EDIT EVENT
SATURDAY / 2017.02.11

Anahera

2017年ageHaのTrance Party開幕!!

Anahera

2017.02.11.SAT
OPEN 23:00
ADMISSION DOOR:¥3,500
ageHa Member:¥2,500
20th Pass : ¥2,000
(満20歳の方のみ。自己申告制。)
International Discount:¥2,500
(All Foreign I.D Holders)
GET TICKET
ADV (優先入場/FAST LINE)
早割/Early Bird : ¥2,000 SOLD OUT!
一般前売り/GA : ¥2,500 
iFLYER
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
e+(イープラス)
[ご購入はこちらから/Ticket Available]

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

International Coupon
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

2017年ageHaのTrance Party開幕!!

2017年、TRANCEパーティーAnahera第一弾は、GUESTにキングカーニーの異名を取るトランス界のキング「Bryan Kearney」、そして
イギリスの国営放送BBC Radio1から「トランスシーンの国宝」と称される生きる伝説「John 00 Fleming」を招いての開催!!
トランス界の2大アーティストが、2017年のAnaheraの火蓋を切って落とす!!
本日1/2より1/9まで早割前売チケット2,000円をiFLYER​から発売開始!!

  • ARENA

    Anahera

    GUEST
    Bryan Kearney
    John 00 Fleming
    LINE UP
    Nhato
    NorioSP
    VJ
    REi TOMiNAGA
    SoU
    LIGHTING
    MIURA
    DANCER
    ageHa Dancers
    ageHa POLE DANCERS
    Trance
  • ISLAND

    ¡vale!

    LINE UP
    Bruce Mennel
    15Jam
    Mino A
    Xonora
    VJ
    Ton Ton
    Techno
  • WATER

    AZURIA - Blue Valentine -

    LINE UP
    Dairon Alba
    The Soundseekers
    Tara
    Xonora
    Progressive Trance / Progressive House
  • BOX

    HOT SHOT

    LINE UP
    INAGEE
    RACKETY RABBITS
    4C
    KENICHI
    Su-pyi
    SARAH X J.STOKES X EICHI
    C.O.I
    DJ ITZ
    and more.
    VJ
    LIGHTCELL
    Mohs hardness
    MORII KIYOSHI
    EDM / BASS MUSIC
GET TICKET
RELATED MEDIA
Bryan Kearney LIVE @ ASOT 700 Buenos Aires
ARTIST ANNOUNCE
  • Bryan Kearney

    Bryan Kearney

    Bryan Kearney [Kearnage Recordings / IRL]
    www.bryankearney.com
    19歳の時からDJとしてのキャリアをスタートさせ、現在約15年のDJ歴を持つBryan
    Kearney
    DJをしている本当の自分自身を確立するため、エネルギッシュな全ての事に絶え間
    ない情熱を持ち一身を捧げてきた彼はダンスミュージックの新しい世界への壁を乗
    り越え続けている有能なDJ / アーティストである。
    何年もの間、ダンスフロアで培った経験をDJブースに持ち込むことでDJスキルを上
    達させてきた彼の人気は凄まじく、今や、アメリカ、オーストラリア、アルゼンチ
    ン、メキシコ、エジプト、インド、ヨーロッパ全土をはじめとする世界中の国々で
    幅広くツアーを行っている。その中にはElectronic Daisy Carnival、Electric Zoo、
    Tomorrowland、Stereosonic、Cream Ibizaなどのビッグフェスティバルが頻繁に含
    まれており、途絶える事のない彼のDJスケジュールを見れば彼の多忙ぶりは明らか
    であろう。 
    また、Bryanは優秀なプロデューサーの一人としても知られており、現在トランスシ
    ーンにおける最新のトレンドであるTech~Phychedelicサウンドを融合させたサウン
    ドのプラットホームとして、ダンスミュージック界で最もリスペクトされているレ
    ーベル「Kearnage Recordings」のオーナーでとしての顔も持ち合わせている。 
    アーティストとしてのBryanは、Spinnin、Armada、Garuda、Subculture、FSOE、
    Vanditなどの名門レーベルから多くのヒット作をリリースしており、Armin Van
    Buuren、Aly&Fila、John O'Callaghan、Gareth EmeryなどシーンのトップDJ達のリ
    ミックスを手がけるなどBeatportのTranceチャートTop10の常連としても知られてい
    る。
    世界中のファン層は絶えず増え続けており、日々活躍し続け、それを全て正しい方
    法で実現したいという願いを込めたキャリアを持つアーティスト、それがBryan
    Kearneyである。

    http://ifyr.tv/adie
  • John '00' Fleming

    John '00' Fleming

    A national treasure of trance music”
    Pete Tong BBC Radio 1 (Essential mix)

    “One of the Pioneers of the electronic dance music scene”
    The daily Telegraph Newspaper

    John 00 Fleming is an artist who has achieved international success in a career spanning over 20 years without dishonouring his musical essence or fans. With over 10 million album sales and 30 produced mix compilations, John’s a proven musical pioneer whose essence lies in what his fans call, ‘the J00F sound’. The J00F sound is as unpretentious as the artist, and is best described as deep and textured progressively edged trance, in an electronic dance music style that is an antithesis to what is normally produced within the genre.

    In an industry rife in self worship and mirror gazing, John is characterised by a passion and ability to connect audiences by injecting his unique underground musical style, and not his ego, into the mainstream vein. This connection has manifested in ten mix compilations and five singles in the UK Top 40 charts on iconic labels: Virgin, EMI and Warner Music. It has also seen him headline major events worldwide, seeing in over 10,000 appearances at the likes of Gatecrasher, Godskitchen, Ministry of Sound and Global Gathering, through to Holland’s Dance Valley, Serbia’s Exit Festival, Brazil’s Exxxperience, Australia’s Future music festivals, Belgium’s Tomorrowland, and the U.S.A’s Electric Daisy Carnival (EDC).
    John’s renown lies in his desire to give back to his fans. His much lauded 2010 BBC Radio 1 Essential Mix has spawned J00F Editions, an international tour which innovatively refocuses the music onto the club and its clubbers. J00F Editions resurrects the scene of old, and reintroduces the clubbing experience to extended sets, new sounds and new artists to deliver a true musical journey devoid of fluff and predictive cliché that has quickly gained international respect, residencies and support from other leading figures such as Dave Seaman, Avalon, Passion and Ministry of sound. JOOF Editions has been a huge success.
    John’s record label, J00F Recordings, and his monthly radio show, Global Trance Grooves, broadcast on iTunes, Ministry of Sound radio and DI. FM provides John another path to walk his own line. Here, he promotes rising stars in addition to giving over four million subscribed fans the latest in J00F’s inimitable sounds.

    John is also one of a select few endorsed by Pioneer. As the industry heavyweights inside every DJ booth, John provides subject matter expertise and consultancy in a partnership which ensures the upward evolution of the electronic music world’s tools of the trade.
    John’s esteem within the industry has garnered respect from electronica luminaries like Jean Michael Jarre and Simple Minds, and while humbly accepting peer endorsement he continues to let his production skills do the talking. Being humble John has never bragged the fact he writes music scores for the TV and movie world having music all over; BBC, NBC, Warner bros, Sony, ABC, Fax and more. Often being disgruntled with the commercial intrusion into the electronic John saved his writing skills for the media word, until recently where he has released an onslaught of chart topping releases, including his award winning debut album ‘Nine lives’ in 2011.

    John 00 Fleming is a performer who adroitly crafts something musically organic from the inorganic, artfully opening your senses into a genre far more pervasive than you currently know. Challenge yourself, and get intelligently immersed, inside his adventurous odysseys.



    http://ifyr.tv/a7N4
  • Nhato

    Nhato

    1987年に東京に生まれ、高校生の頃に音楽製作活動を開始。オランダの巨匠であり90年代からダンスミュージックシーンを支える重鎮、Marcel Woodsに才能を見出され、2008年にデビュー。それを契機に活躍のフィールドを世界へと広げ、2011年にはArmin van Buuren(英DJ Mag誌の読者投票による人気ランキング世界第1位)が擁する世界最大級のダンスミュージックカンパニー「Armada Music」と契約。その後、これまでにProtocultureやAly & Filaなどの著名な海外アーティストのRemixを手掛けている。

    日本では、2009年に設立されたOtographic Musicの中心的存在として活躍。楽曲の製作、レーベル運営の補佐、インターネットラジオ番組の放送など、その活動は多岐に渡る。dieTunesのYOJIからは「間違いなく、新たな天才の出現」と称される程の信頼を得ており、YOJIの楽曲のリミキサーとしても度々抜擢されている。これらの躍進を経て2012年6月に発売した1stアルバム「Etude」は、オリコンインディーズアルバム週間ランキング16位、Beatportジャンル総合リリースチャート7位にランクイン。Armin van Buuren、Gareth Emery、Porter Robinson、Bart ClaessenといったワールドトップDJもアルバム収録曲を自身のDJセットに取り入れ、Nhatoのサウンドは世界中のオーディエンスへと届けられた。

    また、音楽ゲーム「Beatmania IIDX 19th Lincle」への楽曲提供や、音声合成ソフトウェアVOCALOID™3ライブラリ「IA -ARIA ON THE PLANETES- 」の公式デモソングの担当など、クラブシーンだけに留まらない活動を展開中。Nhatoの創り出す鮮烈なサウンドは、国境やシーンの壁を超えたあらゆる層の人々を魅了している。

    http://ifyr.tv/a2GF
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH
  • VJ REi TOMiNAGA

    VJ REi TOMiNAGA

    VJとして年間300を超えるクラブイベントに出演。
    club camelot、ATOM TOKYO、ageHaにおいてレギュラー出演。

    映像作家として、TVCM、ミュージックビデオ・トレーラーなどを制作。
    アパレル店・飲食店や街頭広告、ファッションブランドに映像を提供、
    ファッションショーやアーティストライヴの舞台映像演出も手がけている。

    VJとして歌詞やMVを駆使したPLAYが話題を呼び、
    その一方で幾何形体を使った表現や、
    ライティングを意識した色彩感覚が高く支持され、
    昼夜を問わず多種多様の現場を飛び回り
    大型野外フェスや海外クラブへもVJとして出演している。

    東京では、数多くのクラブへ映像を提供し
    近年では日本国内のみならず、海外のクラブへの出演や
    映像提供も行っている。

    [Twitter]
    https://twitter.com/VJ_REi
    [Facebook]
    http://www.facebook.com/reitominaga
    [Instagram]
    https://instagram.com/vjreitominaga/

    http://ifyr.tv/a8iL
  • SoU
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • Bruce Mennel

    Bruce Mennel

    Bruce Mennel is a Tokyo based veteran DJ with over 15 years of experience with unique skills on 3 decks and a producer who, with his new OPERIO imprint, has proven himself innovative by unveiling a new identity in electronic music.

    OPERIO's funk-filled rhythms, dark and tight basslines, woobles, a dash of groove and well crafted patterns are it's signature.

    Coming from the north-eastern France, Bruce was influenced by the dominant European sounds of late-90s England and Germany and took inspiration from labels like Axis, Drumcode, Tresor, CLR, Bush, Zenit, Primate... but are too numerous to mention them all.

    He has organized events for renowned Tokyo nightlife clubs like WOMB and AIR, and has collaborated with world-class DJs such as Ken Ishii, The Advent, Fabrice Lig, Oscar Mulero, and Samuel.l.Session, to name a few.

    In 2005, Bruce was resident DJ for Japanection, and in 2010 became resident DJ for the Konspiracy Parties, with the support of the French Music Bureau Export and he has performed in several European countries over the years: France, Germany, Denmark and Switzerland most notably.

    With new releases scheduled regularly,Bruce Mennel is bound to be a very active producer in 2016, leaving much to be discovered about his studio work and mixes.

    東京在住、ベテランDJ兼プロデューサーのBruce Mennel (ブルース・メネル)。 15年以上のキャリアで培った経験と3つのターンテーブルを駆使したユニークなDJスタイルで活躍。 自身主宰の新レーベルOPERIOでエレクトロニック音楽界に新たなアイデンティティをもたらし、自らの革新性を証明した。
    OPERIOの特徴はファンクフルなリズム、あたたかみのあるタイトでダークなベースライン、ワブル、グルーブ感、そして緻密かつダイナミックなサウンド。
    北東フランス出身のブルースは、90年代後半に世界を席巻したユーロ・サウンド、特にイギリスとドイツのアンダーグラウンド・ミュージックの影響を受けた。Axis, Drumcode, Tresor, CLR, Bush, Zenit, Primate等々…ブルースのインスピレーションの源泉となったレーベルや
    アーティストは多岐にわたる。
    2005年以降、WOMBやAIR等の東京有名クラブでJapanectionイベントの主催者としても
    活躍。フランス音楽輸出振興事務局(French bureau export)の支援を得て、Ken Ishii、
    The Advent、Fabrice Lig、Oscar Mulero、Samuel.l.Sessionといった世界トップレベルDJと
    コラボレーションを重ねる。
    2008年からKonspiracy イベントでレジデントDJとしてプレイする一方、長年にわたり
    ヨーロッパ各国、主にフランス、ドイツ、デンマーク、スイスにおいてパフォーマンスを
    行ってきた。
    2016年、ブルース・メネルはプロデューサーとしての活動を積極的に展開していく。すでに数々のニューリリースが予定されており、ブルースのスタジオワークやミックスに新境地を見出すことができるだろう。

    http://ifyr.tv/a2FE
  • XONORA

    XONORA

    グローバル且つ異色なヒストリーを持つ彼女のDJスタイルは、本人のパーソナリティーを反映するように個性的である。
    PROGRESSIVE HOUSEを中心に展開されるアヴァンギャルドでソフィスティケイトされた楽曲群は、ジャンルの境界線を飛び越え極上のスペクトルを紡ぎだす。"Wolfgang Gartner" "Lazy Rich" "Sezer Uysal" "Kid Massive" 等、数々のビッグアーティストとの競演オファーも、彼女のスキルの高さを裏付ける。
    2012年にHacienda Oiso Festivalでフェスデビューし、都内主要クラブにて多数レギュラーイベントを持ち、自信のレジデントパーティーに加え、持ち前のグローバルな感覚を生かし様々なイベントプロデュースをアクティヴにこなすXONORAのエネルギッシュなパフォーマンスは、2013~2014年に2年連続iLOUDの国内Top 50にランクインするなど東京アンダーグラウンドシーンにて着実にランキングを獲得している。2014年夏マレーシア・クアラルンプール3カ所のツアーで海外でのDJ活動も始まって、これから国内だけではなく海外のシーンでも注目されてるアーティストとして進んでいく。



    http://ifyr.tv/a5pd
  • Dairon alba

    Dairon alba

    1995年DJデビュー。その後、エレクトロミュージック全般の幅を広げ、TechnoやHard Technoのサウンドに魅了される。2000年には、コロンビアのトップDJであるDJ Alexaとツアー。2003年より東京と静岡でイベントを開催。2004年よりトラックの製作を開始し、六本木 “CORE”で日本のトップDJs達とプレイされ、2005年から月に一回、EVENTS “boomerang”(六本木) “energy”(静岡)でGUESTとして活躍中!2006年から SATISFACCION&ATLANTIS(東京)でRESIDENTとしてプレイ!!

    http://ifyr.tv/a1TU
  • DJ EICHI
  • DJ INAGEE

    DJ INAGEE

    Eeath Wind & FireのSeptemberが新曲だった頃から札幌でDISCO通い。18歳で上京、キサナドゥ、ナバーナに始まりマハラジャ、ゴールド、M-CARLO、ジュリアナTOKYO、RING、YELLOW、ベルファーレ・・・ほとんどすべてのメジャーダンスシーンを体験。DJキャリアは31年目を迎えた。

    クラウドと作り出されるフロアの雰囲気は"DJ INAGEE UNIT”とも
    表現される一体感。ジャンルを超える飛び道具満載のMASH UPを
    駆使してのプレイを特色としている。

    マッシュアップメーカーとしては
    MUSTACHE MASH MASTERのクリエーター名も持ち、
    各国のDJやRADIO、PODCASTなどで多数使用されている。

    数多くの海外のフェスにも参加し、2013年にはベルギーTomorrowlandへの日本発ツアーの
    起案者として、JTBのサポートを受けてツアー化させ、70名余りの日本人をフェスに参加させ、
    YOUTUBEでの生放送で日本国旗を振る姿が世界に中継されるなど、自他ともに認める
    日本を代表するPARTY PEOPLE。2014年、2015年、2016年もTomorrowlandに参加、オフィシャルの
    FACEBOOKページに2年連続して写真が大々的に掲載された。

    現在のレジデンシーはWho Is Ready To Jump!@ageHaなど。
    他にもageHaやWOMB、Visionなどで海外アーティストを招いたパーティーを中心に数多くプレイし、
    これまでにHARD ROCK SOFA,TJR,DUBVISION,THOMAS GOLD,DENIZ KOYU,KRYDER,TOM STAAR,DADDY'S GROOVE,THOMAS NEWSON,MARK SIXMA,LAZY RICH,PARIS&SIMO,REECE LOW,QUENTIN MOSIMANN,PROTOCULTUREなどの
    来日アーティストと共演。



    http://ifyr.tv/a12p
  • RACKETY RABBITS

    RACKETY RABBITS

    RACETY RABBITSはCODE23。SHINMEI。による、2PIECE UNITである。様々なGENREを経験してきた彼らのPLAY STYLEはBrostep/Dubstep/EDMを軸にTrance Music/Black Music/ROCK/HARD等のエッセンスを入れ込んだ枠に囚われない正に唯一無二のRACETY RABBITS節である。主に、ageHa、Womb、VISION等の都内主要のCLUBで精力的に活動している。2015年よりRemixやEDIT制作。Original Trackの制作などにも取り組んでいる。

    http://ifyr.tv/acJn
  • 4C

    4C

    EDM48所属、長野出身、EDM48 Chief Producer兼 Resident DJ。2012年秋、とあるイベントにてSwedish House Mafia - Don't you worryを聞き感動し、EDMと言うジャンルに惹かれ探求し始める。2013年春DJデビュー、EDM・Trance・Eiectro House・Progressive House・Future Houseなどを織り交ぜ、プレイ中のアクションが大きく、一体となってフロアを盛り上げる。また、笑顔と共にフロアへ音の楽しさを伝えるプレイにも注目だ。週末は渋谷を中心に都内主要ClubでDJをこなしている。


    http://ifyr.tv/a95w
  • KENICHI
  • Su-pyi
  • LIGHTCELL

    LIGHTCELL

    VJ / MotionGraphics / Computer Graphics


    http://ifyr.tv/a5NX
  • Mohs hardness

    Mohs hardness

    TECHNO/HOUSE/ROCK VJ

    ”Despite its simplicity and lack of precision, the Mohs scale is highly relevant for field geologists, who use the scale to roughly identify minerals using scratch kits. The Mohs scale hardness of minerals can be commonly found in reference sheets. Reference materials may be expected to have a uniform Mohs hardness.”

    More Informaton
    web: http://www.ijcbht.com/

    http://ifyr.tv/acBQ
  • Kiyoshi Morii

    Kiyoshi Morii

    江戸川区、青い海、輝く太陽。
    ここは東東京最大の都市。チーバを、東京湾を、そしてをディズニーランドのぞむ、
    東京都の東の玄関。
    豪華なヨット、高級別荘。ここは東京の、いや、世界最高の楽園。
    しかし、この美しい街にももう一つの顔がある。
    麻薬、武器、売春などの犯罪がうごめく。
    その凶悪な暴力犯罪組織に潜入し、敢然と立ち向かう命知らずの特捜VJたち。
    その名は毒ドリル。

    東京の片隅にあるレンタルビデオ店でVJチーム「毒ドリル」として活動開始。
    あれこれあってチームとしての活動休止。その後、個人名義で活動。

    http://ifyr.tv/acOF