EDIT EVENT
SATURDAY / 2020.07.18

ageHa Summer 2020 Opening Party Day1 Supported by MAISON MUMM

ageHa Summer 2020 Opening Party開幕!初日は開放感溢れるオールナイトのオープンエアーパーティー!

ageHa Summer 2020 Opening Party Day1 Supported by MAISON MUMM

PARTY REPORT
2020.07.18.SAT
OPEN 23:30
PRICE|料金
DOOR |(Pay at the door)
DOOR / 当日券 : ¥3,500
連絡先登録 (当日券の方専用) → REGISTER

ADVANCE TICKETS|前売り券
GA / 通常前売 : ¥2,500
STUDENT  : ¥2,000 (要・学生証)

BUY TICKETS
iFLYER/ZAIKO : 【 BUY 】
<7月4日(土) 12:00 - 7月18日(土) 22:00> (払戻可)

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

□ TIME TABLE
CLICK
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

ageHa Summer 2020 Opening Party開幕!初日は開放感溢れるオールナイトのオープンエアーパーティー!

7月18日(土)のオールナイトパーティー、19日(日)のデイタイムパーティー(未成年入場可能)より2020年のageHaの夏をスタートします。

18日(土)は、自慢のアウトサイドエリアを駆使したサマーパーティーを開催。

プールのあるWATERエリアでは、REMO-CONをゲストにTRANCEパーティーを開催。
人気シャンパン “G.H.MUMM” がサポートする芝生のエリア “MUMM LOUNGE”はASOBISYSTEMがオーガナイズ。
BOXの隣に特設される”ex-BOX”はお馴染みTCPTクルーがプロデュースします!

5ヶ月ぶりに皆様とお会いできることを楽しみにしております。


【IMPORTANT】
・密閉空間を避けるため、屋外エリアを中心としたイベントを期間限定で行います。
・密集を緩和するために人数制限を行います。
・密接とならない様、全ての方にフィジカルディスタンス(1-1.5m)の確保をお願いします。

全てのお客様(スタッフ、アーティスト共通)に、
・検温(37.5度以上の方は入場禁止)
・マスクの着用
・小まめな消毒
・政府または都からの要請による連絡先情報(氏名、連絡先)の登録
をお願いしております。


※ 連絡先情報の登録は前売り購入の際が一番効率的で、当日の入場もスムーズです。是非前売りチケット(枚数限定)をご購入ください。
ご購入された前売り券はイベント当日の指定時間まで払い戻し可能です。(払い戻し手数料はageHaが負担します。)

■ 払い戻し窓口
iFlyer/ZAIKO :
https://admin.iflyer.tv/apex/support/?cid=23
7月18日(土) 22:00までにご連絡お願いします。


店内でのルールに関しては、アゲハガイドラインをご確認の上ご参加ください。
ageHa Guideline (English)
http://www.ageha.com/news/article/?id=4535

政府または都からの要請によりイベント内容は変更になる場合がございます。
あらかじめご了承ください。


【ageHa ENGLISH WEBSITE】
http://www.ageha.com/en

  • ageHa Summer 2020 Opening Party by Live A Live

    ■GUEST
    REMO-CON
    ■LINE UP
    Overhead Champion
    KATO
    YAGI
    NorioSP
    YOSHINORI
    TOMMY
    NYAN-CHU B2B KAZUHIY
    TRANCE
  • ageHa Summer 2020 Opening Party by TCPT

    ■ LINE UP
    YOSHIMASA
    AKI-HIRO
    TAKAHASHI YU
    KOZO
    KAZUMA
    and more
    ■ VJ
    LIGHTCELL
    issy
    VJ Hosopyi.jp
    EDM / Bass
  • 【MUMM LOUNGE】ageHa Summer 2020 Opening Party by ASOBISYSTEM

    ■ LINE UP
    RAM RIDER
    ChiMy
    矢部ユウナ
    ISPA
    keith
    MACBOY
    Lounge
RELATED MEDIA
#AGEHASUMMER20
ARTIST ANNOUNCE
  • REMO-CON

    REMO-CON

    アーティスト活動11年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル"G-Sigh"から始まる。 その後"Cold Front"(Anjunabeats/UK) 、"Atavism"(DJ MAG Review ☆9")といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。その後もシングル"FUZE"がbeatport Hard Dance チャート1位を、2ndアルバム『rhetoric』がオリコン初登場13位をそれぞれ獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品"DECADE 05-15"を発表。さらにクリエイターとしてもSINDEN 、Alex Kenjiなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。
    また、DJとしては93年より活動し、2001年には velfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型のフェス"Dance Valley"に、12年には"SUMMER SONIC"に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価されており、 国内DJランキング 「DJ 50/50」 においては3位→2位→3位と上位をキープ。新たなる試みとして自身がホストを務めるラジオDJライブ『Remote Control』(block FM)や『Friday Night Hot Mix』(FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。

    http://www.facebook.com/remocon.dj


    http://ifyr.tv/a1WE
  • RAM RIDER

    RAM RIDER

    90年代中頃より活動を開始、自主レーベルからリリースした作品が一部で話題となり、それをきっかけに数多くのトップアーティスト達のリミックスを手がける。2000年以降はDJ、リミキサー、アレンジャーとしての経験を活かし楽曲提供や作詞、編曲、それらを総合したプロデュースへの道を進み、2004年に自らもヴォーカルをとる形でデビュー。スマッシュヒットとなった 1st Album「PORTABLE DISCO」、ソロボーカルと豪華ゲスト参加の2枚同時という形でリリースされた「AUDIO GALAXY」などオリジナルアルバム3枚に加え、シングル6枚、リミックスアルバム2枚をリリースしている。LIVEではELワイヤーやレーザー、LEDを駆使し「音と光」をテーマにしたパフォーマンスを展開、クラブを中心にライブハウス、国内外のフェスなど数多くのステージに出演。DJでは様々なジャンルのアンセムをマッシュアップするスタイルでクラブ初心者からヘビーリスナーまで幅広い支持を得る。現在は自身のリリース、ライブ、DJ と並行しソロシンガー、バンド、アイドルと数多くのアーティストのプロデュースや、TV、映画、舞台への楽曲提供で活動の幅を広げている。

    OFFICIAL WEB: https://ramrider.com/about/
    Twitter: https://twitter.com/ram_rider
    YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCLT1KEAt6IyKLHggFLI1SCQ/
    Instagram: https://www.instagram.com/ramrider/
    note: https://note.com/ram_rider
    Filmarks: https://filmarks.com/users/Ramrider
    Spotify: https://open.spotify.com/artist/5H7214SVS8pcH0UKcNN7Ma?si=85ghBsHNTqeE5r8xCvR4GQ


    http://ifyr.tv/alc
  • OVERHEAD CHAMPION

    OVERHEAD CHAMPION

    2004年より本格的に作曲活動を開始。
    今なお伝説のピークアンセムとしてPLAYされ続けているデビュー曲『BEAT!』のメガヒットにより一躍日本のダンスミュージックシーンの第一線に躍り出る。
    2005年8月には待望のファーストアルバム『BEAT!』を発表。 次世代ヒットメイカーとしてさらに大きな注目を集めることになる。
    その後、アルバム収録の珠玉のメロディアスボーカル曲『Eternity』『Be The One』が大きな話題を呼び、今なお全国のフロアを熱くさせている。 さらには、a-nationのテーマ曲のプロデュースを2年連続で手掛け、 2006年にはダンスシーンにおいては異例の、リミックスアルバム『The Trance Champion -Overhead Champion Best Remix & Live-』、オリジナル2ndアルバム『Eternity』を2ヶ月連続でリリース。 2008年1月には待望のベストアルバム『The Best of Overhead Champion』をリリースしいずれも大ヒット。 さらに現在はトランス、ハウス等のクラブミュージックにとどまらず、 あらゆるジヤンルを手掛ける事の出来る音楽プロデューサーとして、様々な名義で、 EXILE、May.J、倖田來未、青山テルマ、BoA、BENI、Soulja、NERDHEAD、タッキー&翼、国生さゆり、林田健司、UVER WORLDらにも楽曲やリミックスを提供しており、 2010年には、人気モデルでタレントの梅しゃんとのユニット 『U☆Scream』を結成し、代々木体育館での2万人を動員した『Popteen祭り』のトップバッターを務め、AKB48や西野カナらと共演を果たす。
    2011年には、地下アイドルユニット『アイドルカレッジ』の サウンドプロデューサーに就任。
    今最も期待されている彼の動向から、ますます目が離せない。


    http://ifyr.tv/a63h
  • DJ KATO

    DJ KATO

    言わずと知れたK-holeのオーガナイザー兼レジデントDJ。
    DJ復帰後、1年経たぬ間に下り調子だった新宿のクラブシーンを再び盛り上げ、Partyを開くたびに、常にフロアを満員にさせK-HOLEの名を世に知らしめた。
    そして2008年、2009年にはK-holeをディファ有明で開催するなど、偉業ぶりで周りを騒がせ、今、彼の勢いはとどまる事を知らない!そのセンスで狭き門、BIOSPHEREの専属DJにも抜擢され、今までに数えきれないほどの海外アーティスト達との共演も果たしているオーディエンスの期待を裏切らないプレイスタイ ル、フルオン=DJ-KATO間違えなくその期待に応えてくれるだろう。

    http://ifyr.tv/a6mU
  • YAGI

    YAGI

    2002 年に DJ 活動を開始し、新潟と東京を拠点に全国の主要クラブやフェスで年間 150 本以上の DJ SET を PLAY する「DJ YAGI」

    フロアのバイブをロックするその卓越した MIX ワークとオリジナリティー溢れるサウンドストーリー が高く評価されている。

    2018 年には国内最大規模の EDM のフェスである【ULTRA JAPAN 2018】に出演。

    現在、新潟のクラブ「NEXS NIIGATA」と仙台のクラブ「LUXS SENDAI」のレジデント DJ & サウンドプロデューサー を務める。 また、東京 No.1 クラブである「ATOM TOKYO」にレギュラー出演中。これまでのオフィシャルミックスのリリースは 21 作品以上にのぼり、3 作品連続で iTunes Store のダンスミュージック・アルバム部門でランキング 1 位を獲得するなど、地方在住 DJ としては快挙の実積となった。

    2018 年、「DJ YAGI」自身主宰となる新レーベル「MILLENNIAL TRAXXX」(ミレニアルトラックス)を設立。

    北欧 ダンスミュージックシーンの重鎮 DJ EMOK 率いるプログレッシブトランスの最重要名門レーベルである【IBOGA RECORDS】とのコラボレーションコンピレーション『FULLMOON RAVE』を「MILLENNIAL TRAXXX」からリリース。

    出身地である新潟県での支持率が高く、FM-NIIGATA 77.5 のパーソナリティを担当し、 自身の看板番組を持つなど、幅広い分野で活躍をみせる。

    ALAN WALKER の単独公演である「ALAN WALKER JAPAN TOUR 2018」の2018 年 12 月 21 日(金)東京公演 ageHa@STUDIO COAST のメインステージに抜擢され出演を果たす。

    そして、今年の春【MARSHMELLO】初となる大型単独来日公演 ~春はマシュメロ、ようよう白くなりゆくJAPAN TOUR 2019 ~ 3 月 23 日 ( 土 ) 神戸ワールド記念ホール公演の OPENING DJ として抜擢され出演を果たす。

    http://ifyr.tv/aSO
  • Norio SP

    Norio SP

    s(2016/5/12更新)

    東京を中心に活動するTrance DJ / Event Organizer / Club Promoter。Trance Party『Ligaya』,『Anahera』主宰。
    オーガナイザーとして活動を開始し「Ligaya Episode 3 @ 海の家 Bagus」でDJデビューを果たす。
    自身のパーティー『Ligaya』にSean Tyas、Alex M.O.R.P.H.、Woody van Eyden、Estiva、Lange、Bart Claessen、Scot Project、Ronski Speedなどの海外トランスDJを招聘し日本のトランスシーンに大きく貢献する。
    クラブ以外でもオーガナイザー兼DJとして『江ノ島RAVE'11 Ligaya featuring Cyber Trance』を大成功に導き非常に高い評価を受けたのは記憶に新しい所だ。
    2014年5月にはTrance DJとして日本最大級のクラブ、新木場ageHaのArena Areaでの出演も果たし、2014年10月には過去10年振り返っても日本でこれほどの豪華Line upが集うイベントは無かったであろうMusic Circus - Black Stage - に2年連続で出演。
    2016年2月より、新木場ageHaとTrance部門のプロモーターとして契約。新しく立ち上げたTranceイベント『Anahera』の第一回開催にTrance界のレジェンドCosmic Gateを招聘し大成功に導いた。


    TRANCEを愛して止まない彼のバイブスが全面的に表現されるDJスタイルは、この先もオーディエンスを魅了し続けるだろう。


    http://ifyr.tv/a5LH
  • DJ YOSHINORI

    DJ YOSHINORI

     若くして才能を開花させスターダムへ駆け上がる、という限られた人間にしか通ることが許されない狭き門をくぐり抜け、ここに実現させたDJがいる。確実にオーディエンスを奮い立たせるアグレッシヴなミックス・テクニックと現場での経験を基にした斬新なトラック・メイキング。これら、他を凌ぐ卓越したアビリティーを持ち合わせる次世代のキー・パーソン、それがDJ YOSHINORIだ。
     
     日本最大級のclub complex CODEで開催されていた伝説のイベント「SOUND STATION」から頭角を現し始め、同クラブ「SUNDAY MORNING PARTY」においては短期間でレジデントDJを任されるまでに急成長。また、渋谷club atomで行われていた「TRANCE RAVE」にも参加。活動の場を全国的に広げ年間300本以上のブッキングをこなすなど、他とは一線を画した状況下に常に身を置き確実にスキルを伸ばしてきた。
     そんな多忙なスケジュールをこなすことによって育まれた影響力は日進月歩の早さで大きくなり、彼が好んでヘビー・プレイする楽曲が全国的な人気楽曲となる等、プレイへの注目度の高さを示すものとなった。

     これまで10枚を超える自身名義のCDをリリース。
    代表曲"HOLYLANCE"はスマッシュ・ヒットを記録し、CISCO【TRANCE/HARD HOUSE】アナログランキング1位を獲得、多くのコンピレーションに収録され周囲を驚嘆せしめた。またCASCADA 『RUNAWAY』、LA PALMA feat. LOVE MARK『SUMMER OF LOVE』のリミックス・ワークは海外でも高い評価を得る。

     もちろん、それだけでは収まらず、有線CG-16チャンネルのミュージックプロデュースを担当し、現在は、2007年に立ち上げた「TRAGENIC」を中心に活動。

    活躍の場をより広げることで未知数の才能を更に開発、進化させている。

    「Text By TAKASHI NAKAGAWA(元CISCO HOUSE PART.2 / TRANCE,HARDHOUSE メインバイヤー)」

    http://ifyr.tv/adoU
  • TOMMY
  • DJ NYAN-CHU

    DJ NYAN-CHU

    2004年DJとして始動。
    TRANCE DJとして都内の数々のPartyに出演。
    その後幅広いジャンルをこなすDJへと進化。
    今ではイベントプロデューサーとしても活躍している!

    安定したMIX力とPerformanceでFloorをJackする事間違いなし。

    今最も注目を浴びている若手DJの一人である!

    http://ifyr.tv/aaTG
  • KAZUHIY

    KAZUHIY

    2005年よりDJとしてキャリアをスタート。
    当時爆発的なムーブメントを巻き起こしたTranceから経験を積み重ね、現在はElectro HouseやProgressive HouseなどのEDMを軸に活動を行う。

    常に最新のトレンドをキャッチし、わかりやすさと踊りやすさを意識した独自のグルーヴ感溢れるプレースタイルはオーディエンスからの支持も高い。

    地元の茨城県では、県内で名高いCLUB 4LIFEにて自身がオーガナイズするPARTY「#SPLITZER」を立ち上げ、さらに全国的にも名高い豪華ゲストを招致した各BIG PARTYのレジデントを務め多くの功績を残してきた。
    また、北関東最大級レベルの音響設備とキャパシティを誇るCLUB VOICEで毎月開かれる「FREAKS」にもレギュラー出演しフロアを湧かし続けている。

    近年は茨城県だけに留まらず、東京都内、栃木県、群馬県、福島県など関東・東北各所の主要CLUBへ出演し活躍の場を広げている。

    人気PARTYでメインタイムを任されるなど周りのDJからの信頼も非常に厚く、今後の活動にも是非注目していただきたいDJの一人である。

    Mixcloud https://www.mixcloud.com/dj_kazuhiy
    Twitter https://twitter.com/dj_kazuhiy
    Instaglam http://instagram.com/dj.kazuhiy
    iFlyer http://iflyer.tv/ja/artist/46430

    http://ifyr.tv/ac4S
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。多くのDJ、アーティストと共に18年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,など東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催すると共に、
    渋谷のニュースポット渋谷STREAM内、エクセルホテル東急のメインBar&Diningである「TORRENT」の毎週土曜日の音楽を担当する他、
    東京湾を航行する船JICOO The Floating Barでの定期パーティー開催、新宿WARPや大阪PICCADILLYでも未成年向けのパーティーを主催するなど活動の幅を広げている。

    ageHaでの「ELECTRIC THUNDER」ではCARNAGE,STADIUMX,ZOMBOY,GAMMERとビッグアーティストを立て続けに招聘するなど、ageHaを代表するPartyの一つに成長させた。
    また、ULTRA KOREA 2019 OFFICIAL PRE PARTYを主催し、DUBVISION,MIKE CERVELLOを招聘させ、2019年8月にはBROOKS,2019年11月にはDON DIABLOを招聘する事も決定している。

    WOMBでの「BLACK OUT」ではKAYZO,GAMMER,DARREN STYLES,CESQEAUX,PEGBOARD NERDSなどを、「TRANCEPORT」ではFERRY CORSTEN,Aly & Filaなどと共にBIG PARTYを作ってきた。

    WARP,PICCADILLYではSlushii,Sam feldt,Retrovision,Dropgun,Madison Mars,KEVU,KAAZE,Thomas Gold,Maddix,Manse,Syzzなどを招聘し、盟友TAKU-HEROと共にシーン拡大を目的に開催してきた。
    最近ではMESTOを招聘し、WARP,PICCADILLY共にデイパーティーの動員記録を作った事も記憶に新しい。

    アーティスト活動としては、「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い、多くのスターアーティストからサポートされ、
    2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売。


    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • AKI-HIRO

    AKI-HIRO

    AKI-HIROは東京、日本で活動しているDJ/Producer。
    YOSHIMASAが主宰するクルー「TCPT」のメンバー。
    彼は当時18歳だった2008年からDJ活動を本格的にスタート。
    当時はTrance musicのDJ/Producerとして活動していた。
    若干20歳でレジデントパーティを持つなど若くして豊富な経験を積む。
    現在はageHaTokyo、WarpShinjukuを中心にBigroomのDJ/Producerとして活躍し、アグレッシブなPlayとパフォーマンスでたくさんのオーディエンスを魅了しており、共演したビッグネームアーティストは数知れず。
    また2018年のTomorrowLandでは彼の曲がPlayされた事が大きなニュースとなった。
    2019年にはULTRAKOREAでPlayし、彼にとってとても大きなキャリアアップとなった。そして2020年2月にはHardwell主宰レーベルRevealed Recordingsからリリースを果たす。
    今後さらなる飛躍が期待できるAKI-HIROに注目だ。

    http://ifyr.tv/adAK
  • TAKAHASHI YU

    TAKAHASHI YU

    1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。
    http://tcpt.net/dj/dj_azjumperz

    http://ifyr.tv/adrj
  • KOZO

    KOZO

    2009年より都内でDJ,オーガナイザーとしてのキャリアをスタート。大学生という傍らclub asia,Axxcis,solfa,amate-raxi等を始め、精力的に活動の幅を増やしている。 また現在、自身のオーガナイズするイベント【MORE MUSIC】を渋谷Under Deer Loungeにて開催しており、サンデーアフタヌーンパーティーとしては異例の盛り上がりを見せている。 HOUSE,TECHNO,ELECTROを軸に攻撃的かつ緻密に創り上げられたナンデモアリのプレイは常にフロアとの一体感を生み出し、全ての人が笑顔に溢れている。 今後も次世代のシーンを担うDJ,オーガナイザーとして彼の活動に注目は高まるばかりである。

    http://ifyr.tv/acrV
  • KAZUMA
  • ChiMy
  • 矢部ユウナ

    矢部ユウナ



    http://ifyr.tv/aeoy
  • ISPA

    ISPA

    House, Technoを主軸とするDJ。幼少期に海外で生活を送り様々な音楽に触れ大学入学と同時にDJ活動を開始。デビュー1年以内にWOMB、SOUND MUSEUM VISIONといった渋谷の名だたるクラブのメインフロアでのDJを果たす。尚、WOMBでは歴代最年少のオーガナイザーとしてレギュラーパーティを牽引した。

    http://ifyr.tv/ae2A
  • keith

    keith

    身長183cm 体重63kgの細身で特徴的なブラントカットな髪型をしている20代前半のDJ keith
    DJ nameの由来は、かの有名なAmerican pop Artist 「keith haring」から来ておりDJをする時もプライベートでもkeith haringのものを必ず身に付けているのでかなり分かりやすい見た目である。

    クラブでの彼のDJとしては、Skrillex主催レーベルOWSLAにも所属している、世界的に有名なFemale DJ mija 2018/11 Sound Museum Visionにて来日公演の際に前座を務め、WOMBで開催されたworldwideで活躍している日本人ギタリストMIYAVIのliveの際も前座を飾るなど様々なクラブで活躍を見せている。
    最近はクラブ以外の場所にも焦点を向け、日比谷ミッドタウン3FにあるBillboard cafe & dining にてbillboard japan chartによる最新の100曲を中心に毎月J-POPオンリーでplyaする”wednesday HOT”や、ラジオチャンネルである J-WAVE TOKYO M.A.A.D SPIN にて、Sound Museum Visionによるセレクトミュージックとして自身のDJ MIXを使われるなどクラブ外でもDJとしての役目を果たしている。

    DJだけでなくオーガナイザーとしても、日本で一番有名なクラブWOMBではDiploや数々の大物海外DJを呼んでいるイベント N_U_O での1フロアオーガナイズや、Camelotにて開催の日本人最年少でULTRA JAPAN出演を果たしたDJ moeと共にイベント XOXOをオーガナイズしていた。そしてSound Museum VisionではJ-POPのイベントを中心に4フロアあるうちの1フロアを馴染みのあるJ-POPフロアにすることでクラブ慣れしてない人や、懐かしの曲が流れたりなどフロアに一体感が出るようなフロアを心がけて作っている。

    Music genreは主に house, techno, bass music, J-POP, psychedelic tranceなど色々とやっているが基本的にはmijaと同じく「FK A GENRE」を掲げジャンルレスに活動している。

    http://ifyr.tv/aeqW