EDIT EVENT
SATURDAY / 2016.01.16

ageHa NEW YEARS PARTY Day2 feat.Tokyo WonderNight

新春の衝撃!まさかの2週連続入場無料パーティー! リビングレジェンドが集結!

ageHa NEW YEARS PARTY Day2 feat.Tokyo WonderNight

PARTY REPORT
2016.01.16.SAT
OPEN 23:00
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO iFLYER

新春の衝撃!まさかの2週連続入場無料パーティー! リビングレジェンドが集結!

ageHaが贈る2016年のNew Years Party!
第二夜はダンスミュージックシーンのトップに君臨し続けるアーティストによる年に一度の夢の共演!

新年のお年玉として全員完全入場無料でお届け!

エンターテイメント満載のワンダーランド「Tokyo WonderNight」へようこそ!
東京の夜を彩る演出とパフォーマンス、世界に誇るサウンド&ライティング。
これがクラブイベントの概念を覆すageHaのネクストレベル!
日本最大のエンターテイメントスペース”ageHa”であなた好みの遊び方を探してください!

  • ARENA

     

    LINE UP
    SHINICHI OSAWA
    TAKKYU ISHINO
    KEN ISHII
    SUGIURUMN
    LIVE
    RYUKYUDISKO
    VJ
    HEART BOMB
    LIGHTING
    MIURA
    DANCER
    CYBERJAPAN DANCERS
    ageHa POLE DANCERS
    SILK DANCERS
    TECHNO / HOUSE
  • ISLAND

    BANG!

    LINE UP
    U-YA
    TIP
    WARA-Z
    HONEY
    RYOTA
    BABA
    TEPP
    ARAKI
    HIROKAZU
    KUREHA
    SUPPORT
    SUS
    HIP HOP
  • WATER

    WINTER LOUNGE

    LINE UP
    MIDORI AOYAMA
    SEKITOVA
    LOUNGE
  • BOX

    HOT SHOT 〜TCPT大新年会〜

    LINE UP
    YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)
    ROLF U DIV (TCPT)
    HIKARU (TCPT)
    TAKAHASHI YU (TCPT)
    MA-SA (TCPT)
    EMiKO (TCPT)
    EDM
ARTIST ANNOUNCE
  • 大沢伸一

    大沢伸一

    大沢伸一(音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー)
    '93年のデビュー以来、MONDO GROSSO、ソロ活動を通じて革新的な作品をリリースし続けている音楽家、プロデューサー、DJ、選曲家。クラブサイトiLOUDのDJ人気投票国内の部3年連続No.1(2009〜11年)に輝く。ソロ名義で発表したアルバム『The One』('07)は、英Southern Fried、米Dim Makからもリリースされた。アルバム『SO2』(’10)収録曲「SINGAPORE SWING」が世界的クラブヒットを記録し、2011年にはその曲名をタイトルとしたPaul Chambersとのコラボアルバムをリリースした。近年はよりアンダーグランドなテクノに傾倒したトラックを世界の様々なレーベルからリリースし、世界中のDJ/クリエイターからコラボやリミックスのラブコールも多い。
    現在13年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム制作に着手している。

    http://www.shinichi-osawa.com
    http://twitter.com/shinichiosawa
    http://www.myspace.com/shinichiosawa
    http://soundcloud.com/shinichiosawa
    http://www.facebook.com/pages/Shinichi-Osawa/29099839651



    http://ifyr.tv/a1OV
  • TAKKYU ISHINO

    TAKKYU ISHINO

    1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。
    2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。


    http://ifyr.tv/a5x
  • KEN ISHII

    KEN ISHII

    アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、1年の半分近い時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。'93年、ベルギーのテクノレーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。'95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。'96年には「Jelly Tones」 からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。

    '98年、長野オリンピック・オフィシャル・オープニングテーマのインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。2000年アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。'04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。'05年には「愛・地球博」で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽及び音響設計を担当。'10年東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した3Dインスタレーション作品への参加や、と東京ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え様々な活動を展開。翌年それらのインターナショナルな活動に、世界的通信社「ロイター」が注目し報道配信。全世界の新聞、雑誌、ウェブサイトなどで10億人が目にすることとなった。
      
    そして新たに立ち上げたプロジェクト「Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas」で菊地成孔、Emi Meyer、Jazztronik、Alex from Tokyo、Masaki Sakamotoらとコラボレーション、Mr. Fingers「Can You Feel It」、Soft House Company「A Little Piano…」をカバーし、他のアーティストや異ジャンルの音楽ともクロスオーバーするエレクトロニック・ミュージックを作り上げた。'13年は世界デビュー20周年を迎え、4月にドイツのトップ・レーベルSystematic Recordingsの主宰者マーク・ロンボイと共に初のコラボレーション・アルバム「Taiyo -2CD-」をリリース。'14年20周年時に撮影したドキュメンタリー「KI20- Ken Ishii on The Move」をYouTubeで配信。昨年はFlare名義でアルバム「Leaps」をリリース、「自由なテクノ」を奏でている。昨今は海外、国内問わず様々なレーベルから作品を発表し続け、今年もDJ、作品発表と世界をフィールドに精力的に活動していく。

    http://kenishii.com
    https://www.facebook.com/kenishiiofficial/
    http://soundcloud.com/ken-ishii-70drums
    https://www.instagram.com/_kenishii_/
    https://twitter.com/K_Ishii_70Drums




    http://ifyr.tv/a2DW
  • SUGIURUMN

    SUGIURUMN

    BASS WORKS RECORDINGS主宰。
これまで7枚のオリジナルアルバムを発表し、シングルも世界各国のレーベルよりリリース。
3シーズン連続で務めたPACHA IBIZAのミックスCDも好セールスを記録した。
DJとしても24時間セットを幾度となく敢行。近年もIbizaやMancesterなど、頑丈な体と精神を存分に生かして、ワールドワイルドに精力的に活動している。
2013年よりスタートさせた自身のレーベル、BASS WORKS RECORDINGSはすでに150タイトルを超え、ハイクオリティーなダンスミュージックを世界に発信し続けている。
    2017年6月に、人工知能(AI)をテーマにした3年ぶりの最新アルバム “AI am a boy.” をリリース!


    http://ifyr.tv/a3a
  • RYUKYUDISKO

    RYUKYUDISKO

    沖縄県出身。YAPANとTetsushi Hiroyama二人からなる双子テクノ・バンド。
    RYUKYU=沖縄音楽、DISKO=ディスコ・ミュージック、ダンス・ミュージック。これらの音楽スタイルを融合することによってRYUKYUDISKOとしての活動が始まる。
    沖縄を訪れていた石野卓球にデモテープを渡したことがきっかけで2004年デビューを果たし国内最大のテクノフェスティバルWIRE04に出演。“これまでにないテクノ・ミュージック”の噂を聞きつけた人々が、そのライブを一目観ようと殺到し、多数のフェスで入場規制がかかった。
    その後もコンスタントに作品をリリースし、テクノファンのみならず多くのダンスミュージックフォロワーを始めさらにはロックファンをも巻き込みRYUKYUDISKOは大きな注目を集める存在となっていく。クラブイベントはもちろんのこと、FUJIROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、COUNTDOWN JAPANなど様々なフェスやイベントへも多数出演を果たしている。
    2013年デビューより10周年を迎えるRYUKYUDISKOは新たな活動の拠点として自らのレーベル、マネジメントオフィスとして「@DISKO(あっとでぃすこ)」を設立。
    3月〜5月にかけてデビュー10周年を記念した@DISKO TOUR-RYUKYUDISKO 10th ANNIVERSARY-を敢行。2人の誕生日でもある6月4日に待望のニューアルバム「TEN TO TEN」をリリース。今後はアルバムのリリースツアーや様々なフェスへの出演など、さらに精力的な活動を予定している。

    http://ryukyudisko.com/
    https://www.facebook.com/RyukyudiskoOfficial



    http://ifyr.tv/a4W3
  • HEART BOMB

    HEART BOMB

    HEART BOMB (iseneehihinee)
    他社比社所属の映像ディレクター集団。ミュージックビデオ、TVCM、ビデオインスタレーションを手がける他、QUICK TIMERS名義で定点観測映像を研究し、VJでは、コミックアニメーショ ン、CG、VIDEOCAMフィードバック、決定的瞬間映像、オシロスコープ波形をMIXする独自のスタイルが話題となり、多数ビッグフェスティバルにも出演。 デコレーションチーム宇宙警備隊と共にLEDを用 いた大規模な照明&VJセットも考案し、さらには、音、風、重力などのあらゆる物理量を電気信号に変えてのインタラクティブなVJ、映像、LED演出も計画中。

    http://heartbomb.jp


    http://ifyr.tv/a228
  • LIGHTING MIURA

    LIGHTING MIURA

    ageHaのライティングシステムに衝撃を受け
    クラブライティングの世界に飛び込む
    Richie Hawtin,Tiësto,Paul van Dyk,Joris Voorn,Steve AOKI...と
    多くのアーティストの来日公演のライティングを担当する。


    http://ifyr.tv/a6X8
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU
  • DJ U-YA

    DJ U-YA

    2000年から都内での活動を始め、様々なイベントに出演、2003年からは福生の横田米軍基地の近隣のCLUBにて約一年半毎週金曜日レジデントDJとしてPLAYし、横田の米軍基地内でのDJ PLAYも経験。これまでにHARLEM、VUENOS、asia、axxcis、NUTSなど様々なHIPHOP CLUBでレギュラーイベントを持つ。

    その後、渋谷CLUB XANADOのRESIDENT DJや、関西地区を中心に地方でもゲストDJとして多数活躍した後、現在は毎週末一夜にして1000名以上の動員を誇る超人気CLUB「六本木SIX TOKYO」を中心に、渋谷・六本木様々なNIGHT CLUBでそのイベントの中核となるDJとして活動している。

    2010年頃からはDJとしてだけでなく、自分の思うままの一晩を創り上げる事が出来る「イベントオーガナイズ」にも魅了され没頭。大小CLUBイベント、クルージングパーティ、エクストリーム系野外フェス、など様々な空間をプロデュース、どの企画も大反響を呼び、その手腕を見事に開花させる事となる。現在は、来年10周年を迎え平日ながら毎回300名以上の動員を誇る「PEACHFUL JOURNEY@渋谷CAMELOT」、自身の代名詞でもあり毎回発売と同時に即完売が相次ぐ魅惑のクルージングパーティ「PARTY CRUISING IN 夏クル」、渋谷初・2000-2005年のBLACK MUSICに焦点を当てたスローバックイベント「GET BACK!!」、を中心に様々な人気PARTYを多数手掛けている。

    DJプレイにおいては、ハードなナンバーからメローな楽曲まで変幻自在に使い分け、とにかく踊らずにはいられないグルーヴ感を最大の持ち味としている。多現場で培われた豊富な経験値とそのプレイスタイルから、堪らない渋さを醸し出す『燻し銀』的存在として今日もオンリーワンな輝きを放ち続けている。

    [FB] https://www.facebook.com/djuya.jp
    [Twitter] https://twitter.com/DJU_YA
    [Instagram] https://instagram.com/dju_ya

    http://ifyr.tv/abTL
  • DJ TIP

    DJ TIP

    2001年より東京渋谷を拠点にDJ活動をスタート。
    これまでにageha、HARLEM、SHIBUYA NUTS、club asia、VUENOS TOKYOといった第一線のクラブで活躍し、DJ JAZZY JEFF、DJ SPINNAといった海外のビックネームDJとの共演も果たす。
    「踊りやすさと驚きの融合」を追求したプレイには定評があり、HIP HOP、R&B、REGGAEを中心にEDM、Bass Music、DANCE CLASSIC、ROCK等、幅広い選曲とスキルでフロアを熱狂の渦に巻き込む。

    http://ifyr.tv/a67c
  • DJ HONEY

    DJ HONEY

    2008年から都内を中心にDJ活動を開始。
    ストリートからラグジュアリーなパーティー等数々のPARTYに出演し、過去にはアーティストのLIVE DJとしてツアーに参加した経験も持つ。

    HIPHOP.R&Bを中心に年代、ジャンルに捕われない選曲で、GROOVE感のあるプレイに定評がある。

    最近では自身の作品の制作も行っており、MIX CDもリリースしている。

    またサーフィンの学生大会優勝の経歴も持ちサーフブランドのカタログモデル等、DJのみならず多方面で活動を行っている。

    [経歴]
    IN COOL CLUB @台北 GUEST DJ
    THE PENINSURA HOTEL BAR PETER lounge DJ
    FEVER@ageHa
    club axxcis OPENING PARTY
    松下優也2011全国ツアーLIVE DJ 等


    http://ifyr.tv/abKV
  • MIDORI AOYAMA

    MIDORI AOYAMA

    東京、渋谷生まれのDJ、プロデューサー。英国ロンドンに滞在した経験から独自のコネクションを持ち、House MusicのDJとして都内各所のClubで多くのPartyに参加。12年に自身もフロントマンを務めるイベント「EUREKA!」が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People / The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後も、module、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にJullian Gomes、Kyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Farなど気鋭のアーティストの来日を手がけた。これまでイギリス、オランダ、スェーデン、韓国などでのDJ経験もあり、活動の場を世界へと広げ、2013年にはRasmus Faberの2ndアルバム「WE LAUGH WE DANCE WE CRY」にも収録されている「Rasmus Faber feat. Kirsty Hawkshaw / Clear Rain」をRemix。また、ラジオDJとして自主制作ラジオ「green groove」のパーソナリティも行っている。そして15年にはEUREKA!もレーベルとして始動。第一弾にスウェーデンの新興レーベル「Local Talk」とコラボレーションし、自身が選曲、ミックスを務めた「Local Talk VS EUREKA! - Our Quality House」第2弾にはロシアのアーティストLay-Farのアルバム「How I Communicate」など日本限定盤のCDリリースを手がける。2016年にはWOMBでもEUREKA!を開催。9月には初のEP「Crackazat - Coffee Time」をリリースするなど、レーベルとイベントの両軸での活躍も期待されている。

    Midori Aoyama is a DJ, producer and party organizer who’ve been gracing the nightlife of Tokyo for a few years, and is now becoming one of the main forces for quality dance music in Japan. He’s running a club night called EUREKA!, inviting artists like Reel People, Atjazz and Kyodai, Detroit Swindle and Mad Mats. He had a remix from Swedish producer Rasmus Faber’s track ‘’Clear Rain’’ from his label Farplane in 2013. And releasing new Mix CD with Local Talk. ‘’Local Talk VS EUREKA! - Our Quality House’’ exclusive in Japan on November 2015.

    Midori Aoyama Home Page
    http://midoriaoyama.jp/

    Midori Aoyama SoundCloud
    http://soundcloud.com/midoriaoyama


    http://ifyr.tv/a4Ib
  • SEKITOVA
  • YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    YOSHIMASA

    「YOSHIMASA」は1976年9月18日、音楽の街として有名な静岡県浜松市にて生まれた。
    彼は18歳からDJとしてのキャリアをスタートさせ、20歳で初めてパーティーオーガナイズを経験。
    1996年富士山で行われた「RAINBOW2000」を体験し、テクノ、トランスミュージックに心を奪われ、TRANCE DJとして活動をはじめた。
    2001年にTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を渋谷clubasiaでスタートさせ、4年に渡り、「YOSHIMASA」自身もレジデントDJとして、多くの観客を魅了し続けた。
    期を同じくしてPARTY団体「TCPT」を設立。17年間で非常に多くのPARTYを開催し、成功させてきた。
    現在では、新木場ageHa,渋谷WOMB,渋谷VISIONなど東京を代表する大きなクラブで定期的にPARTYを開催しており、
    2018年3月にはFerry Corstenをゲストに招聘し、17年ぶりにTRANCE PARTY「TRANCEPORT」を復活させることを発表し大きな話題となった。

    アーティスト活動としては、「Flashover」から「DIM3NSION」との共作で「HIDAMARI」をリリースをした「RYOJI TAKAHASHI」とのユニット「TINY DUCKS」を中心に楽曲制作を行い
    多くのスターアーティストからサポートされ、2014年11月にはファーストアルバム「JUST A STORY」をリリース。
    2018年3月にはFERRY CORSTENのレーベル「FLASHOVER」から日本人で初めてとなるコンピレーションアルバム「TRANCEPORT Presents Flashover for Japan - Mixed By YOSHIMASA」を発売

    http://tcpt.net/

    http://ifyr.tv/a1Jt
  • ROLF U DIV

    ROLF U DIV

    EDM,ELECTRO,PROGRESSIVE,TECHNOを中心にグルーヴでフロアを引っ張るプレイが信条。
    特にEDMとELECTROを多彩に操り、対称的な音にも関わらずロングミックスするplayは圧巻。
    Mashupなどは一切使わず、CDJ3台を駆使し、その場で多様なMIXやスクラッチを繰り広げる圧倒的なテクニックで、常にオーディエンスの期待を超えたplayを見せる。
    新木場ageHa,VISION,WOMBなどのBig Clubのメインフロアにも出演し、数多くのBig Partyにも出演を果たしている。
    過去には
    「Daddy's Groove」「TJR」「Kill the noise」「LAZY RICH」「Kryder」
    など人気ARTISTともメインフロアにて出演を果たす。

    http://ifyr.tv/a8qy
  • HIKARU

    HIKARU

    若手注目株のEDM / DIRTY DUTCH HOUSE DJ。 DJ Hey!!と共に自らがプロデュースするクラブイベント「YNC Presents TRACE」の成功をきっかけに活躍の幅を広げていき、現在ではPARADISE@新木場ageHa Water、EDM NIGHT @ clubasia、EDM SUNDAY @ WOMB SUNDAY AFTERNOONなどEDM系パーティーを中心に月に十数本の現場をこなす。またEDMMMM!!! @ WOMBLOUNGEのオーガナイズも担当。 クラウドをハンズアップさせる為、今日も彼はDJをする。



    http://ifyr.tv/a7jA
  • MA-SA

    MA-SA

    DJ MA-SA(マ-サ)
    Department DJ
    from Tokyo Japan
    1986年1月30日富山県生まれ。
    都内某百貨店勤務(新宿○○○)
    19歳からキャリアをスタートし都内のクラブを中心に主に音箱と言われるクラブの
    ageha・WOMB・clubasia・SoundMuseumVision,camelot,お台場・etcにてDJ活動を行う。
    「音を通して人と人を繋ぐ・感動・驚き・最大限の空間演出を」信念に、幅広いリスナーに応えられる選曲(顧客第一主義)を常に考え、Depart同様、最上級の「空間」・「先取りした音」の演出を得意とします。
    「モノ」・「コト」に対し深く・広く、をモットーに感度の高い音をリスナーに提供いたします。
    ジャンルは、ELECTRO/HOUSE/PROGRESSIVEHOUSE/TECHOUSE/TECHNOなどその
    「トキドキ」の旬を半歩先、先取りつつリスナーの求めるベストな「タイミング」に合わせたDJに定評があります。
    ===========================================================================
    ・ブッキング等募集中です。下記宛先までご連絡ください。
    ・ブッキング:LINE,FACEBOOK,Twitterまでお願いいたします。
    =======================================================

    twitter
    http://twitter.com/DJ_MA_SA

    instagram
    djma_sa_official

    LINE ID
    djmasatokyo

    iFlyer(アーティスト情報)
    http://iflyer.tv/djma-sa

    TCPT(アーティスト情報2)
    http://tcpt.net/dj/dj_ma_sa

    ===========================================================================

    http://ifyr.tv/a56B