EDIT EVENT
MONDAY / 2018.12.31

ageHa COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE-

日本一のカウントダウンパーティーのヘッドライナーは”SHOWTEK” ageHaにしかできない誇り高きオンリーワンのBIG NEW YEARS EVE!!

ageHa COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE-

2018.12.31.MON
OPEN 21:00

GET TICKET

PRICE|料金
DOOR : TBA
AFTER 3|初日の出割 (3時以降) : ¥3,000

ADVANCE TICKET|前売券 (FAST LINE|優先入場)
EARLY BIRD TICKET TIER 1|早割券1 :  ¥2,980 -SOLD OUT-
EARLY BIRD TICKET TIER 2|早割券2 :  ¥3,980 -SOLD OUT-
EARLY BIRD TICKET TIER 3|早割券3 :  ¥4,980 -SOLD OUT-
GA TICKET|通常前売券 :  ¥5,980
GOLDEN TICKET (2F VIP SEAT・Glass of Champagne・Private Entrance・揚羽御守り付) :  ¥9,980

BUY TICKETS|前売券ご購入はこちらから
GA TICKET|通常前売券 :  [ iFLYER ]  [ ePlus ]  [ 楽天 ]
GOLDEN TICKET :  [ iFLYER ]

ageHa 新メンバーポイント
50 Point

VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

日本一のカウントダウンパーティーのヘッドライナーは”SHOWTEK” ageHaにしかできない誇り高きオンリーワンのBIG NEW YEARS EVE!!

2019年のスタートに、過去の来日の度に圧巻のパフォーマンスを披露し熱狂を巻き起こしてきた、兄弟ユニット “SHOWTEK”が1年半ぶりの登場!THIS IS ageHaと言っても過言ではない彼らの3年連続の来日は一年で最高で最大のBIG PARTY!!

SHOWTEKは「We Like To Party」「Booyah」といったスーパーヒット曲を連発。
David Guettaとの「Bad」はYoutubeにて通算8億回以上の再生を記録!

2016年、2017年の2回の来日公演はまさに伝説となり2年でのべ8000人のクラウドを動員した人気のユニット。
ageHaにてあの夜を体感した人は忘れられない夜になったであろう。
間違いなく世界のダンスミュージックシーンを動かす存在である彼らがついにageHa COUNTDOWNに待望の登場!

そして、日本が誇る若き才能”banvox”が自身初のSPECIAL COUNTDOWN SHOWCASEとして登場!
2018年から19年へのスペシャルセットを披露する!

さらにDJ KAORI、中田ヤスタカらageHaの一年を象徴する盤石の布陣超豪華な日本人ラインナップを公開!
なんとMITOMI TOKOTO&CYBERJAPAN DANCERSは2年ぶりにageHaカウントダウンに帰還!VIVID、SONE、WATARUに16周年にPICK UPをするBUNNYなど豪華なDJたちがラインナップ!
ISLANDでは世界を股にかけ活躍するTREKKIE TRAXクルーがカウントダウン初のレーベルパーティーとして開催。
WATERには極上レゲエサウンドが帰ってくる!SPICY CHOCOLATをゲストにHIP HOP & REGGAEで朝まで楽しもう!日本で唯一初日の出が拝めるパーティーでもあります!
BOXではREMO-CONをゲストに迎え、恒例の2AMカウントダウンやります!「2時になったらBOX集合!」です!
そして、カウントダウンにだけ出没する特設フロア「UNDERGROUND」ではQ’HEY主宰のTECHNOパーティー「REBOOT」の開催。ARENAで遊び疲れた後は、間違いないテクノサウンドに身を揺らすのもGOOD!

そしてそして、アゲハのカウントダウンはワンストップで全て楽しめちゃいます!
なんとこの日限定の「揚羽神社」がお披露目!おみくじ、書き初め、御朱印などなどお正月らしいこと、全てアゲハで完結!

ageHaの誇り高きカウントダウンパーティーを体験せよ!

  • ARENA

    ageHa COUNTDOWN to 2019

    SPECIAL GUEST
    SHOWTEK
    SPECIAL COUNTDOWN SHOWCASE
    banvox
    LINE UP
    DJ KAORI
    中田ヤスタカ(YASUTAKA NAKATA)
    MITOMI TOKOTO
    VIVID
    SONE
    WATARU
    PICK UP
    BUNNY
    DANCE
    CYBERJAPAN DANCERS
    東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-
    VJ
    REZ / 滝 紘平 / NAOHIRO YAKO
    HOST MC
    CARDZ
    DANCE MUSIC
  • ISLAND

    TREKKIE TRAX Label Showcase 2018-19

    GUESTS
    Denzel Sterling b2b Sortagoth (Sidechains/Australia)
    Hojo b2b 7777777 (CUSTOMS/USA)
    LINE UP
    Amps
    Allen Mock b2b Herbalistek
    Carpainter -Live Set-
    gu^2
    Fellsius
    Masayoshi Iimori
    TREKKIE TRAX CREW
    MC
    Onjuicy
    BASS / HOUSE
  • WATER

    POOLSIDE COLOR “ALIER” COUNTDOWN to 2019

    GUEST
    SPICY CHOCOLATE
    LINE UP
    TOKYO POSE POSSE
    GM K-TA (BEENUTS)
    ALLURE
    CHIHIRO
    HEAT (HOTTAVYBZ)
    Hi-6
    HIROKI (OXXS)
    TIP
    ZUKIE (MIDNIGHT ROCK)
    DANCER
    ALIER DANCERS
    MC
    SHINYA
    K-MONEY
    PHOTOGRAPHER
    Daisuke Ishii
    CHILLSIDE [UNTIL SUNRISE]
    MATI (TOKYO POSE POSSE)
    GM K-TA
    ZUKIE (MIDNIGHT ROCK)
    HIP HOP / R&B / REGGAE / CHILLOUT
  • BOX

    TCPT COUNTDOWN 2018-19

    GUEST
    REMO-CON
    LINE UP
    YOSHIMASA
    TAKAHASHI YU
    23TO
    NIKO
    AKI-HIRO
    NATSUMI
    SENNA
    KOZO
    TAKANORI
    G-NAILS×8MATE
    ふもっふ
    DJ HID3
    VJ
    ASTERIX! / VJ STEP / yukki
    MIW / TAJIMA MAKOTO
    GENRE
    EDM / BASS
    _________________________________
    特設エリア【UNDERGROUND】
    REBOOT NEW YEAR 2019
    RESIDENTS
    Q'HEY
    TAKAMI
    GUESTS
    DRUNKEN KONG
    MAREAM
    TECHNO
GET TICKET
RELATED MEDIA
ageHa COUNTDOWN 2015 OFFICIAL AFTER MOVIE
ageHa Annual 2015-16 -ageHa COUNTDOWN 2016-
Back to ageHa COUNTDOWN 2017
THE BEST ageHa COUNTDOWN to 2018
David Guetta & Showtek - Bad ft. Vassy
Showtek ft. We Are Loud & Sonny Wilson - Booyah
Showtek - We Like To Party
Eva Shaw - Space Jungle (Showtek Edit)
David Guetta & Showtek - Sun Goes Down ft Magic! & Sonny Wilson
Showtek & Ookay - Bouncer
ARTIST ANNOUNCE
  • Showtek

    Showtek

    アイントホーフェン出身のJanssen家に生まれた兄のWouterと弟のSjoerd。この兄弟はまたの名をShowtekといい、10年にわたって音楽を制作し続けている。
    Wouterは「いいものは決してそれで完成ではない」と満足を知らない常に上を目指す完璧主義者。音楽への飽くなき愛、幅広い才能を持つ。弟のSjoerdは幼少の頃から礼儀正しく良心的な紳士である反面、ステージ上に上がると激情的な一面を見せ、恐れを知らずにクラウドを常にコントロールする名MC、また最高のエンターテイナーとして変貌する。 
       
    2012年、「Cannonball」のリリースをきっかけに本当の意味で世界のダンスシーンにて炸裂し、二人は幼少期からの夢を現実のものにした。「Booyah」のリリース後、この曲は瞬く間にイギリスのシングルチャート5位を獲得をし、ワールドクラスのヒット曲となり世界中から引っ張りだこのアーティストになった。その勢いはさらに増し、何十万人というファンがまだ聞かぬ新曲にすでに注目をしている。

    www.facebook.com/showtek
    www.2-dutch.nl


    http://ifyr.tv/a7TL
  • DJ KAORI

    DJ KAORI

    14 才からアナログ盤を集め始め、16 才の頃から自己流で DJ を始める。
    単身でニューヨークへ渡り、クラブでプレイしているところを現地 No.1 Hip Hop DJ、ファンクマスターフレックスの目に留まり、 彼が率いる DJ 集団 Big Dawg Pitbulls に唯一の女性 DJ として迎え入れられる。 その後 NY Times の1面を飾ったり、ニューヨークの No.1ラジオ局 Hot 97 にて日本人としては初となる DJ プレイを披露したり NY 中にその名を知られるようになり、忙しいときには週5本のレギュラーを抱えていたほど。 さらにはマライア・キャリーやP・ディディといったアーティストや音楽界以外でもマイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、マイク・タイソン等スーパーセレ ブからパーティ DJ のオファーを受けるまでになる。
    今までリリースした MIXCD は異例のトータル売上枚数 400 万枚を突破。 また、2008 年リリースした『RAGGA MIX』『INMIX DVD』はゴールドディスク大賞も 2 部門で受賞。ミックス CD 以外にも、 DOUBLE、安室奈美恵等のリミックスを手掛けたり、May J.のヒット・シングル を筆頭に楽曲プロデュースも手掛けヒット・プロデューサーとしての一面も開花。
    ジャマイカ/キングストンで結成されたレゲエ/ダンスホール・グループ=T.O.K.の最新盤『アワ・ワールド』(09.06.17 発売)での BEST MIX CD 参加や、EXILE TIRIBEのヒット曲をMIXしたDJN KAORI×EXILE TRIBE MIX(13.3.20発売) 、東方神起のディズニー・カバー曲 (09.12.9 発売)へのリミックス参加、NE-YO のベ スト MIX CD『Best Of NE-YO 2012 MIX』(12.10.3 発売)など国内外のアーティストとのコラボレーションも盛んに。
    自身も歌手としてこれまでに DJ KAORI&DOUBLE「Miss DJ」(2007)、DJ KAORI with JAY'ED「You're The Only One」(2008)、 「S・A・Y・O・N・A・R・A」(2009)などをリリースしている。DJ以外にも、全米視聴率No.1 のモンスター番組『アメリカン・アイドル』レギュラー・ナビ ゲーター(FOX インターナショナル・チャンネルズ好評放送中)を務めたほか、ドラマ番組の音楽選曲(ドラマ『チャンス!~彼女が成功した理由~』 フジテレビ 3/7、3/14OA済)なども手掛け、また2011年4月からはフジテレビ系『魁!音楽番付~EIGHT~』のメインMCとして活躍した。
    そのファッションセンスやライフスタイルでも憧れの的となっている。



    http://ifyr.tv/a4T4
  • 中田ヤスタカ

    中田ヤスタカ

    音楽家・DJ・プロデューサー

    ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。日本を代表するエレクトロシーンの立役者であり、Kawaiiダンスミュージックからハードなトラックまで、その独自の感性によって世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティスト。Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、シーンへの影響力は絶大。

    ソロアーティストとして、日本人初となるUltra Music Festival世界公式アンセム(2017)を手がけた「Love don't lie(feat.ROSII)」、Zedd「Stay」のリミックス、Charli XCXとのコラボが話題となった楽曲「Crazy Crazy」、国内においては映画「何者」(’16)の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」、日清カップヌードル チリトマトヌードル 「White Mystery篇」CM曲で話題となった、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「White Cube」を発表。

    音楽プロデューサーとしてはPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出し、国内外のポップシーンを常に牽引してきた。

    また、国際的なセレモニーへの楽曲提供などパブリックな作品の他、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックなど、数々の映画の楽曲制作にも携わっており、ハリウッド映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。

    2018年2月7日には、「クラブ・カルチャー × ゲーム・サウンド× ネオトーキョー 」最新のモードがコンパイルされたソロアルバム「Digital Native」を発表し、iTunesアルバム総合ウィークリーチャートで1位を記録。

    クラブシーンを核に、時代をナナメに切り取る独自のセンスによって、ゲーム、ファッション、映画まで、その活動は多岐に渡る。

    http://ifyr.tv/a1yJ
  • banvox

    banvox

    東京を拠点に活動するプロデューサー/DJ。
    2011 年より活動を開始し、同年にインターネットレーベルMaltine Records よりリリースしたデビュー作『Intense Electro Disco』が僅か2 日間で4,000DL を記録。
    2012 年にリリースしたデジタルEP『INSTINCT DAZZLING STARLIGHT EP』で米ダンス/ クラブミュージック配信サイト最大手のBeatport 総合チャートで2 位獲得という快挙を成し遂げ、更にAmazon Mp3 ダンスチャート1 位、iTunes ダンスチャート4 位、とデジタルチャートを席巻。クラブ/DJ シーンにおいて一躍その名を轟かせる存在となる。
    その作品群はDavid Guetta やDirtyloud、BBC Asian Network 等に激賞され、2013 年にはTHE HACIENDA OISO FESTIVAL 2013 やBIG BEACH FESTIVAL 13、Road to Ultra 等 名だたるパーティーにも出演。
    以降deadmau5 主宰のレーベルmau5trap からForeign Beggars ”Flying To Mars Banvox Remix”、deadmau5 やSteve Aoki の作品をリリースする米大手レーベルULTRA RECORDS からMNDR"UBCL(Banvox Remix)" 等海外アーティストのリミックスを立て続けに担当。
    2014 年にはiTunes がその年に最も活躍が期待されるアーティストに送る“iTunes NEW ARTISTS 2014”に選出され、リリースしたシングル『Connection/Spin It Back Now』『Love Strong/Watch Me Dance』はそれぞれiTunes ダンス/ エレクトロニックチャートで1 位を獲得。
    4 月には自身初となるCD 作品『Watch Me Dance』をタワーレコード限定でリリースし同作はタワーレコードのレコメンドタイトル”タワレコメン”にも選出。同月開催されたSkrillex の日本でのClub Gig では共演を果たす。さらに9 月にはDJ としてULTRA JAPAN 2014 のメインステージに出演し、12 月にリリースしたファーストフルアルバム『Don’t Wanna Be』はiTunes ダンスチャートで1 位、総合アルバムチャートで4 位を記録した。
    その勢いは留まる事を知らず、2015 年2 月には話題のGoogle AndroidGoogle Android CM「じぶんを おもいきり」篇の楽曲プロデュースを担当。同曲は音楽検索アプリ最大手Shazam ジャパンチャート1 位を記録し話題に。そして5/20 にリリースした『Summer / New Style』はiTunes ダンスチャートの1 位2 位を独占。立て続けにリリースしたEP『At The Moment』では自身初となるMV も公開。
    11 月には2度目となるGoogle Android CM 楽曲を担当。同CM に起用された”Watch Me”は米大手配信サイトBeatport Dubstep Chart、iTunes Dance Chart、そしてShazam Japan Chart で1 位と三冠を達成。その注目度の高さを証明した。
    ライブ出演としてはULTRA KOREA、ULTRA EUROPE 等海外フェスへの出演。ULTRA KOREA ではSkrillex とも再会しパフォーマンスと楽曲を賞賛される。そして7 月には国内最大級のフェスティバル、フジロックフェスティバル2015 出演。さらに2年連続となるULTRA JAPAN 2015 への出演を果たす。同年大晦日にはCOUNT DOWN JAPAN 15/16 へも出演し同年を締めくくった。
    さらに2016 年4 月にはモード学園の新CM 楽曲プロデュースを担当。5 月からは自身のソロ作の連続リリース、そして”Red Bull Summer Edition Music Playlist”へのエクスクルーシブ楽曲提供、さらには米ジャージークラブシーンの第一人者、R3LL とのコラボレーション、『DOWN』がDim Mak よりリリース。
    時代の先を行くそのクリエイティビティーはPorter Robinson、Madeon、Getter、Flux Pavilion、Bear Grillz 等ワールドクラスのアーティストがビッグフェスやオウンドメディアで楽曲をプレイしているという事実からもその評価の高さが伺える。
    banvox が繰り出す最先端の音楽は海を超え、どこまでも広がり続ける。

    ■URL
    【オフィシャルサイト】 http://banvox.net/
    【YouTube】 https://www.youtube.com/user/banvoxofficial
    【SoundCloud】 https://soundcloud.com/banvox
    【Twitter】 https://twitter.com/banvox
    【Facebook】 https://www.facebook.com/banvoxMUSIC



    http://ifyr.tv/a58w
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU
  • MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO (CYBERJAPAN, Cr2 JAPAN, Limited Express)
    http://www.cyberjapan.tv/
    http://www.facebook.com/MitomiTokoto
    http://twitter.com/mitomitokoto

    DJ、音楽プロデューサー、リミクサー。クラブ系ウェブサイト「CYBERJAPAN」と、人気の「CYBERJAPAN DANCERS」のプロデューサーもつとめる。日本人ハウス・プロデューサーとして唯一、4曲を Beatport ランキング TOP 100 にランクインさせ、さらに 「That IbizaTrack」、「Sax @ Arena -MITOMI TOKOTO Remix-」の2曲が、総合チャート・トップ5 にチャートイン。David Guetta、 LFMAO、Fergie(The Black Eyed Peas)から Swedish House Mafia を率いる Axwell までと幅広く世界のトップクラスのアーティストのリミックスも数多く手がける。
    日本国内においても、DAISHI DANCE "Sax @ Arena"、倖田來未 "But"、金原千恵子 "String of Life"、Ms.OOJA "Life" などを手がけた。
    2011年には、DAISHI DANCE と MITOMI TOKOTO のコラボレーション名義 Limited Express からのアルバム"Party Line" をリリース。
    このアルバムは、2011年に全国でもっとも売れたハウスミュージックのアルバムとなった。
    2012年には、DJ Set 用にリミックスした 2NE1、BIGBANG らの楽曲リミックスが K-POP ワールドでも話題に。又、フランス人スター DJ Norman Doray とコラボレーションしたニューシングル "Music" をリリース。 その他の楽曲も今後、続々とリリース予定となっている。


    http://ifyr.tv/a34
  • VIVID

    VIVID

    日本で認知度を上げ続けている外国人DJ、Vivid は10 年近く東京のナイトクラブシーンを支えている。東京で最も人気のあるナイトクラブT2 渋谷、ColoR やELE などでレジデンスをつとめ、彼のエネルギッシュかつ早いペースでのミックススタイルに魅了されたファンは彼のプレイ中、空中にV サインを両手で作り掲げる程である。

    しかしVivid が広く知られているのは日本だけではない。彼は韓国のOctagon、The A やGRID といった有数のナイトクラブでもレジデントをつとめている。DJ として活躍していない時間Vivid はトラックの制作に励んでおり、彼が今までにリリースした楽曲はBeatport やiTunes のダンスミュージックチャートにランクインしたものも含め数十曲以上に及ぶ。

    彼の最新リミックストラックVIOLENCE は世界的有名なEDM ミュージックブログであるedm.com のフロントページにフィーチャーされ、Vivid のSoundCloudページでは三万回以上もプレイされている。最近ではあのDJ CHUCKIE のレーベルであるDIRTY DUTCH から新曲のリリースが決まっており、大ヒットとなる事は間違いない。

    DJ としてのレジデントや楽曲制作だけではなくVivid は彼の会社TURNEDON Inc.にて大規模なイベントをageHa にてプロデュースしており、毎回1,000 人以
    上のゲストを惹き付けている。

    現在彼は活躍の場所を日本や韓国だけでなく、アジア全体を見据えて活動しており、アジアいち有名な外国人DJ になる日も時間の問題である。

    http://ifyr.tv/a1Bc
  • SONE

    SONE

    「DJ SONE」

    2007年よりDJ活動開始。弱冠26歳にして、年間20万人以上を動員する「ageHa」のResidentを務める。海外アーティストのイベントにLine upされることが多く、過去には〝Afrojack″〝Bingo Players″〝R3hab″〝TJR″〝Ookay″〝W&W″〝Yellow Claw″など50組以上の人気アーティストのサポートActを行った。2017年にはCreativeman主催の国内最大EDMフェスティバル「electrox」へ初出演。また世界三大フェスの一つて通年の動員数が100万人を超えるEDCの東アジア初開催となった「EDC JAPAPN」にも出演。同年Nicky Romeroの公演のオープニングアクトも担当した。2016年にはFC東京ホームグラウンドの味の素スタジアムにて開催されたランフェスの代名詞とも言える「エレクトリックラン」にも出演。2013年にはLos Angelsのダウンタウン最大級のCLUB「Exchange LA」にGUEST出演し現地で喝采を得る。2014年にはMitomi Tokoto率いるCyberJapanの国内屈指の人気Party「BIKINI NIGHT」にも出演。2015年には世界14ヶ国中で開催され、No.1 EDM DJを決めるコンテスト『Miller SoundClash』のファイナリストにも選出された。2013年からはDJ MASAYAと楽曲制作プロジェクト【Guilty Pirates】を開始。オリジナルのデビュー曲『Restart』を含む4曲をBeatport・itunesにて配信。2016年にはThaBoogieBanditとPepe Orroと共作で『Bring It Back』をPeakhour Recordsよりリリース。この曲がBeatport ELECTRO HOUSE Chartにおいて、日本人アーティストとして最高位の23位を獲得した。また、2014年8月にDJ HOSAKA,DJ BABY-Tと共作で『WMC-white-』をiTunesでリリース。この作品がダンスチャートのアルバムランキングにおいて1位を獲得。26歳とまだ若手ながらageHa,ELE,ATOM,WOMBと言った日本を代表するCLUBのメインフロアでもSpinし、東京の有名CLUBはもちろん地方へのGUEST出演も多い。

    http://ifyr.tv/a5Tr
  • 東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-

    東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-



    http://ifyr.tv/adol
  • TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAXは2012年に日本の若手DJが中心となり発足したインディーレーベルである。
    これまでのテンプレートに囚われない様々な音楽を世界に向けて発信することを指針とし、全国各地で活動しているトラックメーカーとともに楽曲リリースを行っている。

    レーベル発足よりこれまで50作品を超えるリリースをリリースし、その楽曲のクォリティの高さは日本だけでなく、世界中から賞賛を受けている。
    これまでSkrillex, Diplo, Major Lazer, RL Grime, Djemba Djemba, MUST DIE!, Ookay, Carnage, Mija, Wave Racerなど名だたるDJ達からサポートを受けており、2015年に開催されたULTRA JAPAN 2015ではメインフロアにて多くの楽曲がプレイされるだけでなく、レーベルから2名のアーティストが出演した。

    またレーベルの総決算してリリースされた「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (CD)」が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」へレビュー掲載されスコア【7.2】を獲得するほか、Skrillexが主宰する「NEST HQ」での特集記事やMini Mixのリリース、LuckyMe Recordsがホストを務めるRinse.fmのプログラムでのレーベルが特集ほか、 「BBC Radio 1Xtra」「BBC Radio 1Xtra - Diplo and Friends」
    や「Nina Las Vegas - Triple J Mix Up」でも楽曲がプレイされるなど各国のメディアに大きく取り上げている。

    その他にもアメリカ・テキサス州で開催された「South by Southwest 2016」への出演やPC Music、Lido、DJ Paypal、Muchinedrum、Addison Groove、DJ Sliinkなどその他多くのアクトの海外公演のサポートを務めるほか、アメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い多くの世界中のファンを熱狂させている。

    日本国内ではm-floのTaku Takahashiが局長を務める日本最大のクラブミュージックインターネットラジオ「Block.fm」にてクルーのandrew, Carpianter, Seimeiによる「Rewind!!!」のホストを務める。
    またHyperdub Label Showcaseへの出演を筆頭とする来日アクトのサポートや、Djemba Djemba、Nina Las Vegas、Lucky Me Records所属のJoseph MarinettiやDeon Customのアジアツアーの主催、自身のレーベルの全国ツアーなど積極的に自主企画を行うほか、アパレルブランド「THE TEST」のコラボなどその精力的な活躍は今後の日本のユースシーンを牽引する今最も注目すべきレーベル、DJ集団と言える。

    http://ifyr.tv/aafi
  • SPICY CHOCOLATE

    SPICY CHOCOLATE

    ジャパニーズレゲエ界に名を馳せるKATSUYUKI a.k.a. DJ CONTROLER 率いるREGGAESOUND CREW=SPICY CHOCOLATE(スパイシー・チョコレート)。東京のルードボーイたちによって結成された品川世田谷バッドボーイ・クルー(SBC)が前身となり、 94年に活動をスタート。 2003年にはSPICY CHOCOLATE所属のBIGGA RAIJI らをフィーチャーした初のオリジナル・ミニ・アルバム『RUN DE WORLD』をリリース。そして、2007年には看板コンピ・シリーズとなる『東京RAGGA BLAZE』の第一弾が登場。それまでの活動で培われてきたリンクを活かし、彼らオリジナルの〈東京ダンスホール・スタイル〉を打ち出した。 制作活動の一方で〈BOMBOCLAT NIGHT, Kachi Kachi Friday 〉などのレギュラー・ダンスやダンサー・コンテスト〈DANCEHALL QUEEN JAPAN〉も主催。また、渋谷初のレゲエ祭「渋谷レゲエ祭2009」、続く2010 年の「渋谷レゲエ祭2010」を即日ソールドアウトにさせるなど、ジャンルの枠を超えてレゲエの魅力を発信し続けるその姿勢は、シーンに於ける絶対的な存 在として、常にリスペクトの対象となっている。 2011年9月14日、現在の本拠地「渋谷」の恋愛百景や、人生観をコンセプトにした「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION」をリリース。青山テルマ、RYO the SKYWALKER を迎えた先行配信曲「君に会いたい…feat. 青山テルマ & RYO the SKYWALKER」、「信ジルモノ feat. YU-A, AK-69 & HAN-KUN from 湘南乃風」が配信でスマッシュヒットを記録する。2012年9月5日シリーズ第二弾、「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION 2」もSPICY CHOCOLATEにしかできない奇跡のコラボを実現させた。収録曲の「ずっと feat.HAN-KUN & TEE」「愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca & SIMON」も前作同様、先行配信されスマッシュヒットを記録し、このシリーズの確固たる存在感をシーンに定着させた。 2013年、SPICY CHOCOLATEとして初のSingle「Turn It Up feat. AK-69 & HavanaBrown」では国境、ジャンルを超越した最強コラボレーションを実現させ、「FREEFREE!! feat. HAN-KUN & Ami (Dream / E-girls)」をはじめとする奇跡のコラボの数々を収録した「渋谷 RAGGA SWEET COLLECTION 3」は音楽シーンに衝撃を与えた。 2013年11月末よりOAとなった、NTTドコモテレビ CMソング SPICY CHOCOLATE至極のバラード「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」は各配信チャートで連日の1位を記録し、配信チャート19冠を達成、iTunes 週間ソング・ランキング、レコチョク週間シングルランキング、music.jp週間シングルチャ−ト8週連続1位など、記録的なHITを現在続けている。 結成20周年を迎える2014年。2月12日には、BEST盤「ずっとスパイシーチョコレート!BEST OF 渋谷RAGGA SWEET COLLECTION」を発売!勢いそのままに、10月22日に「渋谷」と「純愛」をテーマにした新シリーズ「渋谷純愛物語」を発売!アルバムの先行楽曲として配信した「うれし涙 feat. シェネル & MACO」、「しあわせ feat.Ms.OOJA & SALU」、「I miss you feat. 清水翔太」も配信でスマッシュヒットを記録。また、世界最強のリズム隊・SLY & ROBBIEとの共作で制作し、北米限定で配信していた「THE REGGAE POWER」が、日本人レゲエアーティストとしては初となる、第57回グラミー賞 ベスト・レゲエ・アルバム部門にノミネート! 日本だけに留まらず、ワールドワイドな活躍を見せるSPICY CHOCOLATEから目が離せない!

    http://ifyr.tv/a400
  • TOKYO POSE POSSE

    TOKYO POSE POSSE

    Tokyo Pose Posse(トーキョーポーズポッセ)は音楽だけでなく、ファッション、ライフスタイル全てを含めて「トウキョウライフ」をより豊かにすることを提案するスタイルで活動する、8人構成の東京を代表するインフルエンサー集団です。
    日本最大のクラブイベントageHa(6,000人規模)ほか都内主要クラブでのレギュラーの地位を10年以上に渡って確立し続け、常に最新音楽をジャンルレスにプレイすることで東京を中心にファッション、音楽シーンで求められ続けています。
    近年では、海外アーティストへの楽曲や衣装提供などにより友好関係を拡大し、アジア地域でのゲストDJ出演のみならずワールドワイドに活動を行っています。

    https://www.tokyoposeposse.com/
    https://soundcloud.com/tokyoposeposse


    http://ifyr.tv/acuy
  • GM K-TA

    GM K-TA

    10代から洋服と音楽に浸かり20代前半より人気ブランドNEXUS Vii( http://www.nexus7vn.com/ )に所属。
    統括マネージャーを経て、千葉県の津田沼にてセレクトショップR*izm( http://rizm-store.com/ )を運営。
    2011年Beenutsを立ち上げる。
    2006年より千葉で始めたPARTYを2012年には新木場ageHaにて開催し、人気PARTYとなった『Dr*age』をオーガナイズ。
    その他にも企画、オーガナイザー、自らもDJとしてビッグパーティーに参加。


    http://ifyr.tv/a6UE
  • ALLURE

    ALLURE

    光と闇、二つのステージで脚光を浴び続けるフィーメールDJ。
    ヒップホップ、R&BのトップランカーDJ SWINGと東京・ニューヨークを拠点に活動するクリエイター集団 THE MARROWSによるプロデュースを受け、2013年3月新木場ageHaで衝撃のDJデビューを果たす。
    その後も渋谷Club Camelotの人気イベントLADIES NIGHTやイタリアのコレクションブランドARMANI EXCHANGEのパーティーに出演するなどDJとしての経験を重ねている。
    また5月には自身初となる2枚組MIXCD"ALEXANDRITE by DJ ALLURE"もリリース予定。
    クールでシンボリックなイメージからは想像出来ない男勝りなスクラッチやDJ SWING仕込みのグルービーな繋ぎで、ALLURE (=魅惑する)の名に恥じない独自の世界感を作り出すDJ アルーア。
    今後フロアを魅了し続けるであろう彼女に注目だ。

    Website
    http://djallure.net/


    http://ifyr.tv/a8db
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、「YOSHIMASA」自身もレジデントDJとして、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。17年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,渋谷VISIONなど東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催しており、
    2018年3月にはFerry Corstenをゲストに招聘し、17年ぶりにTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を復活させることを発表し大きな話題となった。

    アーティスト活動としては、「Flashover」から「DIM3NSION」との共作で「HIDAMARI」をリリースをした「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い
    多くのスターアーティストからサポートされ、2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売

    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • TAKAHASHI YU

    TAKAHASHI YU

    1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。
    http://tcpt.net/dj/dj_azjumperz

    http://ifyr.tv/adrj
  • 23TO

    23TO

    Electro Houseを主軸にDnB, TRAP, DubStep, Hard Style, を織り交ぜ緩急をつけたプレイスタイルを得意とする。 特にオリジナルMashupには定評があり、海外のDJからも評価され使用されている。 次々と繰り出されていくスピード感溢れるプレイと、複数の曲が重なり合って作られるオリジナルなサウンドでクラウドをロックし、 BIGイベントでは欠かせない存在となっている。

    Fumito mostly spins ElectroHouse, DnB, Trap, DubStep, HardStyle, varying the tempo to create his set. His original mashup tracks in particular have gained fame and are also used by international DJs. He creates his signature sound by overlapping tracks with speedy mixing, rocking the crowd at big events and becoming an established presence.

    https://www.mixcloud.com/23TO/418-at-ageha-who-is-ready-to-jump-23to-promo-mix/

    http://ifyr.tv/acuJ
  • Q'HEY

    Q'HEY

    レーベル「MOON AGE RECORDINGS」主宰。今年20年周年を迎えた国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」やレーベルパーティー「MOON AGE」をオーガナイズ。
    現在最も信頼されている野外フェスティバル「METAMORPHOSE」及びモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」のレジデントDJでもあり、日本のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍している。
    台湾、香港、中国、韓国、シンガポール、マレーシアといったアジア諸国、ベルギー、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ポーランド、ルクセンブルグ等のヨーロッパ諸国でプレイする機会も多い。
    1998年には自身のレーベル 「MOON AGE RECORDINGS」をスタートさせ、その作品群はCARL COXやSVEN VATH、MARCO BAILEYなどシーンを支えるDJ達のプレイリストに載るなど、ワールドワイドに高く評価されている。
    またベルギーのレーベルMB ELEKTRONICSやスペインのPORNOGRAPHICなどからも作品をリリースし、Q'HEY + REBOOT 「ELECTRIC EYE ON ME」、Q'HEY + SHIN 「PLANETARY ALLIANCE」の2枚のアルバムをリリース。またHARDFLOORのRAMON ZENKERとのユニット「Q-RAM」としても、3枚のシングルをリリースしている。
    ミックスCDにおいても、3台のターンテーブルを使ったスキルをフルに発揮した「SOUND REPUBLIC」(KSR)、「REBOOT #001」(KSR)、「NYSO VOL.1 :DJ Q'HEY」(YENZO MUSIC)のいずれもが好セールスを記録。
    2011年東日本大震災を受けてチャリティー・プロジェクト「BPM Japan - Be Positive by Music Japan」を設立。コンピレーション・アルバムやイベントの企画を通じての収益金を被災者への義援金として寄付する為の活動に取り組んでいる。
    2012年にはフジロックフェスティバル出演。
    2013年にはREBOOTの15周年ツアーを国内11箇所で開催。そしてJEFF MILLSのニューアルバム「WHERE LIGHT ENDS」にリミキサーとして参加。さらに日本発の新レーベル「TORQUE」からEPやリミックスのリリースを重ねた後、アルバム「CORE」をリリースし、Beatportのテクノチャートで6位に入るなど、世界的に好セールスを記録している。
    またインターネットラジオ局block.fmにて、毎週火曜に放送している番組「radio REBOOT」でのパーソナリティーも務めている。

    http://www.facebook.com/djqhey
    http://www.facebook.com/qhey.page
    http://twitter.com/djqhey
    http://www.residentadvisor.net/dj/qhey
    http://qhey.blog.so-net.ne.jp

    http://ifyr.tv/afQ
  • TAKAMI

    TAKAMI

    TAKAMI 
(REBOOT / BUZZ×3)
    1995年からDJを始め、現在は国内最長寿テクノパーティー「REBOOT@contact」やアフター・アワーズの決定版「BUZZ×3@R LOUNGE」のレジデントDJとして活躍中。また、新宿2丁目自作自演系「りんごないと」でもプレイする一面も持つ。
他、2012年6月より日本初のダンス専門インターネットラジオblock.fmにて「radio REBOOT」(毎週火曜日 23:00~)をレギュラー担当。

    東京を拠点にテクノやハウスなどの、ジャンルを問わず様々なパーティーでゲストプレイし意欲的な活動を行っており、THE ADVENT,CHRISTIAN SMITH,HARDFLOOR,MARCO BAILEY,FILTER HEADS,CRISTIAN VARELA,SIAN,TOMEHADESなど来日時にも共演し、「TECHNO」を基本として4DECKSを駆使した独自のファンキーな選曲と安定感のあるプレイスタイルは、幅広いオーディエンスやDJの間で評価が高い。

    また、ロック&クラブマガジン「LOUD」によるDJ人気投票「DJ 50/50」にも、2006年より連続ランクインを果たしたことから、キャリアと共にその根強い人気の高さが伺える。
    2002年9月には、MOON AGE RECORDINGSから初のリリースとなったデビューEP.「AGAINST THE OVERDRIVE E.P.」はQ'HEY、DJ SHUFFLEMASTER、YAMA、DJ UIROHなどから高い評価を受けた他、ドイツのクラブ誌「raveline」では5つ★の評価を得て話題を呼んだ。その後、数多くのトラックをリリースし続けており、その楽曲のオリジナリティーの高さからリミキサーとしても作品を提供している。

    http://ifyr.tv/aq0
  • DRUNKEN KONG

    DRUNKEN KONG

    DRUNKEN KONG (Tronic/Terminal M)

    【Japanese】
    DRUNKEN KONGは、D.SinghとDJ KYOKOが新しいtechno musicを作ろうと結成したプロジェクト。
    別々のバックグラウンドを持っている2人が組むことによって、新しいクラブミュージックを生み出すことを試みる。

    2人はDRUNKEN KONGとして、2011年にAGEHAでデビューし、以来、渋谷のWOMB、VENT、SANKEYS TYOの他、地方や海外などで数々のLiveをこなす。

    2015,16,17年と毎年Christian SmithのレーベルのTronicからEPとコンピレーションをリリース。2016年にはBorisのレーベルTransmitからEP『Non Step』をリリース。更に今年の2017年には、Monika KruseのレーベルTerminal MからもEP『Chanted』をリリース。日本のレーベルSession WombからもEP『How I Work』をリリースし、全曲Beatportで100位以内のチャートインを果たし、世界中に反響を呼んでいる。

    特にTronicからの “To The Piece”とTerminal Mからの“Chanted”は、BeatportでテクノEPチャート2位を獲得。
    2017年2月の時点で、全7曲のオリジナルトラックが、Beatportのテクノチャート100位以内にランクインをし、日本人アーティストとして快挙を成し遂げ、テクノアーティストとして世界ランク19位の地位を獲得した。
    また6月に、待望の1st Album 『The Sings Within』をリリースし、更に世界にアーティストの名前を広げる。

    彼らの曲は、Carl Cox, Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruse, Pan Pot, Noir, Uto Karem ,2000 and oneの他、Deadmau5などのTOPアーティストのplayにも使用され、サポートを受けている。


    そして、2015, 16, 17年の夏にはヨーロッパツアーを成功させ、ADE(アムステルダム•ダンス•イベント)や、SONAR OFF WEEKの海外ビックフェスティバルにも出演。フロアーが湧くPLAYを見せて、多くのお客を魅了した。
    日本でもDRUNKEN KONG presentsのパーティー “INTENTION”を渋谷WOMBで開催。レジデントパーティーとして成功を納めている。

    D.Singhは日本とインドのハーフで、アメリカのL.A.でオーディオエンジニアの勉強をし、2008年に日本に帰国。以来アップテンポのトラックを作り始め2009年にはNONCITIZENとしてアーティストデビュー、Beatfreak Recordingsから楽曲をリリースする。

    DJ KYOKOは1995年にレゲェDJとしてデビューし、そこからテクノ、プログレッシブ、ハウス、トランスとジャンルを移行。そして2003年のスイスのストリートパレードでは日本人女性DJ初のplayをし、そこから中国、韓国、イスラエル、アメリカなどのワールドツアーも開始、成功を収める。

    DJ、エンジニアの経験を十分に備えた二人が、今ここに集結し、進化する音を追求するこのDRUNKEN KONGを、是非一度堪能していただきたい。




    Web: http://drunkenkong.jp/
    Spotify: https://open.spotify.com/artist/2c8K7cdY2IU2jBacPOxYqk
    Beatport: https://www.beatport.com/artist/drunken - kong/225530
    Soundcloud: https://soundcloud.com/drunkenkongjp
    Facebook: https://www.facebook.com/DRUNKENKONG

    http://ifyr.tv/a5zO
  • MAREAM

    MAREAM

    DJ・プロデューサー・映像ディレクター・エディター
    2018年8月に行われた、タイ発の水×音楽をコラボレーションさせたアジア最大級のダンスミュージックフェスティバル「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」の日本版、「S2O JAPAN」@お台場ウォーターランド におけるオープニングアクトをかけたオーディションにてクリエイター部門において自身のオリジナル曲『You Gotta Stab Her』で最優秀賞を取り、出演を果たした。
    音楽の他にも映像ディレクターとして、SHOWROOM RECORDSからリリースされたKIMIKA 『夏風』のMVのディレクションを手がけたり、NMB村瀬紗英を編集長としたファッション・ビューティーマガジ「Light uP」のエディターを務めるなど、精力的に活動している。
    音楽を中心にあらゆる分野をクロスオーバーさせながら、日々進化する新世代のマルチクリエイターである。
    彼女の今後の活躍に目を離せない。

    http://ifyr.tv/ad6o