.tv/adoU
  • VJ REi TOMiNAGA

    VJ REi TOMiNAGA

    VJとして年間300を超えるクラブイベントに出演。
    club camelot、ATOM TOKYO、ageHaにおいてレギュラー出演。

    映像作家として、TVCM、ミュージックビデオ・トレーラーなどを制作。
    アパレル店・飲食店や街頭広告、ファッションブランドに映像を提供、
    ファッションショーやアーティストライヴの舞台映像演出も手がけている。

    VJとして歌詞やMVを駆使したPLAYが話題を呼び、
    その一方で幾何形体を使った表現や、
    ライティングを意識した色彩感覚が高く支持され、
    昼夜を問わず多種多様の現場を飛び回り
    大型野外フェスや海外クラブへもVJとして出演している。

    東京では、数多くのクラブへ映像を提供し
    近年では日本国内のみならず、海外のクラブへの出演や
    映像提供も行っている。

    [Twitter]
    https://twitter.com/VJ_REi
    [Facebook]
    http://www.facebook.com/reitominaga
    [Instagram]
    https://instagram.com/vjreitominaga/

    http://ifyr.tv/a8iL
  • Lightist Future
  • SKAZI

    SKAZI

    SKAZIのAsherとAssaf B-bassは1998年にサイケデッリク・トランスの製作プロジェクトを始動。
    製作期間7ヶ月を経て、2000年1stアルバム"ANIMAL"を発表。シーンを震撼させた。
    2人とも元々パンクシーンそしてハードコアシーンに居たこともあり、その印象的なヘビー・ギタ・サウンド&嵐を予感させるシンセサウンドの融合はトランスシーンに新しい音楽性をもたらし、SKAZIの名を世界中に知らしめた。
    その後2ndアルバム"Storm"を2002年にリリース!このアルバムでサイケデリック・トランス・シーンのトップの座を確立!
    さらに2005年末には「HIT AND RUN WORLD TOUR」DVDをFARM RECORDSよりリリース!現在、話題沸騰中の大注目曲『HIT & RUN』、『OTHERS』も収録され、2006年4月現在8000枚のセールスを記録している。
    また、2001?2004年の間に3枚のコンピレーションCDをリリースするなど怒涛の勢いでキラートラックを連発している説明不要のモンスターユニットです。

    http://ifyr.tv/a467
  • DJ KATO

    DJ KATO

    言わずと知れたK-holeのオーガナイザー兼レジデントDJ。
    DJ復帰後、1年経たぬ間に下り調子だった新宿のクラブシーンを再び盛り上げ、Partyを開くたびに、常にフロアを満員にさせK-HOLEの名を世に知らしめた。
    そして2008年、2009年にはK-holeをディファ有明で開催するなど、偉業ぶりで周りを騒がせ、今、彼の勢いはとどまる事を知らない!そのセンスで狭き門、BIOSPHEREの専属DJにも抜擢され、今までに数えきれないほどの海外アーティスト達との共演も果たしているオーディエンスの期待を裏切らないプレイスタイ ル、フルオン=DJ-KATO間違えなくその期待に応えてくれるだろう。

    http://ifyr.tv/a6mU
  • YAGI

    YAGI

    1987年生まれ。2012年に盟友ILLSUGIとスプリットEP"Stoned"を自主リリースし、国内外のネットメディアなどにも取り上げられ好評を得る。それ以来、自身独自の音楽を求めて日々探求中。

    http://ifyr.tv/aSO
  • ACE1 / DJ ACE

    ACE1 / DJ ACE

    AviciiやHardwell、Calvin Harris、Afrojack、TiestoやMertinGarrixなどを輩出し、EDMのヒット曲はほとんどここからリリースされていると言っても過言ではないEDMレーベルの世界最大手SPINNIN' RecordsのTalentPoolにて、世界中のトラックメイカー・プロデューサーが参加する中、堂々1位を獲得し日本人初の快挙を成し遂げる。
     音楽誌 iLOUD 主催の DJランキング"50/50"にて3年連続ベスト15にランクイン。2013年度には8位をマーク。
     カナダのマスタリングツール「LANDR」のブランドアンバサダー。
     2016年、ニューヨークのレーベルより「Get Underway」を、ブラジル・サンパウロのレーベルより「Electronic」をリリース。
     2007年より渋谷の人気クラブ「Club atom」の週末の看板イベントにて毎月レギュラーゲストDJとしてメインタイムを担当。(〜2013年)
     メディアにはDJ兼プロデューサーとしてNHKの「東京カワイイ★TV」や「実録!アウトローファッション」等に出演。大洋図書出版の全国ファッション月刊誌ではシーンの顔を担い、創刊から5号連続で表紙を飾り、現在までで統計20回、カバーモデル(表紙)として活躍。
     Electro/ProgressiveHouse/EDM/Tranceを軸に独自の選曲で、全国のクラブやフェスのみならず、ファッションショーや3日間で25万人を超える大舞台、幕張メッセでのモーターショーでの出演の 他、アメリカなど海外での公演も精力的にこなしている。
     2008年より、 USEN(Radio)のクラブミュージックチャンネル「C-16」にて日本人初のPSY-TRANCE チャンネルのセレクターとして抜擢され毎週土曜日を担当、長きにわたり活動してきた。
     同年より現在まで、アメーバオフィシャルブロガーとしても活動中。
    Victor Entertainmentからのこれまでに計4枚のCDをリリース。アルバムにはイスラエル ENIGMATICSOUND の HOLYMEN との楽曲や個人名義の楽曲も多数収録。
     2011年、iTunes デジタル配信限定CDをリリース。iTunesのダンスミュージック・アルバム部門でランキング2位を獲得。
     2012年、世界No.1のPsy-Tranceアーティストと言われ、イギリスの人気No.1クラブ・マガジン『DJ Mag』誌が毎年発表している DJ世界ランキング「TOP 100 DJs」に毎年ランクインしている・InfectedMushroom とのWネームアルバム「DJ ACE vs Infected Mushroom」をリリース。  アーティストのZEEBRAやRIZEのJESSEがこのアルバムに賛同・参加し、彼らで結成されるバンド「KAIKIGESSHOKU」の「Tell Me Why」のリミックスを「ROCK x Trance」という異色のコラボコンセプトの元、制作し収録。大きな話題を呼んだ。また、スペイン Nutek RecordのCPUとのWネーム楽曲も収録。
     2014年、カナダのMixGenius社との企画でDJ MIX「ACE Electronic Beats Mastered by LANDR」をMixCloud上に定期配信開始。1作目でいきなり世界チャート1位にランクイン果たす。
     同年公開の映画にもサウンドトラックを提供する等活動は多岐に渡る。

    また、ファッションブランド「Top RebeL®」のクリエイティブディレクターとしての顔も持つ。
    モハメドアリのリングガウンを手掛け、三宅一生、山本寛斎、森英恵、コシノジュンコら日本を代表するデザイナーともコラボレーションしてきた世界的な刺青一門の「梵天」、アメリカCaliforniaに本拠地を置く世界的サングラスブランド「BLACK FLYS」等とのコラボレーションも定期的にプロデュースしている。


    http://ifyr.tv/acqk
  • DJ PIROYUKI

    DJ PIROYUKI

    Coming soon...

    http://ifyr.tv/adpv
  • DJ HIROMU aka PIROMU

    DJ HIROMU aka PIROMU

    渋谷を舞台にファッション、ミュージックを通し様々なカルチャーを発信して来た「渋谷と呼ばれた男」事「DJ HIROMU」

    現在の活動ははアクセサリーブランド「N.S.H-RING」のディレクションを中心に活動中。



    http://ifyr.tv/adoW
  • 渋谷 あっくん ★パーティーロッカー

    渋谷 あっくん ★パーティーロッカー

    音楽・ファッション・コミュニティなど数々の渋谷カルチャーを底上げし 東京・渋谷の中心人物として発展に尽力した「あっくん」が有名タレントや モデル達の絶大な後押しで遂に「SHIBUYA PARTY ROCK NIGHT」で メジャーデビュー(UNIVERSAL SIGMA)そして、2016年10月、渋谷区観光協会より『渋谷区観光大使 パーティーアンバサダー』に任命され、ますます目が離せない存在のあっくん!

    http://ifyr.tv/adpb