EDIT EVENT
SUNDAY / 2018.04.29

EASTPAK presents The Infectious

2018年一発目のHIP HOP PARTY どでかく開催! EASTPAK presents The Infectious! 次世代を担うHIP HOPアーティストが大集結する。

EASTPAK presents The Infectious

2018.04.29.SUN
OPEN 23:00
DOOR / 当日 :  ¥3,500
ageHa MEMBER :  ¥3,000
INTERNATIONAL COUPON :  ¥2,500

ADVANCE TICKET / 前売 
先行前売り (未発売WenyDacillo 新曲音源USB付き) SOLD OUT!
※USBは当日会場にてお渡しさせて頂きます。
通常前売り ¥3,000
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
e+ [ご購入はこちらから/Ticket Available]​
前売り (25才以下) ¥2,000
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

INTERNATIONAL COUPON
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING CLOSED
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

2018年一発目のHIP HOP PARTY どでかく開催! EASTPAK presents The Infectious! 次世代を担うHIP HOPアーティストが大集結する。

国内最大級のエンタテイメントスペースageHa@STUDIO COASTで2018年一発目のHIP HOP PARTY をどでかく開催
 昨年、渋谷WOMBで初開催し、「ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY」の初ライブ披露やOPENと同時に長蛇の列ができるなど、話題騒然となったパーティ「The Infectious」が、アメリカのバッグパックブランド”EASTPAK ”の強力なサポートのもと、さらに豪華な内容でGWの新木場に上陸。

 次世代を担う注目アーティストが集結する本パーティ。すでに発表されている、KANDYTOWNのIO、KEIJU。BAD HOPからYZERR、Vingo、Tiji Jojo、Benjazzy。名曲「ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY / DJ CHARI & DJ TATSUKI」のWeny Dacillo、JP THE WAVY、Pablo Blasta、HIYADAM、トップクリエイター集団・BCDMGと契約したばかりのYo-Seaに加え、RANE MARS、RY-LAX、GLOSSが追加アーティストとして発表されさらに豪華な内容となった。そしてCOCALERO presents TOKYO SOUL CLUBがISAL NDで開催世界のVINYL DIGGERをも唸らせるDJ KOCO aka SHIMOKITAを筆頭に間違いないDJたちがフロアを沸かす。ageHa名物の野外フロアWATERでは、長年HIP HOP一本で渋谷のクラブ・シーンを支えてきたパーティ BLUE MAGICの日本語・ラップ・オンリー・ヴァージョン日本語BLUE MAGICがAbemaTVのサポートを受け間違いない内容でこの日を盛り上げる。BOXには渋谷を中心に活動するGOOD KID TYOのパーティが初開催。

 まさにアミューズメントテーマパーク型のパーティ、二度と体験できないような、豪華な内容になっている。

すでに枚数限定の先行前売りチケットは、SOLD OUTしたが、25才に以下にやさしい前売りチケット、通常前売りチケットの販売がスタート。

当日、初披露ライブとなるWeny Dacillo feat.SAKURA「Dance Floor」のステージも注⽬してほしい。2018年のGWはこのイベントからスタートしてはいかがだろうか。

  • ARENA

    EASTPAK presents The Infectious

    SP LIVE
    IO
    KEIJU
    YZERR
    Vingo
    Tiji Jojo
    Benjazzy
    Weny Dacillo
    JP THE WAVY
    HIYADAM
    Pablo Blasta
    Yo-Sea
    RENEMARS
    RY-LAX
    GLOSS
    LINE UP
    NOBU a.k.a. BOMBRUSH
    YANATAKE
    CHARI
    TATSUKI
    FUJI TRILL
    KANJI
    HIP HOP
  • ISLAND

    Cocalero Presents TOKYO SOUL CLUB

    LINE UP
    DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA
    THE SILVER CHILD
    MASATO (KANDYTOWN)
    MINNESOTAH (KANDYTOWN)
    HARADA KOSUKE
    910
    SOUL / DISCO
  • WATER

    AbemaTV presents 日本語 BLUE MAGIC

    LINE UP
    RYOW
    LIl'Yukichi
    ZOT on the WAVE
    BOMBRUSH
    YANATAKE
    CHARI & TATSUKI
    SIBA
    TACKMA
    MAEDA
    日本語 RAP
  • BOX

    ALPHADIA presents GOOD KID TYO

    LINE UP
    RyuNosuK
    & Friends
    ChuBEI
    ​& Friends
    RUSTY
    ​& Friends
    SLAG
    YUTARO
    NOVA
    Lu-Q
    NORIO
    KAITO
    GOOD MUSIC
RELATED MEDIA
ビッチと会う -Live- 2017.9.30 @WOMB (The Infectious)
Dance Floor - Weny Dacillo feat.SAKURA
Stitt - IO
Right Now (feat. KEIJU & YZERR) - DJ CHARI & DJ TATSUKI
HiiiSpace Feat. Tiji Jojo, Vingo & Benjazzy - DJ CHARI & DJ TATSUKI
Cho Wavy De Gomenne Remix - JP THE WAVY feat. SALU
Bukkake - HIYADAM & JP THE WAVY feat. MIYACHI
ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY / DJ CHARI & DJ TATSUKI
1000% - Weny Dacillo
I think she is - Yo-Sea
ARTIST ANNOUNCE
  • IO (KANDYTOWN / BCDMG)

    IO (KANDYTOWN / BCDMG)

    Check!! → http://kandytownlife.com

    http://ifyr.tv/acWC
  • KEIJU (KANDYTOWN)

    KEIJU (KANDYTOWN)

    東京の街を生きる幼馴染からなるラッパー、トラック・メイカー、DJ、映像ディレクターら総勢16名を擁するHIP HOPクルー、KANDYTOWN。

    昨年11月、待望の1stアルバムにしてマスターピースとでも言うべき「KANDYTOWN」を遂にメジャーからドロップ!以降、CARHARTT、Reebok、Timberland等とのコラボ楽曲/MVのリリースなど、アパレル界隈をも巻き込んだ幅広いアーティスト活動で大きな注目を集めている。

    そんな「音楽」、「ファッション」、「アート」、全てにおいて自らの表現を発信し続けるKANDYTOWNの中核をなすメンバーにしてフォトジェニックなルックス、メロウネスを感じさせるヴォイス含め、強く個性を感じさせるラッパー、KEIJU as YOUNG JUJU。

    2016年にはいち早くソロ・アルバム、「Juzzy‘92」をリリース。

    そのメロディを重視した歌ともラップともつかない独特のスムースなフロウ、ライミングによる唯一無二な個性的なスタイルが高く評価され、数々のアーティストより客連オファー続出!2017年には、既に本年を代表するアンセムとの呼び声も高いオートチューンを効果的に用い、切ない歌までも乗りこなすパフォーマンスが印象的なtofubeats「LONELY NIGHTS feat.YOUNG JUJU」での共演を始め、現在、最も注目される沖縄の女性ラッパー、Awitchとの共演による「Rember feat.YOUNG JUJU」、さらには前述のソロ・アルバムの”LIVE NOW”という曲で清水翔太の「Overflow」をサンプリングしたことが縁で逆指名され、KANDYTOWNのIOと共に参加した清水翔太「Drippin’ feat.IO & YOUNG JUJU」など本年度のジャパニーズ・ヒップホップ・シーンの客演王と言ってももはや過言ではない程のめざましい活躍を見せている。

    2017年、グループからのソロとしては初となるメジャー・ディールをソニー・ミュージックレーベルズと締結。

    2018年初頭にはこれまでの”YOUNG JUJU”からアーティスト名を"KEIJU"へと改名し、同時にソニー・ミュージックレーベルズ内において自らのスペシャル・レーベルをローンチ。

    http://ifyr.tv/adND
  • YZERR, Vingo, Tiji Jojo, Benjazzy (BAD HOP)

    YZERR, Vingo, Tiji Jojo, Benjazzy (BAD HOP)

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MC&1DJ によるヒップホップ・クルー。双子であるT-Pablow とYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Bark、そしてDJ KENTA のメンバーで構成され、2017 年9 月に発表する初の全国流通となるセカンド・フルアルバム『Mobb Life』がリリースされたBAD HOPのメンバー、「YZERR」、「Vingo」、「Tiji Jojo」、「Benjazzy」

    http://ifyr.tv/adNE
  • Weny Dacillo

    Weny Dacillo

    Tokyo Young Visionに所属するラッパー。2017年にリリースしたEP『AMPM』で注目を集め、その年にリリースされたDJ CHARI & DJ TATSUKIのバイラルヒットチューン”ビッチと会う”にも参加し、一躍人気ラッパーの仲間入りを果たす。独特のワードチョイスと天性のメロディーを武器に、これまでに『AMPM 2018』などもリリースしている。

    http://ifyr.tv/ady9
  • JP THE WAVY

    JP THE WAVY

    JP THE WAVYはラッパーとダンサーで構成されているクルー、D.T.R.I(Do The Right Inc)のメンバー。マルセロ・ブロンが南青山にオープンしていた期間限定ショップ・MARCELO BURLON COUNTRY OF MILAN TOKYO STOREのスタッフでもあった。

    このたび公開されたMVは、渋谷の街でJP THE WAVYが仲間たちと踊り狂うというもの。一度聴いたら絶対に忘れない「 超WAVYでごめんね 」というフックがクセになるとネットでバズが巻き起こっており、公開から10日が経過した5月27日現在、すでに15000回以上再生されている。

    http://ifyr.tv/adzk
  • HIYADAM

    HIYADAM

    1996年生まれ。幼い頃から親が聴いていたブラックミュージックに影響を受け、
    15歳からラッパーとして活動を始める。
    その半年後には『高校生ラップ選手権』で優勝し、本格的にアーティスト活動をスタート。
    独自の視点とファッションセンスで関係者からの注目も高く、近年メディアなどへの
    露出も大幅に増えファン層を広げ続けている。
    楽曲制作ではアメリカ、フランス、中国のアーティストともコラボし、ワールドワイドな
    活動をしながらコンスタントに作品をリリース。
    自主製作盤1000枚をWEBと数店舗限定で販売し即完売!!
    現在はBCDMGサポートの元で新作アルバムを制作中。

    http://ifyr.tv/ad92
  • Pablo Blasta

    Pablo Blasta

    シングル「Tokyo Young OG」のリリースを皮切りに、2017年3月、シングル「Tokyo Young OG」のリリースを皮切りに、「ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY / DJ CHARI & DJ TATSUKI」 や 「ONE a.k.a ELIONE / 此処ニハナイ REMIX feat. CHICO CARLITO & Pablo Blasta」 への立て続けの参加により話題沸騰中。2018年のジャパニーズヒップホップシーンを担う注目アーティストのひとり。

    http://ifyr.tv/adNG
  • Yo- Sea (BCDMG)

    Yo- Sea (BCDMG)

    BCDMGが沖縄出身のシンガー/ラッパー ”Yo-Sea”との契約を発表。アーテイスト活動開始から1年ながら、日本人離れしたメロディーとセンスでBCDMGとの契約を果たした。デビューシングル "i think she is"のミュージック・ビデオは唾奇をはじめ、多数のMVを手がけるクリエイター”Shintaro Kunieda”が制作。

    Twitter : https://twitter.com/yoooo7878
    Instagram : https://www.instagram.com/yo_sea7878/?hl=ja


    http://ifyr.tv/adNH
  • RENEMARS

    RENEMARS

    IO(KANDYTOWN)のリリースでも注目を集める国内最高峰のプロデュース・チーム、BCDMGに所属する若手ナンバーワンなDJ、DJ CHARIがUSヒップホップのトレンドを汲む日本語ラップを中心にリリースするとこをめざし、設立した新レーベル<AIR WAVES MUSIC GROUP>。その第一弾アーティストとして契約したのが、どの派閥/クルーにも属すことなくシーン最深部でスキルを磨き、知る人ぞ知る存在として少しずつその名が都内にも知れ渡ってきたペルー生まれ/神奈川・厚木育ちで日本語とスペイン語を操るアンサインド・ハイプなバイリンガル・ラッパー。

    今年初頭にアメリカの人気ミックステープ・サイト、Datpiffにてフリー作品『RENE MARS THE MIXTAPE』を派手な告知無しでリリースし、早耳な日本語ラップ・ヘッズの間でも噂が広まっていた知る人ぞ知る男。すでにクラブでも人気な先行曲“300 MY RIDE”がちまたで話題にとなり、続けて公開された来たるデビューアルバムからのリードMV ”NO GENRE ME”では音楽的世界観と共にそのキャラクターの存在感を見せつけた。

    http://ifyr.tv/adQ4
  • Ry-lax
  • GLOSS
  • NOBU a.k.a BOMBRUSH

    NOBU a.k.a BOMBRUSH



    http://ifyr.tv/aLK
  • YANATAKE

    YANATAKE

    レコードショップCiscoのヒップホップ・チーフバイヤーとして渋谷宇田川町の一時代を築き、Def Jam Japanの立ち上げやMTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担って来た存在。ビデオゲーム"Grand Theft Auto"シリーズや宇多田ヒカルのPR/発売イベントも手掛け多方面に活躍中。そのセンスは多くのDJやラッパーからも信頼され、アドバイザー的な役割も果たしている。DJとしてはClub Harlemでのイベント"Honey Dip"やYellowでの"FOWL"などDJ Hasebe,DJ Wataraiらと長期に渡り活動中。ヒップホップ、R&Bを軸にジャンルは幅広く、新旧譜/洋邦楽ともにエッジの効いた選曲とアイデア豊富なプレイは毎回DJ陣からも絶賛されるほど。またコラムの執筆や自身のブログ、Twitterは連日高いヒット数を誇るなど業界内外問わず支持が高い。TBSラジオの人気番組"ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル""高橋芳朗 HAPPY SAD"にも準レギュラー出演し、手掛けたミックスは番組人気投票の年間1位を獲得している。近年は旧友であるm-floの☆Taku Takahashiが立ち上げたBLOCK.FMにてヒップホップの人気インターネット番組"INSIDE OUT"のディレクションやAmebreakプレゼンツ"RAP STREAM"のオペレーションなども手掛けるマルチな活動が注目を集めている。

    http://twitter.com/yanatake
    http://extraclassic.net/yanatake
    http://block.fm/program/insideout.html


    http://ifyr.tv/a4F0
  • DJ CHARI

    DJ CHARI

    国内最高峰のプロデューサーチーム・BCDMG所属。2016年にはBCDMG内に新たなレーベル・AIR WAVES MUSICを設立。同レーベルのDJ TATSUKIと共に今年5月にファーストアルバム”THE FIRST”を発売。AbemaTVで放送中のAbemaMIXに毎週木曜日レギュラーとして出演中。
    Y’SのバックDJとしても活躍。

    Twitter : https://twitter.com/djchari
    Instagram : https://www.instagram.com/djchari/?hl=ja


    http://ifyr.tv/acRU
  • DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA

    DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA

    『世界のVINYL DIGGERをも唸らせる選曲と、バトルDJにも引けを取らないパーフォーマンス性・技量を併せ持ち、ライブ感120%のそのPLAYは常にオーディエンスを魅了する。
     これまで、"SHIMOKITA HOUSE"、"WHO GOT FLAVA?"など数々のクラシックなMIX作品を出し続けてきた現在進行形のHIP HOP DJで、HIP HOP的な解釈、手法で操る45'sのDJも要必見だ。
     小さな巨人、DJ KOCOワールドに乞うご期待!』

    https://kocomoco.exblog.jp/

    http://ifyr.tv/a1XH
  • THE SILVER CHILD

    THE SILVER CHILD

    1990年代前半からHIPHOPにのめり込み当然のようにそこからサンプルソース・ブレイクビーツを求めCRATESを掘り起こすようになる。
     2004年より、盟友MSAと共にリリースしたミックスCD「STILL SEERCHIN'」シリーズは全国、そして海外でも評価を得た。現在もHIPHOPを中心に新しい音に対し、好奇心旺盛。クラブプレイではHIPHOPを中心に、REGGAE、REGGAETON、SALSAなどLATIN MUSIC、MAIN STREAMまでグルーヴ重視のハイテンションなプレイを心掛けている。


    [WEBSITE]

    THE SILVER CHILD : http://myspace.com/the_silver_child
    http://twitter.com/THESILVERCHILD

    [DISCOGRAPHY]

    2004年 THE SILVER CHILD & MSA「STILL SEARCHIN' 2」
    2005年 THE SILVER CHILD & MSA「STILL SEARCHIN' 3」
    2008年 THE SILVER CHILD & DJ HAYASHI A.K.A. HYPAHECTIC -NEW DIMENSION-


    http://ifyr.tv/asP
  • DJ RYOW (BALLERS)

    DJ RYOW (BALLERS)

    地方ヒップホップ最大の激戦区たる名古屋を拠点に、日本全国を飲み込む勢いを見せるDJ RYOW。岐阜県大垣市に生まれ、DJとしてすでに十数年のキャリアを誇る彼は、M.O.S.A.D.("E"qual & AKIRA)ら多くのタレントが揃う名古屋随一のヒップホップ・クルー:BALLERSに籍を置いている。完全な現場叩き上げスタイルのクラブ・プレイには定評があり、地元はもちろん全国各地のイベントへゲスト出演。2010年には、30都市以上を回るDJツ アー『NEXT GENERATION DJ TOUR 2010』をスタートさせる。また、東海エリアのFM局でMIX SHOWを担当した経験も持っており、"E"qualやAK-69ら地元主要アクトにもライヴDJとして絶対的な信頼を得ている。MIX CDの制作にも積極的で、現在54作目に達したストリートMIX CD「NEXT GENERATION」シリーズに加え、DJ ENVYやDJ GREEN LANTERN、DJ ABSOLUT、DJ MISTER CEEらUSトップDJとの共作MIX CDなど、トータルで90作品以上を発表。「052 LEGENDS」シリーズを筆頭に多数のオフィシャル・ミックスも手掛けるが、なかでも2009年11月にリリースした「BEST OF TOKONA-X / Mixed by DJ RYOW」はMIX CDとして異例の売り上げでオリコン・インディーズ・チャート第2位を記録するなど、その実力は折り紙付きである。プロダクション・チーム:GRAND BEATZの片割れとしても名を馳せ、各地の著名アーティストへビートを提供。作品化された楽曲は200曲にも上り、故・TOKONA-Xとの名古屋 052クラシック“WHO ARE U?”を収録したソロ名義作含めてこれまでに5枚のリーダー・アルバムをリリースしている。しかし、彼がその手腕を発揮するのはそういった直接的な部分ばかりではなく、地元シーンの底上げを図るビッグ・イベントの主催や若手11名による新生ユ ニット:YOUNGEST IN CHARGEの総監修、レーベル〈ICEBERG STEPS〉の運営、別分野たるクロージング・ライン〈DREAM TEAM〉のプロデュースなど多岐に渡っている。アーティストとしての軸を強く貫きながら、それらの活動にもすべて全力でぶつかっていく名古屋屈指のハードワーカー、DJ RYOW――。この男が、次世代の国内ヒップホップを代表する存在となるのもすでに時間の問題だろう。【文:吉橋 和宏】


    DJ RYOW Officilal Blog :? http://ameblo.jp/djryow
    GRAND BEATZ Official Web Site :? http://www.grandbeatz.com
    DJ RYOW MYSPACE :? http://www.myspace.com/djryow
    DREAM TEAM :? http://www.thedreamteam.jp
    TWITTER : http://twitter.com/djryow

    http://ifyr.tv/a2ES