EDIT EVENT
FRIDAY / 2016.08.26

MOVE NIGHT_ presents THE 祭-MATSURI- by ASOBISYSTEM

アソビシステムプロデュースによるお祭りパーティー開催決定! 日本のクラブシーンを引っ張ってきた錚々たるドメスティックアーティスト達が集結し、ナイトライフの楽しさを存分に伝える!

MOVE NIGHT_ presents THE 祭-MATSURI- by ASOBISYSTEM

PARTY REPORT
2016.08.26.FRI
OPEN 22:00
前売プレイガイド / ADV TICKET​
Limited Early Bird Ticket (先行前売り): SOLD OUT!
ADV(通常前売り): SOLD OUT!​

VIP Pass
ask : reserve@ageha.com

International Coupon
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.

トラベルパス
首都圏外に在住の皆さん →皆様 のために、サマーシーズン限定の割引システムをご用意致しました。 
航空券や新幹線などの交通機関の半券をお持ち頂きご提示頂ければ割引を適用させていただきます。
ぜひこの機会に、ageHaへお越しくださいませ。
※20歳以上の方。日本国籍が証明できる生年月日記載(顔写真付き)の身分証明書をお持ちの方に限ります。
※日本における首都圏とは、首都圏整備法に基づき整備・建設された関東地方1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と山梨県を含む地域でといたします。
※半券の有効期間はイベント前7日間までとさせていただきます。
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO ASOBISYSTEM
iFLYER

アソビシステムプロデュースによるお祭りパーティー開催決定! 日本のクラブシーンを引っ張ってきた錚々たるドメスティックアーティスト達が集結し、ナイトライフの楽しさを存分に伝える!

ageHaの全てが楽しめるageHa Summer!!
真夏の東京で最高に楽しい国産パーティー開催決定!

アソビシステムプロデュースによるお祭りパーティー「THE 祭-MATSURI-」の第三弾ラインナップ発表! ジャンルを越えた出演者とお祭りを彩る様々な演出が明らかに!
全館を使用して繰り広げられるまさに祭り!な、パーティー演出にもご期待ください!

本イベントは、日本に進出してきた様々な海外フェスが盛り上がっている中、再度日本のクラブシーンをフックアップすべく開催が決定。出演者には、この主旨に賛同した錚々たるドメスティックアーティスト達が名を連ねる。さらに当日は、日本らしく「祭」をテーマにした演出や装飾、フードエリアなどが展開され、アーティスト以外にも楽しめるコンテンツが準備される。

今後も追加出演者、コンテンツの発表が予定されているので、情報をこまめにチェックしよう。

#THEMATSURI

ageHaデビューを飾る20歳の皆様は2000円のディスカウントプライスでご招待!

And We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount

ageHaの夏!思う存分お楽しみください!

ASOBIPRESS
info@asobipress.jp
http://asobipress.jp/

■後援
J-WAVE

  • ARENA

    THE 祭-MATSURI- by ASOBISYSTEM

    LINE UP (順不同)
    中田ヤスタカ(CAPSULE)
    田中知之(FPM)
    大沢伸一
    ☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)
    DAISHI DANCE
    80KIDZ(DJ SET)
    TeddyLoid
    SEKITOVA
    Licaxxx
    VJ
    滝紘平 / uttori
    LIGHTING
    ASHIMINE / MIURA
    DANCER
    CYBERJAPAN DANCERS
    ageHa DANCERS
    EDM / ELECTRO / ALLMIX
  • ISLAND

    THE 祭-MATSURI-

    LINE UP
    DJ KYOKO
    ALYN
    2BOY
    Fumihiko Chiba
    NMZ
    naoya
    ALL GENRE
  • WATER

    THE 祭-MATSURI-

    LINE UP
    SONPUB
    The BK Sound(湘南乃風)
    HABANERO POSSE
    DaBook
    roommate
    and SECRET GUEST
    ALL GENRE
  • BOX

    LINE UP
    DE DE MOUSE
    RAM RIDER
    kz(livetune / livetune+)
    AMIAYA
    西村ひよこちゃん
    hype
    たくま
    #OSHABAKU
    ALL GENRE
ARTIST ANNOUNCE
  • 中田ヤスタカ

    中田ヤスタカ

    音楽家・DJ・プロデューサー

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。

    ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don't lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。

    音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。

    また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。

    2018年2月7日には、「クラブ・カルチャー × ゲーム・サウンド× ネオトーキョー 」最新のモードがコンパイルされたソロアルバム「Digital Native」を発表し、iTunesアルバム総合ウィークリーチャートで1位を記録。

    クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

    http://ifyr.tv/a1yJ
  • Tomoyuki Tanaka

    Tomoyuki Tanaka

    FPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)とは田中知之のソロ・プロジェクトである。
    97年秋、『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー。98年秋、2nd アルバム『LUXURY』、翌99年秋MxSg『Take Me To The Disco』をリリース。2枚のアルバムは98年以降ヨーロッパとアメリカでもリリースされ世界中から注目を集める。
    2000年にはavexへ移籍し、翌年1月にリリースした3rdアルバム『beautiful.』では、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、キリンジ、ハース・マルティネスなどを、4thアルバム『too』ではインコグニート、VERBAL(m-flo)、山本領平など、5thアルバム『imaginations』ではTAHITI80、BENJAMIN DIAMOND、BONNIE PINK、CLAZZIQUAI PROJECTらをフィーチャー。6thアルバム『FPM』ではMONKEY MAJIK、DJ YASA、山本モナ、BENJAMIN DIAMOND、KISSOGRAM、清水靖晃らをフィーチャーしている。
    7thアルバム『QLASSIX』は元々ユニクロが展開するWEBコンテンツ「UNIQLO CALENDAR」のBGMとして制作されたもので、ユーザーの間で音源化が熱望されていたこともあり、新録カバー1曲を加えてリリース。サティー、ド ビュッシー、ラヴェルなど誰もが一度は聞いた事があるクラシックの名曲をFPMが豪華客演陣とともにカバー。クラシック・ミュージックとエレクトロニッ ク・ミュージックの融合に、生楽器の音色を加えて全く新しい観点からクラシック音楽を捉えた、実験的かつ革命的な音楽集となっている。

    メキシコ、スイス、イギリスなどでもアルバム/12インチが発売され、アンダーグラウンドまでもリリースする老舗レーベルJUNIORから「Whistle Song」の12インチリリースも果たし世界中でもヒットを記録した経歴がある。また、2004年に立ち上げたDJ-MIXシリーズ「Sound Concierge」は、これまでに全11作を発表。いずれも異例のセールスを記録している。 2007年には21世紀以降の音源を集めた2枚組のベストアルバム『FPMB』をavexより発売。2008年にはラーメンズ・小林賢太郎と「SymmetryS(シンメトリーズ)」を結成し、コントとダンスミュージックの融合という新たな試みに挑戦し話題を呼んだ。2009年にはavex20周年を記念して、大沢伸一、☆Taku Takahashi(m-flo)と共にプロデューサユニット「ravex(レイベックス)」を結成。安室奈美恵、東方神起、TRFなどをフィーチャーしたアルバム「trax」を発売している。2010年にはあらゆるタイプの音楽をノンストップミックスする、新DJ-MIXシリーズ「VERSUS」を始動。この第1弾作品となる「VERSUS “Japanese Rock VS FPM” selected and non-stop mixed by FPM」では日本語ロックばかりの全22曲をハウスマナーでミックスしている。

    プロデューサーとしては、CHARA、RIP SLYME、HALCALIなどを手掛け、リミキサーとしてはFATBOY SLIM、布袋寅泰、UNICORN、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、松田聖子、小泉今日子、DJ OZMA、James Brown、Earth,Wind & Fire、YMO、SHEENA & THE ROKKETS、RYUKYUDISKO、土屋アンナ feat. AI、サカナクション、UNICORN、くるり、ケツメイシ、IUなど、多数の有名アーティストを手がける。

    世界三大広告賞でそれぞれグランプリを受賞したダンスミュージック時計「UNIQLOCK」、ブログパーツ「UNIQLO CALENDAR」の楽曲制作、NIKEプロジェクト「NIKE+」への参加、村上隆がルイ・ヴィトンの為に手掛けた短編アニメーション「SUPERFLAT MONOGRAM」(2003年)「SUPERFLAT FIRST LOVE」(2009年)の楽曲制作、さらに人気海外ドラマ「オースティン・パワーズ:デラックス」「SEX AND THE CITY」への楽曲提供の他、UNIQLOや資生堂など大手企業のCM音楽、グランフロント大阪など商業施設のBGM制作など活躍の場は多岐に渡る。

    DJとしては、ジャンルという固定された概念に縛られる事無く、常に独自の視点で独自の音楽を産み出していくスタイルが支持され、国内は全都道府県制覇、海外でも約50都市にてプレイ、さらに国内外のハイブランドによるパーティーのDJとしても活躍している。2000年12月より西麻布YELLOWで隔月開催していたレギュラーパーティ「Grand-Tourisme」が、YELLOWの閉店に伴い2008年6月に終了となるまで、計46回、のべ47000人以上という、クラブイベントとしては驚異的な動員を記録した。

    現在では、東京SOUND MUSEUM VISIONと大阪Live&Bar11-onzieme-にて「Hyper Society」をレギュラーパーティとして開催中のほか、京都WORLDにて「京都大宴会」を不定期開催中。

    活動の幅は音楽のみに留まらず、過去には大手アパレル企業でMDとして、また某ファッション誌でエディターの経験もあり、時計や車などへの造詣も深い。特にヴィンテージ・ウェアのコレクター/マニアとしては知る人ぞ知る存在である。最近では自身のブランド、ListやConnecteeのディレクターとしての顔も。

    グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量の多さから、各界著名人からの信頼も厚い。



    FPMオフィシャルサイト: http://www.fpmnet.com/
    FPM facebook: https://www.facebook.com/pages/FPM/282980377134
    FPM twitter: https://twitter.com/tomoyukitanaka





    http://ifyr.tv/a2rs
  • 大沢伸一

    大沢伸一

    大沢伸一(音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー)
    '93年のデビュー以来、MONDO GROSSO、ソロ活動を通じて革新的な作品をリリースし続けている音楽家、プロデューサー、DJ、選曲家。クラブサイトiLOUDのDJ人気投票国内の部3年連続No.1(2009〜11年)に輝く。ソロ名義で発表したアルバム『The One』('07)は、英Southern Fried、米Dim Makからもリリースされた。アルバム『SO2』(’10)収録曲「SINGAPORE SWING」が世界的クラブヒットを記録し、2011年にはその曲名をタイトルとしたPaul Chambersとのコラボアルバムをリリースした。近年はよりアンダーグランドなテクノに傾倒したトラックを世界の様々なレーベルからリリースし、世界中のDJ/クリエイターからコラボやリミックスのラブコールも多い。
    現在13年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム制作に着手している。

    http://www.shinichi-osawa.com
    http://twitter.com/shinichiosawa
    http://www.myspace.com/shinichiosawa
    http://soundcloud.com/shinichiosawa
    http://www.facebook.com/pages/Shinichi-Osawa/29099839651



    http://ifyr.tv/a1OV
  • ☆Taku Takahashi

    ☆Taku Takahashi

    DJ、プロデューサー。1998年にVERBALとm-floを結成。数々のヒットチューンを武器に日本の音楽シーンにインパクトを与える。ソロとしてもCalvin Harris、The Ting Tings、Lady Sovereign、Crystal Kay、加藤ミリヤ、MINMIなどなど数多くの国内外アーティストのプロデュースやRemixも積極的に行っている。最近ではイギリスのBBC Radio1をはじめ、ヨーロッパのラジオやダンスフロアでもプレイされる機会が急増。近年の積極的なDJ活動でクラブシーンでも絶大なる支持を集めTOP DJの仲間入りを果たし、「Incoming... TAKU Remix」が、世界最大のダンスミュージック配信サイト“beatpotrt”で、2010年のD&Bチャートにて年間1位を獲得!また同曲で、過去受賞者にはアンダーワールドやファットボーイ・スリム、ジャスティス等、今や誰もが知っているスーパースター達が名を連ねる『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を獲得し、日本人として初めての快挙を成し遂げるなど、名実ともに世界に通用する事を証明してみせた。2009年には日本の才能を世界に広めるため、自身のレーベル“TCY Recordings”を発足。また、アニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」に音楽プロデューサーとして参加し、サウンドトラックも監修するなど、音楽に関わる様々なシーンで活躍している。他にもダンスミュージック専門のインターネットラジオ「TCY Radio」を立ち上げ、最先端の音楽情報やトップアーティストのDJ MIXなどを発信。国内はもとより海外でも話題になるなど、日本のみならずグローバルに活動の場を広げ、その内容は多岐に渡る。そんな活動の一端を切り取ったと言っても過言ではないMIX CD「AFTER 5 VOL.1」をソロ名義“THE SUITBOYS”の第一弾として発表。

    http://twitter.com/takudj
    http://www.myspace.com/takutakahashi
    http://block.fm/
    http://www.myspace.com/tcyrec
    http://www.m-flo.com
    http://www.suitboys.com/


    http://ifyr.tv/akG
  • DAISHI DANCE

    DAISHI DANCE

    札幌を拠点に活動するHOUSE DJ/PRODUCER。メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。札幌の老舗CLUB“PRECIOUS HALL”でのレギュラーパーティは16年目に突入し毎月5時間~8時間ものロングセットDJを披露している。2008年からは、札幌以外にもアジア最大のクラブイベントageHa【ARENA】東京をはじめ、大阪GRAND Cafe・京都WORLD・福岡O/D・韓国などの国内外の大型メジャーク
    ラブでレギュラーパーティをスタート!各地のCLUBにてDJとして出演していて年間150回以上のギグをこなしている。ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で2006年から”the P.I.A.N.O. set”、”MELODIES MELODIES”、”theジブリset”、”DAISHI DANCE Remix.”、”Spectacle.”と毎年自身のアルバムをリリースし、いずれもロングセールスを記録している。多数のリミックスやプロデュース作品、コンピレーションや家電製品への楽曲提供など活動は多岐にわたる。
    2012年3月にビートを完全撤去したダイシダンス裏ベスト的なピアノリラクゼーションアルバム”beatlessBEST...Mellow Relaxation.”をリリース。
    2012年11月14日に3年ぶりのオリジナル4thアルバム”Wonder Tourism”をリリース。デビュー当初から韓国での活動も本格的に行っていてSEOUL最大のCLUB ELUUIでのレギュラーDJを務める他、BIGBANG、AFTERSCHOOL、RAINBOWをはじめ韓国の人気アーティストへの楽曲提供も多数手掛けている。




    http://www.daishidance.jp/

    http://ifyr.tv/aCX
  • 80KIDZ

    80KIDZ

    2007年1月結成。
    オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初のオリジナルCD作品『Life Begins at
    Eighty』(2008/08)はEPとしては異例のビッグ・セールスを記録。
    1STアルバム『This Is My Shit』(2009/04)、2NDアルバム『WEEKEND WARRIOR』(2010/10)、3RDアルバム『TURBO TOWN』(2012/04)を発表。
    2013年にはダンストラックEPシリーズ『80(ハチ・マル)シリーズ』を始動。2014年9月24日に現在の最新作である4THアルバム『FACE』をリリースした。
    これまでにFUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、SUMMER SONIC、ULTRA KOREAをはじめとするビッグ・フェスへの出演など、近年はライブアクトとしての大きな注目を集めている。

    http://80kidz.net/



    http://ifyr.tv/a4Hn
  • DÉ DÉ MOUSE

    DÉ DÉ MOUSE

    track/operate/sequence/synthesizer:

    遠藤大介によるソロプロジェクト。
    作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース / 楽曲提供 / remixも行う。
    メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ/和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。
    トラックメイカー/プロデューサーとしてのライブの追求にも早い段階から積極的であり、2008年からはバンドを従え、フジロックやタイコクラブなど、毎年多くのフェスやイベントに出演。バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。

    http://ifyr.tv/a3b6
  • RAM RIDER

    RAM RIDER

    90年代中頃より活動を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、それをきっかけに数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。2000年以降はDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、それらを総合したプロデュースへの道を進み、2004年に自らもヴォーカルをとる形でデビュー。スマッシュヒットとなった 1st Album「PORTABLE DISCO」、ソロボーカルと豪華ゲスト参加の2枚同時という形でリリースされた「AUDIO GALAXY」などオリジナルアルバム3枚に加え、シングル6枚、リミックスアルバム2枚をリリースしている。LIVEではELワイヤーやレーザー、LEDを駆使し「音と光」をテーマにしたパフォーマンスを展開、クラブを中心にライブハウス、国内外のフェスなど数多くのステージに出演。DJでは様々なジャンルのアンセムをマッシュアップするスタイルでクラブ初心者からヘビーリスナーまで幅広い支持を得る。現在は自身のリリース、ライブ、DJ と並行しソロシンガー、バンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画、舞台への楽曲提供で活動の幅を広げている。

    http://ifyr.tv/alc
  • kz (livetune)

    kz (livetune)

    音楽プロデューサー/DJとして活動。 数多くのJ-POP楽曲を手掛ける一方で、複数の名義を使い分け、ZEDD、Afrojackなどの世界的なEDMアーティストを始め多数のダンスミュージックよりのRemixワークを手掛ける”テン年代”最重要クリエイターの一人である。 またソロプロジェクトlivetuneとしても活動しており、初音ミクを使用した作品を多数制作。 中でも2011年12月に “Google Chrome - 初音ミク篇 -” の為に書き下ろした「Tell Your World」は国内のみならず、全世界で話題騒然のCMとなり、現在その再生回数は900万回を超えている。 また初音ミク作品以外ではリアルボーカリストを起用した”addingシリーズ”で、これまで中島愛、Fukase(from SEKAI NO OWARI)、Yuuki Ozaki(from Galileo Galilei)などを起用し、3枚のシングルをリリース。 また最近では現代美術家”村上隆”×ファレル・ウィリアムス×初音ミクとのコラボで話題になったlivetune & Pharrell Williams feat. Hatsune Miku「Last Night, Good Night (Re:Dialed) -Pharrell Williams Remix-」やBUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」バージョンで初音ミクのプログラミングで関わるなど、これまでに以上に熱い注目集めている。

    http://livetune.jp/
    https://twitter.com/#!/kz_lt

    http://ifyr.tv/a42f
  • TeddyLoid

    TeddyLoid

    TeddyLoid (テディロイド)

    弱冠18才にしてMIYAVIのDJ~サウンド・プロデューサーとしてワールドツアーに同行し、そのキャリアをスタート。☆Taku Takahashi(m-flo)と共にガイナックスのアニメ"Panty & Stocking with Garterbelt"のOSTをプロデュース。柴咲コウ、DECO*27とのユニット、galaxias!の結成、ももいろクローバーZの"Neo STARGATE"のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演、アニメ『メカクシティアクターズ』へのBGM提供、ボーカロイドIAのプロデュース〜リミックス、『アニメ(ーター)見本市』中の吉崎響監督作品『ME!ME!ME!』、スクウェア・エニックスの『無限∞ナイツ』、宮本亜門演出のWRECKING CREW ORCHESTRAの長編新作公演、"SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う"等を手掛ける。2014年8月にキングレコードEVIL LINE RECORDSよりEP、"UNDER THE BLACK MOON"、続く9月にファーストアルバム、"BLACK MOON RISING"をリリースし、ソロ・アーティストとしてメジャー・デビュー。2015年夏には『ももいろクローバーZ×TeddyLoid Remix Project』をスタートし、9月には初の公式リミックス・アルバム、"Re:MOMOIRO CLOVER Z"としてリリースを実現。ももいろクローバーZの夏の大型公演『桃神祭2015』では、DJとしてフロントアクト出演を果たした。12月には全12曲に計14組の豪華ゲスト・アーティストを迎えた初のコラヴォレーション作品、"SILENT PLANET"をオリジナル2ndアルバムとしてリリース。小室哲哉、中田ヤスタカ、柴崎コウ、KOHH他、豪華かつ大胆な共演が話題となっている。4月からオンエア中のモード学園グループの学校法人・専門学校 HALの2016年度TVCM「嫌い、でも、好き」篇では、音楽を担当している。

    TeddyLoid Offical Website : http://teddyloid.com/

    http://ifyr.tv/a47Y
  • SONPUB

    SONPUB

    SONPUB(さんぱぶ)
    Artist / Producer / DJ
    80′s生まれ、90′s育ち、ヤバそうな音はだいたい友達 ♪
    音楽やカルチャーに感化されロンドンで過ごした高校時代がクリエイションの原点であり
    楽器からあらゆる現代音楽機器を操り時に操られながらも音楽アーティスト/音楽プロデューサー/DJとして活動。エレクトロニック / ダンス / HIPHOPからポップ、ロックまで幅広くオルタナティブに昇華した音楽性を武器に持つ。
    APE SOUNDS®、Universal Music等を経て現在自身の立ち上げたレーベルPHOENIX PLAYERSに所属。
    これまでにソロやユニット等で4枚のアルバム、ファットボーイスリム等多くのオフィシャルリミックス等を発表し国内外で支持を獲得。
    ’07ダフトパンク世界ツアーの東京公演前座、’09米国フェスSXSW、’11ファットボーイスリムのビッグビーチフェス等々国内外のイベントにも多数出演。その他世界トップクラスA-Trak、Diplo、Kanye West、Lupe Fiasco、Switch、Breakbot、Krafty Kuts等とも共演済。
    1st メジャーアルバム『80 T.O 08 HAHA』(エイティトゥゼロエイト ハハ)は2008年度の iTunesベストエレクトロニックアルバム(ジャパニーズ)の一つに選ばれる。また国内外有名アーティストの楽曲プロデュースも幅広く手がける。
    自身も主催者の一人であるイベントKATS’(東京Womb)では毎回1000人超を動員、一気に注目されるイベントとなり今年4月より開始した全国Clubツアーを成功させた。そして2013年10月ニューアルバム「Mother Ship」リリースしiTunesエレクトロニックチャート1位を獲得。現在リリースツアー中。
    常に新しいモノを取り入れながらもしっかりゼロから1をクリエイトするブレない軸を武器に持つ、21世紀型DJ/プロデューサースタイル。
    *Latest album ”Mother Ship” release on 2013.10.2
    *''Dondada Remix EP'' release on 2013.12.18
    www.sonpub.com

    http://ifyr.tv/a2SI
  • The BK Sound(湘南乃風)

    The BK Sound(湘南乃風)

    1998年よりアーティスト活動をスタート。

    その後、134Recordingsへ所属し湘南乃風のBack Selecter(DJ)としての活動を新たにスタートさせると同時にソロアーティストとしての活動の場も広げる。

    近年は国内のビッグフェスからクラブイベントまで日本全国駆け巡っている。

    更には、海外のイベントにも招集され、国外へも活動の幅を広げる。

    スタジオワークとして、湘南乃風のリミックス制作や自身のMix CD制作をこなし、ついに2010年、The BK Sounds としてFor Life Music Entertainmentよりソロメジャーデビュー。1stALBUM「One」をリリース。

    そして2011年7月、一年足らずで2ndALBUM「Two」をリリース。

    2012年よりレーベルをToysfactoryに移籍。

    上江洌.清作&The BK Sounds!!名義でジャマイカ録音のアルバム「アイランド」をリリース。

    自身の楽曲やダブプレートを武器にオーディエンスを一つにまとめあげる現場感とバイブスで現場をロックするセレクター。


    http://ifyr.tv/a4ig
  • HABANERO POSSE

    HABANERO POSSE

    HABANERO POSSE ( http://www.habaneroposse.com )
    FYS a.k.a. BINGOとGUNHEADが“SEXY BASS & DIRTY GHETTO”を掲げ、2011年に結成したDJ/プロデューサー・ユニット。後にグラフィックメンバーとして©405mhzが加入。様々な分野の核となる部分を飲み込み消化するが故にジャンルは住所不定のオリジネーター。

    世界最大のBASS MUSIC FESの日本版「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」にて開催された日本初のBASS MUSICを基本としたサウンド・クラッシュでは初回(2012)、二回目(2014)と圧倒的なプレイで連覇を果たし殿堂入りを達成。
     
    楽曲提供/REMIXは、RHYMESTER、ZEEBRA、ANARCHY、RIP SLYME、SHINGO★西成、RYUZO、!!!KYONO+DJ BAKU!!!、DJ LEAD、SMITH CN、KOHH、UNA、YOCO ORGAN、MVJI MOB、SOCCERBOY、HIBIKILLA、倖田來未、SKY-HI、KEN THE 390、KLOOZ、 G2、KAN TAKAHIKO、LEF!!! CREW!!!、PART 2 STYLE、SONPUBなど幅広く、日本語を世界のダンスフロアに対応させる仕上がりを得意とする。また、フロアアンセム化している多くのBOOT REMIXも制作。
    2013年8月に自身初のオリジナル楽曲によるEP「JAZZINN」を発表。Butterzのプログラム(RINSE FM)やフランスのレーベル、アメリカのGHETTO MUSICのオリジネーターにピックアップされるなど、海外からの評価も高い。

    block.fm開局当初(正確には開局前のTCY RADIO時代)よりBASS MUSICを中心としたレギュラー番組「WICKEDPEDIA RADIO」のパーソナリティー兼DJを務める。

    2014年、DJ DARUMA(DEXPISTOLS)、JOMMY、CHAKI ZULU(THE LOWBROWS)、JOSHとパーティークルーJNGLFVRを結成。

    国内屈指のサウンドシステムeastaudio協力のもと、DJ/トラックメイキングにおいての世界水準の出音をサウンドシステムの制作、測定から研究しワークショップの開催や、幅広いDANCE MUSICの知識やアイデアを活かしメジャーレコード会社のアドバイザーなども務める。

    USのMOOMBAHTONコンピアルバム『MOOMBAH MARAUDERS』、ディズニーのオフィシャルリミックスコンピ、JUKEコンピ『160 OR 80』への参加、KAN TAKAHIKOとのスプリットアルバム『XMAS MOOMBAH EXPRESS』をリリース。




    http://ifyr.tv/a5fi
  • DJ KYOKO

    DJ KYOKO

    東京だけにとどまらず日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラブ・コールが止まぬ存在となった新世代のアイコンDJ。 2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルさで年間120本に及ぶパーティの DJを務めあげ、国内外の有名DJ、気鋭アーティストとも多数共演を果たす。 2007年にはトーキョー・ガールズ・エレクトロ・パーティー[XXX]をスタート。2008年9月にはYATTと共にコンピレーション・アルバム『ELECTRO ME』の監修を務めた。2009年7月〜2010年12月にリリースされた OFFICIAL MIX CD『XXX』シリーズ4作は、MIX CDとしては異例の高セールスを記録。2012年1月にはPONY CANYONより『PAPER TRAIL OF NIGHTS』をリリース。2013年1月にはベルリンのレーベルFarbenより新作MIX CD『Time's Fool』をリリース。

    https://www.facebook.com/djkyokoofficial
    http://djkyoko-droptokyo.tumblr.com/


    http://ifyr.tv/a2pl
  • ALYN

    ALYN

    ALYN

    Techno / House / Electroを中心に、独創的かつ繊細でストーリー性のあるジャンルレスなプレイで国内外で活動中。

    2009年には、ユニバーサルミュージックジャパンより、
    デビューミックスアルバム"HEEL DANCE JAPONESQUE"をリリース。
    多くのアーティストから、本作品のために書き下ろされた楽曲を提供され、
    クラブミュージック業界で話題を呼んだ。
    また、収録曲にはオリジナルトラックも起用され、
    自身のスタイルを表現するとともに、トラックメーカーとしても高く評価された。

    近年では、ドローイング/コラージュ作品なども発表し、
    プロダクトデザインの提供も行うなど、ジャンルレスに活動の幅を広げ続けている。

    http://www.myspace.com/alynspace
    http://changefashion.net/blog/alyn








    http://ifyr.tv/a28I
  • SEKITOVA
  • Licaxxx

    Licaxxx

    1991年生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒。
    DJを軸に、ビートメーカー・エディター・ライター・ラジオパーソナリティーなど音楽にまつわる様々な活動を行う新世代のマルチアーティスト。

    自身が愛するアンダーグラウンドな音への敬意を貫きながら、ジャンルや先入観に捉われずにLiquidroomを始めとする国内のあらゆるパーティーにDJとして出演。フェティッシュな選曲を貫きながらも、パーティーやオーディエンスのカラーにアプローチするDJが人気を博し、数々のメゾンのミュージックセレクター、ファッションブランドのショップサウンドにおける音のプロデュース、イベントの主宰やキュレーターを務める。

    さらに、そのマルチな視点と独特なスタイルが注目を浴び、Microsoft「Surface Pro 4」の全世界タイアップCMへの出演、P&G PANTENE×ELLE「GO FOR BEAUTIFUL」への出演・楽曲提供や、SPURでの音楽コラム連載、GINZA、i-D MAGAZINE、Vouge Girlなどハイエンドなファッションメディアから度々取り上げられる他、新興WEBメディア「シグマファト」を立ち上げるなどその活動の幅は多岐に渡る。

    近年では、RADIO J-WAVE 81.3 「SONAR MUSIC」のミュージックレシーバーとしてレギュラー出演、TV BSスカパー!「BAZOOKA!!!」にてレギュラー出演をするなど、ミュージック・ファッション・カルチャー・ビューティーをあらゆる表現方法でクロスオーバーさせ00代シーンを代表する存在になりつつある。

    http://licaxxx.asobisystem.com/
    Instagram : https://www.instagram.com/licaxxx1/?hl=ja
    Twitter : https://twitter.com/licaxxx

    http://ifyr.tv/a57T
  • YATT

    YATT

    TAKAKAHNとYOSHIROTTENによる音楽ユニット。
    Nu Disco Musicを中心に楽しい音楽と空間を演出する。
    現在2020年発売予定のアルバム制作や
    Bonobo,青山トンネル等でパーティーを開催したり、レギュラープレイ中。
    楽しい夜のおともにYATT!


    http://ifyr.tv/a332
  • 2BOY

    2BOY

    オルタナティブにエンターテインメントに向き合い、あらゆるグッドミュージックをBPMを自在に操りミックスアップ。エレクトロ以降のシーンを最もパンキッシュに最もロマンチックに彩るDJスタイルで、国内外からの熱いラブコールが絶えない。

    Daniel Avery(Phantasy)による1stEP “Eureka”のRemixも話題となり、
    2012年1月、待望の2nd EP"Zombie Powder"をBeatport & Wasabeatからデジタルリリース。また盟友YATTによる1st EP "Eureka"のRemixも同時リリース。
    それに伴い、国内外を含む18カ所をまわるリリースツアーを2012年1月よりスタートし、大成功を収めた。
    その後、SoundCloudにてGeorge&Lucasと「Angelo」、「Trish」を公開。
    2014年3月、自身のオーガナイズパーティー「THIRTEEN」出演者によるコンピレーションアルバムを監修、制作。
    今春、発売に伴うリリースツアーも敢行。同年12月には前人未到の24時間 DJ SETを行い、見事達成。

    常にアグレッシブかつアクティブ、そしてフレキシブルに活動の幅を広げている。
    アンダーグラウンドとメインストリームを自由自在に往来する彼のDJやアートワークは、非常にカラフルで、「今日楽しいかも」と思ったTOKYOの夜、2BOYはそこにいる。

    https://soundcloud.com/2boy_awake


    http://ifyr.tv/a2rR
  • DaBook

    DaBook

    HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/TWERK/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBなどなど、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULUTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。

    info http://dabookinfo.tumblr.com
    soundcloud http://soundcloud.com/djdabook


    http://ifyr.tv/a6ih
  • Keisuke Matsuoka

    Keisuke Matsuoka

    Keisuke Matsuoka (Re:ception)

    数々のバンド活動を経て、2007年からDJ活動をスタート。ジャンルはTechno、Electro、Discoを中心とし、様々なジャンルをクロスオーバーさせる。
    2012年にはTIGA、2014年にAutoKratz、EROL ALKAN、PARA ONE、SURKINの来日公演のフロントアクトを務め、2015年には、GREENROOM FESTIVALに出演。
    2016年には、中田英寿氏プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」でもDJとして参加。
    音楽シーンのみならずファッションシーンからのオファーも絶えない。
    2017年にはY-3、CHRISTIAN DADA、Perks and Mini (P.A.M)、CAREERING、のイベントでもDJとして参加している。
    そして今年2018年には、世界3大フェスの1つEDC Japanに出演。
    過去には、2manyDJs、A-TRAK、BOYSNOIZE、BREAKBOT、BRODINSKI、Dimitri From Paris、等、国内外の有名アーティストとの共演を果たし、現在では、自身のイベントの『Re:ception』を定期的に開催している。

    http://ifyr.tv/a6oW
  • Fumihiko Chiba

    Fumihiko Chiba

    Fumihiko Chiba
    自身の楽曲とTechno・Electro Houseを中心とした選曲で、縦ノリを追求したサウンドとロングミックスを多用したプレイスタイルを武器に、活躍の場を広げているDJ・トラックメイカー。高校時代、90年代Nu Metalに影響を受ける。間も無くバンド結成し、多くのライブを経験した後、2007年DJとしての活動を始めると同時にダンスミュージックの制作を開始。東京渋谷を中心に全国各地で活動中。
    中田ヤスタカがレジデントを務める『FLASH!!!』にレギュラーDJの一人として出演。
    副島ショーゴ(T.U.S)、SAKURAI MAKOTO(Dragon Ash)、Takeru John Otoguroと共に『Ray-Van』を立ち上げ、現在全国各地で展開中。
    2015年よりA9のSHOW OHARAとTORA AMANOによるバンド『DIAWOLF』にサポートDJ、楽曲のアレンジで参加。
    2017年よりTK SHIBUYAの木曜『HAND'S UP!』にマンスリーゲストアクトとして出演。

    http://ifyr.tv/a2TQ
  • 西村ひよこちゃん

    西村ひよこちゃん

    TRUMPROOM、VILLAGE VANGARD渋谷マルイ勤務。

    黒夢の清春さんに憧れ、camelot、a-life、WAREHOUSE、路上ゲリラ、場所を選ばずにDJまがいとして活動。
    個性的なDJスタイルで心が折れる事もしばしばあり、同世代のDJやVJ、及び関係者や箱のスタッフの笑顔を狙うためのプレイを中心に行なう。

    自らのPARTYでわ、パン食い競争やスライム作り、流しそうめんとどちらが早いか勝負など様々なジャンルを行ない、特にラーメン湯切りプレイにわ定評あり。

    きゃりーぱみゅぱみゅとのDJでわMCと煽りを担当。

    SUMMER SONIC OSAKA、2010&2011
    響音楽祭
    など野外FESにも出演。

    http://ifyr.tv/a6eX
  • 滝紘平

    滝紘平

    1983年、福岡生まれ。

    2005年より今は亡き下北沢WEDGEにてクラブVJとしてのキャリアをスタートさせ、その後約一年で100本を越えるパーティーに出演するようになる。

    多数の機材を組み合わせて繰り出される映像、オリジナルのスクリーンやカラーレーザー、ミラーボールまで駆使し、空間をmix。その視覚的、空間的影響力は「いわゆるVJ」に留まらない。特にピークタイムは氏のプレイが最も鮮やかに展開する時間帯だ。

    現在はプロデューサー/DJの中田ヤスタカ(capsule)のVJを中心に、活動範囲を日本全土から世界に拡大しながら自身の年間出演回数を塗り替え中。また、*TAKIkikikiki!!!!!*名義で「東狂」エレクトロシーンの視覚刺激担当としても暗躍している。

    そして、始末のおけない「JPOP-DJ」としての顔を持ち合わせていることもアナウンスしておく。500曲を越える洗練されきっていない和製ポップスを武器に、大合唱とコール&レスポンスでフロアをカラオケボックスに変容させる様は時に嘲笑を買うことも。「朝5時から」を主なプレイタイムとし、こちらも全国各地でゲリラ的に活動中。


    http://ifyr.tv/a1Fh
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU