EDIT EVENT
TUESDAY / 2015.12.22

MOVE NIGHT_ presents ASOBONENKAI 2015

毎年恒例の師走の風物詩「BONENKAI」がageHaとASOBISYSTEMの強力タッグにより、「ASOBONENKAI」として大開催!m-floとCAPSULEの夢の共演が実現!そして多数のスペシャルゲストも登場!

MOVE NIGHT_ presents ASOBONENKAI 2015

PARTY REPORT
2015.12.22.TUE
OPEN 22:00
前売プレイガイド / ADV TICKET​
e+ (イープラス)
[ご購入はこちらから]
iFLYER
[Ticket Available]
DMM.com
[ご購入はこちらから/Ticket Available]
e+ (イープラス)【ペアチケット】
[ご購入はこちらから]
 
INVITATION TICKET INVALID
インビテーション・チケット 使用不可
ageHa PARKING OPEN
ageHa SHUTTLE BUS TIMETABLE
シャトル・バス 時刻表
3:30より前のシャトルバス
はチケットなしでご乗車頂けます。
You don’t need a ticket to get on a bus before 3:30.
Please stand in line at the bus stop.
MORE INFO ASOBISYSTEM
iFLYER

毎年恒例の師走の風物詩「BONENKAI」がageHaとASOBISYSTEMの強力タッグにより、「ASOBONENKAI」として大開催!m-floとCAPSULEの夢の共演が実現!そして多数のスペシャルゲストも登場!

一年に一度のお楽しみ!ASOBONENKAIが今年も開催決定!
ageHaの12月を彩ってきたBONENKAIシリーズの新作は、ageHaとASOBISYSTEMそしてもちろんm-floの強力タッグが実現!

超豪華な忘年会開催!
この日遊ばなければ年は越せない!

  • ARENA

    ASOBONENKAI 2015

    SPECIAL GUEST
    m-flo
    CAPSULE
    LIVE GUEST
    Crystal Kay
    Minami (CREAM)
    LINE UP
    中田ヤスタカ (CAPSULE)
    MITOMI TOKOTO
    Lucas Valentine
    TJO
    DJ KYOKO
    ALISA UENO
    NORIYUKI OMOTO
    VJ
    滝紘平
    REZ
    DANCER
    CYBERJAPAN DANCERS
    EDM / HOUSE / POPS
  • ISLAND

    ASOBINITE!!!

    LINE UP
    DON’T BELIEVE THE TV
    (2BOY+KOHNO)
    hype
    naoya
    貫井大資
    AYAMI
    MO*ON
    副島ショーゴ(T.U.S.)
    Fumihiko Chiba(Mehteh)
    YASUKI
    Takashi Koga
    ANDY&yuhi
    ALL GENRE
  • WATER

    TWERK ‘EM ALL

    LINE UP
    DJ Erie (Dream / E-girls)
    FEMM
    FAKY
    LISACHRIS
    DaBook
    UDA
    Keisuke Matsuoka
    TWERK 'EM ALL
    TWERK / HIPHOP / ELECTRO / BASS & more
  • BOX

    VIVIVI

    LINE UP
    クリトリック・リス
    おやすみホログラム
    DJギズモ
    (篠崎こころ / petit pas!)
    DJ りなはむ
    POCHI
    モニ子
    Aice(from K.A.RAMEL)
    DJぐるぐる。(SO WHAT/音鳴りcrew/GARNISH)
    pandakeiko
    ALL GENRE
RELATED MEDIA
m-flo + SOL (from BIGBANG) / Go Crazy
CAPSULE - "WAVE RUNNER -DELUXE EDITION-" Trailer
ARTIST ANNOUNCE
  • m-flo

    m-flo

    98年にインターナショナルスクールの同級生だった
    ☆TakuとVERBALの2人で活動をスタート。

    後に、ヴォーカルとしてLISAが加入し、m-floとして本格的に始動。
    同年にインディーズからリリースした「The Way We Were」は驚異的なセールスを記録。

    99年7月に1stマキシシングル「the tripod e.p.」でメジャーデビュー、
    オリコン初登場でいきなり9位をマークした。
    その後も快進撃を続け、シングル12枚、
    オリジナルアルバム2枚をリリースし大ヒットをおさめた。

    2nd ALBUM「EXPO EXPO」に至っては80万枚のセールスを樹立し、
    日本の音楽シーンに強烈なインパクトを与えた。
    02年にLISAがソロ活動に専念するため、惜しまれながら脱退を決断。

    03年、VERBALと☆Takuの2人となったm-floは、
    さまざまなアーティストとコラボしていくという"Loves"シリーズで
    日本の音楽史に“featuring"という概念を定着させた。


    05年には日本武道館でのワンマンライブを、
    07年には横浜アリーナ公演をかつてないほどのスケールで大成功させる。
    また"ROCK IN JAPAN FESTIVAL"や"SUMMER SONIC"などのステージにも登場するなど、
    アンダーグランドからオーバーグラウンドまで、縦横無尽な活動で、
    日本の音楽シーンに新たな風を吹き込んだ。

    08年、41組とのコラボレーションを実現した"Loves"シリーズに終止符を打ち、
    新たな可能性を求め、プロデュースやリミックス、DJ、また自身のブランドや
    別ユニットなど個々の活動で活躍していた。

    そして2017年。

    日本を代表する最強のトライポッド「m-flo」が15年振りに
    LISA・VERBAL・☆Taku Takahashiのオリジナルメンバーで完全復活!!

    http://ifyr.tv/a1SH
  • CAPSULE

    CAPSULE

    Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、「LIAR GAME」シリーズのサウンドトラックや映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける“中田ヤスタカ”自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

    【CAPSULE オフィシャルHP】
    http://capsule-official.com/
    【CAPSULE オフィシャルFACEBOOK】
    https://www.facebook.com/CAPSULE.OFFICIAL
    【CAPSULE オフィシャル TWITTER】
    https://twitter.com/CAPSULEOFFICIAL



    http://ifyr.tv/a1Ot
  • Crystal Kay

    Crystal Kay

    1986年2月26日生まれ、横浜出身。O型。

    1999年7月「Eternal Memories」でデビュー。2002年10月に発売した3rdアルバム『almost seventeen』は、オリコンチャート初登場2位という快挙を成し遂げる。

    2005年4月よりフジテレビ系ドラマ「恋におちたら ~僕の成功の秘密~」主題歌となる「恋におちたら」が大ヒット。2007年6月リリースのアルバム『ALL YOURS』がオリコン1位を獲得、2009年9月リリースのベスト・アルバム

    『BEST of CRYSTAL KAY』はセールス的にもツアーも大成功させ、確固たる存在感を示した。2011年、活動の場をユニバーサル ミュージックに移し、待望の移籍第1弾シングル「Superman」(プロデュース:BACHLOGIC)を、12月14日にリリースした。2012年6 月27日には、待望の移籍後初となるアルバム『VIVID』もリリース。"歌って踊れるCrystal Kay"をコンセプトにしたそのアルバムでCKの新境地を見事に提示してみせた。またファー・イースト・ムーヴメントのアルバム『ダーティ・ベース』の世界 盤に収録された「ホエア・

    ザ・ワイルド・シングス・アー」、ライオネル・リッチーのアルバム『ベスト・デュエット~タスキーギ』に収録された「エンドレス・ラヴ」にも参加と、その活動の場は日本だけにとどまらない。さらにCrystal Kayは、TETSUYA、

    NESMITHとEXILE USAが結成した超巨大ダンスプロジェクトDance Earth Partyのメンバーとして、1stシングル「イノチノリズム」を2013年1月16日リリース、同年2月に品川ステラボールにて開催されるその舞台「Dance Earth ~生命の鼓動~(イノチノリズム)」 (演出:岸谷五郎)にも出演。

    また、2012年9月8日に赤坂BLITZで行われたワンマンライブ"CK LIVE 2012「VIVID」"を収録したDVD作品『CK LIVE 2012『VIVID』を2013年3月6日にリリースした。また、昨年2013年3月よりニューヨークにも拠点を移して活動し、アーティストとして更なる進化を遂げている。そして2014年11月よりマネージメントをLDHに移籍。今年2015年Crystal Kay第二章をスタートさせる。



    http://ifyr.tv/a4FV
  • Minami (CREAM)

    Minami (CREAM)



    http://ifyr.tv/acN5
  • MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO

    MITOMI TOKOTO (CYBERJAPAN, Cr2 JAPAN, Limited Express)
    http://www.cyberjapan.tv/
    http://www.facebook.com/MitomiTokoto
    http://twitter.com/mitomitokoto

    DJ、音楽プロデューサー、リミクサー。クラブ系ウェブサイト「CYBERJAPAN」と、人気の「CYBERJAPAN DANCERS」のプロデューサーもつとめる。日本人ハウス・プロデューサーとして唯一、4曲を Beatport ランキング TOP 100 にランクインさせ、さらに 「That IbizaTrack」、「Sax @ Arena -MITOMI TOKOTO Remix-」の2曲が、総合チャート・トップ5 にチャートイン。David Guetta、 LFMAO、Fergie(The Black Eyed Peas)から Swedish House Mafia を率いる Axwell までと幅広く世界のトップクラスのアーティストのリミックスも数多く手がける。
    日本国内においても、DAISHI DANCE "Sax @ Arena"、倖田來未 "But"、金原千恵子 "String of Life"、Ms.OOJA "Life" などを手がけた。
    2011年には、DAISHI DANCE と MITOMI TOKOTO のコラボレーション名義 Limited Express からのアルバム"Party Line" をリリース。
    このアルバムは、2011年に全国でもっとも売れたハウスミュージックのアルバムとなった。
    2012年には、DJ Set 用にリミックスした 2NE1、BIGBANG らの楽曲リミックスが K-POP ワールドでも話題に。又、フランス人スター DJ Norman Doray とコラボレーションしたニューシングル "Music" をリリース。 その他の楽曲も今後、続々とリリース予定となっている。


    http://ifyr.tv/a34
  • LUCAS VALENTINE

    LUCAS VALENTINE

    プロデューサー / レコーディング・エンジニア / DJ。
    オールドロックとソウル・ミュージックのLPに囲まれた環境に生れ育ち、幼い頃からアートに興味を持ちはじめる。マンハッタンの音響大学を優秀な成績で卒業後、インターンとしてSadat X(Brand Nubian)に所属。その後、精力的に活動を続け、Un Kasa (Purple City / The Diplomats)、Buckshot (Boot Camp Clik)、Brand Nubian and Thaitaniumのレコーディングエンジニアとして活躍する。
    2007年東京に帰国しVERBALと運命的な出会いを果たす。以後、プロデューサー/リミックス/エンジニアとしてVERBAL、BoA、TERIYAKI BOYZ、Kool Keith、taboo (Black Eyed Peas)、CHAR、Blaise Plant (Monkey Majik)、SHEN (Def Tech)、SYZA、他、メジャー・アンダーグラウンドを問わず様々なアーティストと活躍、またDJ、グラフィックデザイナー、アーティストとしても自らのHip Hopルーツを表現しながら活動を続けている。


    http://ifyr.tv/a6f5
  • TJO (Takeru John Otoguro)

    TJO (Takeru John Otoguro)

    BOOKING CONTACT : booking@sugarbitz.com

    TJO Biography

    ジャンルを縦横無尽にプレイするミスター・オープンフォーマットDJ。日本、イギリス、タイ人の血を引きパリに生まれる。
    東京を中心に日本各地でのクラブ・レジデントパーティーを抱える他、近年では世界中の多様な大型フェスに出演。

    また、ラジオ・パーソナリティーとしての人気も高く”block.fm”では彼のトークを随時楽しめる。冠番組としてはファッション・ブランド “EMPORIO ARMANI”とTJOのタイアップ番組が好評OA中である。

    音楽プロデュースでは、国内外を問わず多岐に渡るアーティストに楽曲を提供。
    楽曲制作の他、DJ MIX作品では、2016年に世界最高峰のダンス・レーベル "ULTRA MUSIC” から日本人初となるMIXCDリリースを実現したことがシーンに衝撃を与えた。

    タレント力が高いバイリンガルDJ。幅広い層からの人気を独占中である。

    http://www.tjodj.com

    TJO Biography (English Ver.)

    TJO also known as “Mr. Open Format” crisscrosses through a wide range of music genres.
    He was born and raised in Paris, France to a half Japanese, half Caucasian father and a Thai mother.

    TJO is in charge of various key residential parties in downtown Tokyo all the while traveling all around world to perform at major dance music festivals.It does not stop there - he is also building his career as a radio host on a dance music program sponsored by fashion brand Emporio Armani at a local club-music radio station, block.fm. He is also a dance music track maker for domestic and international artists.

    In 2016, as his personal project, he released his official mix CD from one of the most demanded dance music labels ULTRA MUSIC as the first Japanese DJ ever.

    The talented DJ, TJO attains international acclaim from a wide range of audience.

    http://www.tjodj.com

    http://ifyr.tv/a1AK
  • DJ KYOKO

    DJ KYOKO

    東京だけにとどまらず日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラブ・コールが止まぬ存在となった新世代のアイコンDJ。 2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルさで年間120本に及ぶパーティの DJを務めあげ、国内外の有名DJ、気鋭アーティストとも多数共演を果たす。 2007年にはトーキョー・ガールズ・エレクトロ・パーティー[XXX]をスタート。2008年9月にはYATTと共にコンピレーション・アルバム『ELECTRO ME』の監修を務めた。2009年7月〜2010年12月にリリースされた OFFICIAL MIX CD『XXX』シリーズ4作は、MIX CDとしては異例の高セールスを記録。2012年1月にはPONY CANYONより『PAPER TRAIL OF NIGHTS』をリリース。2013年1月にはベルリンのレーベルFarbenより新作MIX CD『Time's Fool』をリリース。

    https://www.facebook.com/djkyokoofficial
    http://djkyoko-droptokyo.tumblr.com/


    http://ifyr.tv/a2pl
  • ALISA UENO

    ALISA UENO

    大学在学中の2009年にDJ活動をスタートしたALISA UENO。Electric ZooやElectroxなどの国内の大型フェスに多数出演し、国内外の大きなクラブでもプレイしている。海外でもDJとして活動する彼女は、メインアクトとしてプレイするイベントの他に、NERVOやAFROJACK、DIPLOやLIL JONといった海外の著名アーティストのオープニングアクトも務め、RITA ORAやICONA POP、STEVE AOKIやCharli XCX等の名だたるアーティストとも共演している。2017年にはMIYAVIのツアーにBack DJとして参加し、数々のフェスでライブパフォーマンスを行っている。YVES SAINT LAURENTやFENDIなどのファッションブランド等のイベントでもプレイし、それらを含めると年間120本を超えるパフォーマンスを行っている。2016年に渋谷区観光大使ナイトアンバサダーにも選ばれ、日本のダンスミュージックシーンの盛り上げ役にも正式に任命されている。
    2015年には、世界No.1女性DJ NERVOの「Hey Ricky」にフィーチャリングアーティストとして参加し、シンガー”ALISA”としても世界デビューを果たした。その後、2017年にSofi Tukkerの「Best Friend (feat. NERVO & The Knocks, ALISA UENO)」にフィーチャリングアーティストとしてはもちろん、作詞作曲にも参加。この曲はApple“iPhone X”のglobal TV commercialソングだけでなく、ゲーム「FIFA 18」のサウンドトラックや数々のドラマの挿入歌、CMソングとして使われた。また、iTunes Dance chart 6カ国で1位獲得と今最も話題の曲だ。センス豊かな選曲とエネルギッシュなプレイで一気にフロアロックするALISA。英語も堪能な彼女は世界中を飛び回り、様々なカルチャーや音楽、ファッションを吸収し、自身のフィルターを通して新しい作品へと融合させる。その感覚はまさにアーティスト。彼女の独特なヘアスタイル、メイクやファッションから、TOKYO出身の”IT GIRL” としてファッションリーダー的存在のALISAは世界基準で活躍するDJとしても、そのパフォーマンスで数多くの人種を魅了してきた。日本のみならず世界中にファンを持ち、DJ/Producerとして今後も活躍が期待されている。

    http://ifyr.tv/a7Hz
  • CYBERJAPAN DANCERS

    CYBERJAPAN DANCERS

    日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」 House Music プロデューサーでもある MITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
    マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
    日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
    PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
    ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!
    過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。


    CYBERJAPAN DANCERS on Facebook
    http://www.facebook.com/cyberjapandancers

    Agency (CYBERJAPAN)
    http://www.cyberjapan.tv/

    twitter
    http://twitter.com/cyberjapantv

    http://ifyr.tv/a2WU
  • NORIYUKI OMOTO

    NORIYUKI OMOTO

    ▪︎NORIYUKI OMOTO
    1992/4/27/北海道根室市出身/札幌在住/DJ&PRODUCER
    18歳の時にHOUSE_TRIBAL HOUSE_DEEP HOUSEを
    中心とした選曲でDJ活動をスタート
    はじめてわずか4年で札幌の大型メジャークラブ
    alife、Riviera、moleで自身がRESIDENT DJを務めるPARTYを主催
    最近では、渋谷T2やATOMでGUEST出演をしている。
    札幌のみならず全国で幅広い活躍をしている
    代表的なレギュラーイベントに毎月Rivieraで開催されている
    毎月1000名オーバーのモンスターパーティGILRS❤︎GILRS❤︎
    Riviera各月開催のFESMORI、alife各月開催のEDM TRIBE!!など
    700名オーバーのレギュラーイベントを数多く開催し
    札幌で新たなムーブメントを作り出している
    またアーティスト、ファッションショーのアフターパーティで
    DJをするなど美容、服飾系との繋がりも深い
    初期の頃は哀愁系HOUSEやTRIBAL HOUSEを軸にPLAYしていたが
    近年ではEDMの中にTRIBAL_HOUSE_DEEPの要素を取り入れ
    ダイナミックなパフォーマンスかつ繊細なMIXでフロアをロックしている
    2015年コンサドーレ札幌のオープニング&選手紹介BGMをプロデュース
    そしてプロバスケットチーム”レバンガ”のサウンドを
    トータルプロデュースするなど楽曲制作にも力を入れている

    twitter : https://twitter.com/noriyuki427
    Instagram : https://instagram.com/noriyuki0427/
    Facebook : https://www.facebook.com/djnoriyukiomoto/?ref=hl

    http://ifyr.tv/a983
  • REZ

    REZ

    2012年12月より各々VJとして活動していたKAZOE NOBUAKIとblok mが
    ビジュアルライブユニットとして結成し始動。東京のクラブシーンを中心に活動を展開している。

    REZの"視覚表現"は音楽と映像と照明を一体化させ瞬間瞬間を刻み、
    より空間としてのフロアをオーディエンスに感じさせる。
    その手法は、VJというプレイを基盤としながらも時にその枠に捕われない演出を取り入れ、
    視覚表現としてフロアへ返される。

    VJ REZ is a TOKYO based VJ team.REZ has two members,Nobuaki Kazoe&TakuyaMiyagawa.
    has working extensively with various events and large scale festival,collaborating with top DJs.
    Their VJ play based on the knowledges of technology and the creativity senses garner immense praise.
    In 2013 2014,
    REZ play VJ in New year eve event at ageHa( http://www.ageha.com/ )
    and in SummerSonic( http://www.summersonic.com/2014/ ),
    SonicMania( http://www.creativeman.co.jp/sonicmania/2014/ ) Electrox( http://www.electrox.jp/14/ ).

    In recent years,along with their VJ work,REZ has been active in CG/motiongraphics creation and direction.
    For example directed visuals of NIKE’s event and various artist concert.

    [co-star]
    Aly&Fila,BASS JACKERS,BINGO PLAYERS,BLASTER JAXX,Borgeous,Botnek,CROOKERS,DANNY AVILA,DARKO ESSER,DIRTY SOUTH,Doctor P,DENIZ KOYU,Derrick May,DIEGO MIRANDA,DIMITRI FROM PARIS,DON DIABLO,DUB VISION,ESTIVA,FEED ME,FEENIXPAWL,Ferry Corsten,Hard Rock Sofa,HEADHUNTERZ,INFECTED MUSHROOM,JAUZ,Jewelz & Sparks,Julian Jordan,Kill The Noise,KREWELLA,KRYDER,Laidback Luke,LAZY RICH,Lush & Simon,Marcus Schossow,Mark Knight,Mat Zo,Michael Calfan,Milo & Otis,MUST DIE !,NERVO,OOKAY,Paris & Simo,PEGBOARD NERDS,Quentin Mosimann,QUINTINO,RASMUS FABER,SANDER VAN DOORN,Seven Lions,Shogun,Sidney Samson,STEVE AOKI,SWANKY TUNES,Thomas Newson,TJR,TORRO TORRO,YELLOW CLAW,W&W,ZEDS DEAD[A to Z]
    ☆TAKU TAKAHASHI(m-flo),DAISHI DANCE,DEXPISTOLS,DJ KAORI,DJ KYOKO,DJ YUMMY,ISHINO TAKKYU,KAZUMA TAKAHASHI,KEN ISHII,KICK OFF,MITOMI TOKOTO,REMO-CON,SHINTARO,SHINICHI OSAWA,YOJI,80kidz[A to Z]



    [VJ略歴]
    ◆2012年
    ・ageHa COUNTDOWN-ANTHEMS-にARENAのVJとして出演。それに伴いVJ REZとして始動。

    ◆2013年
    ・東京タワーで行われた"Nike Presents: NIKEFUEL × TOKYO TOWER 55TH ANNIVERSARY"にVJとして出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2014 11th Anniversary Speial VJ出演

    ◆2014年
    ・electroX@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにてVJ
     HEADHUNTERZ,ZEDS DEAD,SHOGUN,BLASTERJAXX YAMATO,DJ WILDPARTYのVJを担当
    ・NIKE WINNER STAYS FINALにて映像ディレクション及びVJ
    ・SONIC MANIA 2014にてSONIC WAVE STAGEでVJ、KREWELLA,NERVOのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2014にて、LITTLE DRAGON,Koji NakamuraのVJを担当
    ・ageHa COUNTDOWN 2015 VJ出演

    ◆2015年
    ・electroX 2015@幕張メッセ、Sonic Beats STAGEにて
     ☆Taku Takahashi,DON DIABLO,QUINTINO,SANDER VAN DOORNのVJを担当
    ・SUMMER SONIC 2015、SONIC MANIA 2014にてVJ
    ・ULTRA JAPAN 2015にてSHINTAROのVJを担当
    ・ageHa 13th Anniversary -DAY 2- VJ出演
    ・ageHa COUNTDOWN 2016 VJ出演

    ◆2016年
    ・electroX 2016@幕張メッセ、SUNRISE STAGEにて
     BASS JACKERS,QUINTINO,80KIDZ,TJO,UENO ARISAのVJを担当

    http://ifyr.tv/a6Ko
  • 滝紘平

    滝紘平

    1983年、福岡生まれ。

    2005年より今は亡き下北沢WEDGEにてクラブVJとしてのキャリアをスタートさせ、その後約一年で100本を越えるパーティーに出演するようになる。

    多数の機材を組み合わせて繰り出される映像、オリジナルのスクリーンやカラーレーザー、ミラーボールまで駆使し、空間をmix。その視覚的、空間的影響力は「いわゆるVJ」に留まらない。特にピークタイムは氏のプレイが最も鮮やかに展開する時間帯だ。

    現在はプロデューサー/DJの中田ヤスタカ(capsule)のVJを中心に、活動範囲を日本全土から世界に拡大しながら自身の年間出演回数を塗り替え中。また、*TAKIkikikiki!!!!!*名義で「東狂」エレクトロシーンの視覚刺激担当としても暗躍している。

    そして、始末のおけない「JPOP-DJ」としての顔を持ち合わせていることもアナウンスしておく。500曲を越える洗練されきっていない和製ポップスを武器に、大合唱とコール&レスポンスでフロアをカラオケボックスに変容させる様は時に嘲笑を買うことも。「朝5時から」を主なプレイタイムとし、こちらも全国各地でゲリラ的に活動中。


    http://ifyr.tv/a1Fh
  • ERIE (Dream / E- girls)

    ERIE (Dream / E- girls)

    DJ Erie(Dream/E-girls)


    ミュージックシーンのみならず
    ファッション・フォトグラフィ・DJ・バラエティなどそれぞれの個性をいかした活動が特徴的なガールズ・エンタテインメント・プロジェクトDream/E-girlsのメンバー。
    2年連続、紅白出場を果たし 多くの人に夢を与えるべく、本格的なダンス&ヴォーカルの スキルとキャリアを活かしてDJとして幅広いエンターテインメントを追求している。

    2003年 ダンス・ボーカルグループ、Dreamのメンバーとしてデビュー。
    2011年 E-girlsとしても活動を開始。 2012年からDJを始める。
    現在は都内のCLUBを中心に活動中。
    2014年12月には自身初のMix CD 『E-girls “E.G TIME”non-stop mix』がレンタル ショップ限定で展開された。
    2015年 元旦に発売されたE-girlsの3rd ALBUM『E.G TIME』はオリコン1位を獲得し 3作連続首位を達成した。

    http://ifyr.tv/abmc
  • FEMM

    FEMM

    東京や横浜を中心に、大阪、京都など関西にも突如として現れ、ツイッターで「マネキンが動いてる」「人形がロボット歩きしている」などの目撃情報が寄せられていた神出鬼没の女性2人組、いや、2体組『FAR EAST MENTION MANNEQUINS (通称:FEMM / フェム)』の全貌がいよいよ明らかになってきた。


    ハリウッド映画さながらのド派手なティザー映像に始まり、ほぼ無名にもかかわらず、国内外の人気アーティストが集う都市型フェス『NO BLUR CIRCUIT』でパフォーマンスを行ったり、引く手あまたの映像制作集団『IKIOI』と振り付け集団『Hidali』のタッグで制作された『ピンク・レディー』の代表曲『UFO』のあまりに予想外なカバー企画 (トラック制作には『Diplo』のRemixなどで話題の『sfpr』も参加)など、一部でマニアックな支持を得ている彼女達。


    しかし、『FEMM』自体が、ダンサーなのか、パフォーマーなのか、歌手なのか、その詳細は一切、語られてこなかった。そんな中、初のオリジナル曲、つまりデビュー曲『Astroboy feat. Honey-B & W-Trouble』がミュージック・ビデオという形でオフィシャル・サイト上に発表され、ようやく彼女達が歌って踊るダンス・デュオであることが明らかとなった。


    今作でも振り付けを担当したのは、前述の『Hidali』。これまでに『The Black Eyed Peas』の『will.i.am』や『Missy Elliott』、『WORLD ORDER』を手がけ、『ユニクロ』の『MIX PLAY』でも独創的な発想で人々を魅了してきた『野口 量』率いる最注目のコレオグラフ集団だ。そこに数々のトップ・アーティストのミュージック・ビデオを手がける気鋭『IKIOI』のアイデアが合わさり、これまでに見たことのない奇妙でスタイリッシュな映像が生まれた。真っ白い世界で、ラバー製の特注コスチュームで無表情に歌う『FEMM』も、一度見たら忘れられない強烈なインパクトを放っている。


    さらに、楽曲のプロデュースは、『LADY GAGA』や人気急上昇中の『ICONA POP』を手がける『Brian Lee』によるもの。今後も世界トップ・クラスのプロデューサーからの楽曲提供が続々と決定しているとのこと。詳細は、是非、彼女達のオフィシャル・サイトでチェックしてみて欲しい。『twitter』や『facebook』で無料でアカウント登録をして閲覧するという、これまた非常に凝ったつくりで、新しくてワクワクする仕掛けがたくさん用意されている。デビューEP『Astroboy EP』は、4月2日に配信のみで発売。音や映像はもちろん、何もかもが規格外のマネキン2体に世界が夢中になる日は近い。


    FAR EAST MENTION MANNEQUINS オフィシャル・サイト:
    http://femm.jp



    http://ifyr.tv/aaDP
  • FAKY

    FAKY

    フェイクなフリして、とことんリアルに
    東京からオルタナティブ・ガール・ポップを発信する4つの個性

    グループ名である“FAKY (フェイキー)”とは、自らを“FAKY=FAKEのよう”と名乗ることで、現在の音楽シーンの中で逆説的に“リアル”を体現するグループを目指すという意気込みを表現している。2013年の活動開始以来、”海外に通用するガールズグループ”を合言葉にしたアーティスト活動を展開。YouTubeで公開したMVが海外120ヶ国よりアクセスされる等注目を集める。

    2014年6月にメンバーチェンジを伴うグループリニューアルを発表し、約1年間の活動休止期間を経て、新たに4人組のガールズグループとして、再始動。オリジナルメンバーであるAnna、Lil’ Fang、Mikakoに加え、アメリカより来日した新メンバーAkinaが加入。バラバラな環境で育ってきた彼女達の個性がここ東京に集結し、”J-POP”ではなく広い目で見た”POP”をベースにした音楽性で、現在の日本の主流ガールズグループとは違った存在を目指す、個性あふれるオルタナティブなガールズグループである。​

    http://ifyr.tv/a9eh
  • LISACHRIS

    LISACHRIS

    LISACHRIS is Producer / DJ born March 1.
    Born in Queens, NY, raised in London and Tokyo.
    She is a music producer who produces a number of impressive songs, and you hear it once you understand it as her song.
    In DJ, domestic and foreign clubs, high brand to street culture,
    She is booked at various parties and shows.
    1st EP『ARIAKE』(Mar. 2018) ▶️ http://smarturl.it/ARIAKE
    2nd EP 『ARIAGAIN』(Oct.2018) ▶️ http://smarturl.it/ARIAGAIN
    1st AL 『Akasaka』at OILWORKS Rec. (Feb.2019) ▶️ http://smarturl.it/akasaka

    3月1日生まれのプロデューサー/DJ。
    NYのクイーンズで生まれ、ロンドン、東京で育つ。
    一聴して誰のものか分かる印象的な楽曲を多数手掛ける音楽プロデューサーとして、DJでは国内外のクラブ、ハイブランドからストリートカルチャー、様々なパーティーやショーにブッキングされている。2018年4月には初となる作品『ARIAKE』EPを発表、10月には続編的作品『ARIAGAIN』、2019年2月にはOILWORKS Rec.より1st ALBUM『Akasaka』を発表した。


    http://ifyr.tv/a6WK
  • DaBook

    DaBook

    HIPHOP/R&B を軸にMOOMBAHTON/TWERK/TRAP/JUKE/JERSEY CLUBなどなど、彼がプレイするサウンドの幅は広い。 しかし、彼のプレイにはジャ ンルやカテゴライズを超えたある種の統一された世界観がある。 それは、音楽をジャンルやカテゴライズで捉えるのではなく、無偏見なビジョンで彼自身の根底 に存在する"確かなもの=黒いグルーヴ"という価値観で捉えているからに他ならない。活動の場も多岐にわたり、都内主要クラブでの数々のブラックミュー ジック、ベースミュージックのパーティーはもちろん企業のレセプションパーティーやショップのインストアDJなどもこなし、2015年には世界最大のダンスミュージックの祭典ULTRA MUSIC FESTIVALの日本版、ULUTRA JAPAN2015にも出場。 またモデルとして雑誌を中心に広告やファッションショーや、大手ブランドのLOOKモデルなどでも活躍をしている今最も注目すべき人物の一人である。

    info http://dabookinfo.tumblr.com
    soundcloud http://soundcloud.com/djdabook


    http://ifyr.tv/a6ih
  • Keisuke Matsuoka

    Keisuke Matsuoka

    Keisuke Matsuoka (Re:ception)

    数々のバンド活動を経て、2007年からDJ活動をスタート。ジャンルはTechno、Electro、Discoを中心とし、様々なジャンルをクロスオーバーさせる。
    2012年にはTIGA、2014年にAutoKratz、EROL ALKAN、PARA ONE、SURKINの来日公演のフロントアクトを務め、2015年には、GREENROOM FESTIVALに出演。
    2016年には、中田英寿氏プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」でもDJとして参加。
    音楽シーンのみならずファッションシーンからのオファーも絶えない。
    2017年にはY-3、CHRISTIAN DADA、Perks and Mini (P.A.M)、CAREERING、のイベントでもDJとして参加している。
    そして今年2018年には、世界3大フェスの1つEDC Japanに出演。
    過去には、2manyDJs、A-TRAK、BOYSNOIZE、BREAKBOT、BRODINSKI、Dimitri From Paris、等、国内外の有名アーティストとの共演を果たし、現在では、自身のイベントの『Re:ception』を定期的に開催している。

    http://ifyr.tv/a6oW
  • TWERK 'EM ALL

    TWERK 'EM ALL

    〜TWERK(トワーク)とは〜
    お尻を突き出し、音楽に合わせて腰を上下に激しく高速に動かして踊るダンススタイルの一種。昨年開催されたあるミュージック・アワード授賞式で某アーティストがパフォーマンスを行った際に過激なトワークを披露し、会場のみならず全米を騒然とさせたことで爆発的にその名前が世界中に広がる。その後、英オックスフォード大学出版局の最新版英語辞典に新語としても収録されることになり、同辞典のオンライン担当は“「Twerking」に対する一般からの批判交じりの反応は、1960年代にR&B歌手、チャビー・チェッカーが「ザ・ツイスト」でツイストダンスを大流行させた時を思わせる” とコメントしたほど。その後、世界中の大物アーティストがこぞってライヴやミュージック・ビデオの振り付けに採用したり、様々なファッションブランドのデザインに「TWERK」とプリントされた商品が店頭に並んだり、日本でも人気モデルがプライベートでTWERK動画をUPしたり、まとめサイトのTWERKページが3ヶ月で25,000PVを突破するなど、音楽、ダンスの枠を越え、多様なカルチャーに爆発的な広がりを見せ、ブレイク間近となっている。

    TWERK ‘EM ALL(トワーク・エム・オール)とは、そのトワーク・カルチャーに日本から呼応するために、2014年初頭に結集されたプロジェクト。そのメンバーはTOKYOストリートシーンで活躍するDJ、プロデューサー、MC、ダンサー、デザイナー、グラフィックアーティストなどが所属しているようだが、現在のところ明らかになっていない。
    彼らの目的はただ一つ、”TWERK ‘EM ALL=全てをトワークさせる“。7/23(水)に、現在進行形世界最先端サウンドを体現する「Dimension Point」レーベルから発売される同名のコンピレーションCD「TWERK ‘EM ALL」で、彼らからのメッセージを感じることが出来るだろう。


    http://ifyr.tv/ab4r
  • DON'T BELIEVE THE TV(2BOY+KOHNO)

    DON'T BELIEVE THE TV(2BOY+KOHNO)

    DON'T BELIEVE THE TV(2BOY+KOHNO)

    ファッションと音楽をクロスオーバーさせたダブルオー時代発の遊撃型ユニット、DON'T BELIEVE THE TV。普段は都内の活動を中心に個々に活躍し、全国各地へゲストDJとしても呼ばれる二人がDJブースに立ったとき、お互いのアイデンティティをぶつけ合う、まるでバトルかのようなBACK TO BACKスタイルでケミストリーを起こしフロアーをRAVEする。
    また、毎月第一金曜日にclubasiaで行われている"FLASH"でもレジデントを務めており、これからの動向に注目があつまる。

    http://ifyr.tv/a3qJ
  • 副島 ショーゴ

    副島 ショーゴ

    18才から都内各クラブでDJプレイをスタート。同時期に楽曲製作を開始しBMG JAPANと契約。2011年ギターリスト「今泉タカシ」とELECTRIC PRODUCE DUO「T.U.S.」を結成。楽曲PRODUCE、作詞作曲、CM/WEB音楽、ファッションショー音楽、ミックス、マスタリング等を行ない、2016年12月、10曲入りの1stアルバム「T.U.S. / ROOKIE」を発売。

    2018年3月14日『PES』と共に『Charlie』を結成、IMA EPをリリース。5月30日にPARAISO EPをリリース。9月12日にフルアルバムCharioをリリース。
    https://www.holonsounds.com/

    http://ifyr.tv/a4KP
  • Fumihiko Chiba

    Fumihiko Chiba

    Fumihiko Chiba
    自身の楽曲とTechno・Electro Houseを中心とした選曲で、縦ノリを追求したサウンドとロングミックスを多用したプレイスタイルを武器に、活躍の場を広げているDJ・トラックメイカー。高校時代、90年代Nu Metalに影響を受ける。間も無くバンド結成し、多くのライブを経験した後、2007年DJとしての活動を始めると同時にダンスミュージックの制作を開始。東京渋谷を中心に全国各地で活動中。
    中田ヤスタカがレジデントを務める『FLASH!!!』にレギュラーDJの一人として出演。
    副島ショーゴ(T.U.S)、SAKURAI MAKOTO(Dragon Ash)、Takeru John Otoguroと共に『Ray-Van』を立ち上げ、現在全国各地で展開中。
    2015年よりA9のSHOW OHARAとTORA AMANOによるバンド『DIAWOLF』にサポートDJ、楽曲のアレンジで参加。
    2017年よりTK SHIBUYAの木曜『HAND'S UP!』にマンスリーゲストアクトとして出演。

    http://ifyr.tv/a2TQ
  • YASUKI

    YASUKI

    DRUM&BASSを主軸にパワフルでアグレッシブなPLAY STYLEが見る人の心を掴む。
    ASOBISYSTEM主催の「FLASH!!!」、「WARP!!!」、「Ray-Van」、「ASOBINITE!!!」
    アジア最大級のDRUM&BASSパーティーである「06S」に出演している。
    東京だけではなく地方でのGUEST出演も多く果たすなど全国で活躍する今、最も目の離せないDJの1人である。

    http://ifyr.tv/a6s8
  • クリトリック・リス

    クリトリック・リス

    東大阪で作られたほんまもんの味を全国に配信中!
    下ネタのナポレオン むけ焼酎いいちんこ。
    曲は熟成された自身の体験を元に作られており、笑いをベースに涙
    を加えた不思議な味わい。
    その極められたうまさをロックでお召し上がりください。
    「クリトリック・リスは20歳を過ぎてから」

    http://ifyr.tv/a7Ot
  • おやすみホログラム

    おやすみホログラム

    http://oysm-hologram.com/

    http://ifyr.tv/actY
  • DJギズモ (篠崎こころ from プティパ -petit pas!-)

    DJギズモ (篠崎こころ from プティパ -petit pas!-)

    1993年生まれ。
    アイドルグループ・プティパ -petit pas!-のメンバーとして2013年より活動。
    ファッション誌・Zipperの専属モデル、ミスiD2015(講談社)、ファッションモデル(DEADHEARTZ・ripdw・SUNEGE・feast・2.5SPINNSなど)など、アイドルのみならず幅広く活動している。

    プティパ -petit pas!- 公式HP
    http://petitpas.mave-ricks.com
    篠崎こころ 公式Twitter
    https://twitter.com/kokoro777pp

    http://ifyr.tv/aaK6
  • POCHI
  • DJぐるぐる。(もんぺ)

    DJぐるぐる。(もんぺ)

    1993年生まれ。ロックDJとして活動する一方、もんぺ名義でフリーモデルでの活動の幅を広げている。
    邦楽ロック、アイドル、ボカロなどを中心に流し、イベント『SO WHAT』、『その音、再び鳴り響く。』ではレギュラーDJを務める。
    写真集「キカカキョ」に掲載、ハヤカワ五味のファッションショーRPG、5iVESTARにも出演。

    http://ifyr.tv/ac1K
  • pandakeiko

    pandakeiko

    不思議の国から来た妖精1号2号の片割れ☆
    時折、DJをしに人間界に現れては、みんなをほんの少しだけ幸せにして帰っていきます♪
    DJを始動後は、数多くのアーティストとの共演を実現し、新木場agehaや渋谷club asia、渋谷VISIONといった大箱から秋葉原・池袋・高円寺と都内各所で活動する他、仙台や名古屋など全国各所に出没中!
    J-pop、アイドルソング、アニソンからオシャレ系クラブミュージックまで幅広いプレイと場所を選ばぬ全力DJでオーディエンスを引きつけてやまない何でも大好き雑食DJ☆
    また、2014年より自主イベントにも力を入れ、その先見の明ともいえる出演陣ラインナップが毎回話題を呼んでいる。


    【パンダケイコの正しい楽しみ方】
    ①振りコピはあくまでオマケである。
    体育2の子が頑張ってます。生温かく見守りましょう。
    ②DJ中にヲタ芸を打ってあげると喜びます。
    合いの手など入れてあげると尚喜びます。
    ③サイリウムが好きです。DJ中に振ってあげると喜びます。


    [SoundCloud]
    https://soundcloud.com/pandakeiko
    https://soundcloud.com/pandakeikomix

    [mixcloud]
    http://www.mixcloud.com/pandakeiko/

    [twitter]
    http://twitter.com/#!/pandakeiko

    [pandakeiko Official Fan Club]
    https://www.cloudfanclub.com/fc/pandakeiko

    http://ifyr.tv/a5he
  • hype

    hype

    12年夏よりDJ活動をスタート。同年冬より中田ヤスタカ(CAPSULE)レジデントの"FLASH"のレギュラーDJを4年強にわたり勤め上げる。現在はDJの傍ら、インターネットとベースミュージックの最前線をフロアに投下する"POOL"のオーガナイズも行い、最近では"Future Funk"を日本のクラブシーンに持ち込み、マクロスMACROSS 82-99,Moe Shop, Night Tempoなどを日本に招聘した中心人物でもある。

    自らのDJは、Techno,House,Bass Musicに、幼少期から偏愛するR&Bのテイストを落とし込んだplayを得意とする。
    ageHa,VISION,WOMB,asiaをはじめとする大箱から地方のクラブ、サブカルチャーライクな箱まで様々なパーティの出演を精力的にこなす。


    soudcloud
    https://soundcloud.com/hype_o

    twitter @hy_pe


    http://ifyr.tv/a4Bw
  • naoya

    naoya

    2012年に東京でのDJキャリアをスタート。
    アソビシステムやblock.fm等が主催するイベントにDJとして出演している。
    主な出演イベントはFLASH!!!・ASOBINITE!!!・The Block Party等。

    HOUSE/ELECTROを織り交ぜ、フロアの雰囲気を築き上げる。
    今後の活動に注目が集まる。

    http://ifyr.tv/a9PV