EDIT EVENT
SATURDAY / 2017.07.08

DANCE ON THE PLANET

Hilight Tribe「Temple of light」リリースパーティー

DANCE ON THE PLANET

2017.07.08.SAT
OPEN 23:00

GET TICKET
DOOR : ¥4,000
International Coupon :¥3,500

ADV (優先入場/FAST LINE)
​ADVANCE TICKET(通常前売り):¥3,000
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
clubberia [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
e+ [ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

International Coupon
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO DANCE ON THE PLANET
iFLYER

Hilight Tribe「Temple of light」リリースパーティー

フランスの6人組人力トランスバンドHilight Tribe(ハイライト トライブ) のニューアルバム「Temple of light」のリリースパーティーに、Hilight Tribeと「Free Tibet」の共作で話題を呼び、最近ではArmin van Buurenまでを巻き込んだ楽曲「Great Spirit」でシーンを超えた注目を集めているVini Viciが参戦決定!!

ARENAの国内勢、そしてサブフロアも鉄板のラインナップで、正に"パラダイス"ともいうべきダンス空間が出現する。

多くのコラボレーションで世界を踊らせてきた彼らの共演がステージ上で実現する全世界が注目する一夜!!

>>特設サイト
http://danceontheplanet.net/paradise/
>>Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1786689734905029/


【CD概要】
発売日 : 2017/04/12
フォーマット : CD / 構成数 : 1 / 製造国 : 国内
レーベル : WAKYO RECORDS
規格品番 : FBAC-018 / パッケージ仕様 : デジパック

  • ARENA

    「Temple of light」
    リリースパーティー

    DJ SET​
    Vini Vici
    LIVE
    Hilight Tribe
    LINE UP
    FUNKY GONG
    CYLON
    YAMATO & G.T. [LIBERO]
    VJ
    REZ
    DECORATION
    KANOYA PROJECT
    LIGHTING
    MIURA
    TRANCE / ORGANIC DANCE MUSIC
  • ISLAND

    DANCE ON THE PLANET 

    LINE UP
    DANI SAVANT (MIND OFF)
    DJ Yu-Ta (RESPONSE / ZIPANG)
    DRAMATICBOYS (秘境祭/PLAYA/都会)
    HIDEFUMI WATANABE (Space Flower)
    YUTA (Matsuri Digital)
    TECHNO / HOUSE 
  • WATER

    GrassHopper and Friends

    LINE UP
    HANABI (Mosaico Records/Wing Makers)
    HATTA (Grasshopper Records)
    TSUNE (Candyflip)
    YOHEI (24/7 Records)
    YUYA (Antu Records/Overdrive)
    TRANCE
  • BOX

    Lightning Bolt

    LINE UP
    Яinaly
    ROLF U DIV
    HIKARU
    G-NAILS × 8MATE
    KENICHI
    Aria
    Su-pyi
    team JIN (DJ ITZ & MaGARi)
    VJ
    LIGHTCELL
    Chiiwang
    CHIHIRÖ
    EDM / BASS MUSIC
GET TICKET
RELATED MEDIA
Hilight tribe - shankara live
Armin van Buuren vs Vini Vici feat. Hilight Tribe - Great Spirit
Vini Vici - Highlight Tribe - Free Tibet (Boom Festival 2016)
The Last Song - Hilight Tribe (O.Z.O.R.A. Festival 2016)
ARTIST ANNOUNCE
  • VINI VICI

    VINI VICI

    Vini Viciは、10年以上にわたり音楽プロデューサーとして活躍してきたAviram SaharaiとMatan Kadoshがスタートさせた新しいプロジェクトである。
    Vini Viciのコンセプトは、進歩的なアイデアとオールドスクールなサウンドに対する愛情の融合にある。そして、今やサイトランスシーン最大のレーベルとブッキングエージェンシーでるIboga RecordsとFM Booking!がVini Viciの可能性を最初に見いだし、Ace Ventura、Liquid Soul 、Ticon、Captain Hook、Atmosに並ぶファミリーの一員として迎え入れた。

    EP「Divine Mode」「Back Underground」「Expender」「Anything & Everything」そして「Veni Vidi Vici」などのトラックが2013年から2014年のチャートを席巻し、Vini ViciはBeatportの2014年トップアーティスト3位にリストされた。

    その後は世界各国からのオファーが絶えず、デビューアルバム「Vini Vici - Future Classics」のリリースによって、2015年はさらなる進歩を遂げた。Infected Mushroomは彼らを「現時点で最高のサイトランスアーティスト」と呼び、Hilight Tribeの楽曲 ‘Free Tibet’のVini ViciリミックスがYouTubeで1500万回以上再生。 Beatport総合チャートで2位となり、Beatportの総合トップ10にランクインした初めてのサイトランストラックとなった。その躍進はとどまることを知らず、トランスの帝王Armin Van Buurenが「The Tribe」をリミックス。彼の伝説的なラジオ番組「ASOT」で度々オンエアされた。

    2016年には220以上のギグに出演し、オランダ・A State Of Trance Festival 、ベルギー・Tomorrowland、ポルトガル・Boom Festival、アメリカ・Electric Daisy Carnival、Ultra Music Festival・ブラジル, アメリカ・Dreamstateなど世界のあらゆるトップフェスティバルを総なめにした。2016年末には、Armin Van BuurenとHilight Tribeとの共作「Great Spirit」を発表。わずか2週間でYouTubeにおいて100万回以上の視聴者を獲得し、世界中にサイトランス・カルチャーとそのエネルギー発信し続けている。

    Armin van Buurenは言う「私はVini Viciがデビューして以来、ずっと彼らと仕事をしたいと思ってた。彼らほどに明確で特徴的なサウンドを作り出すミュージシャンはいない。」

    □Facebook
    https://www.facebook.com/ViniViciMusic/
    □Soundcloud
    https://soundcloud.com/vinivicimusic
    □Youtube
    https://www.youtube.com/user/ViniViciMusic

    http://ifyr.tv/ad1j
  • Hilight Tribe

    Hilight Tribe

    脳天直撃!ナチュラルボーン人力ダンスミュージック!!

    海外の野外フェスフリークから賞賛を浴び続け、過去の作品は全て廃盤になっている正にシーンの生き字引アーティスト“ハイライト・トライブ”
    フランスのパリとスペインのイビザ島を拠点として、ベスト盤を含む7枚のフルアルバム、4本の映像作品、そして500回以上に渡るライブを世界中で繰り広げてきた。ギター、ベース、ドラム、ジャンベ、コンガ、ディジュリドゥ、ボーカルに加え世界中の民族楽器をフィーチャーし「生楽器」にこだわった音楽スタイルは、まさに彼らのライフスタイルを反映したものといえるだろう。“最先端のテクノロジーを意識しつつも、地球上の生物の1つとして人間を捉え自然との調和を大事にエコロジーなライフスタイル“を実践し、メンバーは世界各地を旅しながら人種・国境・文化を越えて地球人もしくは世界市民という精神でオリジナリティある音楽をクリエイトしている。

    彼らのライブステージはエネルギーに満ち溢れ、機械に頼らないバンドが生で繰り出すグルーヴとそのヴァイブは、オーディエンスとの間に調和を生み出し、太古から未来へとビートが突き進むような不思議な感覚に襲われる。オーガニックなダンスビートで世界各地のフロアを熱狂の渦に巻き込んできた。
    世界を股にかけるオーガニックトランスの先駆者である彼らのパフォーマンスはトランス好きのみならず音楽が好きな人全て一度体感してほしい!

    □Hilight Tribe Official WEB SITE
    http://www.hilighttribe.com/

    □Hilight Tribe Facebook
    https://www.facebook.com/HilightTribe/

    http://ifyr.tv/acVN
  • FUNKY GONG

    FUNKY GONG

    FUNKY GONG
    MINORU TSUNODA。1980年代より、オルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。 1998年、DJ TSUYOSHIのユニット"JOUJOUKA"にギタリストとして加入(現在はコンピュータマニピュレーターでもある)。同時期にDJとしてのキャリアもスタート、FUJI ROCK FESをはじめとする国内FESやPARTYに数多く出演。アジアを中心に海外での活動も精力的に行う。音楽性としてはTrance/Techno/House/RockをジャンルレスにMIXすることによる新しいFunk/Psychedelic Dance Musicの表現を目指す。また、GuitarとDJを同時に演奏するなど、その革新的表現は幅広い層の支持を集めている。2010年4月、待望の1st Album "BLOW"をリリース。全国20箇所以上に及ぶツアーを展開し、各地に旋風を巻き起こした。Remix workも積極的に行っており、近年ではIboga RecordsよりリリースされたAce Ventra,Symbolicの楽曲”Prime Time Joujouka Remix"や、Perfect Stranger,Captain Hookの楽曲”Perfect Hook Joujouka Remix"などを発表した。また、イギリスのギタリストでGong/System7で名高いSteve Hillegeとのコラボレーションも多岐にわたり、Joujouka/Funky Gongの楽曲のSystem7 Remixも発表しており、また、"Funky Gong"というタイトルの楽曲が2011年リリースの彼等のアルバム”UP"に関連楽曲ということで収録された。2015年3月のTokyo/agehaではSystem 7のLiveにギタリストとして参加する等、交流を深めている。そして2015年11月、待望の2nd Album "Beyond The Light" がリリースされる。様々な音楽的要素を融合したこの作品は、FUNKY GONGの世界観そのものだと言えるだろう。 http://www.funkygong.jp





    http://ifyr.tv/aha
  • CYLON

    CYLON

    Takeo NamikiのサイトランスプロジェクトCYLON。
    これまでにK-WAVEやNAMINJI名義にてアーティスト活動をするなか、国内メージャーレーベルVictor Entertainmentが企画する3作品に楽曲を提供。
    Beatportのサイトランス・チャートにて最高20位を記録するなどの功績を経て2011年にGRASSHOPPER RECORDSにサイン。2011年8月にはDigital ep "TIME TELLS NO LIES" をリリースし、今年1月にはJuno Reactor / From the Land of the Rising Sun - INSIDE THE REACTOR IIに名曲 "GOD IS GOD"のリミキサーとして参加しBeatportのサイトランス・チャートにて18位を記録するなど、国内アーティストとして初の快挙を成し遂げた。
    彼の持つバックボーンにはHeavy Metal/Hard Core/Funk/Loud Rock/Rock等、バンドのギタリストとして豊富な音楽経験を生かしたミュージシャン的視点のサウンドプロダクションを展開し、Analog vs Digital / 生楽器 vs Computer等の議論を過去のモノとして一蹴するProgressiveなDance Tracksを生み出す。


    http://ifyr.tv/a5Vi
  • YAMATO

    YAMATO

    ◉YAMATO [ LIBERO / GOONIES ]
    DJ YAMATOのオーガナイズする【 LIBERO 】は、世界各国で体験した野外PartyのVIBESを東京青山に落とし込み、強力な音源をスタイリッシュな空間で演出するパーティー【 Stained glass 】を開催してきた。
    2016年4月16日には神秘的な空間のChristnCafe新宿に場所を移し、プログレッシブトランスの名門レーベル iboga record から LISH を招き開催予定!!
    そして、夏のプールサイドパーティーで話題が沸騰した【 GOONIES 】は2016年8月6日に海沿いの最高のロケーション、ガンダーラ真鶴で開催予定。
    又、東京都内ではWOMB、ageHa等の主要CLUBで活動をし、Mother、OZORA official party等でフロアを沸かせて来た実績を、現在進行形で行っている。そのPlayスタイルはProgressive-Tranceを軸にTribal,Techno,Electro,Deep,House,Minimal,等の要素を持つ曲をグルービーにクロスオーバーさせ、ダークから光輝く音、Deepな音からFullPowerな音をクラウドに合わせて変幻自在に紡ぐ。今迄プレイして来た、海外リゾート、野外フェス、ラウンジ、大型クラブのバイブスでダンスフロアーを沸かせるだろう!!

    ◎最新のMixはこちら↓↓
    https://soundcloud.com/shimpei-yamato-ozawa

    ◎Facebook Officialページから最新パーティー情報はこちらから↓↓
    https://www.facebook.com/Libero-yamato-official-1076180752415314/

    http://ifyr.tv/a4Na
  • G.T.

    G.T.

    十代からRock、Electronica、house、techno、club music全般に影響を受けながら育ちPsychedelicTranceと出会う。そして2004年から本格的にDJとしての活動をスタート。パーティーのオープンからラストまでの時間帯の中の様々な時間、様々なアンダーグラウンドパーティーでプレイしDJとしての幅を広げる。techno、progressivehouseやPsychedelicの中でも彼独特のアシッディーで切れのある選曲でフロアをゆるくロックする。

    http://ifyr.tv/a4Nb
  • REZ

    REZ

    2012年12月より各々VJとして活動していたKAZOE NOBUAKIとblok mが
    ビジュアルライブユニットとして結成し始動。東京のクラブシーンを中心に活動を展開している。

    REZの"視覚表現"は音楽と映像と照明を一体化させ瞬間瞬間を刻み、
    より空間としてのフロアをオーディエンスに感じさせる。
    その手法は、VJというプレイを基盤としながらも時にその枠に捕われない演出を取り入れ、
    視覚表現としてフロアへ返される。

    VJ REZ is a TOKYO based VJ team.REZ has two members,Nobuaki Kazoe&TakuyaMiyagawa.
    has working extensively with various events and large scale festival,collaborating with top DJs.
    Their VJ play based on the knowledges of technology and the creativity senses garner immense praise.
    In 2013 2014,
    REZ play VJ in New year eve event at ageHa( http://www.ageha.com/ )
    and in SummerSonic( http://www.summersonic.com/2014/ ),
    SonicMania( http://www.creativeman.co.jp/sonicmania/2014/ ) Electrox( http://www.electrox.jp/14/ ).

    In recent years,along with their VJ work,REZ has been active in CG/motiongraphics creation and direction.
    For example directed visuals of NIKE’s event and various artist concert.

    [co-star]
    Aly&Fila,BASS JACKERS,BINGO PLAYERS,BLASTER JAXX,Borgeous,Botnek,CROOKERS,DANNY AVILA,DARKO ESSER,DIRTY SOUTH,Doctor P,DENIZ KOYU,Derrick May,DIEGO MIRANDA,DIMITRI FROM PARIS,DON DIABLO,DUB VISION,ESTIVA,FEED ME,FEENIXPAWL,Ferry Corsten,Hard Rock Sofa,HEADHUNTERZ,INFECTED MUSHROOM,JAUZ,Jewelz & Sparks,Julian Jordan,Kill The Noise,KREWELLA,KRYDER,Laidback Luke,LAZY RICH,Lush & Simon,Marcus Schossow,Mark Knight,Mat Zo,Michael Calfan,Milo & Otis,MUST DIE !,NERVO,OOKAY,Paris & Simo,PEGBOARD NERDS,Quentin Mosimann,QUINTINO,RASMUS FABER,SANDER VAN DOORN,Seven Lions,Shogun,Sidney Samson,STEVE AOKI,SWANKY TUNES,Thomas Newson,TJR,TORRO TORRO,YELLOW CLAW,W&W,ZEDS DEAD[A to Z]
    ☆TAKU TAKAHASHI(m-flo),DAISHI DANCE,DEXPISTOLS,DJ KAORI,DJ KYOKO,DJ YUMMY,ISHINO TAKKYU,KAZUMA TAKAHASHI,KEN ISHII,KICK OFF,MITOMI TOKOTO,REMO-CON,SHINTARO,SHINICHI OSAWA,YOJI,80kidz[A to Z]



    [VJ略歴]
    ◆2012年
    ・ageHa COUNTDOWN-ANTHEMS-にARENAのVJとして出演。それに伴いVJ REZとして始動。

    ◆2013年
    ・東京タワーで行われた"Nike Presents: NIKEFUEL × TOKYO TOWER 55TH ANNIVERSARY"にVJとして出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2014 11th Anniversary Speial VJ出演

    ◆2014年
    ・electroX@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにてVJ
     HEADHUNTERZ,ZEDS DEAD,SHOGUN,BLASTERJAXX YAMATO,DJ WILDPARTYのVJを担当
    ・NIKE WINNER STAYS FINALにて映像ディレクション及びVJ
    ・SONIC MANIA 2014にてSONIC WAVE STAGEでVJ、KREWELLA,NERVOのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2014にて、LITTLE DRAGON,Koji NakamuraのVJを担当
    ・ageHa COUNTDOWN 2015 VJ出演

    ◆2015年
    ・electroX 2015@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにて
     ☆Taku Takahashi,DON DIABLO,QUINTINO,SANDER VAN DOORNのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2015、SONIC MANIA 2014にてVJ
    ・ULTRA JAPAN 2015にてSHINTAROのVJを担当
    ・ageHa 13th Anniversary -DAY 2- VJ出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2016 VJ出演

    ◆2016年
    ・electroX 2016@幕張メッセ、SUNRISE STAGEにて
     BASS JACKERS,QUINTINO,80KIDZ,TJO,UENO ARISAのVJを担当

    http://ifyr.tv/a6Ko
  • KANOYA PROJECT

    KANOYA PROJECT

    関東を中心に活動する空間演出家Shinichiro.Iによるプロジェクト。本格始動からわずか2年足らずではあるが、ノーコンセプトをコンセプトに、ひとつの型にとらわれることなく常に
    実験的な試みや新しいスタイルを提案し続け、現在では数千人から1万人超規模のものから100人規模のパーティーまで、関東のみならず日本各地、また野外、屋内、年間数十ものデコレーション&空間演出を手がけるようになる。また一方では、東芝、三井住友、kobelco等のブースデザインからtokyo disney seaの装飾、その他ウインドウディスプレイ等も手がけ、その活動は多岐に渡る。新しい刺激と自己満足の先にある何かを求め今も猛進中。

    http://ifyr.tv/a2bp
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • Dani Savant

    Dani Savant

    ルーマニア生まれ。1993年ドイツ在住中にダンスミュージックに目覚め、以降彼のサイケデリック・トランス、テクノ、プログレッシブ等ディープミュージックジャーニーがスタート。
    彼のセットはこれらのサウンドをユニークなコンビネーションで表現し、さらに進化したオーガニックなテクノにメロディーやアシッドなどが組合わさったグルーヴィーなブレンドとなっている。
    音楽を探求する旅は彼のサウンドとスキルを一層レベルアップさせ、何重にも折り重ねて作り上げたハーモニーでダンスフロアにいる人々の感覚を操る魅了的なセットを繰り広げる。
    現在彼は東京に拠点を移し、Ageha、Womb、Vision、UNIT等の都内屈指のクラブやRebirth、Ruralなどの大型野外フェスティバルでもプレイし、高い評価を受けている。数多くのローカルアーティストと同時に、Roman Fluegel、Sasha、Mauro Picotto、Cristian Smith、Pier Bucci等、超大物DJとも共演を果たすなど輝かしいキャリアを築き上げている。
    彼のサウンドはファッション界にも浸透し、ファッションと音楽を組み合わせたイベントTokyo Fashion Fuseでレジデントを努めるなど、表参道ヒルズのアニバーサリーパーティー等でも活躍している。
    2014年からは自身のイベントMind Offをスタート。Tobias、Mark Broom、Alex Bau、Xhin、Pig&Dan、Alexi Delano、Stefano Lottiなどのアーティストをゲストとして迎え、テクノシーンでリスペクトされるパーティーブランドへと成長させた。
    Mind Offのコンセプトは名前の通り、マインドをオフにする、つまり全ての思考やエゴを剥ぎ取ることで心のコアの部分へと繋がり、全身の細胞に音楽を浸透させる事。これは彼ののセットと同じコンセプトだ

    http://ifyr.tv/a3Z2
  • DJ Yu-Ta

    DJ Yu-Ta

    2000年よりHIPHOP DJとしてキャリアをスタート。
    HARLEMやNUTS等を中心にDJ活動をしながらmihimaru GT等メジャーアーティストのライブDJとしても活動。
    やがて様々なダンスミュージックを経験し、その背景にある日本のレイブカルチャーや、 そこから広がっていく様々な分野のコミュニティの新しく先進的な活動に影響され、2009年に地元である吉祥寺でアンダーグラウンド屋内RAVE PARTY “RESPONSE”を立ち上げる。
    また2014年には“RESPONSE”、”Indigo Tribe”、”Natural Parmanennt“、”The Hikariasobi Club“の4組からなるPARTYオーガナイズチーム”UPPER KIDZ”を結成。
    世界に誇れる純国産アーティストのみを招聘し開催される100% MADE IN JAPANのMUSIC & ART FESTIVAL”ZIPANG”や千葉の温泉宿を貸し切り開催される大忘年会PARTY“温泉集会”のプロデュースなどを手がけている。
    VynilでPLAYすることに拘りを持ち、HIPHOP、Disco、House、Technoなどのダンスミュージックをボーダレスに独自のスタンスで追求し続けている。
    2015年にはMIX CD“AFTER and AFTER”をリリース。
    DJ、オーガナイザーとして全国津々浦々、屋内、野外問わず様々なPARTYで活躍中。

    http://ifyr.tv/a4ub
  • DRAMATICBOYS

    DRAMATICBOYS

    DRAMATICBOYS(秘境祭/PLAYA/都会)

    2016年結成。湘南のバレアリックマイスター”PONTIAC a.k.a びんかん”と多幸感追究型アウトドアパーティー秘境祭の”キノシタリュウ”によるB2Bユニット。
    フロアに歓喜と驚きに満ちたアイディアを。
    音と人が混ざり合うスペシャルな場所でアジテーション。
    時にはロマンス。
    時にはトリップ。
    時にはトラベル。
    ハートにヒビが入るほど綺麗な、海を探しに行く、物語。

    https://www.mixcloud.com/makoto-ohmae/dramatic-boys/

    http://ifyr.tv/adpN
  • HIDEFUMI WATANABE

    HIDEFUMI WATANABE

    ■HIDEFUMI WATANABE(SPACE FLOWER)

    Japanese

    2012年6月自身のイマジネーションを具現化するプロジェクト"SPACE FLOWER"を設立。
    同年11月より始動した自身のオーガナイズパーティでは海外アーティストに拘り、これまでにビッグネームのJames Zabielaを始め、世界のTOPアーティストを召集、共演。
    常に世界を意識した活動を続け、13年8月には自身初の海外GIG(France)に招待される。
    一昨年にはWOMBのメインアクトを務め、昨年はダンスミュージック配信番組DOMMUNEに出演。今年7月には晴海客船ターミナルで開催される、過去3回の総動員数30,000人以上の大型フェスAUDIO2015へのDJ出演を果たした。
    その才能はイベントプロデュースにもおよび、BIGパーティ、BIGフェスのフロアプロデュースのオファが後を絶たない
    。 今年2月のSPACE IBIZA25周年ワールドツアー、フロアプロデュースは記憶に新しい。

    Technoを軸にクオリティの高いMIXテクニックで1つの物語を奏でるDJスタイルは、踊らずにはいられない高揚感と世界に誘引されてしまう深さとを併せ持つ。彼の空間に足を踏み入れた者からの評価は圧倒的に高く、体感する者へ常に感動と歓喜を与え続けている。



    English

    “SPACE FLOWER” is a realized project based on Hidefumi Wanatabe’s personal image since June 2012 .
    Following November of the same year, he started to invite the Top artists someone big name like James Zabiela etc.. come to performance together at his own organized party.
    Hidefumi always DJing with a very international point of view, finally he was invited to play his first oversea gig in France August 2013.
    Last year he played at club WOMB(Tokyo) as a main artist and also had a wonderful experience of DJ at a web broadcasting program “DOMMUNE” . How excited he will also DJ at a more than 30000 people big festival “ AUDIO2015” at Harumi Passenger Ship Terminal July this year.
    After his event produce talent comes to know, the very endlessly party produce offers comes from many BIG party and festival organizer. As you may still remembering the SPACE IBIZA 25 Anniversary produced by him this year.
    DJing a story based on Hi-end quality techno music with a perfect mixing skill. His DJ style holds the high groovy sense to make a non-stop dance floor and also able to make us falling deeper to his deep world. He always receiving the best of reputation from the dance floor, endless sensation and happiness from the people who in the party around the world.

    ■Bookings
    info@spaceflower.jp

    ■hidefumi on soundcloud
    http://m.soundcloud.com/dj-hidefumi-watanabe/

    ■SpaceFlower web site
    http://www.spaceflower.jp/

    ■SpaceFlower on facebook
    http://www.facebook.com/spaceflower.page

    ■SpaceFlower on twitter
    https://www.twitter.com/SpaceFlowerJp

    ■hidefumi on facebook
    http://www.facebook.com/DJhidefumi

    http://ifyr.tv/a6vf
  • YUTA (Matsuri Digital/VORTEX/MoV)

    YUTA (Matsuri Digital/VORTEX/MoV)

    2004年よりキャリアをスタート。
    DJ、オーガナイザー、ブッキングマネージャー、レーベルA&R等、様々な角度からGOA SOUNDSを浸透させるアプローチを仕掛け、今や日本トランスシーンの中核を担う。オーガナイザーとしての手腕も発揮し、次世代が創るモンスターパーティ「Mind of Vision」の核であり、DJTSUYOSHIと共に日本発のNU GOA SOUNDSを世界へ発信しているGOA TRANCEレーベル「Matsuri Digital」を動かし,MASAとジャンルを超越したオリジナルGOAを追求するパーティ”Vortex”を主宰する。「Re:birth」「SPIRIT ZONE NIGHT」「Flying Rhino Festival」など数多くのパーティに独自のスタイルで携わっている。

    メインアクティビティとするDJでは、過去に「渚音楽祭」「春風」「いのちの祭り」「RAINBOW」「Mother」「Space Gathering」「Dommune」等でプレイ。全国各地のシークレットパーティからフェスティバル等年間60以上のフロアでDJ YUTAを表現し続け、海外での経験も着実に重ねており、メキシコ、インド(ゴア)「Matsuri Digital 」、タイ(パンガン)「Shiva Moon」「BlackMoon After」、イスラエル「Psilosiva」、オーストラリア「Eclipse Festival」、ドイツ「VUUV FESTIVAL」、ルーマニア「Transylvania Calling」、ベルギー「Nova’s Incident」に出演を果たしている。

    2015年3月、自身がコンパイルする「Nu Goa from Japan Vol’2」をリリースし、シーンに新しい提案となるであろうコラボレーション楽曲やアルバム、リミックス等をAsteroidnos aka Makioと制作、今現在も次のコンピレーションアルバムのリリースのために楽曲を製作中。

    アジアでの一人旅をきっかけに自分の感性を信じ、人生=サイケデリックと悟り意識改革をコンセプトとした活動を続ける。


    MATSURI DIGITAL
    Official Website http://matsuri-digital.jp/
    Bandcamp https://matsuridigital.bandcamp.com/
    Soundcloud https://soundcloud.com/matsuri-digital
    mixcloud https://www.mixcloud.com/MatsuriDigital/



    http://ifyr.tv/a68r
  • DJ HANABI

    DJ HANABI

    DJ HANABI (Mosaico Records/Gentenkaiki/Wing Makers)

    ブラジルを拠点とするMosaico Records所属のDJ兼プロモーター。

    2010年からスタートしたWing Makersオーガナイザーでもある。

    2004年からOver DriveのオーガナイズとDJのキャリアをスタート。

    GENTENKAIKIやEarth Energyのメンバーとしても活動。

    2010年 Wing Makersを立ち上げ、横浜、川崎を拠点にシークレットパーティーを開催。

    2012年 拠点を東京に移し、cube326にて、Free Dance Party "Seacret Garden"を開催。

    その他、高円寺CAVEにて、Dark Psychedelic Trance Party "Dark Digital Program"をオーガナイズ。

    2013年5月まで cube326にて"Trajectory of party people"を開催。

    2013年 8月 Wing Makers初の野外パーティーとして、"Secret Garden"を開催。
    ブラジルからShekinah (Mosaico Records)を招聘。

    2014年 3月 4th Anniversaryに、Dj Micro Dot (24/7 Records)を招聘。

    2014年 8月 夏に開催された"Secret Garden"にて、ShekinahとDj Pin (Mosaico Records)を招聘。

    2014年 8月 Mosaico Records レーベルDJに抜擢される。

    2015年 3月 5th Anniversary にて、Earthspace (Mosaico Records)、Pragmatix (Rezoma Records)を招聘。

    2015年 Secret Gardenにて、Venus a.k.a Rosa Ventura (Mosaico Records)、Xuranium (Purple Hexagon Records)を招聘。

    オーガナイズパーティーは、多岐に渡り、国内アーティスト、若手DJ、海外アーティスト招聘やレーベルDJ 兼プロモーターとしての活動に現在も力を入れて活動している。

    DJとしての活動は、国内において、2011年Grasshopper Records主催のレーベルパーティー やNew Dimension主催のパーティーにゲスト出演を果たす。

    2013年に、Sunshine FestivalのオープニングDJとして出演。

    2014年、2015年 Green Magic 出演。

    2015年 2月 ドイツでのショートツアーを決行。
    ベルリンのWarp、ハノーファーのSpirit of Hangover に出演。

    2015年 9月 Sunshine Festival 出演。

    2015年 12月 ブラジルで開催されたUniverso Paralello 13 2015-2016 の 303 Stageに出演。


    その他、数々のアンダーグラウンドパーティーに出演し、現在も、精力的に活動の幅を広げている。

    ブラジル、日本、メキシコ、UK Psychedelic Tranceを主軸に、Progressive Trance、Dark Psychedelic、Dark Progressive、Ambientなどにもトライしている。

    https://soundcloud.com/koichi-kato-1

    http://ifyr.tv/ac1S
  • HATTA

    HATTA

    96年よりトランスDJとしてのキャリアをスタート。ダンスミュージックに関する音楽ソフトの国内ディストリビューターとして10年以上シーンに携わり、渚音楽祭トランス・ステージのオーガナイズ、Grasshopper Recordsの主宰及びA&R/マネージメントを務めるなど、その活動は多岐に渡る。これまでにアジア・中米・南米・ヨーロッパのフェスティバルへ出演し、自身で手掛けたコンピレーションCD 「V.A./ROUND OF NIGHT」シリーズ3作品をリリース。2016年もワールドツアーやコンピレーション作品のリリースを予定している。

    [Soundcloud] https://soundcloud.com/dj-hatta
    [Facebook] https://www.facebook.com/grasshopperrecs/
    [WEB SITE] http://grasshopper-records.com/

    http://ifyr.tv/a5bs
  • TSUNE

    TSUNE

    2015年、DJ PONTA Produce ''STAR LINE'' からキャリアをスタート。TOMITA、SHINと共に次世代のトランス”Candyflip”を立ち上げる。2016年から都内に拠点を移し、KO-KI , YU―達と共に、Mi Vida Loca.Coのクリエイターとして活動中。そのDJスタイルはPsy-Tranceを軸に、国内外最先端ダンスフロアで感じて来た、輪郭のハッキリとしたベースラインを、プログレッシブ的な奥行きのある高揚感、芯からアガるリズムとグルーヴ感を、自身のフィルターを透して表現する。

    http://ifyr.tv/acTV
  • YOHEI

    YOHEI

    90 年代トランスカルチャーと出会い、2000年よりDJ活動をスタート。翌年にTURBULENCEを立ち上げ、現在 A&R / マネ ージャーとして活動している。プログレッシブトランスからサイケデリックトランスまで織り交ぜるDJセットは、夜明けのトワイライトな時間帯を最も得意とし、モーニングからミッドナイトまでどの時間帯でも幅広く対応する。奥行きと鋭さとドライブ力溢れるベースラインに拘るスタイルは常に一貫しており、その独自の選曲眼は他のDJとは一線を画している。アグレッシブで安定したMIXから創造される一本気な男気宇宙は、最早TURBULENCEと共に YOHEIの代名詞であり、そのダイナミックなプレイスタイルで同パーティのコンセプトを代弁している。また、2010年よりオーストリアの 24/7RecordsのオフィシャルDJに就任、同年12月にはタイの3Partyに出演。ツアーFINALではタオ島で行われるタイ最大級の NewYearParty「The Experience Festival」のメインタイムに出演するなど、その勢いは益々加速していく。

    http://ifyr.tv/a4Xa
  • YUYA

    YUYA

    2007年よりDJとしてのキャリアをスタート。2009年東京アンダーグランドトランスシーンの一角"OVERDRIVE"のレジデントDJとして活動を展開するなか、2011年にはより自身のDJスタイルに反映された音を広めるべくプロモーター集団"4SIGHT"を立ち上げ、良質サイケデリック・グルーヴを日本国内に導入すべく活動している。レーベルカラーに反映された空間的サウンドをハメコミ展開させるプログレッシブDJ。
    https://soundcloud.com/dj-yuya_antu_rec

    http://ifyr.tv/ayH
  • Яinaly/Rinaly

    Яinaly/Rinaly

    1993年8月23日生まれ。 2014年DJ、Producerとして活動開始。 TCPT所属。
    プレイスタイルはUpliftingなTranceを中心としてPsy Trance,Progressive House等を得意とする。
    持ち前の繊細な感性を介し独特の世界観を作り出す。深い音楽への愛情はDJによりフロアへと伝わり、瞬く間に多くの支持を獲得。

    その一方、ミュージシャン「山猿」の専属バックDJや読売テレビのガリゲルに「名曲ココがたまらん」コーナーのDJとしても出演するなど幅広いファン層をもつ。

    彼女の人気は全国様々なクラブ、パーティーからオファーが絶えない事で証明されている。
    またマニラのClark Parade Groundsで行われたFuse Music FestivalにDINKAと共にゲスト出演や、台湾のROOM 18,MUSE Kaohsiungにゲスト出演する等、 海外からも注目されている存在である。

    2015/7/1 INITIAL IMPACT(R135)よりデビューシングル『Poison Apples』をリリースし、iTunesダンスチャートで最高12位を記録。

    更に2016年からはDJだけでなく、パーティーとして”Trance music”を表現する為、”TEARS OF TRANCE”を2016年春にスタート。
    JICOOでのBOAT PARTYは130名限定ではあるが、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気を博し MARK SIXMA,Protoculture ,BEN GOLDを招聘してきたWOMBでは毎回満員のフロアを熱狂させている。

    2016年7月20日にはRinaly & CaZ名義で初のHardstyle楽曲「Never Let You Go」をリリースし、Beatportリリースチャート1位を獲得。トラックチャートでも6位につける快挙を達成。

    2016/11/21にはRonski Speedとの共作Ronski Speed & Rinaly「Horoscope」をリリースし、Beatport TRANCEトラックチャートで20位を獲得した。
    また、この楽曲はいち早くArmin van Buurenによるオランダの歴史あるラジオ番組「A State of Trance」(ASOT)にて紹介され 「AmazingTrack!」とArmin van Buurenに絶賛され 大きな話題になったことは記憶に新しい。

    最近ではゲームやアプリの挿入曲の制作も手掛けており、世界累計700万ダウンロードを突破した
    ゲームアプリ消滅都市のアレンジアルバム「消滅都市 Remix works」にリミックスで参加等、幅広く活動している。
    2017年は2016年を超える楽曲リリースを予定しており、 blockfmにて自身初めての冠番組「Tears of Trance radio」が、2017年1月から正式にレギュラー放送がスタートするなど 今最も勢いのあるTRANCE DJ/プロデューサーであることは言うまでも無い事実である。

    http://ifyr.tv/acsv
  • ROLF U DIV

    ROLF U DIV

    EDM,ELECTRO,PROGRESSIVE,TECHNOを中心にグルーヴでフロアを引っ張るプレイが信条。
    特にEDMとELECTROを多彩に操り、対称的な音にも関わらずロングミックスするplayは圧巻。
    Mashupなどは一切使わず、CDJ3台を駆使し、その場で多様なMIXやスクラッチを繰り広げる圧倒的なテクニックで、常にオーディエンスの期待を超えたplayを見せる。
    新木場ageHa,VISION,WOMBなどのBig Clubのメインフロアにも出演し、数多くのBig Partyにも出演を果たしている。
    過去には
    「Daddy's Groove」「TJR」「Kill the noise」「LAZY RICH」「Kryder」
    など人気ARTISTともメインフロアにて出演を果たす。

    http://ifyr.tv/a8qy
  • GnaiLs

    GnaiLs

    オーストラリアはメルボルンのクラブシーンを代表するメルボルンバウンスをこよなく愛するProducer/DJ。
    メルボルンバウンスを主軸としたプレイスタイルのDJとしては日本一を自負している。

    暇があってはオーストラリアのクラブシーンを追いかけ、常に自らのセンスをアップデートしている。
    最近はオーストラリアのシーンの影響からメルボルンバウンスのみならず、ミニマルやサイケデリックトランスも好む。ジャンル問わずに食指を伸ばし、良いモノは自分の中に取り入れていくスタイルで地道な活動を続けている。

    [GnaiLs]
    SoundCloud: @djgnails
    Facebook: www.facebook.com/djgnails/
    Twitter: twitter.com/GnaiLsmusic
    Instagram: www.instagram.com/gnailsmusic/

    Melbourne Bounce Playlist
    https://soundcloud.com/djgnails/sets/melbourne-bounce-playlist

    READY! (SFnaiLs Bootleg)[FREE DL]
    https://soundcloud.com/djgnails/ready-sfnails-bootleg

    http://ifyr.tv/a9cy
  • Dj Aria

    Dj Aria

    DJ Aria
    2013年夏、DJを始めその約1ヶ月半後にはDIANAにてクラブデビューを果たす。彼女が幼少の頃から得意とするダンス、歌、ピアノで培ったリズム感やパフォーマンス能力で、Hip-hop、R&B、Dub-stepからEDM、HOUSE、tech-house、Trance、psy-tranceを巧みに使い分けフロアを操る。彼女のDJは、時間によっては気持ち良く美味しいお酒が飲めるし、激しく音を共有し爆発することだって出来る。これからは、クラブだけではなく色んなシーンで活躍が期待される注目の若手DJの1人である。

    都内を中心にageHa、WOMB、VISION、icon、axxcis、ESPRIT、DIANA、Clystal loungeなど、他にも様々なクラブへ出演を果たす。

    最近は地方でゲストDJとして呼ばれる事も多々あり、長野のneverlandではレギュラーパーティをもつ。


    また、クラブ以外の活動も活発に行っている。
    DeNAが監修するSHOWROOMのTOKYO EDM TVには2014年11月の放送初回からレギュラー出演。
    「Ariaのばくおどりナイト」のホストを務める。
    千葉のハーバーサーキットにてカーレースのバックDJを務めた経歴もある。
    2015年夏にはフジテレビ主催、お台場冒険王メインステージに出演。


    彼女の合言葉は「どんな時も全力プレー」

    歌も歌えるという彼女、これからが楽しみである。

    http://ifyr.tv/acRO
  • Su-pyi
  • KENICHI

    KENICHI

    1980年生まれ 千葉県出身
    4つ打ち音楽を中心に多彩なジャンルを駆使し、中でもDrum'n'Bassを組み込んだ前衛的なプレイを得意とする。
    現在は週末にageHa、VISION、WOMBなどで活動しており2017年にはageHaのARENAにてSWANKY TUNESとの共演を果たす。
    また、地元千葉を中心に、自身が主催するイベント【Re:PLAY】を大盛況のもとで開催を重ねており、DJとしてもオーガナイザーとしても日々急成長を続けている。


    http://ifyr.tv/ad2N
  • MaGARi

    MaGARi

    平成3年生まれ、長崎県出身。東京上京後にDJ活動を開始する。ジャンルはTrance/Progressive musicをメインにProgressive HouseやElectro Houes、Liquid-FunkをクロスオーバーさせることでTranceの美しいメロディラインに独特で刺激的なグルーヴを造り出す。また、サブジャンルの多いとされるTranceを幅広く活用し、Houes調からEDM、Hardcore調まであらゆる流れを作り出し、Tranceファン以外のクラウドも彼の奏でる音に魅了されることだろう。
    一方で、mulch DJこと“DJ ITZ”とのTrance DJ duo “team JIN”としても活動の幅を広げており、トランス関連のビッグイベントに出演している。東京のクラブを拠点に活動しており、ageHa/WOMB/VISION/club ASIA/eletokyoなどのビッグクラブに出演歴あり。

    http://ifyr.tv/ad3q
  • HIKARU

    HIKARU

    若手注目株のEDM / DIRTY DUTCH HOUSE DJ。 DJ Hey!!と共に自らがプロデュースするクラブイベント「YNC Presents TRACE」の成功をきっかけに活躍の幅を広げていき、現在ではPARADISE@新木場ageHa Water、EDM NIGHT @ clubasia、EDM SUNDAY @ WOMB SUNDAY AFTERNOONなどEDM系パーティーを中心に月に十数本の現場をこなす。またEDMMMM!!! @ WOMBLOUNGEのオーガナイズも担当。 クラウドをハンズアップさせる為、今日も彼はDJをする。



    http://ifyr.tv/a7jA
  • LIGHTCELL

    LIGHTCELL

    VJ / MotionGraphics / Computer Graphics


    http://ifyr.tv/a5NX
  • Chiiwang

    Chiiwang

    2011年10月に渋谷No Styleで開催されて以来、店の様々な記録を塗り替えている
    クソバカ酔っぱらいパーティー『STACK PACK』を始め、『TOPOLOZY』『ArijuaNa』『NEXJAM』『VIDEOGRAM』といった様々なパーティでVJを務める。
    flashやQuartzComposerを中心とした素材で、DJの音を七(色の)萬(華鏡)に染め上げる。

    http://ifyr.tv/a6N9