EDIT EVENT
FRIDAY / 2018.04.27

The Room 25th anniversary &VJ Furniture Launch party "BEATS & VIBES" Powered by KAMARQ

渋谷・The Roomの25周年記念イベントに大沢伸一、DJ JIN、松浦俊夫、DJ KAWASAKI、沖野修也のDJ五人がアリーナに登場。ヴァイナルジャンキーのための家具ブランド、VJ FUNITUREのサポートにより3000円の前売り初アナログ化音源が引き換え可能な限定チケット!

The Room 25th anniversary &VJ Furniture Launch party "BEATS & VIBES" Powered by KAMARQ

2018.04.27.FRI
OPEN 23:00

GET TICKET

DOOR / 当日 : ¥3,500
International Coupon : ¥3,000
(Overseas tourist discount at door) 
25才以下 : ¥2,500 
(20-25years old discount at door)

ADVANCE TICKET(優先入場/FAST LINE)
前売り (アナログ盤付き) : ¥3,000 
427枚限定-スペシャル・アナログ盤チケット
427 limited ticket with Special vinyl exchange
チケットぴあ
[ご購入はこちらから/Ticket Available]​
IFlyer 
[ご購入はこちらから/Ticket Available]​
​*アナログ盤は当日会場入り口のみで引き換え可能です
/You can get the vinyl in exchange for your ticket at the door on 27th April

通常前売り : ¥2,800
アナログ盤は付きません/No vinyl
チケットぴあ 
[ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

渋谷・The Roomの25周年記念イベントに大沢伸一、DJ JIN、松浦俊夫、DJ KAWASAKI、沖野修也のDJ五人がアリーナに登場。ヴァイナルジャンキーのための家具ブランド、VJ FUNITUREのサポートにより3000円の前売り初アナログ化音源が引き換え可能な限定チケット!

昨年12月に25周年を迎えた渋谷の老舗小箱The Roomの特別記念イベントの開催が決定。MONDO GROSSOの大沢伸一、ライムスターのDJ JIN、松浦俊夫、DJ KAWASAKI、そしてKyoto Jazz Massiveの沖野修也といったThe Roomに所縁の深いDJ五人がアリーナに登場。テクノ、ハウス、ジャズ、ブギー、ヒップ・ホップとジャンルを越えた共演が実現します。この日はこの五人がThe Roomの名の下にプロデュースし、新鋭家具ブランドKAMARQとコラボレーションした(デザインはインテンショナリーズ)、VJ FUNITURE〜1RDISCOのお披露目を兼ねたローンチ・パーティーとなっています。開店から4半世紀を迎え、新たなフェーズに突入したThe Roomが、都内最大級のベニューをジャックします。何とこの5人の音源を収録したスペシャルなレコード(全て初アナログ化音源!)が付いた3000円の前売りを427枚のみ限定販売します!更には沖野修也かけ終わったレコードを全て観客にブースから大"盤"振る舞いします!!東京のナイト・シーンの歴史に残る一夜を是非お楽しみ下さい。

The Room, Shibuya will hold a unique event at AgeHa to celebrate it's 25th anniversary this past December and the launch of a new furniture brand KAMARQ produced by Japanese DJs, (designed by INTENTIONALLIES). The furniture has been produced by DJs with a long connection to The Room, Shibuya and will be known collectively as VJ FURNITURE - 1RDISCO. The DJ- Producers chosen for this project are Shinichi Ozawa (Mondo Grosso), DJ JIN(Rhymester), DJ KAWASAKI, Toshio Matsuura and Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive) and they will each DJ for this event at AgeHa. Expect the music to cross all genres, house, jazz, boogie, hip-hop... as The Room, Shibuya takes over the largest night venue in Tokyo. Advance tickets purchased at 3000 yen will includ a special vinyl for the first 427 people.Shuya Okino also plans to give away all of the records he played during his set.Please enjoy this one time only in the history of Tokyo's night scene event.

  • ARENA

    The Room 25th anniversary

    LINE UP
    Shinichi Osawa(Mondo Grosso)
    Toshio Matsuura
    DJ JIN(Rhymester)
    DJ KAWASAKI
    Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)
    Tecno / House / Boogie / Disco / Jazz / Funk
  • ISLAND

    CHAMP × DJ SARASA

    LINE UP
    DJ SARASA
    Yosuke Tominaga
    OIBON
    Hiroko Otsuka
    Yonchome
    HICKEY
    Masato Nakajima
    Funky Jazzy Music
  • WATER

    CMYK with ELLI ARAKAWA

    LINE UP
    ELLI ARAKAWA
    CMYK (NOMIZO, KIRIOKA, ENDONAO, hyota)
    Disco / House / World
  • BOX

     

    Close
     
GET TICKET
ARTIST ANNOUNCE
  • 大沢伸一

    大沢伸一

    大沢伸一(音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー)
    '93年のデビュー以来、MONDO GROSSO、ソロ活動を通じて革新的な作品をリリースし続けている音楽家、プロデューサー、DJ、選曲家。クラブサイトiLOUDのDJ人気投票国内の部3年連続No.1(2009〜11年)に輝く。ソロ名義で発表したアルバム『The One』('07)は、英Southern Fried、米Dim Makからもリリースされた。アルバム『SO2』(’10)収録曲「SINGAPORE SWING」が世界的クラブヒットを記録し、2011年にはその曲名をタイトルとしたPaul Chambersとのコラボアルバムをリリースした。近年はよりアンダーグランドなテクノに傾倒したトラックを世界の様々なレーベルからリリースし、世界中のDJ/クリエイターからコラボやリミックスのラブコールも多い。
    現在13年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム制作に着手している。

    http://www.shinichi-osawa.com
    http://twitter.com/shinichiosawa
    http://www.myspace.com/shinichiosawa
    http://soundcloud.com/shinichiosawa
    http://www.facebook.com/pages/Shinichi-Osawa/29099839651



    http://ifyr.tv/a1OV
  • 松浦俊夫

    松浦俊夫

    1990年、United Future Organization (U.F.O.)を結成。
    日本におけるクラブカルチャー創世記の礎を築く。
    12年間で5枚のフルアルバムを世界32ヶ国で発売し、高い評価を得た。
    独立後も精力的に国内外のクラブやフェスティバルでDJ。さらにイベント
    のプロデュースやファッション・ブランドなどの音楽監修を手掛ける。
    2013年、4人の実力派ミュージシャンとともに、東京から世界に向けて
    現在進行形のジャズを発信するプロジェクト"HEX"を始動。
    Blue Note Recordsからアルバムをワールドワイド・リリース。

    InterFM"TOKYO MOON"(毎週水曜23:00)好評オンエア中。
    http://www.toshiomatsuura.com
    http://www.hex-music.com    


    http://ifyr.tv/a9m
  • DJ JIN

    DJ JIN

    日本を代表するヒップホップ・グループ、ライムスターのDJ/プロデューサー。ファンク/ソウル/ジャズなど幅広い音楽への深い理解に基づくモダンなサウンド・プロダクションと、時代/ジャンルを横断しつつ常に高品質なグルーヴ感溢れるクラブ・プレイで人気。また、世界中のクラブ・アーティストとクロスオーヴァーするDJ/プロデューサー集団〈breakthrough〉も主宰し、国内外のミュージック・ラヴァーから揺るぎない評価を獲得。2016年3月には、日本が世界に誇る人力ダンス・ミュージック・バンド、cro-magnonとのフューチャー・ファンク・コラボ〈Cro­Magnon­Jin〉としてアルバム『The New Discovery』もリリースし大きな話題に。豊潤な音楽的「軸」が一切ぶれることなく、実に幅広い層にアピールし続けられている稀有なアーティストのひとり。

    http://twitter.com/_dj_jin_
    http://www.rhymester.jp

    http://ifyr.tv/a32v
  • DJ KAWASAKI

    DJ KAWASAKI

    DJ KAWASAKI
    DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。2005年に、NYのDJ、Timmy Regisfordが当時デモ・ヴァージョンであった「BLAZIN’」を一晩に3回もかけた事から脚光を浴びる。同年、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。国内ではKyoto Jazz Massiveの沖野修也プロデュースの元、コロムビアより2006年元旦メジャー・デビュー。サウンド・プロデュースを担当した楽曲、沖野修也の「SHINE」が、ヨーロッパで大きな成功を収めているハウス・レーベル、Defectedからリリースされ注目を集めた。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。Remixを手掛けたRoland AppelのDark SoldierがデトロイトのDJ 3000、ドイツのDJ Hellにプレイされ、アルバム『PARDISE』に収録されたGalactic LoveがJoe ClausellやKarizmaがスピンするなど国際的にも高い評価を得ている。また、これまでフィーチャリングして来たボーカリストには、Paul Randolph、Lady Alma、N'Dea Davenport、Tasita D'Mour、Gordon Chambers、Shea Soul、Fyza、Jonathan Backelieといった錚々たる面子が名を連ねている。2013年5月、キャリア初のコンプリート・ベスト盤『NAKED ~ DJ KAWASAKI Complete Best 』(Universal Music LLC)をリリース。iTunesダンス・アルバム・チャート 1位、総合アルバム・チャート3位獲得。2015年6月に『TIMELESS mixed by DJ KAWASAKI』をリリース。iTunesダンス・アルバム・チャートにて第1位を獲得。現在、ホームグラウンドのThe Room(渋谷)では月例パーティー"MAGNETiC"のレジデントDJを務めている(毎月第二土曜開催)。block.fm「FEEl THE MAGiC」の番組ナビゲーターを担当中(毎月第1火曜 21:00~)。
    www.extra-freedom.co.jp/artists/dj_kawasaki/
    www.facebook.com/djkawasaki
    www.facebook.com/kaoru.kawasaki.92
    twitter.com/djkawasaki
    instagram.com/djkawasaki
    soundcloud.com/kaoru-kawasaki-1

    http://ifyr.tv/a22i
  • 沖野修也

    沖野修也

    沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)
    DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来23年で80万人の動員を誇るThe Room(渋谷)のプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界40ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計も手掛けた。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年7月2枚目のソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。2015年には自伝『職業、DJ、25年』を上梓。同年新グループ、Kyoto Jazz Sextetを結成し、アルバム『Mission』をBlue Noteから発売した。現在、InterFM『JAZZ ain't Jazz』にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜日22時)。ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。
    www.kyotojazzmassive.com/
    www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/

    ameblo.jp/shuya-okino
    twitter.com/shuyakyotojazz
    instagram.com/shuyakyotojazz
    www.facebook.com/shuya.okino
    https://www.facebook.com/shuyaokino.kjm
    www.facebook.com/kyotojazzmassive.real
    soundcloud.com/shuya-okino


    http://ifyr.tv/a9t
  • DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

    DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

    Questlove (The Roots) 「DJ SARASAはヤバいDJだ。気を抜いて外見で判断したら、俺みたいに17曲連続でShazamして、このドラムブレイクはこの曲からだったのか!!!みたいな事になるぞ 。東京での最高な夜だ。」
    Notrax 「異色なほどハードコアな選曲」、「東京屈指のパーティーガール」
    Warp Magazine 「今知らなくてはならな次世代ミュージシャン」
    Floor Magazine「今本誌が注目するDJ」
    Samurai Magazine「ニュージェネレーション」
    
Myspace Japan「今ストリートで最も注目されるDJ SARASA」
    Macka-Chin(Nitro Microphone Underground)「2008年最も衝撃を受けた人物」
    
Luire 「シーンの最前線にいるアーティスト達」

    Ollie「Tokyo V.I.P.」

    日本はもとより、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドバイ、ドイツ、インド、そして中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどアジア各国を含めプレイし、自身でプロデュースしたHIP HOP LINEスタンプは全米1位を獲得。Ghostface KillahのPV “Rise of the Ghostface Killah” や Talib Kweliの“Turnt Up”にも出演をするなど世界を股にかけるDJとして現在活動中。

    18歳でカナダにてラジオDJとしてキャリアをスタートし、日本に帰国後は映画『RIZE』や『Block Party』の国内配給に携わると共に本格的にクラブDJとしての活動を開始。これまでPete Rock、Questlove (The Roots)、Talib Kweli, Mayer Hawthorne など様々なキーアーティストとイベントにて共演経験を果たし、J Dillaの実弟であるIlla Jの日本公演では彼のバックDJも務めた。

    Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで、5,000人以上が集まるシンガポール最大級のストリートパーティからBlue Note New Yorkでのハリケーン・サンディの被災者支援イベントまで、さまざまなタイプのイベントに対応できる柔軟なプレイで好評を得ている。

    自らイベントのオーガナイズも行なっており、ヒップホップの原点であるBboy/Bgirlカルチャーやヒップホップの歴史まで楽しめるパーティ『Midnight Block Party』(at MICROCOSMOS)を主催。さらに2012年末に開催した『Legends』(at SOUND MUSEUM VISION)ではあのGrandmaster Flashをゲストに迎え、大盛況に終わった。

    幅広いテーマ別にリリースされる彼女のコンピレーションやミックスCDは全16作 (2013年2月現在) 。
’96年〜’00年のアンダーグラウンドヒップホップのみで構成されたミックスCD『Searchlight Vol.1』『Searchlight Vol.2』は初回セットが即完売。P-Vine Recordsからは全3作からなるファンクコンピレーション『Paradise Funk』シリーズをデジタルリリースし、Jazzy Sportとのコラボレーションで歌ものも交えたアンビエントなヒップホップミックスCD『Love Lost』をリリースするなど、コアなリスナーを中心に高い評価を受けている。

    さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FOSSIL、CASIO、adidasなどをクライアントに、ブランド主催のパーティでDJなども務めてきた。2010年には自身のクロージングブランドを立ち上げ、NYの生きる伝説とも言えるアーティストP.H.A.S.E.2をはじめ、MSGR、KIKS TYOといったブランドやManhattan Recordsなどともコラボレーションを果たし、ストリートからも高い支持を得ている。また、が2012年にリリースしたトランプ『Hip Hop Playing Cards』はThe Source、Hypebeast、Freshness Magazineなどにもピックアップされ、その名前はワールドワイドに広がっている


    http://ifyr.tv/a2gx
  • OIBON

    OIBON

    1999年、HIP HOP?R&BのDJとして都内各所でDJ活動を始める。
    HIP HOPのBREAK・BREAK BEATSの概念に深く傾倒し、その要素となるRARE GROOVEの世界に足を踏み入れる。
    現在は渋谷The Roomで毎月第四金曜開催の人気パーティー「CHAMP」を中心にDJ活動を展開。
    FUNK・JAZZ・SOUL等のクラブ・ダンスミュージックの原点からHIP HOP・BREAK BEATS・HOUSE・CROSSOVER等の革新的な音源まで幅広く選曲し、斬新なグルーヴを作り上げるプレイで多くのクラウドを魅了している。 2007年、「The Room Weekender」としてUNIVERSALよりシカゴのSOUL・JAZZ名門レーベルCADETの音源を中心にセレクトしたCDをCHAMP (YOSUKE TOMINAGA & OIBON)としてリリース。 2008年、「FUJI ROCK FESTIAL'08」に出演。
    http://blog.livedoor.jp/champattheroom/

    http://ifyr.tv/a6fw
  • Hiroko Otsuka

    Hiroko Otsuka

    2004年以降、ワン&オンリーな"JAZZのグルーヴ"を起こすDJとして年間160回以上のDJ経験を積んできた。徹底したアナログ・レコードの音源追求から生まれる説得力、繊細かつ大胆なプレイで多くの音楽好きを唸らせている。
    渋谷の老舗クラブTheRoomにて11年目に突入した人気イベント「CHAMP」でのレギュラーDJ、老舗ライヴハウス、六本木アルフィーでのメインDJをはじめ、日本中のパーティーに出演。また、寺島靖国、後藤雅洋といったジャズ評論家たちをも巻き込んだイベント・プロデュースなど、ジャズ界の垣根を越えたその柔軟なセンスで音楽の様々な楽しみ方を提示している。
    日本のジャズ・レーベルである、「トリオ」(ART UNION)、「somethin'else」(EMI MusicJapan)、「DIW」(DISK UNION)、「VENUS」(Venus Record)のMIXCDと、スウェーデン・ジャズを中心とした、スパイス・オブ・ライフ・レーベルのコンパイル作品「Music For Reading」(ディスクユニオン)を発売。過去リリースCDの売上数は延べ1万枚を超える。
    2010年、スペインでのDJ招聘、「FUJI ROCK FESTIVAL2010」の出場。2012年、老舗ライヴハウス新宿PIT INNのDJ導入を提案し、菊地成孔と共演(TBSラジオ出演)。BLUE NOTE TOKYOにて日野皓正らとの共演。総動員数3万人に及ぶアジア最大級のジャズ・フェスティバル「東京ジャズ2012」にDJとして初の出演。ボブ・ジェームス、松田聖子らと共演。
    DJ以外でも雑誌、webレビュー連載、ディスク・ガイドブックやCDライナー執筆など幅広いフィールドで活躍中。
    オフィシャルHP ▶  http://djotsuka.com

    http://ifyr.tv/a9JG
  • ELLI ARAKAWA

    ELLI ARAKAWA

    国内で彼女を知る人々のほとんどは彼女(Elli-Rose)をファッションモデルとして認識している人が未だ多いかもしれない。しかし、ここ数年の彼女(Van Cliffe)の献身的な音楽活動によって、今では確実にダンスミュージックシーンでの"DJ"としての確固たる地位を確立し、その存在感と独自の音楽スタイルによってクラブシーンでも目覚ましい活躍をしているアーティストとして注目を浴びている。現在では、ファッション系イベントからビッグフェスまで年間70本以上のブッキングをこなす中、音楽志向の強いマニアックなイベントからも常にオファーが耐えない。疾走感の中にも、時に女性らしいエモーショナルな一面をも演出し、まさにひとつの起承転結のストーリーを作り上げて見せるスタイルを持ち合わせたDJであり、彼女に信頼を置くアーティストやプロモーターは数知れない。フロアの温度感を感じながら、異色な楽曲もスムーズに繋ぎ合わせるスキルも持ち合わせる彼女の音楽性とその多様性が如何なる現場にも対応出来るDJであることを証明していると言えるであろう。2014年からは、代官山AIRにて自身主催のイベント"DUCE"を始動。Levon Vincent、DJ Shufflemaster 等をゲストに迎え、DJとしてのみならず、自らパーティーをプロデュースする中でより完成度の高い世界観を発信している。2015年4月からは、Van Cliffe名義でのDJ活動を一旦停止し、更なる飛躍のためにElli Arakawaとして始動を開始。ヨーロッパやアジアへの進出も視野に置き、より奥深い音楽的信念を追求したElli Arakaraとしての活動から目が離せない。


    http://ifyr.tv/a27Q