EDIT EVENT
SATURDAY / 2017.08.19

SUMMER MADNESS feat. AutoErotique

2017年、最高の夏を体験したいならこのパーティーへ! 夏にふさわしくDIPLO、STEVE AOKIとも共演する実力派AutoErotiqueがヘッドライナーとして堂々来日! HIP HOPクルーkiLLa Crewも初登場!狂気の夜がそこに!

SUMMER MADNESS feat. AutoErotique

PARTY REPORT
2017.08.19.SAT
OPEN 23:00
DISCOUNT Coupon
GET COUPON
DOOR : ¥3,500
ageHa Member : ¥3,000
International Coupon :¥3,000 (All Foreign I.D Holders) 
浴衣割:浴衣の女性入場無料!!
FES割:¥2,500 フェスリストバンド及び半券をお持ちの方。(with Wristband of Festival or Tickets)

ADVANCED TICKET (優先入場/FAST LINE)
GA Ticket (通常前売り) :¥2,500
iFLYER [ご購入はこちらから/Ticket Available]​​
e+ [ご購入はこちらから/Ticket Available]​

VIP Table
ask : reserve@ageha.com

International Coupon
We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount, please bring one of the following I.D.
※Passport / Driver's license / Resident Card except for Japanese
※Copies/Smart Phone Photos are not acceptable.
※You must be 20 years or older to enter and a valid photo ID containing your birthdate is required at the door.
INVITATION TICKET VALID
インビテーション・チケット 使用可
ageHa PARKING OPEN
MORE INFO iFLYER

2017年、最高の夏を体験したいならこのパーティーへ! 夏にふさわしくDIPLO、STEVE AOKIとも共演する実力派AutoErotiqueがヘッドライナーとして堂々来日! HIP HOPクルーkiLLa Crewも初登場!狂気の夜がそこに!

ageHa随一のBASS MUSICパーティー、WORLD CLASSからの進化を遂げるこのパーティー!
いつもとは違う夏を感じさせる特別なそして狂気の一夜となる。

夏のageHaを踊らせるゲストにカナダ・トロントよりSTEVE AOKIのDIM MAKとサインをした最初の一人でもある才能「AutoErotique」の来日が決定。
DIPLOやMAJOR LAZERとのコラボからもわかる様にハウスからテクノ、ロック、スカまで幅広いジャンルの音楽を取り込み、1つの楽曲にまとめあげるボーダーレスな感性を持ち合わせており、DIM MAKやMAD DECENTからのリリースを行っている。実力面において大物アーティストから高い評価を得続けている。
中でもDIPLOとのベースハウスナンバーは大ヒットを記録。まさに夏にふさわしいクールなダンスチューンとなっている!数年ぶりとなる彼の来日を楽しみにして欲しい。

そしてLIVEアクトに東京のストリートシーンを賑わすHIP HOPクルー「kiLLa Crew」が登場。
従来のB-BOYイズムとは全く違うアプローチでドラッギーかつ反社会的、近未来な世界観はトレンドに敏感なヘッズ達を刺激している。
国内からは将来の日本のダンスミュージックを牽引する今最も注目すべきレーベルTREKKIE TRAX CREWがエントリー、国外レーベルからもリリースを重ねるTha Boogie Bandit、そしてKOHHのバックDJも務めるプロデューサー理貴が初登場する!

またワンランクレベルアップしたパーティーがここに!

WATERではオトナだけのお楽しみ。日本が誇るミュージッククリエーターHIROSHI WATANABEによる夏季限定のPOOL SIDEパーティー”SOUND OF SUNRISE”の開催。

Sound of Sunrise。日の出の音。
HIROSHI WATANABEが夏の期間限定で月に1度、
そして3ヶ月連続開催する音楽会。

屋外で海を眺めることができるageHaのWATERエリア。
夏の季節はパーティーが終わる前に空が白みはじめ、極上の解放感に
至高のダンスミュージックで日の出を迎えることができるのだ。

幾つもの旋律を重ねていくことで屋外でさらなる魅力を湛える
HIROSHI WATANABEならではのコンセプトとも言えよう。
この夏、格別な音楽体験をしたければSound of Sunriseへ。


夏限定のの人気スポットである”PARK”はこの夏リニューアルオープンし、最高のナイトリゾートに!
休憩にも使えるこのエリアも楽しんでみては??

安定のフードエリアは”アゲハ横丁”にパワーアップ!
スペシャルメニューもお楽しみいただけます。

さらにアクセスももっと便利に!道玄坂上より新たにシャトルバスが運行!渋谷のクラブからのアクセスも便利になってあなたのナイトライフが幅広いものに!
夏の間だけのエンタテイメント満載のナイトカーニバル、クラブイベントの概念を覆すageHaならではの特別な夏が楽しめることは間違いない!

浴衣の女性は入場無料!夏を存分に楽しもう!


And We offer a special discount service to the guest from overseas who are having a hard time to purchase our advance tickets. In order to receive this discount

more info
ageHa’s 15th year’s of THE BEST
http://w.ageha.com/thebest/

  • ARENA

    SUMMER MADNESS

    SPECIAL GUEST
    AutoErotique
    LIVE
    kiLLa Crew
    LINE UP
    JOMMY
    TREKKIE TRAX CREW
    Tha Boogie Bandit
    理貴
    LENA
    VJ
    REZ
    LIGHTING
    MIURA
    DANCER
    東京夜蝶倶楽部
    -AGEHA PERFORMANCE CREW-
    HIP HOP / BASS / BASS HOUSE
  • ISLAND

    Loud City presents

    GUEST LIVE
    LuiHua
    ACE COOL
    GUEST DANCER
    FICUS
    Shanita&RiRi
    LIVE
    KK
    Taeyoung Boy
    LINE UP
    Kei a.k.a. snbi fr.298studio
    Nina
    y.k.c.
    Soushi
    Shibuichi
    HIP HOP / RAP / DANCE
  • WATER

    HIROSHI WATANABE presents SOUND OF SUNRISE

    LINE UP
    HIROSHI WATANABE aka KAITO (Transmat | Kompakt)
    DJ Yogurt (UPSET RECORDINGS)
    TUNE a.k.a FUKUI (INTEGRATION)
    MIU (INTEGRATION | RED DUST | IDPS)
    SANJI (Messing | SPECTRA)
    HOUSE / TECHNO
  • BOX

    HI-KICK

    LINE UP
    ROLF U DIV (TCPT)
    TAKAHASHI YU(TCPT)
    KENICHI
    TAKANORI
    yuri
    SARAH
    HID3
    KOSHIBA
    VJ
    TAJIMA MAKOTO
    Yukkii
     
     
     
     
     
     
     
    __________________________________________
    EDM / BASS
     
     
     
    【PARK】
    Beginning presents
     
    LINE UP
    Shotaro
    sakur
    ERNOK
    kyuriam
    hylen
    UTAKICHI
    kei-9
    New J
    Surpass
    Nova
    SYMBOL
     
     
    BASS / EDM
RELATED MEDIA
Diplo & Autoerotique - Waist Time
AutoErotique - Asphyxiation
Steve Aoki & Autoerotique - ILYSM
AutoErotique - The Sound (feat. Major Lazer)
Autoerotique - Ratchet
Autoerotique - Turn Up The Volume
Autoerotique & Max Styler - Badman (Torro Torro Remix)
Autoerotique - Bling (feat. Lady Leshurr)
SHINE - kiLLa (Prod. No Flower)
YDIZZY - MURIMURI Ft. Arjuna
ARTIST ANNOUNCE
  • Autoérotique

    Autoérotique

    Autoérotiqueはトロントにて結成された、Keith Robertson & David “Dave” Hendersonによ るデュオ・ユニット。地元でインディバンドのプロデューサーをしていた17歳の頃に、Groove Armadaの1stアルバムに出会 い、ダンス・ミュー ジックに傾倒していった彼ら。2008 年まではEMIのためにプロデューサー業を続けていたが、2009年にDim Makレ コードと契約。その後は、「Bubonic」や 「K*M*A* 」「Bring That Beat Back」、「Roll The Drums」な どのシングル・ヒットを飛ばし、TiestoやBenny Benassi、Shinichi Osawa、Diplo & Laidback luke、Weezerなどのリミキサー に抜擢されるなどして、シー ンに確固たる地位を築いてきた。2013年に入ってからは、Felix Cartalとの「The Alarm」、「Asphyxiation」、「Play It Again」、「LZR BASS」を連続ヒットさ せ、Tomorrowlandなど多くの大型ダ ンスフェスにも出演、波に乗っている。エレクトロ、テクノ、ハウス、ダッチ・ハウス、レイヴ、ロックからスカに到るまで、変幻自在に音を 操る彼らのプレイは見逃せない!

    http://ifyr.tv/a9Wk
  • kiLLa

    kiLLa

    東京、渋谷出身のアーティストで成り立っているアバンギャルドな風貌の謎の新世代kiLLa。
    大人や社会に対する反骨精神からくるハードなリリックや叩きつけるようなベースが効いたトラック、パンクロックを彷彿させるような縦乗りライブが特徴。
    音楽だけではなくクルーの中にはback DJのNo flowerが手掛けるブランドDEFやVJらしからぬVJ、正体不明のインテリアデザイナー、など今迄の日本語ラップクルーとは一線をかくした存在。
    東京のユースカルチャーを牽引する代表的なクルーの1つである。

    http://ifyr.tv/ad8S
  • JOMMY

    JOMMY

    "TOKYO"ストリートカルチャームーブメント中心的存在、そしてDJとして日本、韓国、台湾等のアジアのパーティーシーンを飛び回るJOMMY。
    ブランドPRとしての顔も持ち、アーバンカルチャー、ファッション、ストリートシーンと、幅広いフィールドでも活動。

    10代からストリートダンスにどっぷり浸かり、ダンス・シーン/クラブ・ミュージック・シーンに入り浸る青春時代。
    そこで培った音楽的、ファッション的感性が自身の武器となり現在のプレイスタイルの核となっているのも納得出来る話だ。
    自ら愛するヒップホップやR&B、シカゴ・ハウス、ニュースクール、90’s NYハウスのヴァイヴスとDNAが
    全てのダンス・ミュージック・ラヴァーズの為に時代やシーンをも飛び越えダンスフロアで展開されていく。

    ラッパーのDABO&RYUZO、東京ストリート、メジャーシーンで活躍するDJ DARUMA 、大阪から全国に名前を轟かせるDJ GEORGEと共に
    世界の最先端ヒップホップとトラップ等のベースミュージックとファッション&カルチャーをエキサイティングに
    ミックスしていくパーティ“#_O_M_G_”のクルーとしても活動。

    2014年には主要メンバーのDJ DARUMA,HABANERO POSSE,CHAKI ZULU,らと共に
    PARTY,MUSIC,CULTUREを世代問わずに共感、共有するする事を目的とし、
    メンバー無限数のDJ&PARTYチームJNGLFVR(ジャングルフィーバー)を
    新たに始動させるなど日本のPARTYシーンを盛り上げている。

    2015年Srato社が主催するSerato castに日本人では初となる60分Mixが公開され大きな反響を呼んだ。
    Trill Night Mixtape #2
    https://www.mixcloud.com/Serato/seratocast-mix-28-jommy/

    ここ近年、BRODINSKIやBRENMAR,韓国DEADEND CREW,などヨーロッパ,アメリカ,アジアの
    アーティスト達と深く交流を持ち、アーティスト達からの信頼も厚い。

    コミュニケーションを楽しみ、自身のアイデンティティとセンスをユニークな感覚でミックスさせ
    様々なPARTYシーンでバリエーション豊富にフィットさせる。

    JOMMY in Seoul 2014
    https://www.youtube.com/watch?v=oNHlKRRAn6o
    https://www.youtube.com/watch?v=IWd6lkdFr1I

    Instagram
    https://instagram.com/jommytokio/




    http://ifyr.tv/a2iJ
  • TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAX CREW

    TREKKIE TRAXは2012年に日本の若手DJが中心となり発足したインディーレーベルである。
    これまでのテンプレートに囚われない様々な音楽を世界に向けて発信することを指針とし、全国各地で活動しているトラックメーカーとともに楽曲リリースを行っている。

    レーベル発足よりこれまで50作品を超えるリリースをリリースし、その楽曲のクォリティの高さは日本だけでなく、世界中から賞賛を受けている。
    これまでSkrillex, Diplo, Major Lazer, RL Grime, Djemba Djemba, MUST DIE!, Ookay, Carnage, Mija, Wave Racerなど名だたるDJ達からサポートを受けており、2015年に開催されたULTRA JAPAN 2015ではメインフロアにて多くの楽曲がプレイされるだけでなく、レーベルから2名のアーティストが出演した。

    またレーベルの総決算してリリースされた「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (CD)」が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」へレビュー掲載されスコア【7.2】を獲得するほか、Skrillexが主宰する「NEST HQ」での特集記事やMini Mixのリリース、LuckyMe Recordsがホストを務めるRinse.fmのプログラムでのレーベルが特集ほか、 「BBC Radio 1Xtra」「BBC Radio 1Xtra - Diplo and Friends」
    や「Nina Las Vegas - Triple J Mix Up」でも楽曲がプレイされるなど各国のメディアに大きく取り上げている。

    その他にもアメリカ・テキサス州で開催された「South by Southwest 2016」への出演やPC Music、Lido、DJ Paypal、Muchinedrum、Addison Groove、DJ Sliinkなどその他多くのアクトの海外公演のサポートを務めるほか、アメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い多くの世界中のファンを熱狂させている。

    日本国内ではm-floのTaku Takahashiが局長を務める日本最大のクラブミュージックインターネットラジオ「Block.fm」にてクルーのandrew, Carpianter, Seimeiによる「Rewind!!!」のホストを務める。
    またHyperdub Label Showcaseへの出演を筆頭とする来日アクトのサポートや、Djemba Djemba、Nina Las Vegas、Lucky Me Records所属のJoseph MarinettiやDeon Customのアジアツアーの主催、自身のレーベルの全国ツアーなど積極的に自主企画を行うほか、アパレルブランド「THE TEST」のコラボなどその精力的な活躍は今後の日本のユースシーンを牽引する今最も注目すべきレーベル、DJ集団と言える。

    http://ifyr.tv/aafi
  • Tha Boogie Bandit

    Tha Boogie Bandit



    http://ifyr.tv/a5Ms
  • REZ

    REZ

    2012年12月より各々VJとして活動していたKAZOE NOBUAKIとblok mが
    ビジュアルライブユニットとして結成し始動。東京のクラブシーンを中心に活動を展開している。

    REZの"視覚表現"は音楽と映像と照明を一体化させ瞬間瞬間を刻み、
    より空間としてのフロアをオーディエンスに感じさせる。
    その手法は、VJというプレイを基盤としながらも時にその枠に捕われない演出を取り入れ、
    視覚表現としてフロアへ返される。

    VJ REZ is a TOKYO based VJ team.REZ has two members,Nobuaki Kazoe&TakuyaMiyagawa.
    has working extensively with various events and large scale festival,collaborating with top DJs.
    Their VJ play based on the knowledges of technology and the creativity senses garner immense praise.
    In 2013 2014,
    REZ play VJ in New year eve event at ageHa( http://www.ageha.com/ )
    and in SummerSonic( http://www.summersonic.com/2014/ ),
    SonicMania( http://www.creativeman.co.jp/sonicmania/2014/ ) Electrox( http://www.electrox.jp/14/ ).

    In recent years,along with their VJ work,REZ has been active in CG/motiongraphics creation and direction.
    For example directed visuals of NIKE’s event and various artist concert.

    [co-star]
    Aly&Fila,BASS JACKERS,BINGO PLAYERS,BLASTER JAXX,Borgeous,Botnek,CROOKERS,DANNY AVILA,DARKO ESSER,DIRTY SOUTH,Doctor P,DENIZ KOYU,Derrick May,DIEGO MIRANDA,DIMITRI FROM PARIS,DON DIABLO,DUB VISION,ESTIVA,FEED ME,FEENIXPAWL,Ferry Corsten,Hard Rock Sofa,HEADHUNTERZ,INFECTED MUSHROOM,JAUZ,Jewelz & Sparks,Julian Jordan,Kill The Noise,KREWELLA,KRYDER,Laidback Luke,LAZY RICH,Lush & Simon,Marcus Schossow,Mark Knight,Mat Zo,Michael Calfan,Milo & Otis,MUST DIE !,NERVO,OOKAY,Paris & Simo,PEGBOARD NERDS,Quentin Mosimann,QUINTINO,RASMUS FABER,SANDER VAN DOORN,Seven Lions,Shogun,Sidney Samson,STEVE AOKI,SWANKY TUNES,Thomas Newson,TJR,TORRO TORRO,YELLOW CLAW,W&W,ZEDS DEAD[A to Z]
    ☆TAKU TAKAHASHI(m-flo),DAISHI DANCE,DEXPISTOLS,DJ KAORI,DJ KYOKO,DJ YUMMY,ISHINO TAKKYU,KAZUMA TAKAHASHI,KEN ISHII,KICK OFF,MITOMI TOKOTO,REMO-CON,SHINTARO,SHINICHI OSAWA,YOJI,80kidz[A to Z]



    [VJ略歴]
    ◆2012年
    ・ageHa COUNTDOWN-ANTHEMS-にARENAのVJとして出演。それに伴いVJ REZとして始動。

    ◆2013年
    ・東京タワーで行われた"Nike Presents: NIKEFUEL × TOKYO TOWER 55TH ANNIVERSARY"にVJとして出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2014 11th Anniversary Speial VJ出演

    ◆2014年
    ・electroX@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにてVJ
     HEADHUNTERZ,ZEDS DEAD,SHOGUN,BLASTERJAXX YAMATO,DJ WILDPARTYのVJを担当
    ・NIKE WINNER STAYS FINALにて映像ディレクション及びVJ
    ・SONIC MANIA 2014にてSONIC WAVE STAGEでVJ、KREWELLA,NERVOのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2014にて、LITTLE DRAGON,Koji NakamuraのVJを担当
    ・ageHa COUNTDOWN 2015 VJ出演

    ◆2015年
    ・electroX 2015@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにて
     ☆Taku Takahashi,DON DIABLO,QUINTINO,SANDER VAN DOORNのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2015、SONIC MANIA 2014にてVJ
    ・ULTRA JAPAN 2015にてSHINTAROのVJを担当
    ・ageHa 13th Anniversary -DAY 2- VJ出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2016 VJ出演

    ◆2016年
    ・electroX 2016@幕張メッセ、SUNRISE STAGEにて
     BASS JACKERS,QUINTINO,80KIDZ,TJO,UENO ARISAのVJを担当

    http://ifyr.tv/a6Ko
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • 東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-

    東京夜蝶倶楽部 -AGEHA PERFORMANCE CREW-



    http://ifyr.tv/adol
  • HIROSHI WATANABE aka KAITO

    HIROSHI WATANABE aka KAITO

    ドイツ最大のエレクトロニック・レーベルKompakt唯一の日本人アーティストとしてKaito名義の作品を発表する傍ら、ギリシャのKlik Recordsからも作品をリリースしている。2002年に制作したKaitoの1stアルバム『Special Life』に収録された「Intension」がFrancois K.のミックスCDに収録されるなど瞬く間に大反響を呼び、10年以上が経過した現在も色褪せることのない名曲として語り継がれている。その後、Kompaktのコンピレーション・アルバムにも収録された表題曲を含む2ndアルバム『Hundred Million Light Years』を発表。この2枚のアルバムで一躍Kaitoの名は世界中に浸透し、バルセロナのSonar Festivalなどのビック・イベントでライヴを披露した。Kaito名義のオリジナル・アルバムでは常に対になるビートレス・アルバムも制作され、繊細かつ美しい旋律により幅広い音楽ファンに受け入れられている。3rdアルバム『Trust』に対しての『Trust Less』では更にアコースティックな要素も取り入れ、リスニング機能をより高めた作品となった。本名のHiroshi Watanabe名義では自身最大のセールスを記録した1stアルバム『Genesis』に続き、2011年に『Sync Positive』を発表。タイトルが示す通り、リスナーを鼓舞させる渾身の作品となっている。またリミックスを機に交流を深めてきた曽我部恵一との異色コラボレーション・アルバム『Life, Love』ではメランコリックな音像と歌声が溶け合った叙情的なサウンドで新境地を切り拓いている。一方、ニューヨーク在住時代に出会ったグラフィック・デザイナー、北原剛彦とのダウンテンポ・プロジェクトTreadでは、シンプルで柔らかい上音と乾いたビートの融合を絶妙のバランスで確立し、ハウス、テクノ、ヒップ・ホップなどジャンルの壁を越えて多方面から注目を浴びることに。限定生産された5枚のアルバムと4枚のEPは不変の価値を持つ名盤として知られている。2013年にはKompakt設立20周年を記念して制作された2枚組DJミックス『Recontact』を、更にKaito名義としては4年振りとなるアルバム『Until the End of Time』を発表。新生Kaitoとも言える壮大なサウンドスケープが描かれている。2016年初頭にはテクノ史に偉大な軌跡を刻んできたデトロイトのレーベルTransmatよりEP『Multiverse』をリリース。主宰Derrick Mayの審美眼により極端に純度の高い楽曲のみがナンバリングされるため、近年はリリースそのものが限定的となっている中での出来事。EPと同名のアルバムは、さながら宇宙に燦然と煌めく銀河のようなサウンドが躍動する作品となっている。歴史を創出してきた数多のレーベルを拠点に世界中へ作品を届け続けるHiroshi Watanabe。日本人として前人未到の地へ歩みを進める稀代の音楽家と言えるだろう。

    HP : http://www.hiroshiwatana.be
    Facebook : https://www.facebook.com/hiroshiwatanabemusic
    Twitter : https://twitter.com/hw_aka_kaito
    Instagram : https://www.instagram.com/hw_aka_kaito
    Soundcloud : https://soundcloud.com/kaito

    http://ifyr.tv/a1ph
  • Dj Yogurt

    Dj Yogurt

    DJ Yogurt (Upset Recordings)
    シスコテクノ店等でバイヤー勤務しつつ96年からDJを開始。98年には音楽製作ユニットUpsetsと自身のレーベルUpset Recを始動。テクノ~ハウスからDUB、アンビエントまで幅広い作風の自身の楽曲リリースを11年間続けている他に、NABOWAやDACHAMBO、曽我部恵一や奇妙礼太郎トラベルスイング楽団等の楽曲のダンスリミックスもおこない、2011年には大澤誉志幸のリミックスも手がけた。2007年以後は楽曲制作をKOYASと共におこない、2010年にはAmbient Album"CHILL OUT"を、2011年11月にはTechno/HouseAlbum"Sounds From Dancefloor"等をリリースして話題を呼び、12月にはケンイシイの新曲をYogurt&Koyasがリミックスしたトラックもリリース。2011年はSONAR JAPANや、2010年に続きフジロックフェス等様々なイベントに出演して、Techno~Houseを軸に、Rock、Soul、Jazz、Reggae、R&B、BreakBeats、World Music、Ambient・・・等々様々なジャンルの音楽性を交錯させた選曲で毎週のように日本各地でDJをおこなっている。

    http://www.djyogurt.com/  
    http://twitter.com/YOGURTFROMUPSET

    http://ifyr.tv/a2w8
  • ROLF U DIV

    ROLF U DIV

    EDM,ELECTRO,PROGRESSIVE,TECHNOを中心にグルーヴでフロアを引っ張るプレイが信条。
    特にEDMとELECTROを多彩に操り、対称的な音にも関わらずロングミックスするplayは圧巻。
    Mashupなどは一切使わず、CDJ3台を駆使し、その場で多様なMIXやスクラッチを繰り広げる圧倒的なテクニックで、常にオーディエンスの期待を超えたplayを見せる。
    新木場ageHa,VISION,WOMBなどのBig Clubのメインフロアにも出演し、数多くのBig Partyにも出演を果たしている。
    過去には
    「Daddy's Groove」「TJR」「Kill the noise」「LAZY RICH」「Kryder」
    など人気ARTISTともメインフロアにて出演を果たす。

    http://ifyr.tv/a8qy
  • TAKAHASHI YU

    TAKAHASHI YU

    1984年7月9日生まれ、神奈川県小田原市出身。2012年STEVE AOKI、Laidback Lukeのプレイを実際に観て影響を受けた事が彼がDJを始めるきっかけであった。 都内BARなどで経験を積み2013年8月より本格的にDJ活動を開始。EDM、Electro House、Progressive Houseを中心に攻撃的なサウンドからメロディアスな サウンドまで場の雰囲気に合わせ様々なサウンドを繋ぎ合わせ観客を魅了する。 現在では新木場ageha、渋谷VISION、渋谷WOMB、渋谷asia等、国内トップクラスのクラブを中心に出演を果たしている。
    http://tcpt.net/dj/dj_azjumperz

    http://ifyr.tv/adrj
  • KENICHI

    KENICHI

    1980年生まれ 千葉県出身
    4つ打ち音楽を中心に多彩なジャンルを駆使し、中でもDrum'n'Bassを組み込んだ前衛的なプレイを得意とする。
    現在は週末にageHa、VISION、WOMBなどで活動しており2017年にはageHaのARENAにてSWANKY TUNESとの共演を果たす。
    また、地元千葉を中心に、自身が主催するイベント【Re:PLAY】を大盛況のもとで開催を重ねており、DJとしてもオーガナイザーとしても日々急成長を続けている。


    http://ifyr.tv/ad2N