EDIT EVENT
SATURDAY / 2016.11.26

трип JAPAN TOUR 2016

絶対女王「NINA KRAVIZ」が遂にageHaに降臨!трип(トリップ)レーベルショーケース開催決定!

трип JAPAN TOUR 2016

2016.11.26.SAT
OPEN 23:00
前売プレイガイド / ADV TICKET​
前売 (ADV): ¥3,500
clubberia
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
RA
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
iFLYER
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
e+(イープラス)
[ご購入はこちらから/Ticket Available]

グループ割 (GROUP TICKET . 4 PERSONS):
¥12,000
clubberia
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
iFLYER
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

絶対女王「NINA KRAVIZ」が遂にageHaに降臨!трип(トリップ)レーベルショーケース開催決定!

世界No.1フィメールDJ、NINA KRAVIZ(ニーナ・クラヴィッツ)が約1年ぶりに来日ツアーを行うことが決定!自身主宰のレーベルтрип(トリップ)のショーケースとして、同レーベルのブライテストホープBJARKI(ビヤルキ)、そしてтрип唯一の日本人アーティストであるDJ SODEYAMAとともに、ageHaに初登場する!

ロシア出身のDJ/プロデューサーNINA KRAVIZは、2014年に世界最大のダンスミュージック配信サイトBeatportが選ぶ「DJ OF THE YEAR」を受賞。ここ日本でも、国内最大級のクラブ系ポータルサイトClubberiaの「ARTIST AWARD」において2年連続第1位を獲得(2014/2015)、また昨年の「PARTY AWARD」では、約15,000ものイベントの中で年間第1位、2位を独占。さらに、2014年12月にローンチした自身主宰のレーベルтрипは、世界有数のダンスミュージックメディアMixmagで「THE BEST RECORD LABEL OF 2015」に輝いている。またアイスランド出身のアーティストBJARKIは、2015年を代表するテクノトラックとなった”I Wanna Go Bang”をはじめ、今年は3枚のアルバムをтрипから連続リリースするなど、同レーベルの中核を担っている。

DJそしてレーベルオーナーとして世界のエレクトロニックミュージックシーンの頂点を極めたNINA KRAVIZと、現行テクノシーン最注目株のBJARKI。二人はтрипワールドツアーとして、アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドを回った後、ツアーの最終地点、日本にやってくる。

  • ARENA

    TRIP 2 TOKYO

    LINE UP
    NINA KRAVIZ (трип / RUS)
    BJARKI (трип / ISL)
    DJ SODEYAMA (ARPA records, трип)
    VJ
    REALROCKDESIGN
    TECHNO
  • ISLAND

    SUS & ZUCCA models presents

    LINE UP
    KIKIORIX (TRESVIBES SOUNDSYSTEM, HOLIC TOKYO)
    EITA
    Kali (ZUCCA models)
    opbqbo (ZUCCA models)
    MICKSOUTH
    HOUSE / TECHNO
  • WATER

    THE PARTY by SABON GOURMET & WWD JAPAN

    LINE UP
    KENJI TAKIMI (Crue-L, Being Borings)
    SHUYA OKINO (Kyoto Jazz Massive)
    Diana Chiaki
    mayurashka
    Eiichi Izumi (MINOTAUR)
    NU DISCO / HOUSE
  • BOX

    MOW

    LINE UP
    ARTMAN a.k.a. DJ K.U.D.O. (Qooki Records)
    DJ Mars (Buddha Family, 地球家)
    Yellow
    minoru3
    Okiyoneda
    Deco
    Enwamade
    VJ
    Kagerou
    TRANCE / TECHNO
ARTIST ANNOUNCE
  • NINA KRAVIZ

    NINA KRAVIZ

    ニーナ・クラヴィッツ シベリア出身

    彼女は現代の電子音楽シーンの最重要人物の一人である。シンガー/プロデューサー/DJであり、なおかつ情熱的なレコードコレクターである彼女の持つ独特な電子音楽のセンスはレーベルтрип(読み:トリップ)を立ち上げるに至った。楽曲「I Wanna Go Bang」がジャンル隔てなく大ヒットしたことにより、2015年にтрипはMixmagのレーベルオブザイヤーに選出。翌年にはBBC Radio1 Residencyのホストを務め、同年の締めくくりに老舗クラブFablicのコンピレーションCDのミキサーに指名され、最高峰のミックスを提供した。

    シベリアからやってきたテイストメーカーは、そのDJとしてのパフォーマンスも絶大なる支持を得ている。他のどのDJもかけるのを避けてきた突飛な楽曲群をオーディエンスとの繋がりを遮断することなくかけてみせるのだ。その出で立ちとカリスマ性で世界中のフェスティバルのヘッドライナーを務め大衆を盛り上げれるだけでなく、オーディエンスとより密接な小規模なクラブでのパフォーマンスも怠らない。そんな現代のカリスマDJがフジロックに降臨!


    http://ifyr.tv/a61U
  • BJARKI

    BJARKI

    アイスランド出身の若き才能Bjarki(ビヤルキ)。Nina Kraviz主宰レーベルтрип(トリップ)のブライテストホープ。ViceがエレクトロニックミュージックにフォーカスしたサイトThumpで年間ベストトラックの3位に選ばれるなど、2015年を代表するテクノトラックとなった”I Wanna Go Bang”をはじめ、超パワフルなダンスフロアトラックで知られるBjarkiだが、彼はどのジャンルにも属していないようだ。今年6月に『Б』、9月に『Lefhanded Fuqs』、そして10月にリリースする『Æ』という彼のLP三部作シリーズにはそれが顕著に示されており、アシッディーでトリッピーなフロア直結のミニマルからサンプルベースのトラック、エクスペリメンタルなサウンドなど実にバラエティに富んでいる。今回、3枚のアルバムリリース後のベストタイミングで初来日を果たすBjarki。ますます進化を見せる彼のライブパフォーマンスにぜひ注目してほしい。

    https://www.facebook.com/bbbbbbjarki/
    https://soundcloud.com/bjarki
    https://twitter.com/bjarkirunar

    http://ifyr.tv/addG
  • DJ SODEYAMA

    DJ SODEYAMA

    自身のレーベル『ARPA records』とレーベルショーケース『ARPA showcase at WOMB』を主宰。日本全国のクラブやフェスティバルでプレイし、日本最大の屋内レイブ『WIRE』には3年連続(11&12&13年度)で出演。韓国、台北、北京、香港、ドイツ、オランダ、イギリス、ギリシャ、オーストリア、カナダ等でもツアーを敢行するなどワールドワイドに活動している。数多くのレーベルからオリジナル及びリミックス等の作品をリリース。2011年には世界最大手ダンスミュージックディストリビューター『wordandsound』配給のもと、自身の新レーベル『ARPA RECORDS』(アナログ&デジタル)を立ち上げる。第1弾リリース『DJ SODEYAMA / MILES』はNICK CURLYがリミックスを務め、第2弾以降もGLIMPSE、RADIO SLAVE、TIM XAVIER、CHRISTIAN BURKHARDT等の強力なリミキサーを迎えた内容で注目を集める。SVEN VATH、RICHIE HAWTIN、LOCO DICE、JOSH WINK、DUBFIREをはじめとした世界中のDJ達がプレイ。自身の名義の他にダウンビートプロジェクト『LO:BLOC』としてアルバム『FROM NORTHERN CLIMS』を2009年にリリース。

    2013年に新たに始動したニュープロジェクト『THE PEOPLE IN FOG』としての1stアルバム『A RAY OF LIGHT』のリリースを切っ掛けに、アムステルダムを拠点とするレーベル『SOUND OF VAST』から『DEEP EP』をリリース、オランダで開催されている世界最大のフェスティバル『ADE』に招聘される。2015年秋にはDJ SODEYAMA名義としては8年振りのニューアルバム『TWELVE PROCESSING』のリリースや、12月にはNINA KRAVIZのレーベル『трип』からリリース。多角的視点からのエレクトロニックミュージックを軸とし、唯一無二の世界を創りあげるアーティストである。

    http://ifyr.tv/a2CV
  • KIKIORIX

    KIKIORIX

    SATOSHI OTSUKI、DJ PI-GEと共にTRESVIBES SOUNDSYSTEMとして活動中。都内を中心に国内の様々なクラブでプレイし、RAINBOW DISCO CLUB、WOMB ADVENTURE、WIRED CLASH、FUJI ROCK FESTIVALやULTRAJAPANなどのフェスティバルへの出演経験も持つ。また海外でのプレイ経験もあり、これまでにFabric London、THE END/AKA London、Space Ibiza、Tresor Berlin、スイス、上海、ハワイなどでプレイしてきた。2000年代にはロンドンに留学し、Tomoki Tamuraと共にHOLICのレジデントを務め、その時の様々な経験が現在のプレイスタイルに反映されている。音楽制作ではこれまでに12インチEP2枚とソロアルバムをリリースしている。また2013年にTRESVIBESとしてVIS REV SETレーベルを立ち上げた。

    http://ifyr.tv/a1ZZ
  • KENJI TAKIMI

    KENJI TAKIMI

    瀧見憲司。東京都生まれ。Leftfield/Alternative House/Discoシーンにおける真のパイオニアであり、今年25周年を迎える自身のレーベル<Crue-L>と共に音楽界に影響力を持ち続けているDJのひとりである。DJ界におけるMaster of The Romanticとも評されている。欧米を中心とした海外DJ公演も多数。3枚のオフィシャルMIX CDのほかに、Being Borings、Crue-L Grand Orchestra、Luger E-Go等の名義で作品をリリース。リミキサーとしても、Cut Copy、Nina Kraviz、Phil Manzanera (Roxy Music)、Boris、Cornelius、Hiroshi Fujiwara、Pizzicato V、Sebastien Tellier、Your Song Is Goodなど数多くの作品を手がけている。

    http://www.crue-l.com
    https://www.mixcloud.com/kenji-takimi2/
    https://soundcloud.com/honeysoundsystem/kenji-takimis-honey-soundsystem-mix
    http://www.beatsinspace.net/playlists/770

    http://ifyr.tv/a7M
  • 沖野修也

    沖野修也

    沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)
    DJ/プロデューサー/作曲家/執筆家/世界唯一の選曲評論家Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来23年で80万人の動員を誇るThe Room(渋谷)のプロデューサーでもある。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて獲得。これまでDJ/アーティストとして世界40ヶ国140都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。音楽で空間の価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、空港、レストランの音楽設計も手掛けた。2005年には世界初の選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年7月2枚目のソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。2015年には自伝『職業、DJ、25年』を上梓。同年新グループ、Kyoto Jazz Sextetを結成し、アルバム『Mission』をBlue Noteから発売した。現在、InterFM『JAZZ ain't Jazz』にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜日22時)。ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"Tokyo Jazz Meeting"のレジデントDJを務めている。
    www.kyotojazzmassive.com/
    www.extra-freedom.co.jp/artists/shuya_okino/

    ameblo.jp/shuya-okino
    twitter.com/shuyakyotojazz
    instagram.com/shuyakyotojazz
    www.facebook.com/shuya.okino
    https://www.facebook.com/shuyaokino.kjm
    www.facebook.com/kyotojazzmassive.real
    soundcloud.com/shuya-okino


    http://ifyr.tv/a9t
  • ARTMAN a.k.a. DJ K.U.D.O.

    ARTMAN a.k.a. DJ K.U.D.O.

    80年代後期から90年代前半に渡り、DJ K.U.D.O.名義で国内におけるテクノミュージックシーンのパイオニア的な役割を果たし、昨年DJ40周年を迎え現在も第一線で活躍するDJ・プロデューサー。日本のトランス・テクノ・シー ンの起源となるCaveの “trance night” やY ellowの”A.R.T.”、”Zero”などで多くの伝説的パーティを創りあげここでの体験に大きなインスパイアを受けたDJ達も数多い。 そして「アート・コア + フリー・スピリ ッツ」の意味を持つARTMANに改名後、 ジャンルを超えた音楽をプレイするよう になり、 RAINBOW2000、春風、渚音楽祭を始めとする数々の大規模イベントで活 躍。ま た、プロデューサーとしても、オリジナル・ミュージックをEast Edge、TDK Records、F-Communications (仏)、Chillscape、Kin Sound Recordings、Solstice Musicなどからリリースして きた。00年アンビエント・アルバム『ARTMAN / RE: SORT』は今も尚語り継がれている名作。 03年には、自身のレーベル Qooki Recordsを立ち上げ、研ぎ澄まされた独自の感覚 と経験に裏打ちされた極上のエレクトロニック・ミュージックを日々提供し続けて いる。そして本年度待望のニューアルバムを製作中。

    http://ifyr.tv/aw7